激辛系の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:激辛系

激辛系のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2020-01-04 カップラーメン
このページでは、エースコックのカップ麺、「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」を食べてレビューしていきます。 「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」はどんな商品? 今回のカップ麺は、エースコックの「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」。2019年12月30日発売の、「驚愕の麺1.5玉」シリーズの新商品です。今回は1.5玉ではなく2.0玉での登場!珍しいノンフライ麺の超大盛サイズのカップ麺です。 いつもの「麺1.5玉」...

記事を読む

2019-12-30 カップ麺ランキング
このページでは、【カップ麺ランキング2019】激辛系カップ麺部門を選定しています。 【カップ麺ランキング2019】激辛系カップ麺部門 【カップ麺ランキング2019】&【カップ麺アワード2019】概要 今年もカップ麺アワードの時期がやってきました。ブログでレビューした今年2019年発売のカップ麺の中から、各フレーバーごとにランキング形式でおいしかった商品、心に残った商品を紹介。【カップ麺ランキング2019】各...

記事を読む

2019-12-28 冷凍麺
このページでは、テーブルマークの冷凍食品、「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」はどんな商品? 今回は、テーブルマークの「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」。2019年3月1日に春夏向けとして発売された商品で、主にスーパー等で冷凍食品コーナーに並んでいます。東京西新宿の名店、「麺屋武蔵」監修による辛いまぜそばです。麺量390gというのも...

記事を読む

2019-12-24 レンジチルド麺
このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「にんにくが決め手!スタミナラーメン」を食べてレビューしていきます。 「にんにくが決め手!スタミナラーメン」はどんな商品? 今回は、セブンイレブンの「にんにくが決め手!スタミナラーメン」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するチルド麺商品です。今回はたまごのたっぷり入ったスタミナラーメン。見た目は川崎の「ニュータンタ...

記事を読む

2019-12-10 カップラーメン
このページでは、エースコックのカップ麺、「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」を食べてレビューしていきます。 「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」はどんな商品? 今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」。2019年12月9日発売の、「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品です。これまで...

記事を読む

ノンフライ麺超大盛のカップ麺!「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」を実食レビュー



このページでは、エースコックのカップ麺、「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」を食べてレビューしていきます。



「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」。2019年12月30日発売の、「驚愕の麺1.5玉」シリーズの新商品です。今回は1.5玉ではなく2.0玉での登場!珍しいノンフライ麺の超大盛サイズのカップ麺です。



いつもの「麺1.5玉」ではなく「麺2.0玉」で麺量120g!


「驚愕の麺1.5玉」シリーズは、ノンフライ麺を使用した珍しい大盛サイズカップ麺で、標準的な麺量を60gと設定し、それの1.5倍の90g入っていることが特徴です。90gでもかなりの迫力なんですが、今回は「麺2.0玉」で60gの倍である120g入っています。前回発売されたこのシリーズでは、「麺1.5玉+0.5玉」として120gの麺量の商品が出ていましたが、今回は「麺2.0玉」となったので、今後は「麺2.0玉」をデフォに商品が展開されていくのかもしれませんね。

2018年7月発売の「驚愕の麺1.5玉+0.5玉 辛ダレねぎ豚骨ラーメン」。圧巻の麺量でした。

2玉分のノンフライ麺の衝撃!!エースコック 「驚愕の麺1.5玉+0.5玉 辛ダレねぎ豚骨ラーメン」

ノンフライ麺では珍しい大盛商品が、今回は麺量0.5玉分追加されお値段据え置きて登場!!今回のカップ麺は、エースコックの「驚愕の麺1.5玉+0.5玉 辛ダレねぎ豚骨ラーメン」。2018年7月16日発売の、「驚愕の麺1.5玉」シリーズの新商品です。「驚愕の麺1.5玉」シリーズは、ノンフライ麺商品では珍しい大盛タイプで、油揚げ麺は好きじゃなけど量はたくさん食べたいという人に向けたシリーズです。今回は1.5玉には飽き足らず、...

2017年12月発売の前々作「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」はシリーズ初の汁なし麺で、汁なし麺の場合は通常麺量がスープありの商品より多くなるため、標準量を90gと設定し、「麺1.5玉」でも麺量は今回と同じ120g入っていました。

エースコック 「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」

ノンフライ麺で麺量120gの油そばの登場!!今回のカップ麺は、エースコックの「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」。他社ではあまり見られない大盛ノンフライ麺「驚愕の麺1.5玉」シリーズの新商品です。今回は「油そば」で、汁なし麺の麺量は通常のカップ麺に比べて多くなるため、今回もいつもの「驚愕の麺1.5玉」の麺量90gより多い、120gとなっています。ただでさえ多いのにさらに多くなっているということです。前回のこのシリー...



「四川風麻辣麺」で2.0玉




今回の商品は、麺量120gの「麺2.0玉」が最大の売りですが、この麺量でありながら「四川風麻辣麺」であることには大きな価値がありそう。なにせ、辛味やシビレのスープで麺を大量に食べられるということになりますからね。口の中が長時間の刺激に耐えられるのか不安を感じつつも、しっかり食べていきたいと思います。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」と「かやく入り粉末スープ」の2袋。



先入れの「かやく入り粉末スープ」を麺の上に開けた状態。麺量に比してかやくの量は少なそうです。

品名驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺
メーカーエースコック
発売日2019年12月30日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価税別240円
取得価格税込235円(コープ)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【カップ麺ランキング2019】激辛系カップ麺部門 【Road to カップ麺アワード2019】

【カップ麺ランキング2019】激辛系カップ麺部門 【Road to カップ麺アワード2019】

このページでは、【カップ麺ランキング2019】激辛系カップ麺部門を選定しています。



【カップ麺ランキング2019】激辛系カップ麺部門


【カップ麺ランキング2019】&【カップ麺アワード2019】概要


今年もカップ麺アワードの時期がやってきました。ブログでレビューした今年2019年発売のカップ麺の中から、各フレーバーごとにランキング形式でおいしかった商品、心に残った商品を紹介。【カップ麺ランキング2019】各フレーバーのトップに輝いた商品の中から、大賞【カップ麺アワード2019】を選定します。

今年は以下の7部門。

【激辛系カップ麺部門】
【そば・うどんカップ麺部門】
【しょうゆ系カップ麺部門】
【しお系鶏白湯系カップ麺部門】
【みそ系カップ麺部門】
【とんこつ系とんこつしょうゆ系カップ麺部門】
【汁なし・焼そば系カップ麺部門】

今年からのルールとして、以前に同名商品、ほぼ同じ商品名で発売されていた商品は除外します。例えば、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は今年リニューアルされて発売されていますが、以前にも出ていた商品なので除外します。



激辛カップ麺は今年もたくさん発売された


今年も多くの激辛カップ麺が発売されました。カップ麺の人気フレーバーと言って良いと思います。唐辛子の辛味に加え、花椒のシビレ、山椒の香りで勝負しているものなど、単に辛いだけではない商品が多く出ていました。、また、「蒙古タンメン中本」、「辛辛魚」、「辛激タンメントナリ」など、定番激辛カップ麺がリニューアル、派生商品も多く発売されていました。

昨年の激辛カップ麺ランキングはこちら。

【カップ麺ランキング2018】激辛カップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、激辛カップ麺についてランキング形式で紹介していきます。激辛カップ麺ランキング2018さて唐突に始まりました、【カップ麺ランキング2018】。【激辛カップ麺】【そば・うどんカップ麺】【汁なし麺・焼そばカップ麺】【油揚げ麺カップ麺】【ノンフライ麺カップ麺】【変わり種カップ麺】それぞれの部門ごとにランキング形式で紹介していき、最終的に各...

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「麺屋武蔵」監修の冷凍食品、「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」を食べてみました!

  •  投稿日:2019-12-28
  •  カテゴリ:冷凍麺


このページでは、テーブルマークの冷凍食品、「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」を食べてレビューしていきます。



「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」はどんな商品?


今回は、テーブルマークの「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」。2019年3月1日に春夏向けとして発売された商品で、主にスーパー等で冷凍食品コーナーに並んでいます。東京西新宿の名店、「麺屋武蔵」監修による辛いまぜそばです。麺量390gというのも大きな売りのようです。



「麺屋武蔵」監修の冷凍「辛まぜそば」


麺屋武蔵」は、東京西新宿に本店にある名店。中野の「青葉」や横浜の「くじら軒」とともに1996年開業の「96年組」として知られ、開業から20年以上、ラーメン業界のトップランナーとして最前線で活躍しています。

カップ麺でも以前はとかち麺工房から、現在はローソン限定商品としてエースコックから「麺屋武蔵」のカップ麺が発売されており、カップ麺の世界でもすっかりおなじみとなっています。

ローソンの有名店シリーズとして現在も店頭に並んでいる「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。初登場は2018年5月。この後はローソンから冷凍焼おにぎり商品なども発売されていました。

エースコック 「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」 (ローソン先行発売)

ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くら...

2019年11月には、蕎麦の名店「かんだやぶそば」とコラボした「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」も発売されていました。残念ながら「麺屋武蔵」らしさも「かんだやぶそば」らしさも中途半端な印象でしたが、インパクトはかなり大きい一杯でした。

ローソン限定の異色コラボカップ麺「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてみました!

このページでは、ローソン限定でエースコックのカップ麺、「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてレビューしていきます。「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ローソンの限定商品でエースコックの「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」。東京西新宿に本店のある名店「麺屋武蔵」が、東京神田淡路町の老舗蕎麦店「かんだやぶそば」と...



大盛390g&皿要らずのトレー入り




今回の商品は、390gの大盛サイズ。これがカップ麺だと麺量130gなら大盛、さらに増えると超大盛みたいな比較的わかりやすい基準がありますが、これが冷凍麺だと390gというのがどれくらい大盛なのかよくわかりません。そこでこのブログでレビューした他の冷凍汁なし麺と比べてみました。セブンの冷凍コーナーに並んでいる「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」は350g、ファミマの「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」も350g。どちらも十分大盛クラスの量があったので、今回の390gは結構な量だということがわかります。

また、袋のまま調理し、トレーに入っているのでお皿も要らないお手軽さも大きなポイント。お皿に移し替えたりしなければならないと、カップ麺と比べてどうしてもお手軽さで見劣りしてしまうのですが、今回みたいな感じだとカップ麺やお弁当などのライバルになりうるお手軽さです。


内容物、価格、購入額など




外袋に切込みを入れ、そのままレンジに入れます。中にはトレーに入った本体が入っているのですが、この段階では中身は見えません。



レンジ調理後、外袋から出した状態。外側の麺が白っぽく見えますが、凍ってわけではなく干からびています。大丈夫なのだろうかw 麺の上に挽肉とねぎの絡めたもの、そしてもやしが入っています。

品名麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り
メーカーテーブルマーク(製造は光陽)
発売日2019年3月1日(金)
麺種別冷凍麺
かやく・スープなし
定価不明
取得価格税込268円(コープ)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンのレンジチルド麺「にんにくが決め手!スタミナラーメン」を実食レビュー!ニュータンタンメンに近い?



このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「にんにくが決め手!スタミナラーメン」を食べてレビューしていきます。



「にんにくが決め手!スタミナラーメン」はどんな商品?


今回は、セブンイレブンの「にんにくが決め手!スタミナラーメン」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するチルド麺商品です。今回はたまごのたっぷり入ったスタミナラーメン。見た目は川崎の「ニュータンタンメン」、もしくは宮崎辛麺みたいな感じですが、果たしてどんな一杯なのでしょうか。



スタミナラーメンの正体は・・・?


今回の一杯はレンジチルド麺の「にんにくが決め手!スタミナラーメン」。販売地域は北海道、東北一部、関東、山口、九州とのことで、手に入らない地域が結構あるようですが、セブンの商品はいろいろ販売地域に変化することも多いので、そのうち全国的にも手に入れられるようになるのではないかと勝手に思っています。

「にんにくが決め手!スタミナラーメン」という商品名からは、にんにくが入っていること以外にどんな商品なのか想像がつきませんが、商品名の下に書いてある英語を見ると、Ramen with Galric(にんにく), Beaten Egg(溶き卵), Minced Pork(豚ミンチ), in Tonkotsu Broth(とんこつスープ)と書かれています。「溶き卵と豚ミンチの入ったにんにく風味のとんこつラーメン」といったところでしょうか。そりゃ長すぎて商品名にするのは無理ですね。

世界史ならマルクス・アウレリウス・アントニヌス、地理ならスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ、物語ならキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードみたいな商品名の長さ。ちなみに自分はガハラさん推しですが、別のお話だとガハマさん推しです。



内容物、価格、購入額など




本来ならカップに付いている帯状のフィルムも透明フタも取らずにそのままレンジに入れて温めてるだけですが、今回は写真撮影のためにあらかじめ帯を取り、フタを開けています。同じ工程を踏む必要はありません。

フタを開けると、びっしりかき玉の入ったゼラチン状のスープが一面に広がっていて、麺は全く見えません。いつものチルド麺なら麺の下に入っているのですが、今回は上にかかっています。青ねぎがたくさんのっていること以外は、かき玉がマスクになって正体がわかりません。完璧超人のマスク狩りの対象になりそうですね。出るか!?クロスボンバー!!

品名にんにくが決め手!スタミナラーメン
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日不明
麺種別チルド麺
かやく・スープなし
定価税込486円
取得価格税込486円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花椒と濃厚みそのカップ麺!「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」



このページでは、エースコックのカップ麺、「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」を食べてレビューしていきます。



「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」。2019年12月9日発売の、「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品です。これまでにも何度かカップ麺化されている、東京京橋にあるみそラーメンの人気店、「東京スタイルみそらーめん ど・みそ」の味を再現した商品です。



「一度は食べたい名店の味」シリーズの恒例商品


一度は食べたい名店の味」は、東京及び東京近郊にあるラーメン店の味をカップ麺で再現したシリーズ。これまでにも多くの人気店の味が再現され、並ばずに人気ラーメン店の雰囲気を楽しめるありがたい存在です。

今回「一度は食べたい名店の味」で再現しているのは、東京京橋に本店のある「東京スタイルみそらーめん ど・みそ」。東京を中心に多店舗展開しており、東京・中山両競馬場にも出店しています。「東京スタイルみそらーめん」を標榜し、濃厚みそ味スープに背脂を合わせたこってりなみそラーメンを供しています。

お店の看板メニューである「特みそこってりラーメン」はこれまでにも「一度は食べたい名店の味」シリーズの恒例商品として、何度か再現されてきました。最初に登場したのは2016年12月で、「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん」という商品名でした。

エースコック 「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん」

今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん」。東京京橋にあるみそラーメン店「ど・みそ」の再現商品です。今年10月にファミマとサークルKサンクスのオリジナル商品としてどんぶり型の商品が発売されていました。今回はタテ型で値段も抑えての登場で、改めて食べてみたいと思います。商品概要品名:一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこ...

どんぶり型ノンフライ面の「PREMIUM」シリーズとしてもカップ麺化されており、2018年2月に発売された「一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」は、定価税別270円の価格設定に見合う本格感のある一杯でした。

エースコック 「一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」

「一度は食べたい名店の味 PREMIUM」の第2弾商品今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」。「ど・みそ」は東京京橋に本店のあるみそラーメンのお店で、「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品。すでにこのシリーズで何度かカップ麺化されていますが、「PREMIUM」を冠する高級カップ麺としては「つじ田」に続いて2つめとなります。ただ、1年半ほど前にファミマ...



濃厚味噌×痺れる辛さ


最近は単に「特みそこってりらーめん」の味を再現するにとどまらず、カップ麺ならではのアレンジを加えてきています。今年は「特みそこってりらーめん」の味をベースに、花椒によって「痺れる辛さ」を加えた一杯とのことで、「ど・みそ」ならではの濃厚スープと花椒がどうマッチするのか注目されます。お店でも12月限定メニューとして供されているとのことです。



ちなみに昨年2018年12月には、背脂を20%増量した「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん」が発売されていました。パワーアップをしっかり感じられる一杯でした。

背脂20%増量の「ど・みそ」カップ麺 「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん」

このページでは、エースコックのカップ麺、「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん」(2018年版)を食べてレビューしていきます。「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん」。2018年12月10日発売の、「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品です。過去数回発売さ...


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」1袋。カップにはスープ粉末とともにかやくが入っていて、あまりボリュームはなさそうですが多種類ではありそうです。

品名一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん
メーカーエースコック
発売日2019年12月9日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加