日清名店仕込みの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:日清名店仕込み

日清名店仕込みのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2012-12-27 カップラーメン
どうもオサーンです。ハンサム氏の影響で私もケータイマグを購入し、毎日外でも家でも温かいものを飲んで楽しんでいるのでいるのですが、ひとつ困ったことに、口の中のいろんなところが常にやけどしている状態です。特に下唇の下側がひどくて、やけどでいつもざらついている状態です。基本的に私の口の中は熱いものをあまり苦にしないのですが、それが逆効果のようで、どんどん口に入れてしまうのでやけどが多くなってしまうみたい...

記事を読む

2009-02-25 カップラーメン
ローソンがampmを買収するそうで。札幌に住んでいるとampmはないのであまり関係ないんですが、東京に住んでいる時はよく利用していました。コンビニの中で弁当の一番うまいチェーンだったと思っています。また、昔あった「フローズンストロベリー」だったかな?いちごのアイスがやたらおいしかったです。特色あるコンビニが買収されてしまうことで、名前は残ってもオリジナル商品などの独自性は小さくなるのかなと思うとちょっと寂...

記事を読む

2008-09-15 カップラーメン
今回は、リニューアルされた「日清名店仕込み」シリーズから、日清食品「日清名店仕込み 一風堂 赤丸かさね味 博多とんこつ」です。セブン&アイグループのセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルでの限定発売となっています。一風堂の赤丸は無難においしい味ですが、年々無骨なとんこつ臭が消えて万人受けするまろやかな感じになっている気がするんですが、カップ麺では前回からどう変わったのか楽しみ...

記事を読む

2008-06-04 カップラーメン
すでにセブンの定番商品化している 定価248円(税込) 取得価格248円(税込) スープ・かやく類は3袋 かやくの袋に小梅の小袋が入っている 遅くなりましたが、ダービーのディープスカイはなかなかの競馬でしたね。最後の直線入ってもかなり後ろにいてハラハラしましたが、やはり東京コースではモノが違いますね。秋は菊花賞に行くのもいいけど、東京コースでやる天皇賞(秋)やジャパンカップなら古馬とも十分戦えそうです...

記事を読む

2007-07-03 カップラーメン
セブンイレブンのオリジナル商品。「日清名店仕込み 一風堂 赤丸博多とんこつ」です。言わずもがな、九州博多の名店「一風堂」の看板メニュー「赤丸新味」をカップ麺にアレンジした商品になります。以前このブログで紹介した、「...

記事を読む

日清食品 「セブンゴールド 日清名店仕込み 山頭火 旭川とんこつ塩」



どうもオサーンです。ハンサム氏の影響で私もケータイマグを購入し、毎日外でも家でも温かいものを飲んで楽しんでいるのでいるのですが、ひとつ困ったことに、口の中のいろんなところが常にやけどしている状態です。特に下唇の下側がひどくて、やけどでいつもざらついている状態です。基本的に私の口の中は熱いものをあまり苦にしないのですが、それが逆効果のようで、どんどん口に入れてしまうのでやけどが多くなってしまうみたいです。

今回のカップ麺は、日清食品の「セブンゴールド 日清名店仕込み 山頭火 旭川とんこつ塩」。セブンイレブンのPB商品「セブンプレミアム」から、「ちょっとした贅沢」をコンセプトとして誕生した「セブンゴールド」に昇格した「日清名店仕込み」シリーズです。名店再現系のカップ麺の元祖として、もうずいぶん長く続いているシリーズですね。





スープは、「『山頭火』の特徴である、とんこつと塩味が絡む深い味わいのスープ」で「香り立ちとコクが豊かな、濃厚感のある味わいに仕上げ」たとのこと。甘みのあるクリーミーなとんこつスープで再現性は高く、よくお店の雰囲気を出していました。以前に数代前の名店仕込み山頭火を食べましたが、その当時よりもクリーミーさが増しているように感じられおいしかったです。

は、「小麦の風味を実感できるノンフライ中細麺」で「『山頭火』らしい歯ごたえのよい麺を再現し」たとのこと。この麺は香りと食感がラ王のものに近いと感じました。小麦の風味が強くて、スープーのクリーミーさと相まってかなりまったりした甘さを感じることができます。これもお店の特徴とよく合致していて良かったと思います。

は、「おいしさとボリュームをアップしたチャーシュー、小梅、メンマ、キクラゲ、ネギ、ナルト」とのこと。小梅が入っている影響か、ボリュームアップしたというチャーシューですが日清の他の高価格帯カップ麺のチャーシューに比べると一回り小さいです。でもこのチャーシューは相変わらずおいしいですね。小梅が入っている以外は日清の高価格帯の一般的な具だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
お店の雰囲気がとてもよく出ているスープで、まろやかな甘さが印象的な一杯でした。高価格帯の一杯として申し分ない味ではありましたが、欲を言うともうワンパンチ欲しかったかなとも感じました。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」 (2回目)



ローソンがampmを買収するそうで。札幌に住んでいるとampmはないのであまり関係ないんですが、東京に住んでいる時はよく利用していました。コンビニの中で弁当の一番うまいチェーンだったと思っています。また、昔あった「フローズンストロベリー」だったかな?いちごのアイスがやたらおいしかったです。特色あるコンビニが買収されてしまうことで、名前は残ってもオリジナル商品などの独自性は小さくなるのかなと思うとちょっと寂しいです。

今回のカップ麺は、ampmの話をした後でおかしいですが、セブンイレブンなどセブンアンドアイのオリジナル商品、日清食品の「すみれ 札幌濃厚味噌」です。このブログ2回目ですが、商品リニューアル後初めて食べます。「すみれ」といえば札幌一のみそラーメンの名店ですが、そういや最近行ってないです。ラーメンも良いですが、チャーハンが絶品なんですよね。また食べたいなぁ。





スープは、店のようなラードの浮いた濃厚感の再現は今一歩なものの、それでもカップ麺としてはうまく濃厚みそと玉ネギや挽肉の炒めた味が出ています。本物同様に山椒がしっかり香っています。ただ、リニューアル前の方が再現性は高かったような・・・前回食べたのがだいぶ前なのでちょっと自信ないですが、前回ほどの感動はなかったですかね。

麺は、黄色い玉子麺の縮れたノンフライ麺。加水が多いのにノンフライ麺特有のゴリゴリ感が少ないなかなかよくできた麺だと思います。日清の製品は麺のバリエーションがとても多くて楽しいです。またこの麺か~と思うことなくいつも楽しめるのは、他社ではなかなかできないことだと思います。

具は、挽肉、ネギ、メンマ。具の再現性高いですが、本物にはこの具の他に細切れのチャーシューが入っていて、それのインパクトがかなり強いので、本物の具を知っているとちょっとガッカリかもしれないです。ただ、カップ麺から入る場合は、悪くない具だと思います。少し小さめのメンマがたくさん入っていておいしいです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
みそ好きにオススメの一杯だと思います。ラードと挽肉や玉ネギを炒めた味の出た独特な濃厚感は、他のカップ麺のみそ味ではなかなかないものなので、十分に楽しると思います。

品名:すみれ 札幌濃厚味噌
メーカー:日清食品
発売日:2008年8月18日(月)
カロリー:536kcal
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別246円
取得価格:税込258円(セブンイレブン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清名店仕込み 一風堂 赤丸かさね味 博多とんこつ」



今回は、リニューアルされた「日清名店仕込み」シリーズから、日清食品日清名店仕込み 一風堂 赤丸かさね味 博多とんこつ」です。セブン&アイグループのセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルでの限定発売となっています。一風堂の赤丸は無難においしい味ですが、年々無骨なとんこつ臭が消えて万人受けするまろやかな感じになっている気がするんですが、カップ麺では前回からどう変わったのか楽しみです。





まずはスープですが、とんこつ臭さは相変わらずないですが、コクを感じるスープは実際の店のものの再現性が高まったように感じました。こってりとんこつ好きには店と同様に物足りなさは残りますが、黒マー油のニンニクの香りが効果的にそれを補っていました。カップ麺のマー油ってあまり意味ないと感じることが多いんですが、今回はしっかりと味に幅を効かせていました。なかなかうまかったです。

麺は、極細ストレートのノンフライ麺で、しっかり芯の残る良い食感の麺でした。麺も再現性が高まったように思います。もうちょっと粉っぽさを感じられれば良かったですが、カップ麺の麺としてはよくできている部類に入るのは間違いありません。

具は、乾燥チャーシューとキクラゲと大量のネギ。チャーシューは日清お得意の例の乾燥チャーシューで、しっかりとした肉感とボリューム、適度な味で、相変わらずうまいです。ネギが大量なのは味だけではなく見た目にも良かったです。シンプルですがそれぞれに効果的な具で、前回よりかなりパワーアップした印象でした。

素直に、リニューアルが成功したと思える一杯だと思います。一風堂の味をかなり再現できていました。前回から忠実に欠点を消してきた印象を受けます。あっさりとしたとんこつ好きの方にも、こってりとんこつ好きの方もある程度満足できる商品なのではないかと思います。私としてはもうちょっととんこつ臭を前面に押し出して欲しかったかな。でも本物もそんなに感じないのでしょうがないですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
前回より実店の再現性が高まった印象。効果的に効いたマー油と具の充実がうれしい。ただ価格はちょっと高いかな。

品名:日清名店仕込み 一風堂 赤丸かさね味 博多とんこつ
メーカー:日清食品(セブン&アイグループ各店限定発売)
カロリー:481kcal
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・旨味ダレ+黒マー油)
定価:税別246円
取得価格:税込258円(セブンイレブン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清名店仕込み らーめん山頭火 旭川とんこつ塩味」


すでにセブンの定番商品化している 定価248円(税込) 取得価格248円(税込)


スープ・かやく類は3袋 かやくの袋に小梅の小袋が入っている

遅くなりましたが、ダービーのディープスカイはなかなかの競馬でしたね。最後の直線入ってもかなり後ろにいてハラハラしましたが、やはり東京コースではモノが違いますね。秋は菊花賞に行くのもいいけど、東京コースでやる天皇賞(秋)やジャパンカップなら古馬とも十分戦えそうですね。今の古馬はあんまり強そうじゃないし。

さて、今回はセブンイレブン限定商品、日清食品の「日清名店仕込み らーめん山頭火 旭川とんこつ塩味」です。もうずっとセブンの店頭に並んでいる商品ですよね。入れ替わりの激しいカテゴリの中でずっと居続けるというのは、人気のある証でしょうか。同じ「日清名店仕込み」シリーズは全部で3種類出ていて、他には「すみれ」と「一風堂」があります。私は両方食べましたが、「すみれ」のできがかなり良かったのが印象的です。

昨日の更新で「山頭火」のラーメンのことを書きましたが、実はこのカップ麺と食べ比べるために足を運んだんです。このカップ麺が店の味をきちんと再現できているのかを検証するために、1000円以上費やしてきました。なので言ってみれば、このカップ麺は1500円くらいのコストをかけて記事を書くわけです。バカですね~(笑)。


実際の店の麺よりだいぶ太く、かんすいが多く含まれているように感じる

それでは検証します。まず見た目ですが、白いスープに黄色い麺というところは一緒ですが、結構な量浮いている油は本物にはありませんでした。そして、麺が本物よりだいぶ太いです。だいぶ透明がかっているのでかんすいを多く使っている麺だと思うのですが、店の麺はかんすいの少ない麺です。この辺りの、実際のラーメンと見た目似通わせることは容易だと思うので、おそらくカップ麺製作サイドとしては似させるつもりはサラサラないように感じてしまいます。

味ですが、やはり見た目同様、スープは本物よりだいぶ油っぽいです。上品なまとまりを見せる店のスープに比べると、だいぶ荒くれもののスープに感じます。でもこれが麺の太さとよくあいました。試作段階でカップ麺に店のスープを再現することが難しかったので、油でごまかしたスープに最適化した麺を採用したといったところでしょうか。知らないですけど(笑)。

とんこつベースの塩ラーメンというところ以外は再現できているとは思えないカップ麺ではありますが、いちカップ麺製品として考えると、上手にまとまっているものだと思います。ただ、油のせいで本物のスープの肝ともいえるクリーミーさがかき消されてしまっている感じがして、おいしいけど平凡なラーメンになってしまっていました。250円のカップ麺と考えると、まぁ価格相応といったところでしょうか。実際、食べ終わって印象に残るような味ではなく、まとまってるなぁということ以外は特に何の感想もありませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
山頭火の味を再現できているとは言えないが、カップ麺としてはスープと麺のバランスがよくまとまっている印象。ただ、250円するラーメンだと考えると、おいしいのは当たり前だし、その当たり前の範疇を超えるようなインパクトのある味でもなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清名店仕込み 一風堂 赤丸博多とんこつ」





セブンイレブンのオリジナル商品。「日清名店仕込み 一風堂 赤丸博多とんこつ」です。言わずもがな、九州博多の名店「一風堂」の看板メニュー「赤丸新味」をカップ麺にアレンジした商品になります。以前このブログで紹介した、「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」の姉妹商品です。

食べてみた感想ですが、普通においしいです。カップ麺としてはそれなりによくできたものだと思います。とは思いますが、少し「一風堂」の味の再現には程遠いような印象を受けました。姉妹品の「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」バージョンは店の味をよく再現できていたので、比較するとちょっと物足りないような感じです。濃厚なトンコツスープをカップ麺で再現するにはまだまだ試行錯誤が必要なのかもしれませんね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加