高評価カップ麺の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:高評価カップ麺

高評価カップ麺のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2016-10-05 カップラーメン
今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」。昨日紹介したカップヌードルリッチ牛テールスープの新発売に伴い、フカヒレも一緒にリニューアルされました。とは言ってもパッケージが新しくなっただけで中身は一緒のようです。パッケージもそれほど大きな変化はありませんw 前回フカヒレを食べてあまりにおいしくかったので、今回も手抜きをしないでレポしようと思います。 商...

記事を読む

2016-04-20 カップラーメン
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」。サイフォンでかつお節を抽出する方法が話題になったお店です。稲庭中華そばを再現するために有名店シリーズをいつものタテ型油揚げ麺ではなくどんぶり型ノンフライ麺で出してくる気合の入れよう、これは楽しみです。 スープは、「サバや煮干し、昆布や鰹節などからとった魚介系のだしと鶏のだしを使用した、風味豊かな淡麗系ス...

記事を読む

2016-04-14 カップラーメン
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」。昨日のスッポンに引き続き、カップヌードルリッチのフカヒレです。昨日、フカヒレは食べたことがあるのでちょっとはまともなレポが書けるかもって言いましたが、実際のところフカヒレ自体の味なんてないんですよね。きちんと書けるのか不安になりますが、とりあえず食べてみたいと思います。 スープは、「チキン...

記事を読む

2015-07-12 カップラーメン
どうもオサーンです。最近話題の「ねこあつめ」というアプリをやっています。ハマっているというほどではないんですが、まるで課金させる気のない、課金しなくても何も困らないシステムがちょっと気に入っています。他の人と競うようなこともなく、マイペースでゆっくりやれるアプリってのも良いものですね。あまりに課金する必要がないものだから、今度出るらしいねこあつめのiPhoneケースをお布施代わりに買っちゃおうかなとちょ...

記事を読む

2015-07-05 カップラーメン
どうもオサーンです。ユニクロGUのネット通販でさっき買い物したんですが、12点買って税込5940円って、我ながら安く済ませたもんです。何か年々、オサレとかどうでも良くなっている気がする。 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「地域の名店シリーズ もちもちの木」。他の「地域の名店シリーズ」と同じく、製造は明星食品です。昨年後半にリニューアルしてからずっと食べたいと思っていましたが、東北と関東限定発売なので...

記事を読む

【フカヒレ再来!】 日清食品 「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」



今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」。昨日紹介したカップヌードルリッチ牛テールスープの新発売に伴い、フカヒレも一緒にリニューアルされました。とは言ってもパッケージが新しくなっただけで中身は一緒のようです。パッケージもそれほど大きな変化はありませんw 前回フカヒレを食べてあまりにおいしくかったので、今回も手抜きをしないでレポしようと思います。



商品概要

品名:カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味
メーカー:日清食品
発売日:2016年10月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(贅沢香味油)
定価:税別230円
取得価格:税込210円(マックスバリュ)

» 続きを読む



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」。サイフォンでかつお節を抽出する方法が話題になったお店です。稲庭中華そばを再現するために有名店シリーズをいつものタテ型油揚げ麺ではなくどんぶり型ノンフライ麺で出してくる気合の入れよう、これは楽しみです。







スープは、「サバや煮干し、昆布や鰹節などからとった魚介系のだしと鶏のだしを使用した、風味豊かな淡麗系スープ」とのこと。鰹と鯖が強いスープで、これは魚介系の王道のスープです。魚介の強さがかなり強くありながら、後味にキレがあります。魚介は強いけどこってりしていない、この後味が淡麗系樽取りの効果なんでしょうかね。系統的には当ブログにおける現チャンピオン、もちもちの木と似た感じの強烈な魚介なんですが、あちらは油も多くこってりしているのに対し、こちらはキレが特徴ですね。私オサーンの好みってこともあるんでしょうけど、このスープ本当においしい。

は、「なめらかでつるみがあり、独特の食感を持つストレート麺」とのこと。稲庭うどんのような麺と聞いてどんなもんなんだろうと思って食べましたが、いやいいやこれはしっかりしたラーメンの麺です。そして噛みごたえは確かに稲庭うどんのような感じで、とても新鮮。今までラーメンで食べたことのない感覚で、しかもカップ麺でこんなことできるんだなぁという驚きとともに、スープとのマッチングがドンピシャでちょっと感動してしまいました。なにこれおいしい。味的にはラーメンとしての地の味を強く感じる麺で、鼻に抜ける後味がこれがまたうどんっぽい。いやはやうまく伝えられないこのもどかしさよ。要するにしっかりラーメンの麺なのに噛みごたえや後味にうどんっぽさがあり、それでいてスープとの相性がとんでもなくいい。いやーやっぱりうまく伝えられないのでぜひこれは皆さん試してもらいたいです。有名店シリーズの今までのタテ型油揚げ麺の掟を破ってまでこの商品を作った理由がよくわかる麺です。セブンプレミアムの「地域の名店博多だるま」の博多麺級の感動がありますよこれ。

は、「チャーシュー、白ネギ」とのこと。具はシンプル。チャーシューは高価格帯日清お得意の大判乾燥チャーシューではなく、クオリティこそあのチャーシューと同じですが小ぶりです。ネギはそれなりに入っていますが、まぁ普通です。でも正直、この麺にこのスープだと、具はいらないと思えるくらい、むしろかけラーメンでスープや麺との真っ向勝負を楽しみたいくらいの味なので、こんなもんでいいんじゃないかと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★★☆(9)
久々に付けちゃいました、★9。いつもご覧頂いている皆様ならご存知かと思いますが、私オサーンの評価ポイントにおいてはスープのウェイトがすごく大きいのですが、この商品はスープもさることながら麺がとても素晴らしかった!長くカップ麺のブログをやってきて、それなりにおいしいものもそうではないものもたくさん経験してきて、もう以前みたいに心が大きく動かされることなんてそうそうないんじゃないかなと勝手に思っていたのですが、いやーまだまだありましたよ感動が。このラーメン、きっとお店で食べてもすごくおいしいんでしょうね。そしてカップ麺でこんな麺を作ってしまう日清食品、本当すごいです。自信を持って★9を付けられる一杯でした。

» 続きを読む



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」。昨日のスッポンに引き続き、カップヌードルリッチのフカヒレです。昨日、フカヒレは食べたことがあるのでちょっとはまともなレポが書けるかもって言いましたが、実際のところフカヒレ自体の味なんてないんですよね。きちんと書けるのか不安になりますが、とりあえず食べてみたいと思います。





スープは、「チキンとポークをベースに、コク深いカキのうまみを凝縮したオイスターソースを加えて仕上げた、とろみのある中華風スープ」で、「コラーゲン1000mg入り」、「芳醇なオイスターソースとシイタケの香りを利かせた香味油」が別添とのこと。昨日のスッポンもそうでしたが、今回のフカヒレも調理前の麺の上にあるスープの粉の量がすごいです。溶けきんのか?と心配になるレベル。いやきちんと溶けますよ。そして粉の量に比例して、いやーこれは濃い!昨日食べたスッポンのかつおも濃かったですが、今回のスープは強いとろみも相まってさらに濃い印象。今回はオイスターの強い中華スープです。これはまさしくフカヒレスープ!しかも強烈に濃いやつ!必ずしも濃いからおいしいというわけではないですが、でもこのスープはオイスターやシイタケを始めとした味の厚みを感じますね。なんて贅沢なんだろうという味です。いやはやボキャブラリーが貧困ですなw なんか久々に感じるレベルのおいしさでちょっと興奮してしまいました。昨日のスッポンよりわかりやすく高級感を感じる味です。

は、「カップヌードルならではの、しなやかでつるみがある麺」とのこと。いつものカップヌードルの万能油揚げ麺。スープが濃い上にとろみもあって猛烈に主張してくるので、今回の場合は麺がもっと太くても良かったかもしれませんが、カップヌードルのアイデンティティを保つ上で大事なところだと思うので、これはこれでよかったのではないでしょうか。とろみのあるスープを猛烈な勢いで絡めとっていました。

は、「フカヒレ風加工品、チンゲン菜、キクラゲ、たまご、クコの実」とのこと。フカヒレ加工品、すわ本物のフカヒレかと胸踊りましたが、ゼラチンの加工物のようです。まぁそりゃそうかw 細かいですが歯ごたえがあって、春雨とかビーフンとはちょっと違う食感ですね。そしてチンゲン菜とキクラゲがいい仕事しています。チンゲン菜はしっかりチンゲン菜の味がしており、キクラゲは歯応えがとても良かったです。クコの実は昨日のスッポンと同様のもの、噛むと酸味を感じる本格的なものでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★☆☆(8)
ちょっとカップ麺のレベルを逸脱したスープのレベルの高さに驚きの一杯でした。辛うじて麺がカップヌードルなのでカップヌードルの体裁を保っていますが、ちょっととんでもないところに飛んでいってしまいそうな、カップ麺でここまでやるかと思ってしまう味でした。日清の底力というか、カップ麺だってコストかければいくらでもおいしくできるし、可能性は無限大だという、カップ麺業界のリーダーとして、盟主としての世間に対する強いメッセージというか、宣戦布告みたいなものを感じずにはいられませんでした。いやさすがにちょっと大袈裟かなw これぞ明らかに業界のリーダーとしての仕事だし、それをカップ麺の礎であるところのカップヌードルでやったことに強い価値を見出すことができました。

» 続きを読む



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアム 「地域の名店シリーズ だるま」 (4回目)



どうもオサーンです。最近話題の「ねこあつめ」というアプリをやっています。ハマっているというほどではないんですが、まるで課金させる気のない、課金しなくても何も困らないシステムがちょっと気に入っています。他の人と競うようなこともなく、マイペースでゆっくりやれるアプリってのも良いものですね。あまりに課金する必要がないものだから、今度出るらしいねこあつめのiPhoneケースをお布施代わりに買っちゃおうかなとちょっと思っています。そういえば、私はやったことがないですが「艦これ」も確か課金ではなく派生するキャラクター商品等で収入を得るシステムだとか。ガチ勢から見たら生ぬるいのかもしれませんが、なんか優しくて良くないですかね。

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「地域の名店シリーズ だるま」。製造は明星食品。リニューアル前の商品は、泣く子も黙る?このブログにおけるチャンピオン、キング、唯一の★9+という評価をしました。他のカップ麺の追随を全く許さないとんこつ感、そして濃厚な豚脂と相まって、ホント、お店裸足の味になっていました。今回レビューするのは昨年後半にリニューアルされた商品です。販売地位域は近畿以西ですが、こまめにセブンで見ていると地域外でも売られている時があります。リニューアルして比較的すぐに食べたんですが、どうも味に納得いかなくて、その後5回くらい食べた上でやっと今回の記事にします。





スープは、「豚骨をふんだんに使用した炊き出しスープを使用し、豚背脂を浮かせた濃厚な豚骨ラーメンスープに仕上げ」たとのこと。カップ麺としては強力なとんこつ臭と豚脂の厚みで、本格感が強いとんこつスープです。ここまでとんこつが強いスープはカップ麺では私が食べた中では他にないです。これだけ食べるなら十分満足できるデキにあり、カップ麺としては出色です。ただ、リニューアル前と比べてしまうと、とんこつ臭はかなり落ちていて、物足りなさを感じてしまいます。雰囲気は同じなんだけど、ガツンと来ないんですよね。明星のとんこつは全般的にとんこつ臭がしなくなっている傾向にありますが、この商品もご多分に漏れず弱くなってしまっていますね。それでも他社含め他製品と比べるととんこつ臭も豚脂も強いため、結局とんこつラーメンを食べるならこれがファーストチョイスということになってしまいます。以前に比べると物足りないけど、これが一番ではある。難しいです。

は、「2分で戻す硬めで歯切れのよい極細ストレート麺」で「独自の配合で博多特有の食感を追求し」たとのこと。明星の他のとんこつ麺はバリカタなど硬い食感を売りにするものが多いですが、この商品の麺はバリカタ食感よりソフトな食感です。ちょっと甘みを感じる麺で、特有の生っぽさがきちんと再現できていて優秀です。明星食品の麺はバリカタタイプもいいし、この麺のようなしっとり?タイプもいいですね。とてもおいしい麺です。

は、チャーシュー、キクラゲ、ネギ。まず真っ先に触れなければいけないのは大量のあとのせのネギ。ここまでネギがたくさん入っているカップ麺は他にないのではないでしょうか。風味はさすがに生のネギに負けてしまいますが、量の多さで風味をカバーできています。キクラゲも量が多いです。こちらはコリコリした食感で食べ応えあります。チャーシューは2枚、リニューアル前の四角いチャーシューから一般的な丸いチャーシューに変化しています。ジューシーさとかは日清の乾燥チャーシューに及ぶべくもないですが、2枚入っているので豪勢です。


底に残る骨粉の量も心なしか少なくなったような。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★☆☆(8)
間違いなくレベルの高い商品です。とんこつ臭と豚脂の存在感が大きいスープは他のとんこつラーメン製品ではありえないレベルだし、生っぽさが伝わる極細麺やネギやキクラゲが大量に入った具も、価格以上のレベルだと思います。ただリニューアルの味に比べるととんこつが弱くなっていて物足りないです。おいしいんだけど以前に比べてガツンと来ない。評価は★8ですが、期待が大きかったが故に残念な一杯でもありました。このブログ的にはトップの座はもちもちの木に譲ることになってしまいました。

» 続きを読む



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアム 「地域の名店シリーズ もちもちの木」 (3回目)



どうもオサーンです。ユニクロGUのネット通販でさっき買い物したんですが、12点買って税込5940円って、我ながら安く済ませたもんです。何か年々、オサレとかどうでも良くなっている気がする。

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「地域の名店シリーズ もちもちの木」。他の「地域の名店シリーズ」と同じく、製造は明星食品です。昨年後半にリニューアルしてからずっと食べたいと思っていましたが、東北と関東限定発売なので買うことができず、数カ月前に行動範囲のセブンで偶然見つけて3個買いました。リニューアル前の商品は過去2回食べていますが、2回とも評価は★8で、★9にしようかかなり悩んだと記憶しています。あまりにおいしくてお店にも食べに行ったくらいです。今回のもちもちの木は果たしてどうでしょうか。





スープは、「お店と同じ和風だし原料を使用し、たっぷりのオイルで仕上げた醤油スープを合わせ」たとのこと。鯖節と鰹節の厚みを感じるしょうゆ味のスープで、表面に油の層ができることによって濃厚こってり感を演出するとともに長い間熱さをキープしています。このスープはおそらくリニューアル以前とそれほど変わらないスープなんじゃないかと思います。個人的な好みの部分が大きいのかもしれませんが、これは完成度高いです。とにかく強い魚介と油によるこってり感がクセになる味です。魚介は私が食べたカップ麺の中では最も強いと思います。これは相変わらず何度でも食べたくなる味ですねぇ。完璧です。いつも買える地域の方が羨ましい。

は、「しなやかでコシのあるノンフライ中細麺」とのこと。節系で塩気も強く感じるスープだからなのか、麺はとても甘みが感じられます。中身が詰まった麺というか、ズッシリとした重みを感じる麺で、スープととてもよくマッチしています。寿がきや食品のよくあるノンフライ麺、私あれ大好きな麺なんですが、食感的にはしっとりずっしりしていてちょっと似ています。こっちの方がおいしいですけどね。お店の麺に系統的にはよく近づけていると思います。お店よりもこちらの麺の方が細いですね。ずっしりしていて太いと野暮ったくなりそうな感じなので、カップ麺に関してはこの中細くらいの細さでベストなんじゃないかと思います。

は、「店主こだわりの素材である穂先メンマをメインに、チャーシュー、増量した千切りねぎで風味豊かに仕上げ」たとのこと。穂先メンマ・・・これはすごい。フリーズドライのメンマなんですが、リニューアル前に比べて断然量が多いし、そして何よりやわらかくておいしいです。お店のメンマも量が多くておいしくて、やわらかいのに適度な歯ごたえもあって最高なメンマなんですが、こちらのメンマもカップ麺としてはずば抜けていますね。お店のよりもやわらかいです。さすがにお店のよりおいしいとは言えませんが、このメンマだけで買って良かったと思えるレベルです。そして増量されたネギもかなり量が多く、魚介節との相性もバッチリです。こういう一点豪華主義的な(今回は2点ですが)具の構成好きです。当然チャーシューはオマケ程度ですよw

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★★☆(9)
何かべた褒めなので想像ついたと思いますが、数日前に★9宣言した商品はこれでした。欠点を挙げるとすれば、カップ麺最高クラスの塩分量くらいでしょうかね。スープ飲まなければ大丈夫!って思ったんですが、おいしすぎて全部飲んじゃう、非常に問題ありなwスープなので困ったものです。今手に入るカップ麺で私が食べたことがあるものの中では今回の商品が一番おいしいんじゃないかと思っています。価格は高いですが、それに見合うどころか、ラーメン店行くのに負けないくらいの満足感がありました。もうホント、いつも買える地域の方が羨ましいです。

» 続きを読む



  • このエントリーをはてなブックマークに追加