日清麺職人の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:日清麺職人

日清麺職人のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-12-13 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 鴨だし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 鴨だし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポ済の、「日清麺職人 ふぐだし」と同時発売のカップ麺です。 「高級食材」がテーマの麺職人2品「鴨だし」「ふぐだし」 「年末年始は日清麺職人を食べて、"笑...

記事を読む

2018-12-10 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。 カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯 今回の...

記事を読む

2018-10-27 カップラーメン
「火鍋風」の麺職人新商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」との同時発売。今回の「日清麺職人」新商品の2品は「鍋料理」に着目しています。 「火鍋」とは、中国で広く食べられている辛い味の鍋のことで、日本でも1つの鍋を2つに区切って片方には白湯スープ、もう片方には赤いスープの入っ...

記事を読む

2018-10-26 カップラーメン
「鍋料理」に着目した「水炊き風」の麺職人 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。今回の「麺職人」は「鍋料理メニュー」に着目し、今回の「水炊き風」と近日レポ予定の「火鍋風」が同時発売となっています。 以前の「麺職人」シリーズは、ノンフライ麺を使用しながらもお手軽価格で食べられるカップ麺という位置づけでしたが、安価で...

記事を読む

2018-06-14 カップラーメン
女性に人気の野菜としてチョイスした「コーン」の「日清麺職人」 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 コーンしおバター味」。2018年6月11日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 トマト味」と同時発売です。トマトともに今回のコーンは、「女性に人気の野菜」という理由で用いられています。 「コーン」「塩」「バター」の組み合わせのカップ麺は今までにも多く出ていましたが、ほとん...

記事を読む

「日清麺職人 鴨だし」は鴨と和風だしでお蕎麦感のあるカップラーメン



このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 鴨だし」を食べてレビューしていきます。


「日清麺職人 鴨だし」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポ済の、「日清麺職人 ふぐだし」と同時発売のカップ麺です。

  • 「高級食材」がテーマの麺職人2品「鴨だし」「ふぐだし」
年末年始は日清麺職人を食べて、"笑うカモ (門) にはフグ (福) 来たる"」のキャッチフレーズで、「年末年始にふさわしい "高級食材" をテーマにした麺職人」として、「ふぐだし」とともに発売されたのが今回の「鴨だし」です。「ふぐだし」はスープが8kcalしかない超あっさりスープではあったものの、炙ったふぐヒレが香ばしいスープでなかなかおいしかったです。今回の「鴨だし」は果たしてどうでしょうか。

ふぐだしの珍しいカップ麺「日清麺職人 ふぐだし」は炙ったふぐヒレが香ばしい一杯!

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。 カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯 今回の...

  • 「鴨だし」はすでにお蕎麦の専売特許ではなくなった
「鴨だし」といえば、カップ麺では主にお蕎麦商品のつゆとして使われてきました。しかし近年、巷で徐々に広がりを見せる鴨だしを使ったラーメンスープを背景に、カップ麺でも鴨だしを使ったカップラーメンがちらほら発売されています。

最近のカップ麺で思い浮かぶのは、まずはローソン限定商品の「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。この商品は必ずしも鴨が主役というわけではなく、フォアグラ風味の背脂が目立っていましたが、しっかり鴨だしの甘みを感じられるスープでした。

ローソン限定!フォアグラ風味の「麺屋武蔵」高級カップ麺!「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」

このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンで...

2016年に発売された「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」は、鴨オイルを使用したスープで、こちらも鴨の甘みが光るスープが特徴で、鴨の甘みと貝のほろ苦い味がクセになる一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」 (2回目)

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」。このブログ2回目の登場。前回発売は昨年の7月。TRYの昨年は新人賞部門で1位、今年は名店部門しょう油で1位とのことなので、確実にステップアップしていますね。印象的なしょうゆ味のスープだったので記憶に強く残っています。お店は調布にあり、鴨ダシと煮干しダシのしょうゆラーメンで有名なお店のようですね。 商品概要...

  • 実は「日清麺職人」でも2度、鴨だしスープの商品が出ている
近年のカップ麺における鴨だしスープは、有名ラーメン店の再現商品が先導する形ですが、実は「日清麺職人」からも過去に2度、2013年と2015年に鴨だしを使ったラーメンが発売されていました。

日清食品 「日清麺職人 鴨だし」 (2回目)

どうもオサーンです。最近暑いからか、ブログ書くのがちょっとスランプ気味。頭がうまく働かなくてうまく文章書けません。夏は嫌じゃー。え?夏に限らずオマエはいつもうまく書けていないって?ほっとけ!w 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。「日清麺職人」シリーズの新商品で、このブログでは2回目の登場です。パッケージに「ありがとう15周年」と書かれていますが、パッケージだけ見ると何が15周年だかさ...

日清食品 「日清麺職人 鴨だし和風しょうゆ」

どうもオサーンです。またMH4の話ですが、やっとのことゴア・マガラを倒しました。20回くらい挑戦してやっとです。20回もやってると自ずとゴア・マガラの動きを読めるようになり、狂竜状態でもそれなりに相手攻撃を回避できるようになりました。でもゴア・マガラに対し回避ができるようになっただけで、他のモンスター相手だとまだまだヘタッピなオサーンなのでした。早くハンサム氏のように紙装備で強いモンスター倒せるくらい上...

当時の記事を見直してみると、昔の「麺職人」は今よりずっと具が充実していたなぁとついつい遠い目になってしまいますが、どちらの商品も当時は高評価をしていました。

今回の商品にもこれらに負けない味を期待したいところですが、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。ネギのカットが大きくそれなりに入っているため、同時発売の「ふぐだし」よりは具が多そう。それでも少ないですけどね。今回も全粒粉入りが視認できる麺です。

品名日清麺職人 鴨だし
メーカー日清食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込108円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふぐだしの珍しいカップ麺「日清麺職人 ふぐだし」は炙ったふぐヒレが香ばしい一杯!



このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。


「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。

  • カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯
今回の商品は、なんと言っても「ふぐだし」を使用していることが大きな特徴のカップ麺で、非常に珍しい一杯となっています。なんかリッチですよね、ふぐだし。私なんか、今まで生きてきた中でそう何度もふぐなんて食べてないし、今後もおそらく何度も食べることはないと思いますが(悲)、まさかカップ麺でふぐだしを味わえることになるとは!

  • 「ふぐだし」を使ったカップ麺は以前にも出ていた!
まるでカップ麺で「ふぐだし」の商品を初めて食べるかのように書いてきましたが、実は以前にも「ふぐだし」を使用したカップ麺が出ていました。

東洋水産 「マルちゃん 旨みふぐだしうどん」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 旨みふぐだしうどん」。なんでも、ふぐ雑炊をイメージして作られたうどんだとか。私オサーンは生粋の庶民なのでふぐを食べ慣れている生活なんてまったくしていないですが、それでも何度かふぐは食べたことがあるので、その記憶を元に食べてみたいと思います。...

この商品は2015年に発売されたものですが、ラーメンではなくてうどんで、正直、あんまり「ふぐだし」の味を感じ取ることができず、ちょっと拍子抜けした記憶があります。おそらく商品自体の味の問題というよりは、私の舌の問題が大きいように思うのですが、今回の商品にはもっとわかりやすくふぐの味を求めたいところ。

味は横に置いておくとして、2015年の時点で「ふぐだし」のカップ麺をすでに発売していた東洋水産の先見性にはただただ感服するしかありません。カップ麺にとって、他社がやらないことをやることほど素晴らしいことはないと思っています。

  • 「ふぐだし」ラーメン専門店も存在する
2016年から、銀座に「ふぐだし潮 八代目けいすけ」というお店が営業しています。なんでも、業界初の「ふぐだしラーメン」専門店だそうです。レギュラーメニューの「ふぐだし潮らーめん」は一杯1,150円、「ふぐだし醤油らーめん」は1,250円とお高めなのですが、なんせふぐだからねと納得できる価格でもあります。

今回の「日清麺職人 ふぐだし」は、このお店の影響を受けて商品化されたのかもしれませんね。いや実際のところはよくわからないですけどね。

  • 年末年始に相応しい「高級食材」がテーマ
今回発売となった「ふぐだし」と「鴨だし」は、年末商戦に向けた商品で、「高級食材」がテーマとのこと。

年末年始は日清麺職人を食べて、"笑うカモ (門) にはフグ (福) 来たる"」とのことですが、うーむ。カモ(門)はさすがに苦しい。まぁおめでたいってことで良さそうですが、おめでたいなら「鯛」の方が良いだろうって思いますよね。でも残念ながら鯛は昨年すでに商品化されてたんですよね。昨年も同じようなテーマで「麺職人」が発売され、使われた食材は「鯛」と「海老」でした。

日清食品 「日清麺職人 鯛だし」

めで「タイ」年明け麺職人 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鯛だし」。どんぶり型ノンフライ麺の定番「日清麺職人」の新商品です。「鯛だし」のスープですが、今までにも「日清麺職人」シリーズで「鯛」は数回使われており、どれもおいしくて両者の相性は抜群だったので、今回も楽しみです。めで「タイ」という語呂で年明けに食べるカップ麺のようですが、年が明ける前に食べてしまいます。今回の鯛だし麺職人は果たし...

日清食品 「日清麺職人 海老みそ」

「海老みそ」の「日清麺職人」新商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 海老みそ」。前回レポ済の「日清麺職人 鯛だし」と同時発売の、「日清麺職人」シリーズの新作です。こちら「海老みそ」は、日清麺職人シリーズではおなじみの味である「鯛だし」と比べるとだいぶインパクトがありますね。実際私が購入したスーパーでも今回の「海老みそ」の方が減りが早いように見えました。今週はサンヨー食品からもえびのカップ麺...

高級食材をテーマとした今年の一杯は果たしてどんな味なのでしょうか。同時発売の2つのうち、まずは「ふぐだし」の方からしっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。最近の「日清麺職人」シリーズの他の商品と同じく、具はあまり多くなさそうです。こちらもすっかりおなじみとなった、全粒粉入りなのが視認できるノンフライ麺が使用されています。

品名日清麺職人 ふぐだし
メーカー日清食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込108円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」はなかなか辛い一杯!!



「火鍋風」の麺職人新商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」との同時発売。今回の「日清麺職人」新商品の2品は「鍋料理」に着目しています。

火鍋」とは、中国で広く食べられている辛い味の鍋のことで、日本でも1つの鍋を2つに区切って片方には白湯スープ、もう片方には赤いスープの入ったスタイルの火鍋はおなじみになってきましたよね。今回は「火鍋風麻辣麺」とのことで、唐辛子や花椒の入った四川風の火鍋の味が再現されているものと思われます。「日清麺職人」シリーズに激辛スープというイメージはあまりないですが、ある程度辛くないと成立しない味なので、麺職人の枠を超えた激しい味に期待したいところです。



商品概要



品名:日清麺職人 火鍋風麻辣麺
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(コープ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」は鶏の厚みと麺の甘さが光る一杯!



「鍋料理」に着目した「水炊き風」の麺職人

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。今回の「麺職人」は「鍋料理メニュー」に着目し、今回の「水炊き風」と近日レポ予定の「火鍋風」が同時発売となっています。

以前の「麺職人」シリーズは、ノンフライ麺を使用しながらもお手軽価格で食べられるカップ麺という位置づけでしたが、安価で食べられるノンフライ麺商品が増えたことにともない、最近の「麺職人」は女性をメインターゲットに置いたヘルシー志向のカップ麺という位置づけに変わっています。健康に良いとされる全粒粉入りの麺を使用するようになったのもその現れでしょう。今回の「鍋料理」のチョイスも「女性に人気」という理由のようです。以前よりもあっさり味、さっぱり味の傾向が強まり、昔の「麺職人」ファンとしてはちょっとさみしくもありますが、これも時代の流れでしょうかね。

水炊き」を題材にしたカップ麺は以前はほとんど見かけませんでしたが、最近は増加傾向にあります。ヘルシーなイメージの鶏肉のブームに加えて、鶏白湯ラーメンの爆発的なヒットも相まったことが理由でしょうか。今回の一杯には水炊きらしい強い鶏の旨みに期待したいところ。果たしてどんな一杯になっているのか楽しみです。



商品概要



品名:日清麺職人 水炊き風鶏だしそば
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(コープ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 コーンしおバター味」



女性に人気の野菜としてチョイスした「コーン」の「日清麺職人」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 コーンしおバター味」。2018年6月11日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 トマト味」と同時発売です。トマトともに今回のコーンは、「女性に人気の野菜」という理由で用いられています。

「コーン」「塩」「バター」の組み合わせのカップ麺は今までにも多く出ていましたが、ほとんどの商品がバターの風味を活かしたこってり系のスープで、それをあっさり味の「日清麺職人」でどうアレンジしてくるのか、ちょっと注目しています。今回発売された「麺職人」2種の売れ行きを店頭でちょっと観察してみると、それはもう断然、「トマト味」の方が売れており、男性も女性もトマトの方を多く手に取っているように見えました。いわばありきたりな味に見えてしまうため、どうしても弱いですよね。

そんなわけで、「日清麺職人」流の「コーンしおバター味」はどんな味なのでしょうか。食べるのが楽しみです。





商品概要

品名:日清麺職人 コーンしおバター味
メーカー:日清食品
発売日:2018年6月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加