有名店シリーズの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:有名店シリーズ

有名店シリーズのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2017-05-31 カップラーメン
鳴龍は史上2店目のミシュランガイドで一つ星を獲得したラーメン店 今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」。昨年4月に同名の商品が発売されましたが、今回の商品とパッケージこそ違うものの栄養成分はまったく同じなので、味も昨年のものと同じかと思われます。ミシュランで星を獲得したので改めて発売したってことなんでしょう。 東京大塚にある「創作麺工房 鳴龍」は、2016年のビブグルマン獲得に続...

記事を読む

2016-04-28 カップラーメン
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」。まさかの2週連続の有名店シリーズです。 スープは、「丸鶏などから取った旨み溢れるスープとしょうゆダレに、胡麻の甘味とコクを利かせた上品な担担スープ」で、「唐辛子の辛みが食欲をそそる『特製油』」が別添とのこと。丸鶏が効いているのか、丸みのあるスープに、一本練りゴマの香ばしい風味が通っています。辛みはピリ辛以下です...

記事を読む

2016-04-20 カップラーメン
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」。サイフォンでかつお節を抽出する方法が話題になったお店です。稲庭中華そばを再現するために有名店シリーズをいつものタテ型油揚げ麺ではなくどんぶり型ノンフライ麺で出してくる気合の入れよう、これは楽しみです。 スープは、「サバや煮干し、昆布や鰹節などからとった魚介系のだしと鶏のだしを使用した、風味豊かな淡麗系ス...

記事を読む

2016-02-18 カップラーメン
どうもオサーンです。よく、お店でこんなもの買いました的な報告ブログみたいなのを見るんですが、コストコ、カルディ、業務スーパーを扱ったものが多いですね。私はどれもよく利用するんですが、一番好きなのが業務スーパー。まぁ一番安くてお得感あるからなんですけど。業務スーパー自社製品(神戸物産)が安いのにおいしいものが多い!牛乳の1リットルパックみたいなのに入った水ようかんとコーヒーゼリー、どっちも本格的な味...

記事を読む

2015-11-18 カップラーメン
どうもオサーンです。白鳳関の猫騙しが相撲協会の偉い人から横綱としてやるべきことじゃないなんて言われて批判されていましたが、それってどうなんですかね。確かに横綱たるもの相手の技をどーんと受けてそれを跳ね返すべきとは私も思いますが、白鵬関は今までそういう相撲を散々やってきたじゃないですか。たまには猫騙ししたっていいじゃないですか。そもそも他の横綱は横綱相撲とってますかね?横綱らしいですかね?白鵬関につ...

記事を読む

日清食品 「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」 (2回目 2017)



鳴龍は史上2店目のミシュランガイドで一つ星を獲得したラーメン店

今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」。昨年4月に同名の商品が発売されましたが、今回の商品とパッケージこそ違うものの栄養成分はまったく同じなので、味も昨年のものと同じかと思われます。ミシュランで星を獲得したので改めて発売したってことなんでしょう。

東京大塚にある「創作麺工房 鳴龍」は、2016年のビブグルマン獲得に続いて、「ミシュランガイド 東京 2017」にて「Japanese Soba Noodles 蔦」に続いてラーメン店としては史上2店目の一つ星を獲得しました。開店前からかなりの行列になっているそうです。今回の商品にもなっている担々麺をはじめ、しょうゆやしお、つけ麺などもあって、メニューは豊富なようです。私は残念ながらお店のラーメンを食べたことがないですが、ネットでラーメンの画像を見る限りどれも上品な佇まいで、特に「醤油拉麺」がおいしそうに見えました。



商品概要

品名:有名店シリーズ 鳴龍 担担麺
メーカー:日清食品
発売日:2017年5月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」。まさかの2週連続の有名店シリーズです。





スープは、「丸鶏などから取った旨み溢れるスープとしょうゆダレに、胡麻の甘味とコクを利かせた上品な担担スープ」で、「唐辛子の辛みが食欲をそそる『特製油』」が別添とのこと。丸鶏が効いているのか、丸みのあるスープに、一本練りゴマの香ばしい風味が通っています。辛みはピリ辛以下です。担々麺というよりゴマ風味の鶏スープといった感じがしました。やわらかいスープの中のゴマがとても心地よかったですね。がっつり担々麺とは違うあっさりながらの本格感がありました。

は、「のどごしのよい細ストレート麺」とのこと。これは有名店シリーズのいつもの油揚げ麺ですが、相変わらず油揚げ麺とは思えないレベルの麺です。油揚げ麺臭よりも麺自体の素の風味が上回るのは、私が食べたことのある油揚げ麺の中ではこれだけです。ただ今回は麺自体の強さのため、ややスープに勝ってしまっていて、食べ進むにつれて多少のバランスの悪さを感じました。麺おいしいのでそれほど気にならないんですけどね。

は、「肉ミンチ、ネギ」とのこと。肉ミンチは結構たくさん入っていました。一点突破でほぼ肉ミンチだけの具ですが、こういうのはカップ麺らしくていいんじゃないかと思います。担々麺らしい部分でした。ただ、今までの有名店シリーズ同様、スープや麺のクオリティに比して具はちょっと貧弱ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今回の有名店シリーズもやっぱり秀逸なスープでおいしい一杯でした。麺も優秀です。同じタテ型でも飲み干す一杯担々麺のようながっつりくるタイプではないですが、こういうのもいいんじゃないかと思います。がっつり系を想定して食べるとちょっと物足りない部分はありますけどね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 魚雷 稲庭中華そば」。サイフォンでかつお節を抽出する方法が話題になったお店です。稲庭中華そばを再現するために有名店シリーズをいつものタテ型油揚げ麺ではなくどんぶり型ノンフライ麺で出してくる気合の入れよう、これは楽しみです。







スープは、「サバや煮干し、昆布や鰹節などからとった魚介系のだしと鶏のだしを使用した、風味豊かな淡麗系スープ」とのこと。鰹と鯖が強いスープで、これは魚介系の王道のスープです。魚介の強さがかなり強くありながら、後味にキレがあります。魚介は強いけどこってりしていない、この後味が淡麗系樽取りの効果なんでしょうかね。系統的には当ブログにおける現チャンピオン、もちもちの木と似た感じの強烈な魚介なんですが、あちらは油も多くこってりしているのに対し、こちらはキレが特徴ですね。私オサーンの好みってこともあるんでしょうけど、このスープ本当においしい。

は、「なめらかでつるみがあり、独特の食感を持つストレート麺」とのこと。稲庭うどんのような麺と聞いてどんなもんなんだろうと思って食べましたが、いやいいやこれはしっかりしたラーメンの麺です。そして噛みごたえは確かに稲庭うどんのような感じで、とても新鮮。今までラーメンで食べたことのない感覚で、しかもカップ麺でこんなことできるんだなぁという驚きとともに、スープとのマッチングがドンピシャでちょっと感動してしまいました。なにこれおいしい。味的にはラーメンとしての地の味を強く感じる麺で、鼻に抜ける後味がこれがまたうどんっぽい。いやはやうまく伝えられないこのもどかしさよ。要するにしっかりラーメンの麺なのに噛みごたえや後味にうどんっぽさがあり、それでいてスープとの相性がとんでもなくいい。いやーやっぱりうまく伝えられないのでぜひこれは皆さん試してもらいたいです。有名店シリーズの今までのタテ型油揚げ麺の掟を破ってまでこの商品を作った理由がよくわかる麺です。セブンプレミアムの「地域の名店博多だるま」の博多麺級の感動がありますよこれ。

は、「チャーシュー、白ネギ」とのこと。具はシンプル。チャーシューは高価格帯日清お得意の大判乾燥チャーシューではなく、クオリティこそあのチャーシューと同じですが小ぶりです。ネギはそれなりに入っていますが、まぁ普通です。でも正直、この麺にこのスープだと、具はいらないと思えるくらい、むしろかけラーメンでスープや麺との真っ向勝負を楽しみたいくらいの味なので、こんなもんでいいんじゃないかと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★★★☆(9)
久々に付けちゃいました、★9。いつもご覧頂いている皆様ならご存知かと思いますが、私オサーンの評価ポイントにおいてはスープのウェイトがすごく大きいのですが、この商品はスープもさることながら麺がとても素晴らしかった!長くカップ麺のブログをやってきて、それなりにおいしいものもそうではないものもたくさん経験してきて、もう以前みたいに心が大きく動かされることなんてそうそうないんじゃないかなと勝手に思っていたのですが、いやーまだまだありましたよ感動が。このラーメン、きっとお店で食べてもすごくおいしいんでしょうね。そしてカップ麺でこんな麺を作ってしまう日清食品、本当すごいです。自信を持って★9を付けられる一杯でした。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「有名店シリーズ マタドール 濃厚味噌らぁ麺」



どうもオサーンです。よく、お店でこんなもの買いました的な報告ブログみたいなのを見るんですが、コストコ、カルディ、業務スーパーを扱ったものが多いですね。私はどれもよく利用するんですが、一番好きなのが業務スーパー。まぁ一番安くてお得感あるからなんですけど。業務スーパー自社製品(神戸物産)が安いのにおいしいものが多い!牛乳の1リットルパックみたいなのに入った水ようかんとコーヒーゼリー、どっちも本格的な味ではないんですが結構甘くておいしいのでおすすめです。

今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ マタドール 濃厚味噌らぁ麺」。東京北千住にある牛骨ラーメン専門店の再現ものです。私はお隣の街に住んでいたことがあって、その時にはまだなかったお店ですが、北千住のお店というだけでちょっと応援したくなっちゃいます。マタドールは、本店と、本店休業日に本店で営業するまぜそば専門店、そしてみそラーメンの専門店の3店体制で、いずれも北千住にあります。





スープは、「牛の旨みを利かせ、濃厚な味噌で仕上げたやや甘めのスープ」で、「牛の風味が食欲をそそる『ビーフフレーバーオイル』」が別添とのこと。ちょっと甘めのみそ味に、牛の風味が強く香ります。みそといえばベースはとんこつだったり野菜だったりすることが多いので、牛の風味というのはかなり新鮮です。お店では西京味噌が使われているそうで、確かにこの商品でも甘い味と風味が特徴的です。実際に西京味噌が使われているのかはわかりませんが。そしてお店のみそラーメンはみそ自体の濃さが大きな特徴だそうですが、みそ自体の濃さはそれほど感じませんでした。

は、「濃厚スープがしっかり絡む中細ストレート麺」とのこと。中細寄りは多少太く感じられる、ストレートの油揚げ麺です。油揚げ麺なのにスナック感を感じさせない、言われないと油揚げ麺とは思えない本格的な麺です。人によって油揚げ麺に求めるものは必ずしも本格感ではないのは承知していますが、この方向性としては最高峰にある油揚げ麺だと思います。お店のラーメンの画像を見る限り、ちょっとこの麺と似ていますね。スープの風味を損なわない、相性のいい麺でした。

は、「肉ミンチ、トマト、レンコン、ネギ」とのこと。トマトの鮮烈な赤が印象的です。トマトだけ口に入れて味を噛みしめると確かにトマトの味がします。この赤は店名になっているマタドールを意識してるんでしょうかね。他にダイスミンチも入っていますが、味的にはレンコンが面白いかったです。きちんと食感がレンコンで、スープの中で結構なアクセントになっていました。あんまりカップ麺の具では見たことないものでしたがおいしかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
牛ダシで甘いみそを使用していて、口に入れた瞬間から食べ慣れたみそラーメンとはだいぶ違う印象でした。変わり種みそラーメンとして面白いと思います。有名店シリーズは今後も楽しみです。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「有名店シリーズ 銀座いし井 中華ソバ」



どうもオサーンです。白鳳関の猫騙しが相撲協会の偉い人から横綱としてやるべきことじゃないなんて言われて批判されていましたが、それってどうなんですかね。確かに横綱たるもの相手の技をどーんと受けてそれを跳ね返すべきとは私も思いますが、白鵬関は今までそういう相撲を散々やってきたじゃないですか。たまには猫騙ししたっていいじゃないですか。そもそも他の横綱は横綱相撲とってますかね?横綱らしいですかね?白鵬関についてはここ数年、土俵内外で横綱らしさを求める意見を多く見ますが、周りの人間がもっと大横綱に対する敬意を持って言動すべきなんじゃないかと思います。

今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 銀座いし井 中華ソバ」。今回のお店は「銀座いし井」という店なんですが、銀座にあったお店はもう今は再開発でなくなっていて、五反田と下北沢にお店があります。「中華ソバ」と「中華せいろ」の2枚看板なんだそうですが、今回は「中華ソバ」の方の再現ものとなります。





スープは、「煮込んだ鶏をベースに、魚介や野菜のうまみを加えたコクのある濃厚スープ」で、「鶏のコクとうまみを加える『特製鶏油』」が別添とのこと。鶏のやわらかいしょうゆ味に魚介が加わるスープです。強く主張はしてこないですが、鯖なのかな、魚介が強めに効いています。魚介が強めですが鶏とのバランスが悪いわけではなく、鶏もじわじわと感じられます。ちょっと高級感のある味で、さすが有名店シリーズと思わせる味ですね。

は、「しなやかな食感のスープがよく絡む中太麺」とのこと。低加水麺っぽい食感の中太油揚げ麺です。今回はスープがそれほど強くないのでちょっと油揚げ麺臭は感じられましたがそれほど気になるレベルでもなく、ストレートなのも相まってスープ同様に高級感を感じさせます。麺がこの有名店シリーズの真骨頂ですね。油揚げ麺なのに相変わらずおいしい麺でした。

は、「チャーシュー、メンマ、白ネギ」とのこと。細切れのチャーシューは量はそれなりに入っていますが、ちょっと安っぽい印象。メンマはスープとよくマッチしていました。白ネギはおいしかったですがちょっと量少ないですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
トータルとしておいしい一杯であるのは間違いないんですが、同時にお店ものとしてはちょっと没個性だなとも思いました。お店のラーメンも結構同じような味のものが多くて、カップ麺で再現したところで店ごとの差があまり出ないような感じになっちゃっているんじゃないですかね。特に最近は鶏系の商品が多いので、そこは結構難しい部分なんじゃないかと思います。カップ麺としてはスープも麺もおいしくてよくできていると思うんですけどね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加