銘店紀行の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:銘店紀行

銘店紀行のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-08-02 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海本店」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 龍上海本店」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2019年7月29日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。山形県南陽市赤湯に本店のある名店「龍上海」の味を再現したカップ麺です。 「龍上海」は新横浜ラーメン博物...

記事を読む

2019-04-04 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2019年3月18日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」や「銘店紀行 博多だるま」に続き、「銘店紀行 とみ田」もリニュアー...

記事を読む

2019-03-30 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」とともに、2017年12月に発売されていた「銘店紀行 博多だるま」が今回リニューアル...

記事を読む

2019-03-26 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 六角家」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 六角家」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 六角家」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。2017年12月に発売されていた「銘店紀行 六角家」が今回リニューアルされました。 「六角家」は横浜家系ラーメンの名店 ...

記事を読む

2018-11-22 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 森田屋總本店」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 森田屋總本店」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 森田屋總本店」。2018年11月19日発売の、セブンプレミアムのタテ型ラーメン店再現カップ麺シリーズ「銘店紀行」の新商品。佐野ラーメンを代表する老舗ラーメン店のひとつ、「森田屋總本店」の味を再現したカップ麺です...

記事を読む

セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」を実食レビュー!山形赤湯の名店の味がカップ麺に



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海本店」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 龍上海本店」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2019年7月29日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。山形県南陽市赤湯に本店のある名店「龍上海」の味を再現したカップ麺です。



「龍上海」は新横浜ラーメン博物館にも出店している名店


龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店。新横浜の「新横浜ラーメン博物館」内に支店を構えていることでも有名ですよね。泣く子も黙る名店中の名店です。魚介を効かせたみそ味のスープに辛味噌でアクセントをつけた一杯は、多くのファンを虜にしています。

「龍上海」はカップ麺としての歴史も長く、セブンイレブン&明星食品をパートナーに多くの商品を出してきました。「銘店紀行」シリーズが誕生してからは今回で3回目の登場となり、カップ麺でも多くの支持を受けていることが窺えます。

過去に発売されていた「龍上海」のカップ麺


このブログで「龍上海」のカップ麺を最初にレビューしたのは2008年。もう10年以上前ですね。セブンイレブン限定の「地域の名店シリーズ」として登場した「地域の名店シリーズ 龍上海」は、みそ味のスープの中で、当時としては煮干しだしと辛味噌が特徴的な一杯でした。

明星食品 「地域の名店シリーズ 龍上海」

伊調馨選手の金メダル感動しましたね。前回のアテネの金メダルに比べるとだいぶ苦しい試合だったように思いますが、苦しんだ末の勝利はまた格別なんでしょうね。姉の千春選手は惜しくも銀メダルでしたが、妹が姉を応援する姿、姉が妹を応援する姿を見て、なんて強い絆で結ばれた2人なんだろうと感心しました。小さい頃からずっと2人で練習してきて、お互いの存在がなければここまでの選手にはならなかったんでしょうね。姉も妹も世...



「銘店紀行」シリーズとしては今回で3回目の登場。過去2回は中身に変化がなく、同じものが発売されていました。「地域の名店シリーズ」時代に比べると、タテ型で安価になったことでクオリティの低下はありましたが、それでも価格を考えると十分なデキの一杯でした。

「龍上海」も「銘店紀行」へ移行!!セブンプレミアム 「銘店紀行 龍上海本店」

山形赤湯の名店「龍上海」カップ麺も「地域の名店シリーズ」から「銘店紀行」シリーズへ鞍替え今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2018年8月1日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「銘店紀行」シリーズのカップ麺です。「龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店で、魚介の効いたみそ味のスープに辛みそがのるのが大きな特徴です。新横浜のラーメン博物館...

内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製からみそ」の1袋。カップには大量のかやくが入っています。

品名銘店紀行 龍上海本店
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2019年7月29日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製からみそ)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「とみ田」の「中華そば」を再現した濃厚カップ麺!「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2019年3月18日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」や「銘店紀行 博多だるま」に続き、「銘店紀行 とみ田」もリニュアールされました。千葉県松戸市の人気ラーメン店「中華蕎麦 とみ田」の味を再現したカップ麺です。

セブンプレミアムの六角家カップ麺がリニューアル! 「銘店紀行 六角家」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 六角家」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 六角家」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 六角家」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。2017年12月に発売されていた「銘店紀行 六角家」が今回リニューアルされました。「六角家」は横浜家系ラーメンの名店...

「博多だるま」カップ麺がリニューアル!!セブンプレミアム「銘店紀行 博多だるま」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」とともに、2017年12月に発売されていた「銘店紀行 博多だるま」が今回リニューアル...



  • 「中華そば とみ田」はつけ麺の名店
中華そば とみ田」は、千葉県松戸市にある人気ラーメン店で、お店の看板メニューである「つけめん」は、日本一のつけ麺と讃えられる名店中の名店です。つけ麺の元祖とされる「東池袋大勝軒」の流れを汲み、お店には大勝軒の山岸氏の写真が掲げられているとのこと。2019年3月4日から約2か月の予定で改装休業中だそうです。

「中華蕎麦 とみ田」はつけ麺で有名なお店ですが、カップ麺ではこれまで「中華そば」が再現されてきました。「つけめん」ほどではないもののかなり濃厚なスープが特徴で、ラーメンにもスープ割りをつけてくれるそうです。さすがにカップ麺ではそこまでの濃厚スープは楽しめませんが、これまでのカップ麺でも濃いスープが堪能できました。

  • 過去に発売されていた「中華蕎麦 とみ田」のカップ麺
「中華蕎麦 とみ田」の味を再現した最初のカップ麺は、2011年に発売されたセブン&アイオリジナル商品の「地域の名店シリーズ 中華蕎麦 とみ田」でした。カップ麺化する前からすでに有名なお店だったので、やっとカップ麺化かと、満を持しての登場という雰囲気でした。もちもちした麺が印象的だった一方で、お店の評判に比べると濃厚感が今一歩な印象でした。

明星食品 「地域の名店シリーズ 中華蕎麦 とみ田」

またまたオサーンです。年末年始は、もつ鍋やらおせちやらお刺身やらイタリアンバイキングやらとなかなか食べ過ぎた日々だったので、最近はちょっと気をつけようと思っていたのですが、今日は焼肉食べ放題なんかに行ってしまって軽く落ち込み気味です。まぁおいしかったんですけど。本気で節食しなければ。思い切って断食でもしてみようかな。今回のカップ麺は、明星食品の「地域の名店シリーズ 中華蕎麦 とみ田」。セブンアン...

その後何度か「地域の名店シリーズ」でのリニューアルを繰り返した後、「地域の名店シリーズ」が終了し、代わって登場した「銘店紀行」シリーズから、2018年1月に「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」が発売されました。「地域の名店」から「銘店紀行」になって、価格が安くなるとともにどんぶり型からタテ型に変更になりましたが、価格が下がってもクオリティはそれほど落ちていない印象で、引き続きおいしい一杯でした。

セブンプレミアム 「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」

タテ型「銘店紀行」シリーズ第3弾は「中華蕎麦 とみ田」今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。セブンプレミアム&明星食品のどんぶり型高価格帯商品「地域の名店」シリーズに置き換わる形で登場しているタテ型「銘店紀行」シリーズの第3弾商品。今回は大勝軒系ラーメン店の代表格とも言える千葉県松戸の「中華蕎麦 とみ田」の一杯を再現しています。どんぶり型からタテ型になってク...

2018年6月には、変わり種商品として「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」が発売されました。濃いしょうゆだれに豚脂と魚介扮がたくさん入ったまぜそばで、かなり魅力的に映ったものの、少し塩辛く感じられてしまったのが残念でした。もし再販されることがあるのなら、ぜひとも塩分がもっと抑えられたものが食べてみたいです。

あの「とみ田」のまぜそばがセブン限定で登場!!セブンプレミアム 「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」

セブン限定であの「中華蕎麦とみ田」のカップ麺オリジナルまぜそばの登場!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」。製造は明星食品です。セブンと明星食品による「とみ田」カップ麺は、「地域の名店シリーズ」から8年くらい続く組み合わせで、現在も「銘店紀行」シリーズとしてセブンの店頭に並んでいます。今回はそのセブン&明星食品による「とみ田」のまぜそばの登場で、先日2回目の発...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製オイル」の1袋。大量のチャーシューチップが入っています。

品名銘店紀行 中華蕎麦とみ田
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2019年3月18日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製オイル)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「博多だるま」カップ麺がリニューアル!!セブンプレミアム「銘店紀行 博多だるま」



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」とともに、2017年12月に発売されていた「銘店紀行 博多だるま」が今回リニューアルされました。

セブンプレミアムの六角家カップ麺がリニューアル! 「銘店紀行 六角家」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 六角家」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 六角家」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 六角家」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。2017年12月に発売されていた「銘店紀行 六角家」が今回リニューアルされました。「六角家」は横浜家系ラーメンの名店...



  • 「博多だるま」は博多とんこつラーメンの名店
博多だるま」は、福岡県福岡市にある博多とんこつラーメンの名店です。とんこつ臭と背脂の量でインパクトのあるお店で、私は以前発売されていたカップ麺でこの店を知り、いつか行ってみたい思っていました。そして九州出張の際に念願叶って食べてくることができました。福岡市の渡辺通にある「博多だるま 総本店」は、とんこつ臭こそ思ったほどではなかった(それでもすごいのは間違いない)ですが、総合力の高いおいしい一杯でした。



本店だけではなく、博多駅の駅ビル内にある「元祖博多だるま」にも行ってきました。こちらはカップ麺を食べて想像していたとおりのゴリゴリのとんこつ臭が感じられるラーメンで、個人的には本店よりもこちらが好みでした。背脂は本店の方がずっと多かったです。次に福岡に行く時も、このラーメン食べるために宿は博多駅周辺にとろうと強く思いました。本店は背脂が、博多駅はとんこつ臭が印象的でした。





  • 過去に発売されていた「博多だるま」のカップ麺
一昨年の「銘店紀行」シリーズ誕生以前から、セブン&明星食品から「博多だるま」のカップ麺が発売されていました。このブログはもう10年以上続けていて、その中で3000食以上のレビューを行っていますが、評価★9をつけたカップ麺はたったの7つしかなく、しかもそのうち3つが「博多だるま」なんです。そして2009年8月に発売された「地域の名店シリーズ 博多だるま」には、唯一の「★9+」をつけています。本当は★10にしたかったんですが、今後現れるであろう頂点のカップ麺のためにそのポジションは開けておこうということで、「+」をつけるという苦肉の策でしたが、心の中では★10です。最近のカップ麺では考えられないレベルで、強烈なとんこつと豚脂の風味が感じられる一杯でした。「地域の名店シリーズ」また復活しないですかね。

明星食品 「地域の名店シリーズ 博多だるま」 (2回目)

さてさて本日2つめの更新。8月発売の商品を8月中に紹介しておきたかったためこうなってしまいました。ってかブログ上の日付は8月31日ですが、書いているのは9月1日なんですけどね。その8月のトリを飾る1杯は、このブログ2度目の登場、セブンイレブンオリジナル商品で、明星食品の「地域の名店シリーズ 博多だるま」。わがブログは今まで500杯以上のカップ麺を紹介してきましたが、その中で唯一の★9に輝く伝説の1杯です。ガッツリと...

2017年12月に、どんぶり型ノンフライ麺商品の「地域の名店シリーズ」が、タテ型ノンフライ麺の「銘店紀行」に置き替わり、そのシリーズ第1弾商品として「六角家」とともに「銘店紀行 博多だるま」が発売されました。総合力の高い一杯なのは間違いなかったものの、とんこつ臭が完全に消え去ってしまい、「地域の名店」の時とはまったく違う一杯になってしまっていました。

セブンプレミアム 「銘店紀行 博多だるま」

新シリーズ「銘店紀行」の「博多だるま」今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。「博多だるま」のカップ麺は、今まではセブンの「地域の名店シリーズ」の商品として地域限定で売られていて、このブログで最高評価となる「★9+」を唯一付けたことのある傑作中の傑作でした。今回「地域の名店シリーズ」としては終了し、同時発売の「六角家」とともに、「銘店紀行」シリーズとして再出発す...

今回もとんこつ臭には期待できなそうですが、おいしい一杯に期待したいです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製オイル」の1袋。カップにはチャーシューチップ、ネギ、キクラゲがたくさん入っています。

品名銘店紀行 博多だるま
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2019年3月11日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製オイル)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの六角家カップ麺がリニューアル! 「銘店紀行 六角家」



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 六角家」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 六角家」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 六角家」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。2017年12月に発売されていた「銘店紀行 六角家」が今回リニューアルされました。



  • 「六角家」は横浜家系ラーメンの名店
六角家」は、1988年創業の神奈川県横浜市にあるラーメン店。かつて本店が神奈川県横浜の六角橋商店街にあって、家系ラーメンの名店として有名です。全盛期には全部で6店ありましたが、現在は横浜戸塚にある戸塚店を残すのみとなっています。お店は減ってしまっても、こうしてカップ麺で名を残していくのは素晴らしいことですね。戸塚店とともにカップ麺には頑張ってもらいたいところです。

  • 「銘店紀行 六角家」は以前にも出ていた
セブンイレブン&明星食品と「六角家」のつながりの歴史は古く、以前は特にシリーズ化されずにカップ麺化されており、どんぶり型ノンフライ麺商品がセブン店頭に並んでいました。おそらくこのブログをやり始める前からあった商品なので、かなりのロングセラー商品だと思われます。

明星食品 「横浜 六角家 家系ラーメン 豚骨醤油」

柔道ニッポンで北京オリンピック初の金メダル獲得しましたね!内柴選手おめでとうございます。出掛けていてオンタイムでは見られなかったのですが、家に帰って録画を見て、奥さんの涙を見て貰い泣きしました。このまま勢いに乗ってみんな頑張って欲しいですが、あんまり頑張られるとこっちは寝不足で大変だなぁ(笑)。さて今回のカップ麺は、セブンイレブンの首都圏限定商品で明星食品の「六角家 豚骨醤油」です。もうずいぶ...

2016年4月には、「地域の名店シリーズ」の仲間入りをし、引き続きどんぶり型ノンフライ麺商品が発売されていました。お店以上に鶏油の存在感のある一杯という印象でした。

セブンプレミアム 「地域の名店シリーズ 六角家」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「地域の名店シリーズ 六角家」。製造は明星食品です。発売日が今年の4月なのでもうだいぶ経ってしまっていますが、今回発売地域外の私の周辺でも売っていたので食べてみることにしました。地域の名店シリーズとしてリニューアルされたのは今回初めてっぽいですが、セブン&明星&六角家のカップ麺はホントもうずっと前から出ています。このブログでは2008年当時に売られて...

2017年12月に、どんぶり型ノンフライ麺商品の「地域の名店シリーズ」が、タテ型ノンフライ麺の「銘店紀行」に替わりましたが、そのシリーズ第1弾商品として「博多だるま」とともに「銘店紀行 横浜ラーメン 六角家」が発売されました。タテ型に変更になって価格が安くなった一方、商品としてのクオリティは残念ながら落ちてしまいましたが、「博多だるま」に比べるとその影響は軽微に留まっており、引き続き良くできたカップ麺でした。鶏油が強いのも「地域の名店」の時から引き継いでいます。

セブンプレミアム 「銘店紀行 横浜ラーメン 六角家」

タテ型「銘店紀行」シリーズに鞍替えした「六角家」カップ麺今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 横浜ラーメン 六角家」。製造は明星食品。前回の「博多だるま」に続いてセブンプレミアムの新シリーズ「銘店紀行」の商品です。「六角家」は横浜家系ラーメンの名店で、「博多だるま」同様、「地域の名店シリーズ」としてセブンで売られていましたが、タテ型ノンフライ麺の「銘店紀行」に鞍替えとなりました。「六角家...

今回は1年ちょっとぶりにリニューアルとなりました。果たしてどんな変化があるのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製オイル」の1袋。カップにはチャーシューチップ、ほうれん草、ネギが入っています。

品名銘店紀行 六角家
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2019年3月11日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製オイル)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野ラーメンの老舗の味! セブンプレミアム 「銘店紀行 森田屋總本店」



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 森田屋總本店」を食べてレビューしていきます。


「銘店紀行 森田屋總本店」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 森田屋總本店」。2018年11月19日発売の、セブンプレミアムのタテ型ラーメン店再現カップ麺シリーズ「銘店紀行」の新商品。佐野ラーメンを代表する老舗ラーメン店のひとつ、「森田屋總本店」の味を再現したカップ麺です。東日本限定発売で、西日本では「銘店紀行 らーめん弥七」が発売されています。移動せずに生活しているとどちらか一方しか手に入れられないのは残念。

  • 佐野ラーメンの老舗「森田屋總本店」
森田屋總本店」は、栃木県佐野市にあるラーメン店で、ご当地佐野ラーメンを代表する老舗のひとつとして知られています。知名度の高いお店で、長蛇の列ができることでも知られています。全国に名の轟くお店です。お店のラーメンの特徴は、佐野ラーメン伝統の青竹打ちで作る多加水の太麺で、太麺ながら麺はやわらかいそうです。また、豚ガラと鶏ガラで作るしょうゆ味のスープはさっぱりしているとのこと。

素材の旨味で勝負しにくいカップ麺にとって、佐野ラーメンのようなあっさりスープでお店の魅力を再現するのは難しそうに思います。実際、佐野ラーメンというご当地ラーメンのビッグネームでありながら、カップ麺として再現されているものは少ないです。今回の佐野ラーメン「森田總本店」は果たしてどんな味に仕上げてきているのでしょうか。

  • 佐野ラーメンとは?
佐野ラーメンは、青竹打ちの幅広の多加水太麺を使っているのが大きな特徴で、スープは店によってばらつきはあるものの、鶏ガラや豚ガラを使用したあっさりしょうゆ味のスープが多いようです。

佐野市は人口あたりのラーメン店の数が多く、ラーメンが好きな土地柄だそうです。町おこしの重要な観光資源としても大きな役割を果たしており、佐野厄よけ大師と並ぶ佐野市の名物となっています。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製オイル」ひとつ。細切れの肉がカップを覆い隠す勢いで入っているのが強烈です。平打ちに見える太い麺が入っています。

品名銘店紀行 森田屋總本店
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2018年11月19日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製オイル)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加