明星食品の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:明星食品

明星食品のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-01-07 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。 セブンとローソンの激辛カップ麺対決!! 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...

記事を読む

2019-01-03 カップラーメン
このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」を食べてレビューしていきます。 「中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」。2018年12月31日発売の、「明星中華三昧」シリーズの新商品です。「赤坂榮林」や「四川飯店」に続く中華三昧の誇る中華三連星のひとつ、「重慶飯店」の味を再現...

記事を読む

2018-12-21 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手のとんこつ」(明星食品が販売)とローソンセレクトのカップ麺、「コク旨 とんこつラーメン」(日清食品が製造)を食べ比べてレビューしていきます。 両者大手コンビニPBのカップ麺で同価格のライバル商品 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手のとんこつ」と、ローソンセレクトの「コク旨 とんこつラーメン」。それぞれセブンイレブンとロー...

記事を読む

2018-12-20 カップラーメン
このページでは、ミニストップなどイオン系各店限定のカップ麺、「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、明星食品の「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」。2018年12月11日発売の商品で、東京大岡山のラーメン店「麺屋こころ」監修のカップ麺です。 「麺屋こころ」店主は台湾まぜそば発祥の店「麺屋はなび」出身 「麺屋ここ...

記事を読む

2018-12-19 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海」(明星食品が販売)を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 龍上海」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海」。2018年12月17日にリニューアル発売された、「銘店紀行」シリーズの商品です。セブン&アイグループのPB「セブンプレミアム」のカップ麺です。販売は明星食品で、製造は明星食品系の西日本明星が担当して...

記事を読む

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

「蒙古タンメン中本辛旨味噌」vs「トナリ監修辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。


セブンとローソンの激辛カップ麺対決!!


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」を食べ比べます。セブンイレブンとローソンそれぞれの誇る激辛カップ麺のレギュラー商品で、お店もカップ麺も絶大な人気がありますよね。特に「蒙古タンメン中本」は、セブンカップ麺の代表的な存在のひとつとなっています。



  • 「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」はどんなカップ麺?
蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は、セブン&アイのPB、「セブンプレミアム」から出ているカップ麺で、製造は日清食品が担当しています。セブンのカップ麺と言えば真っ先に思い浮かべるカップ麺であり、また激辛カップ麺と言っても真っ先に挙がる存在なのではないかと思います。

蒙古タンメン中本」は東京上板橋にある激辛で有名なラーメン店で、お店のメニュー「北極ラーメン」は特に辛くてファンの多いラーメンです。北極ラーメンも毎年定期的に発売されています。

激辛カップ麺の最高峰が再登場!!セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」

激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。 激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極...




  • 「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」はどんなカップ麺?
明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」は、ローソン限定の「ローソン名店シリーズ」のカップ麺で、販売は明星食品が担当しています。「ローソン名店シリーズ」は他に、「麺屋武蔵」や「金色不如帰」などが発売されています。ローソン店頭でもだいぶ幅を利かせるようになっていますよね。

東京タンメン トナリ」は、つけ麺で有名な「六厘舎」グループのタンメン専門店で、東京都内に4店構えています。「辛激タンメン」もお店のメニューのひとつで、1~4までの辛さを選べるのが特徴です。



  • 「蒙古タンメン中本」vs「東京タンメントナリ」
どちらもカップ麺もこのブログではすでにレビュー済ですが、両者を一緒に食べて比較することで、新しい発見があるかもしれないと期待して、今回食べてみたいと思います。ちなみに、どちらの商品も単体でのレビュー時は★6でした。

両コンビニチェーンがライバル同士であり、商品も「激辛」と「タンメン」でキャラが被っており、メーカーは日清食品と明星食品という同じグループ会社。比較対象としてはばっちりです。果たしてどんな比較になるのでしょうか。

内容物、価格、購入額など




左が「中本」で右が「トナリ」です。具の野菜の量は断然「中本」が多く、スープ粉末の量は「トナリ」が上回ります。「中本」と比べると少ないものの、「トナリ」の具の量も結構多いです。

品名蒙古タンメン中本 辛旨味噌
メーカーセブンプレミアム(日清食品が製造)
発売日2016年6月13日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛味オイル)
定価税込204円
取得価格税込204円(セブンイレブン)

品名明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン
メーカー明星食品(東日本明星が製造)
発売日2017年6月13日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛激ペースト)
定価税込216円
取得価格税込216円(ローソン)

「中本」の方が10円程度安いですが、概ね同じ程度の価格帯になっています。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大盛になってパワーアップ!!「明星 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」



このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」を食べてレビューしていきます。


「中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」。2018年12月31日発売の、「明星中華三昧」シリーズの新商品です。「赤坂榮林」や「四川飯店」に続く中華三昧の誇る中華三連星のひとつ、「重慶飯店」の味を再現したカップ麺です。

  • ノーマルサイズのタテ型商品からボリュームアップ
重慶飯店」は、横浜中華街にある四川料理の老舗中の老舗です。メディアへの露出も多く、行ったことがない人にもよく知られているお店なのではないかと思います。

「重慶飯店」のカップ麺は、2018年9月17日に普通サイズのカップ麺が発売されており(現行商品)、今回はその商品を「ご好評の味わいはそのままに、麺と具材をボリュームアップし」たとのことで、さらに食べ応えある商品が期待できそうです。

「中華三昧」タテ型カップ麺3種「重慶飯店」「赤坂榮林」「四川飯店」を食べ比べてみました!

中華三昧の誇る赤い三連星「重慶飯店」「赤坂榮林」「四川飯店」 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華三昧タテ型 重慶飯店 麻婆麺」。2018年9月17日発売の、「明星中華三昧」シリーズの新商品です。横浜中華街にある中華の名店、「重慶飯店」監修によるカップ麺となっています。 「中華三昧」のタテ型カップ麺には今回新発売の「重慶飯店 麻婆麺」の他にも「赤坂榮林 酸辣湯麺」と「四川飯店 担々麺」がラインナップされ...



  • 花椒のシビレに期待
同時発売された名店系「中華三昧」シリーズ3品の中で最も花椒のシビレが感じられた一杯で、今回パッケージに「花椒がきいた麻辣の刺激」と書かれています。今回もシビレ系の味には大いに期待できそうです。

今回の「重慶飯店」監修ビッグサイズカップ麺は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「調味油」1袋。豆腐がかなりたくさん入っていてパワーアップを感じられますが、肉やネギは少量しか入っていないようです。

品名明星 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺
メーカー明星食品
発売日2018年12月31日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(調味油)
定価税別205円
取得価格税別216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【とんこつカップ麺】セブンプレミアムとローソンセレクトのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手のとんこつ」(明星食品が販売)とローソンセレクトのカップ麺、「コク旨 とんこつラーメン」(日清食品が製造)を食べ比べてレビューしていきます。


両者大手コンビニPBのカップ麺で同価格のライバル商品


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手のとんこつ」と、ローソンセレクトの「コク旨 とんこつラーメン」。それぞれセブンイレブンとローソンのプライベートブランドの商品です。ライバル関係にある両社のPBとんこつラーメンを食べ比べていきます。

  • 「スープが決め手のとんこつ」はどんなカップ麺?


「スープが決め手のとんこつ」は、セブン&アイグループのPB、「セブンプレミアム」から出ている商品で、製造は明星食品が担当しています。「スープが決め手」シリーズは他にも「中華そば」、「濃厚味噌」、「担々麺」、「豚骨醤油」が発売されていて、138円という廉価商品ながら、本格的なスープの味を楽しめる逸品シリーズです。

  • 「コク旨 とんこつラーメン」はどんなカップ麺?


一方の「コク旨 とんこつラーメン」は、ローソンのPB、「ローソンセレクト」から出ている商品で、製造は日清食品が担当しています。「スープが決め手」は明星食品製なので、同じ日清食品系メーカーがライバル同士になっている構図です。「ローソンセレクト」のカップ麺は他に、「しょうゆラーメン」、「みそラーメン」、「しおラーメン」、「ごま香る担々麺」が発売されています。

  • 両者138円の大手コンビニPB商品で、名実ともにライバル関係
両者、大手コンビニのプライベートブランドのカップ麺という共通項がありますが、その他にも税込138円という同価格帯にある商品となっており、名実ともにライバル関係と言って良いのではないかと思います。

本当は、こちらも大手コンビニPBで同価格帯である「ファミリーマートコレクション」から出ているカップ麺も比較対象に加えたかったのですが、残念ながらとんこつラーメンのラインナップがなく、今回は2つのみでの比較となりました。

両者にどんな違いがあるのか、早速食べ比べていきたいと思います。

コスパ最高!セブンプレミアムの「具材たっぷりヌードル」しょうゆ・カレー・シーフードの3品

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シーフードヌードル」を食べてレビューしていきます。 「たっぷり具材ヌードル」のしょうゆ、カレー、シーフードはどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムのヌードル系カップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シー...



内容物、価格、購入額など




左が「セブンプレミアム」で右が「ローソンセレクト」。両者とも、別添袋は「調味油」の1袋のみ。細切れチャーシューやキクラゲなど、「セブンプレミアム」の方が具のボリュームがあるように見えます。スープ粉末の量は「ローソンセレクト」が上回り、「セブンプレミアム」にはない粒ごまが入っていました。

品名スープが決め手のとんこつ
メーカーセブンプレミアム(明星食品が販売)
発売日不明
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ調味油)
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

品名コク旨 とんこつラーメン
メーカーローソンセレクト(日清食品が製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(調味油)
定価税込138円
取得価格税込138円(ローソン)

両者ともに定価税込138円で同じですが、「セブンプレミアム」がノンフライ麺、「ローソンセレクト」が油揚げ麺という大きな違いがあるようです。138円でノンフライ麺を使うのは、かなりすごいことだと思います。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニストップやイオンで売られている「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」食べてみました!



このページでは、ミニストップなどイオン系各店限定のカップ麺、「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「麺屋こころ 超辛台湾ラーメン」。2018年12月11日発売の商品で、東京大岡山のラーメン店「麺屋こころ」監修のカップ麺です。

  • 「麺屋こころ」店主は台湾まぜそば発祥の店「麺屋はなび」出身
「麺屋こころ」は、東京大岡山に本店のある台湾まぜそばの専門店です。東京近郊を中心に、海外含め20店以上のお店を展開する人気店。台湾まぜそばの味を関東で広めたいという店主の思いから開店に至ったようです。

「麺屋こころ」の店主は、名古屋にある台湾まぜそば発祥の店と言われる「麺屋はなび」出身で、「麺屋はなび」とともに台湾まぜそばの知名度向上に大きく寄与してきたお店です。「麺屋はなび」は名古屋を中心に、「麺屋こころ」は東京近郊を中心に展開しており、「麺屋はなび」のお店は新宿にもあるものの、基本的には東京近郊は「麺屋こころ」のテリトリーのようです。

  • 「麺屋こころ」は明星食品カップ麺の定番シリーズ
麺屋こころカップ麺」は2016年の初登場以来、一貫して明星食品が製造を担当しており、明星食品の定番シリーズとして定着しています。

2016年5月にカップ麺として初登場したのは、「明星 麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛」で、魚介が強く効いた味が印象的な一杯でした。当時はまだ台湾まぜそばのカップ麺はそれほど多くなかったので、台湾まぜそばというだけでインパクトがありました。

明星食品 「明星 麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、明星食品の「明星 麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛」。東京大岡山にある台湾まぜそばの専門店です。台湾まぜそばは今や台湾ラーメンを凌ぐ全国区のラーメンになりましたよね。恐るべし名古屋めし。 具は、「味付肉そぼろ、ネギ、ニラ、ガーリック、チリ、魚粉、キザミノリを組み合わせた、あとのせかやく」とのこと。今回はわけあって具から始めます。台湾まぜそばの具を後のせ...

最近では、2017年12月に「明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛」が発売されています。こちらの商品は、チーズ、カレースパイス、そして魚介のバランスが抜群で、ものすごくおいしくなる要素が揃っていましたが、せっかくのこの絶妙なバランスをしょうゆダレの塩辛さが壊してしまっており、残念な一杯でした。

明星食品 「明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛」

東京の台湾まぜそばの人気店「麺屋こころ」の再現商品 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 麺屋こころ監修 チーズカレー台湾まぜそば 大盛」。東京大岡山に本店のある台湾まぜそばの有名店「麺屋こころ」の再現商品で、明星食品のおなじみのシリーズでもあります。今回は「チーズカレー台湾まぜそば」で、お店のメニューにある「カレー台湾まぜそば」にチーズをトッピングさせたものの再現かと思われます。すっかりおなじみの「...

  • 出身の「麺屋はなび」カップ麺はファミマ限定商品!
一方で、「麺屋こころ」店主の出身店である、台湾まぜそば発祥の店「麺屋はなび」のカップ麺は、サークルKサンクス時代を経てファミマ限定商品として、サンヨー食品が製造を担当しています。

「麺屋はなび」のカップ麺は、ノンフライ麺商品でレトルト具を使用したりと、「麺屋こころ」カップ麺に比べるとだいぶ本格的な商品なのが特徴です。「麺屋こころ」と「麺屋はなび」、親子のようなお店ですが、カップ麺での戦略はだいぶ異なっているようです。

ファミマ限定カップ麺の「麺屋はなび 台湾まぜそば」食べてみました!

台湾まぜそば発祥のお店「麺屋はなび」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「麺屋はなび 台湾まぜそば」。2018年10月9日発売の、ファミリーマート・サークルK・サンクス限定の新商品です。ファミマと合併前のサークルKサンクスの時代から発売されている商品で、これまでにも何度か発売されていましたが、このブログでは2014年以来食べていなかったので、今週の新発売に合わせて食べてみたいと思います。 ...

プライムワン 「麺屋はなび 台湾まぜそば」

どうもオサーンです。YouTubeを見てたんですが、普段ならすぐ飛ばしてしまう冒頭のCMで、驚きのものを見てしまいました。もうこれだけでアレだと感づいている方もおられると思いますが、そう、松岡修造氏のようかい体操第一です。あんな激しいアクションのようかい体操第一は初めて見ました。auのCMのようなのですが、修造氏のあまりの強烈なアクションで、ジバニャンもauもまったく目に入ってこず、当然本来見ようとしていた動画...

  • 今回の「麺屋こころ」カップ麺は台湾ラーメンで「超辛」が特徴!


今回の「麺屋こころ」カップ麺は、台湾まぜそばではなくて台湾ラーメンで、しかも「超辛」なので、かなりの辛さが期待できそうです。「超辛」と「激辛」ってどっちが序列が上なんですかね。

また、いつもと違ってイオン系各店の限定商品となっているのも大きな特徴です。これからは「麺屋こころ」カップ麺はイオン系の限定商品化していくのでしょうか。

「超辛」でイオン系限定の今回の商品、果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ液体スープ」1袋。最初から入っている粉末スープが赤黒くて、かなりの辛さになっているのではないかと期待が高まります。台湾ラーメンらしく、肉そぼろやニラが入っているのも確認できます。

品名麺屋こころ 超辛台湾ラーメン
メーカー明星食品(イオン系各店限定商品)
発売日2018年12月11日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ液体スープ)
定価税込213円
取得価格税込224円(イオン)
なぜか定価より高い

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海」は魚介とにんにくの効いたみそラーメン!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海」(明星食品が販売)を食べてレビューしていきます。


「銘店紀行 龍上海」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海」。2018年12月17日にリニューアル発売された、「銘店紀行」シリーズの商品です。セブン&アイグループのPB「セブンプレミアム」のカップ麺です。販売は明星食品で、製造は明星食品系の西日本明星が担当しています。

  • 「セブンプレミアム 銘店紀行」とは?
セブンプレミアム 銘店紀行」は、日本各地の有名ラーメン店の味をタテ型ノンフライ麺で再現したカップ麺シリーズです。シリーズすべての商品で明星食品が製造を担当しています。以前は「地域の名店シリーズ」というどんぶり型ノンフライ麺商品だったものが、順次「銘店紀行」へ移行しています。

セブンイレブンのサイトによれば、現行発売中の「銘店紀行」シリーズは、東日本で販売されている「横浜ラーメン 六角家」と「森田屋總本店」、西日本で販売の「博多だるま」と「らーめん弥七」の計4品で、お店によっては他の商品の取り扱いもあるようです。

セブンプレミアム 「銘店紀行 博多だるま」

新シリーズ「銘店紀行」の「博多だるま」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。「博多だるま」のカップ麺は、今まではセブンの「地域の名店シリーズ」の商品として地域限定で売られていて、このブログで最高評価となる「★9+」を唯一付けたことのある傑作中の傑作でした。今回「地域の名店シリーズ」としては終了し、同時発売の「六角家」とともに、「銘店紀行」シリーズとして再出発す...

セブンプレミアム 「銘店紀行 横浜ラーメン 六角家」

タテ型「銘店紀行」シリーズに鞍替えした「六角家」カップ麺 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 横浜ラーメン 六角家」。製造は明星食品。前回の「博多だるま」に続いてセブンプレミアムの新シリーズ「銘店紀行」の商品です。「六角家」は横浜家系ラーメンの名店で、「博多だるま」同様、「地域の名店シリーズ」としてセブンで売られていましたが、タテ型ノンフライ麺の「銘店紀行」に鞍替えとなりました。「六角家...

佐野ラーメンの老舗の味! セブンプレミアム 「銘店紀行 森田屋總本店」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 森田屋總本店」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 森田屋總本店」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 森田屋總本店」。2018年11月19日発売の、セブンプレミアムのタテ型ラーメン店再現カップ麺シリーズ「銘店紀行」の新商品。佐野ラーメンを代表する老舗ラーメン店のひとつ、「森田屋總本店」の味を再現したカップ麺です...

  • 「龍上海」は「地域の名店シリーズ」や「銘店紀行」でカップ麺化されてきた
龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店で、新横浜のラーメン博物館にも2005年からレギュラー店として出店していて、山形県内に支店も展開しています。

カップ麺としても、先述の「地域の名店シリーズ」時代から出ており、高価格帯商品ながら満足度の高い、非常に良くできた商品でした。派手さはないんだけど、からみそと魚介のじわじわくるおいしさが印象的な一杯でした。

セブンプレミアム 「地域の名店シリーズ 龍上海」

どうもオサーンです。いよいよモンハン4Gの発売で、これからハンサム氏と狩り三昧になりそうですが、ちらっと見たショッピングサイトで「ダビスタGOLD」が12月に発売との情報を発見。以前出ていたダビスタDSは評判悪い商品で、私は本体も持っていなかったので手を出しませんでしたが、今回はきっと買っちゃうな。モンハンを12月のダビスタ発売までに何とかカタを付けないといけないですね。一つのことにのめりこむとなかなか他のこ...

「銘店紀行」へ移行後も、すでに2018年8月に1度製品化されており、今回はリニューアルして2度目の登場となっています。「地域の名店シリーズ」時代に比べると味が落ちた印象は否めませんが、だいぶ安価になっていることを考えれば良くできた商品でした。

「龍上海」も「銘店紀行」へ移行!!セブンプレミアム 「銘店紀行 龍上海本店」

山形赤湯の名店「龍上海」カップ麺も「地域の名店シリーズ」から「銘店紀行」シリーズへ鞍替え 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2018年8月1日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「銘店紀行」シリーズのカップ麺です。 「龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店で、魚介の効いたみそ味のスープに辛みそがのるのが大きな特徴です。新横浜のラーメン博物館...

今回、「銘店紀行」シリーズで2度目の登場となる「龍上海」ですが、パッケージを見る限りは前回とほとんど違いがないように見えます。果たして今回の商品はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製からみそ」の1袋のみ。



かやくには、細切れチャーシューやメンマ、ネギ、ナルトが入っていて、結構具だくさんです。

品名銘店紀行 龍上海
メーカーセブンプレミアム(明星食品が販売)
発売日2018年12月17日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製からみそ)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

価格は前回発売時と同じ税込213円です。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加