日清カレーメシの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:日清カレーメシ

日清カレーメシのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-09-03 カップライス
このページでは、日清食品のカップライス、「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」を食べてレビューしていきます。 「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」はどんな商品? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」。2019年9月2日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。今回は巷で流行りのカレーと麻婆を組み合わせた「麻婆カレー」をイメージした商品となっています。 「...

記事を読む

2019-08-06 カップライス
このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」を食べてレビューしていきます。 「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」はどんな商品? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」。2019年8月5日発売の、「日清カレーメシ」から派生した「日清ウマーメシ」シリーズの新商品です。「日清ウマーメシ シビうま担々」に続く「ウマーメシ」第2弾商品となっています。 ...

記事を読む

2019-03-12 カップライス
このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ シビうま担々」を食べてレビューしていきます。 「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ シビうま担々」。いやカップ麺じゃないですねカップライス。2019年3月11日発売の、「日清ウマーメシ」シリーズの第1弾となる新商品です。シビレの強さを強調した担々スープのカップラ...

記事を読む

2019-02-06 カップライス
このページでは、日清食品のカップライス、「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」を食べてレビューしていきます。 「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」はどんな商品? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」。2019年2月4日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。「カップヌードル」シリーズの定番商品「カップヌードルカレー」の味を「日清カレーメシ」...

記事を読む

2018-09-05 カップライス
AIがレシピを選定したという「トマトチキンカレーメシ」 今回のカップ麺は、日清食品の「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」。2018年9月5日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。「AIが考えた」という不思議な名前のついたカップライス商品です。 今回のカレーメシは商品名に「AIが考えた」と入っており、AI (人工知能) が、「2,400万通りもの食材の組み合わせから、『カレーメシ』ファンが好むであろ...

記事を読む

「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」を実食レビュー!花椒が加わりスパイス感溢れるカレーメシ



このページでは、日清食品のカップライス、「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」を食べてレビューしていきます。



「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」。2019年9月2日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。今回は巷で流行りのカレーと麻婆を組み合わせた「麻婆カレー」をイメージした商品となっています。




「麻婆カレー」を「カレーメシ」で再現


今回の「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」は、巷で流行りの麻婆カレーをカレーメシで再現した商品です。辛さレベルは「中辛」とのこと。流行りを強調するために、商品名に「トレンディ」とつけられています。しかし「トレンディ」って言葉は、「日経トレンディ」以外で聞くとどうにも逆ベクトルのイメージを抱きますね。おそらく昔の「トレンディドラマ」という言葉が死語化しているためだと思われますが、たぶん日清さんはそういうのも狙ってるんでしょうね。

カレースパイスに麻と辣を効かせたとのことで、かなりおいしそう。これは間違いなくアチョーなデキとなっているでしょう。しかし「※豆腐に見えるかやくは豆腐です。」って。「カレーメシ」は今回も全力でフザけてきてますね。



え?ラーメンマン?


「日清カレーメシ」は、公式サイトもパッケージデザインも、いつも、それはそれはもう全力でフザけたことばかり書いてるんですが、今回は特にひどいw

この辮髪でヒゲを垂らして、額の「中」の文字が描かれたキャラクター。これどうみても「ラーメンマン」ですよね。キャメルクラッチで世の中を震撼させたあのラーメンマン。中国の山奥に籠もっていたと聞いていたが、まさかこんなところで出会えるとは。右上に、ウォーズマンのベアークローでつけられた4つの穴までご丁寧に入っています。

私、中学の修学旅行でこけしの制作体験をしたんですが、作ったこけしの額に「中」の字を書き、髭を書いてラーメンマンこけしを作って、家に帰って家族に、「この子大丈夫なの?」と悲しまれたことがあります。後々自分で見ても、なんでこんなの作ってしまったんだといういたずら書きレベルの作品。今回のパッケージもそんな感じですよね。さすがカレーメシ。

このブログでちょいちょいキン肉マンのネタを書いているので、日清さん気を使ってくれたのかな。そんなわけないかw



こんな感じなのもいつもの「カレーメシ」って感じですね。



内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。カップにはパフライスと固形のルゥ、そして豆腐がたくさん入っています。カレーメシとしては具が多い感じ。

品名日清 麻婆カレーメシ トレンディ
メーカー日清食品
発売日2019年9月2日(月)
麺種別ライス
かやく・スープなし
定価税別230円
取得価格税別230円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」を実食レビュー!ごま油香る辛いカップライス!



このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」を食べてレビューしていきます。



「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」。2019年8月5日発売の、「日清カレーメシ」から派生した「日清ウマーメシ」シリーズの新商品です。「日清ウマーメシ シビうま担々」に続く「ウマーメシ」第2弾商品となっています。



「カップヌードル」シリーズのごはん化商品


日清ウマーメシ」シリーズの第2弾商品として発売された今回の「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」。唐辛子の辛味を前面に押し出し、豚キムチと合わせた一杯です。カップ麺の豚キムチ商品は、ある程度購入層を確保するためか、それほど辛味に重点を置いていないものが多いですが、今回はそんなのお構いなしで唐辛子を強調しています。

「日清ウマーメシ」第1弾商品だった「日清ウマーメシ シビうま担々」は、練ごまのコクと花椒のシビレが高レベルで共存したおいしい雑炊タイプのカップごはんで、「カレーメシ」に負けないクオリティの高さでした。第1弾がかなりおいしかったがゆえに、今回の第2弾はハードルが上がってしまっています。

カレーメシのバディ「ウマーメシ」登場!「日清ウマーメシ シビうま担々」

このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ シビうま担々」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ シビうま担々」。いやカップ麺じゃないですねカップライス。2019年3月11日発売の、「日清ウマーメシ」シリーズの第1弾となる新商品です。シビレの強さを強調した担々スープのカップラ...

辛さレベル「3」




日清食品や明星食品の辛い商品によくつけられている辛さレベルは、今回は「3」という数値になっています。この数値、以前に比べて数字に比して辛味が強くなっているように感じています。今回は「3」ということで、激辛や大辛ではなさそうですが、それなりの辛さは期待できそうです。



それにしても、「カレーメシ」の商品は、一貫してネット文化を意識した記載が多いですよね。(*´Д`)ハァハァに(゚д゚)ウマーですか。さすがです。PCの変換でも一発で出てくるんですねこの絵文字。今変換してみて初めて知りました。こんな簡単なら今日から私も住民になれそうです。

内容物、価格、購入額など




別添袋は「辛萌え~の素」の1袋。たいがいなネーミングですが、ここにも「(*´Д`)ハァハァするぜ!」と書かれています。



カップには、パフライス、スープ粉末、そして白菜キムチなどのかやくが入っています。かやくの量がこのシリーズにしては多いような気がします。

品名日清ウマーメシ 豚キムチチゲ
メーカー日清食品
発売日2019年8月5日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ1袋(辛萌え~の素)
定価税別230円
取得価格税別178円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーメシのバディ「ウマーメシ」登場!「日清ウマーメシ シビうま担々」



このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ シビうま担々」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ シビうま担々」。いやカップ麺じゃないですねカップライス。2019年3月11日発売の、「日清ウマーメシ」シリーズの第1弾となる新商品です。シビレの強さを強調した担々スープのカップライスとなっています。先日レビューした「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」や、近日中にレビュー予定の「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」と同時発売で、3商品ともシビレが特徴の商品となっています。

強烈なシビレが味わえるカップヌードル!「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」。2019年3月11日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。花椒に着目した「シビうま」が特徴のカップヌードルで、同じく「シ...



  • カレーメシに飽きたらウマーメシ」
今回の「ウマーメシ」はパッケージデザインも似通ってることから、「カレーメシ」シリーズの派生商品という扱いだと思われます。メーカーサイトによると、「カレーメシにバディ登場!」と書かれているのですが、バディどころか、「カレーメシに飽きたらウマーメシ!」という、カレーメシファンを横取りするかのような記載が見られます。面白いですね。フタ裏には、「カップヌードルよりおいしい」みたいなことも書かれており、どうやら「ウマーメシ」はズルいキャラ設定のようですw



  • 花椒とごまの中毒性のウマーな担々飯
今回の商品は、花椒の強さとごまが特徴の、中毒性のある濃厚担々飯とのことです。日清食品の担々麺スープは辛味と練りごまのバランスに秀でたものが多いので、今回も大いに期待できそう。



  • 辛さレベル2/5、シビれレベル4/5
パッケージを見ると、辛さのレベルが2/5、シビれのレベルが4/5となっています。辛さはそれほど強くないのに対し、だいぶシビレに傾斜したバランスのようです。どちらにせよ辛いものが苦手な人には厳しそうな設定になっているようです。

  • 過去に発売されていたスパイスが強くて本格的な「カレーメシ」商品
カレーメシ」シリーズでは、2016年11月発売の「日清カレーメシ チキン」や、2018年3月発売で現行商品でもある「日清キーマカレーメシ スパイシー」が、スパイス感のある辛い商品でした。どちらもこのブログではかなり高評価しています。これらのスパイスのと同じレベルで花椒を効かせてもらえたら、今回の商品もかなり本格的なものになりそうです。

日清食品 「日清スパイシーカレーメシ チキン」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清カレーメシ チキン」。今年8月にカレーメシはリニューアル、今までのレンジ調理スタイルからお湯を入れるだけのカップ麺と同じ調理法に変わり、そしてビーフとシーフードが発売されました。どちらもおいしかったのですが、辛いのが好きな人にとってはどちらもちょっと辛さ的には物足りない。今回は「スパイシー」と冠の付くチキンカレーで、その期待に応えてくれそう。とて...

日清食品 「日清キーマカレーメシ スパイシー」

今回の「カレーメシ」はスパイシーなキーマカレー!今回のカップ麺は、日清食品の「日清キーマカレーメシ スパイシー」。「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。もともとスパイシーで本格的な味の多い「日清カレーメシ」の中にあって、今回商品名に「スパイシー」を謳う商品。結構なスパイス感を期待して良さそうです。丸いカップの湯戻し調理となって今回で6作目かと思いますが、シリーズ初のキーマカレーは果たしてどんな味...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製ウマーの素」の1袋。ライスと一緒に入っているかやくの量は少なめのようです。

品名日清ウマーメシ シビうま担々
メーカー日清食品
発売日2019年3月11日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ1袋(特製ウマーの素)
定価税別220円
取得価格税込178円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーメシでカップヌードルカレー味!「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」



このページでは、日清食品のカップライス、「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」を食べてレビューしていきます。



「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」。2019年2月4日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。「カップヌードル」シリーズの定番商品「カップヌードルカレー」の味を「日清カレーメシ」で再現したカップライスです。

  • 「カップヌードルカレー」の味を「カレーメシ」で再現
今回の商品は、「カップヌードル」シリーズの定番商品「カップヌードルカレー」を「日清カレーメシ」で再現した商品となっています。 これまでにも、「カップヌードル」、「チキンラーメン」、「日清のどん兵衛」、「日清焼そばUFO」など、カップ麺の定番商品がカップライスで再現されてきましたが、「カップヌードルカレー」は初めてです。カレー味の商品をカレー味で再現という、鶏が先か卵が先か的な雰囲気を感じなくもありません。

  • これまでの「カップヌードル」シリーズがカップライス化した商品
以前は、「カップヌードルごはん」というシリーズで、カップヌードルの味がカップライスで再現されてきました。これまでに、「ミルクシーフード」や「トムヤムクン」まで発売されていましたが、「カップヌードルカレー」は「カレーメシ」との兼ね合いからか、これまで再現はされてきませんでした。

日清食品 「日清カップヌードルリゾット ミルクシーフード」

どうもオサーンです。私は冬になるともう20年以上ピーコートをよく着ています。形が好きなんですね。5年くらい前にプレゼントしてもらったピーコートをずっと愛用してきたんですが、さすがにちょっとヘタってきたので新調することに。同じブランドの同じ形のものを今着ているのと色違いで買って、今着ているものも着続けようと思っています。ダッフルコートとダウンジャケットも着るんですが、週7日のうち6日はピーコート着てるん...

日清食品 「日清カップヌードルリゾット トムヤムクン」

どうもオサーンです。KFCで6月25日からレッドホットチキンが売り始められたので、早速食べました。やはりこれが一番うまいですな。常時販売して欲しいと思うけど、常時売られちゃうと常時食べちゃうから期間限定で良いのかもしれませんね。お値段はコンビニチキンの倍くらいしますが、それだけの価値は十分あると思っています。ノーマルのオリジナルチキンはほとんど食べないんですけどね。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清...

現行品では、話題になった「カップヌードル謎肉丼」や「カップヌードル ぶっこみ飯」が発売中で、前者は炊き込みごはんタイプ、後者は雑炊タイプの商品となっています。今回の「カレーメシ」はどちらとも違うルゥタイプですが、どちらかというと雑炊タイプに近い印象です。

「謎肉丼」を食べて謎肉の個数を数えました!日清食品 「カップヌードル謎肉丼」

このページでは、日清食品のカップライス、「カップヌードル謎肉丼」を食べてレビューしていきます。 「カップヌードル謎肉丼」はどんな商品? 今回はカップ麺ではなくカップライスで、日清食品の「カップヌードル謎肉丼」。2018年12月3日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。今年2018年7月に日清食品グループオンラインストア限定で発売されていた商品が、満を持して全国店頭にて販売されることになりました。...

日清食品 「カップヌードル ぶっこみ飯」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル ぶっこみ飯」。ラーメンスープにご飯を入れた商品です。てっきりカップヌードルごはんを置き換える商品なのかと思っていましたが、日清食品のホームページを見ると、カップヌードルごはんも販売継続のようです。スープなしタイプのカップヌードルご飯もかなり良い商品だと思っているので、ディスコンじゃないのはありがたい。さてさてこの商品、どんな感じに仕...



  • 「カレーメシ」シリーズは遊び心満載
今回の商品に限らず、「カレーメシ」シリーズはパッケージやブランドサイト上で、かなり砕けた表現をしているのが大きな特徴です。例えば・・・



イェイイェイイェ」って・・・。パッケージにこう書かれてしまうと威力があるというか、軽く頭が痛くなってくるというか。別に嫌だとか否定的というわけじゃないのですが、こういうの違和感持ってしまうところは、オッサン化が進行しているということなのでしょうか。



レギュラー商品の「カレーメシ ビーフ」にバツをつけて「カップヌードルカレー味」としているところはまぁ良いでしょう。でも「オヌヌメ」って・・・。ちょっとネット文化に迎合しすぎじゃないですかねw しかもちょっと古い感じするし。



極めつけはこれ。「このコラボ、アリよりのアリかよ!」。もう私なんかのレベルでは解読不可能の意味不明表現です。誰か訳してくださいw アリかナイかで言ったらアリってくらいの意味ですかねたぶん。

以上のように、今回の「カレーメシ」も全力でふざけていますが、味はピカイチなんですよね「カレーメシ」。このブログでは軒並み高評価しており、今回もたぶん高評価してしまうことでしょう。★1つ分くらい割り引いてもらった方が良いのかもしれません。それでは早速食べていきたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋はなし。パフライスの中に、カレーの塊と、豚ミンチ、ポテトなどが入っています。

品名日清カレーメシ カップヌードルカレー味
メーカー日清食品
発売日2019年2月4日(月)
麺種別ライス
かやく・スープなし
定価税別220円
取得価格税込192円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工知能が考えたカレーメシ!!日清食品 「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」



AIがレシピを選定したという「トマトチキンカレーメシ」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた」。2018年9月5日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。「AIが考えた」という不思議な名前のついたカップライス商品です。



今回のカレーメシは商品名に「AIが考えた」と入っており、AI (人工知能) が、「2,400万通りもの食材の組み合わせから、『カレーメシ』ファンが好むであろう最適なレシピを選定」したとのこと。その結果選ばれたのが「トマトとチキンをメインに、各種スパイスをきかせたトマトチキンカレー」とのことなんですが、なんか、別にAIを使用しなくてもそのうちこの味は商品化されていそうな、あんまりAIを使った意味がなさそうな印象です。メーカーもそう思われそうなのをよくわかっているのか、パッケージには「AIを無駄に活用」と書かれています。カレーメシ購買者やカップ麺愛好者がどんなレシピを見ているかのビッグデータを活用したとのことで、正直そのデータが具体的にどんなものなのかよくわからないので、「AIが考えた」と言われてもちんぷんかんぷんなんですが、おそらく「無駄」に活用したというところがユーモアであり商品の売りなのでしょう。



AIを使用することは確かにハイテクですが、よく意味のわからないハイテクよりも、私としては、お湯を入れるだけでできあがるカップライスという方がハイテクを実感できます。確かにカレーメシはハイテクだと思います。



そしておそらく「AI」とか「ハイテク」をイメージしたカレーメシのキャラクター。これだけ見ると昔ながらのちょっとローテクなロボットっぽいところが面白いですね。ハイテクであることを自分で茶化している感じがします。

AIを使った云々はともかくとして、「トマトチキンカレーメシ」は普通においしそうで、私カレーメシ大好きなので大いに期待しています。もっともっと頻繁に新商品を投入してもらいたいと思っているので、久々の新商品とても楽しみです。メーカーサイトには、AIが考えた「レシピを元に、商品担当者が試食と検証を繰り返しながら、スパイスの種類や配合など味のバランスを整え、ベースとなるメニューを作成して商品化の作業を進め、本商品が完成し」たと書かれており、実はAIよりもこの部分が最も重要なのではないかと思うのですがどうでしょうか。



商品概要

品名:日清トマトチキンカレーメシ AIが考えた
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:ライス
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込199円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加