激辛系の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:激辛系

激辛系のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-12-12 カップラーメン
このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。 「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。2018年12月10日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの久々の新商品。小田原タンタン麺発祥の店、「中華 四川」監修によるカップ麺です。 小田原系担々麺とは? 小...

記事を読む

2018-12-11 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」を食べてレビューしていきます。 「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」。2018年12月10日発売の新商品で、東京五反田にある火鍋...

記事を読む

2018-11-25 カップラーメン
このページでは、西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」のカップ麺、「もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」を食べてレビューしていきます。 「みなさまのお墨付き もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、西友のPBブランドである「みなさまのお墨付き」のカップ麺、「もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」。西友とテーブルマークの共同開発商品で、製造はテーブルマークの...

記事を読む

2018-11-22 カップラーメン
このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」。2018年11月19日発売の、「マルちゃん やみつき屋」シリーズの新商品です。今回は「やみつき屋」シリーズで定期的に発売されている「辛味噌キムチ」がパワーアッ...

記事を読む

2018-11-17 カップラーメン
このページでは、セブンイレブンで販売されている農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」を食べてレビューしていきます。 「うまからっ プデチゲラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」。おそらくセブンイレブンもしくはセブン&アイグループ限定で発売されている商品かと思われます。韓国の鍋料理「プデチゲ」の味をアレンジしたカップ麺となっています。 ...

記事を読む

寿がきや食品 「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」



このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。


「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。2018年12月10日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの久々の新商品。小田原タンタン麺発祥の店、「中華 四川」監修によるカップ麺です。

  • 小田原系担々麺とは?
小田原系担々麺とは、小田原にある「中華 四川」を発祥とするラーメンで、とろみのついた甘辛のあんかけスープに挽肉の入った担々麺です。担々麺と言いつつも、四川料理の担々麺と違って練りごまや芝麻醤が使用されていません。このあたりは勝浦タンタンメンも同じですよね。

「中華 四川」は、交通アクセスがあまり良くない立地にもかかわらず大変な人気店で、行列は必至とのことです。また「中華 四川」の他にも、小田原周辺で小田原系担々麺をインスパイアしたラーメンを供するお店がいくつかあるそうです。

  • これまでに発売されてきた小田原系担々麺のカップ麺
小田原系担々麺のカップ麺は、2015年に寿がきや食品から発売された「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」が最初です。その後、2017年にも「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」が発売され、今回で3度目のカップ麺化です。

2015年のカップ麺は、このブログでハンサム氏がレポしています。渋チンハンサム氏の評価は★2で、旨みが足りないとのジャッジをしていました。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、 寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」です。へぇーそんなのあるんだ、知らなかったです。職場の数人にも聞いてみましたが、みんな知らない模様。調べてみるとなかなかオリジナル感のあるラーメンですね。自分はあんかけも好きなので楽しみです。 スープは、「鶏と豚の旨味を引き出し、ニンニクを効かせた、高粘度のあんかけ風甘辛スープ」だそうです。...

ハンサム氏の地元は神奈川県なんですが、このカップ麺を食べるまで「小田原系担々麺」の存在は知らなかったそうです。また、職場の同僚に聞いてもその存在をみんな知らず、2015年当時はそれほどメジャーな存在ではなかったようです。

カップ麺を通じて「小田原系担々麺」の知名度がどんどん上がっていくと良いですね。

  • 今年の「小田原タンタン麺」は「辛口」!!


小田原タンタン麺の名店『中華四川』の常連客に人気の裏メニュー」で、「9段階中3番目に辛く、とろみと豚肉の旨み、辛さのバランスが良いメニュー」ある、『ダブルトリプル』を再現」したとのこと。

「中華 四川」のメニュー「特製タンタン麺」にも表メニューで「辛口」というのがあるんですが、今回はそれではなく、裏メニューの「ダブルトリプル」とのことで、表メニューの「辛口」よりだいぶ辛いんでしょうかね。いずれにせよ、辛くて買うのを躊躇う人もいるかもしれませんが、以前の商品より辛くなるのは歓迎の人が多いでしょうね。

前置きが長くなってしまいましたが、今年の「小田原タンタン麺」は果たしてどんな味なのでしょうか。私オサーン、小田原タンタン麺初めて食べるのでとても楽しみです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく入スープの素」、「後入れ粉末スープ」の3袋。なんだかスープだらけですねw 3袋すべてスープとはなかなか手厚い扱いです。



先入れの「かやく入スープの素」を開けた状態。肉そぼろやネギと一緒に、粉末スープがかなりたくさん入っています。ビッグスリーの一角だけでこれほどの粉とは!!!

品名全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺
メーカー寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく入スープの素・後入れ粉末スープ)
定価税別238円
取得価格税込257円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超幅広麺の衝撃!「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」を食べてレビューしていきます。


「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」。2018年12月10日発売の新商品で、東京五反田にある火鍋専門店「ファイヤーホール4000」の菰田欣也シェフ監修によるカップ汁なし担々麺です。

  • 監修の菰田欣也は赤坂四川飯店出身
今回の商品を監修している東京五反田の「ファイヤーホール4000」シェフの菰田欣也氏は、中華の名店「赤坂四川飯店」出身で、総料理長も務めていました。

2004年11月の第5回中国料理世界大会個人熱菜部門において、日本人初の金賞を受賞し、日本における四川料理のトップランナーの地位を確固たるものにしています。

今回はそのシェフが監修する汁なし担々麺なので、当然期待は高まりますよね。

  • 新開発の超幅広ノンフライ麺
加えて、今回はサンヨー食品が特許出願しているという新規技術を用いた「超幅広のノンフライ麺」が使用されているとのことで、麺にも注目したいところ。

パッケージに写っている麺を見る限り、今まであまり見たことのないタイプに見えるので、これはかなり期待できそう。ちょっとパスタっぽいんでしょうかね。

最近新商品出てないですが、サンヨー食品は「デュラムおばさん」シリーズというノンフライパスタ商品を出していたので、ノンフライ太麺の製造技術は確かなものがあるはずです。

  • サンヨー食品はノンフライ汁なし麺商品に大きな実績
「ファイヤーホール4000」菰田欣也シェフ監修であることや、新開発の超幅広ノンフライ麺に加え、サンヨー食品はこれまでにノンフライ麺汁なし商品を多く出してきており、しかもおいしいものが多かったことが、よりいっそう今回の商品への期待を大きなものにしています。

サンヨー食品はカップ汁なしノンフライ麺商品を大きな柱に据えているのではないかと私は勝手に推測しています。

家系油そばの元祖! 「違う家」の味を再現したカップ麺 サンヨー食品 「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」

元祖「横浜家系油そば」の「違う家」の一杯を再現した商品 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」。2018年6月4日発売の新商品です。東京早稲田にある家系ラーメンのお店、「違う家」(ちがうか)の味を再現した商品です。家系ラーメンを油そばアレンジした元祖だそうです。お笑いコンビ「ものいい」の吉田サラダさんのお店で、吉田さんが連発するツッコミ「違うか!」をお店の名前にしたようで...

サンヨー食品 「サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺」。 商品概要 品名:サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺 メーカー:サンヨー食品 発売日:2017年4月10日(火) 麺種別:ノンフライ麺 かやく・スープ:3袋(あといれ特製調味だれ・あといれ特製スープ・かやく) 定価:税別220円 取得価格:税込235円(ローソン)...

これらの他にもおいしかった商品が多いため、今回もある程度のレベルにはあるものと期待が持てます。菰田欣也氏監修&新開発の超幅広麺の威力がどんなものなのか、非常に楽しみです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「あといれ特製調味だれ」、「あといれ特製スープ」、「かやく」の3袋。



先入れの「かやく」を入れた状態。かやくには特筆すべきところはなさそうですが、なんと言っても麺がすごい!黒くしたら昆布に見えるような、なんとも独特な形状の幅広麺です。これはおいしそう。どんどん期待が高まっていきます。

品名サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺
メーカーサンヨー食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(あといれ特製調味だれ・あといれ特製スープ・かやく)
定価税別220円
取得価格税込213円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安いのに激辛なカップ麺!西友PBみなさまのお墨付き 「四川風麻辣麺」




このページでは、西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」のカップ麺、「もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」を食べてレビューしていきます。


「みなさまのお墨付き もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、西友のPBブランドである「みなさまのお墨付き」のカップ麺、「もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」。西友とテーブルマークの共同開発商品で、製造はテーブルマークのグループ会社である加ト吉水産が担当しています。新商品ではありませんが、知り合いが安いのに辛くてうまいとやたらこの商品を薦めてきたので、今回食べてみることにしました

  • 「激辛」を売りにした今流行りの麻辣麺


今回の商品は、定価税込95円という安価品でありながら、ノンフライ麺を使用し、さらには「激辛」であることを大きな売りにしています。価格なりだろうと思いつつも、激辛と聞くとついつい期待してしまいます。

「みなさまのお墨付き」でノンフライ激辛商品と言えば、このブログで2017年11月に食べていた「もっちりノンフライ麺 汁なし胡麻担担」があり、価格の割にはおいしかったです。今回は知り合いのオススメということもあり、それ並かそれ以上のデキを期待したいところ。


  • 「みなさまのお墨付き」とは?
「みなさまのお墨付き」とは、大手スーパー「西友」のプライベートブランド(PB)で、一般消費者(20~60代の主婦)100名以上を対象に消費者テストを実施し、支持率70%以上を獲得したもののみを商品化している。

70%以上の支持を集めた商品のみを商品化し、その数値は「みなさまのお墨付き」サイト上で公開されています。ちなみに今回の「もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺」は85.2%の支持を集めており、余裕の商品化となっています。商品の中には90%台とか100%なんて商品もあるため、今回の85.2%が特別高い数値というわけではなさそうです。

70%を獲得できなかった商品は、「みなさまのお墨付き」のパッケージではない形で西友で売られることもあるようです。

西友に行くと、ものすごい種類の「みなさまのお墨付き」カップ麺が存在し、中には特設コーナーまで設けているお店もあります。カップ麺には相当力を入れていることが窺えます。このブログでは「みなさまのお墨付き」カップ麺をなかなか食べられていませんが、本当はいくつか食べたいものもあるんですよね。そのうちカップ麺新商品の発売が少ない時に食べてみたいと思っています。



内容物、価格、購入額など




内容物は「液体スープ」、「かやく」の2袋。「かやく」にはにらや赤唐辛子、肉そぼろなどが入っています。麺はウェーブのかかった黄色いノンフライ麺で、テーブルマークの他のノンフライ麺商品にも使われていそうな姿です。

品名もっちりノンフライ麺 四川風麻辣麺
メーカーみなさまのお墨付き(テーブルマークと共同開発・加ト吉水産製造)
発売日不明
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく)
定価税込95円
取得価格税込84円(西友)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辛さが増した!東洋水産 「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」



このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」を食べてレビューしていきます。


「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ」。2018年11月19日発売の、「マルちゃん やみつき屋」シリーズの新商品です。今回は「やみつき屋」シリーズで定期的に発売されている「辛味噌キムチ」がパワーアップし、「激辛」として登場しました。

  • 「マルちゃん やみつき屋」は「味濃いめ」が特徴のカップ麺シリーズ
『やみつき屋』は、『味濃いめ』をキーワードに、『やみつきになるラーメン』をコンセプトとしたシリーズ」とのこと。

「やみつき屋」シリーズの歴史は古く、2008年あたりには商品の発売が確認できるため、10年選手級のシリーズです。プロ野球選手なら10年もいればFA移籍が可能です。発売当初はどんぶり型ノンフライ麺としてとんこつラーメンを中心に商品が出ていましたが、2014年あたりから油揚げ麺の焼そばタイプの商品が登場するとともに、今回の商品の元となるタテ型ビッグカップの「辛味噌キムチ」も発売されました。ここ数年はどんぶり型ノンフライ麺商品の発売は鳴りを潜め、タテ型や焼そば型を中心に定期的に新商品が発売されています。

そんな「やみつき屋」シリーズの中でも、「辛味噌キムチ」エース級の登場頻度で、年に1度は発売されています。今年もすでに7月に発売されていました。


今回はその「やみつき屋 辛味噌キムチ」を激辛にアレンジした一杯ということで、シャキシャキのキムチやごまの風味といった「辛味噌キムチ」の魅力を維持しつつ、どれくらい辛さが増しているのかが大きなポイントになりそうです。

東洋水産はカップ麺大手メーカーの中ではあまり激辛商品を作ってこないイメージがあり、「激辛」と言いつつもそれほど辛くないのではないか?という懸念はありますが、辛さに期待して食べてみたいと思います。どんな一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋はありません。FDブロック状の真っ赤な白菜キムチに、それとは別に白っぽい白菜キムチも入っています。以前の「辛味噌キムチ」より、粉末がだいぶ赤いです。これだけで以前より辛いことが窺い知れます。

品名マルちゃん やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ
メーカー東洋水産
発売日2018年11月19日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別210円
取得価格税込224円(ファミリーマート)

「激辛」要素が増したためか、今年7月に発売されていた「辛味噌キムチ」に比べて定価が5円高くなっています。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン購入の「うまからっ プデチゲラーメン」(農心)を食べてみました!



このページでは、セブンイレブンで販売されている農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」を食べてレビューしていきます。


「うまからっ プデチゲラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン」。おそらくセブンイレブンもしくはセブン&アイグループ限定で発売されている商品かと思われます。韓国の鍋料理「プデチゲ」の味をアレンジしたカップ麺となっています。

  • 「プデチゲ」とは?


「プデチゲ」とは、一般的なチゲの具材とともに、ソーセージやスパム、インスタント麺などを加えて辛味で煮込んで大衆的鍋料理とのこと。

なるほどなるほど。「プデチゲ」とはチゲ鍋にソーセージの味が加わった鍋料理ということですね。私は韓国料理に疎いので「プデチゲ」という名前は初めて聞いたのですが、とても面白そう。いかにもジャンキーな味わいっぽくて、カップ麺向きの味かもしれませんね。辛味以外にも大きな売りがありそうなので期待できそうです。

以前には、農心ジャパン&セブンでの販売の商品として、2018年1月に「旨辛海鮮ちゃんぽん」が発売されていました。最も印象的だったのが、真ん中に縦に2本の溝が入った油揚げ麺で、スープと馴染みやすくなる機能性とともに、独特の食感が面白かったです。また、主張の強い太麺でありながら、しっかりスープとマッチしていたのが大きな特徴となっていました。今回もその時と同じ麺が使用されているようで、この麺の存在だけでもちょっと楽しみです。


いかにもカップ麺にマッチしそうな「プデチゲ」味の一杯、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。しっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は粉末スープ1袋のみ。

画像右の褐色の四角い具がソーセージ風のかまぼこです。本物のソーセージではないようです。画像では3個しか写っていませんが、掘り返すと4個ありました。左の白くて丸い具はもちです。こちらも3個しか写っていませんが実際は5個入っていました。ちょっとシーフードヌードルに入っているイカのような佇まいです。キムチはあまりたくさん入っていないようです。

品名うまからっ プデチゲラーメン
メーカー農心ジャパン
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(粉末スープ)
定価不明
取得価格税込216円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加