日清のとんがらし麺の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:日清のとんがらし麺

日清のとんがらし麺のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-08-07 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」を食べてレビューしていきます。 「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」。2019年8月5日発売の、「日清のとんがらし麺」シリーズの新商品です。トマトとチーズという鉄板の組み合わせのとんがらし麺新作です。 ...

記事を読む

2018-08-23 カップラーメン
「日清のとんがらし麺」シリーズ久々の新商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺」。2018年8月20日発売の、「日清のとんがらし麺」シリーズの新商品です。「とんがらし麺」久々の新商品は、先日の「中華三昧」に続いてまたもや「麻辣」の商品です。花椒と唐辛子。 昨年2017年の8月に出た「うま辛担々麺」以来となる「とんがらし麺」シリーズの新商品です。「とんがらし麺」シリーズは、たまに違...

記事を読む

2016-07-26 カップラーメン
どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛アラビアータ味」。今回はアラビアータ。アラビアータとは唐辛子の入ったトマトソースのことなんですが、とんがらし麺でアラビアータやっちゃうと、唐辛子の中にトマトが入っていることになりそうw 私はパスタの中でもアラビアータが大好きなので、今回のとんがらし麺も期待してしまいます。 商品概要 品名:日清のとんがらし麺ビッ...

記事を読む

2016-02-25 カップラーメン
どうもオサーンです。昔の記憶なんてアテにならないもので、最近ファーストガンダムを改めて見終わったのですが、記憶ではカイ・シデンは死んだと思っていたのに、しっかりゼータにも出てくるじゃないですか。前に見たのも結構大人になってからだったのに、話の内容も全く覚えていなかったし、これはエヴァンゲリオンとかも見直さなきゃいけなそうです。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐...

記事を読む

2015-10-20 カップラーメン
どうもオサーンです。最近は野球の話題ばかりですが今回もまた野球ですすいません。ジャイアンツが高橋由伸選手に監督就任要請したそうですが、長嶋終身名誉監督の言葉まで利用して断れない状況を作り出すってどうなんですかね。ヨシノブほどの選手なら、引退の時期は自分で決めさせてあげていいんじゃないですかね。もう働けないならともかく、ヨシノブの打席がジャイアンツファンとして一番期待を持って見られたし、実際代打とし...

記事を読む

「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」を実食レビュー!トマトとチーズの鉄板の組み合わせ



このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」を食べてレビューしていきます。



「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」。2019年8月5日発売の、「日清のとんがらし麺」シリーズの新商品です。トマトとチーズという鉄板の組み合わせのとんがらし麺新作です。



歴史が長い「日清のとんがらし麺」


日清のとんがらし麺」は、唐辛子を練り込んだ赤い色の麺が特徴の、激辛カップ麺のパイオニア的なシリーズです。このブログはもう10数年続けていますが、「とんがらし麺」はこのブログ開設以前からの歴史があり、初期の商品をレビューすることができていません。ブログと関係なく、昔からよく食べていたことを覚えています。「とんがらし麺」発売当初は、他に激辛カップ麺があまりなかったためか、この商品クレームこないかと心配してしまうレベルで辛く感じていました。

このブログで最初に食べた「とんがらし麺」は2006年に発売された「日清のとんがらし麺 熟辛担々麺」。今はタテ型油揚げ麺オンリーですが、当時はどんぶり型ノンフライ麺の商品も発売されていました。

日清食品 「日清のとんがらし麺 熟辛担々麺」

日清食品のカップ麺「日清のとんがらし麺 熟辛担々麺」です。「とんがらし麺」は、毎回どんぶり型とたて型の2種類の形と味でシリーズ化されています。辛いものが好きな人は多くなり、辛い系カップ麺は多くなったものの、いわゆる「辛いもの中毒」的な人にとって選択肢はそれほど多いわけではありません。どんな辛い系のカップ麺であっても、それほど辛いとは思えないからです。日本製品ではこの「とんがらし麺」シリーズしか辛い...



最近の「とんがらし麺」は、オープン価格の廉価商品として発売されていました。先日行われた価格改定の影響か、今回は定価税別125円の設定になりましたが、引き続き安価商品です。


トマトとチーズの鉄板の組み合わせ




今回の商品は「うま辛トマト&チーズ味」ということで、トマトとチーズの鉄板の組み合わせとなっています。辛さレベルは5段階中の「3」で、激辛ではないもののそれなりの辛さが期待できそうです。別添の「チリトマパウダー」を加えることによって、辛さやトマトの味を調整できるそうです。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「辛さ調節チリトマパウダー」の1袋。全部入れると辛さレベル「5」の激辛レベルになるとのこと。カップにはキューブ状のチーズやたまご、ネギなどが入っています。

品名日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味
メーカー日清食品
発売日2019年8月5日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛さ調節チリトマパウダー)
定価税別125円
取得価格税別108円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺」



「日清のとんがらし麺」シリーズ久々の新商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺」。2018年8月20日発売の、「日清のとんがらし麺」シリーズの新商品です。「とんがらし麺」久々の新商品は、先日の「中華三昧」に続いてまたもや「麻辣」の商品です。花椒唐辛子

昨年2017年の8月に出た「うま辛担々麺」以来となる「とんがらし麺」シリーズの新商品です。「とんがらし麺」シリーズは、たまに違うのも出ますが、基本的にはオープン価格のタテ型サイズで出るのが恒例です。お手軽に楽しめる辛いカップ麺という位置付けでしょう。辛いカップ麺が大人気のご時世なので、もっと積極的に商品展開すれば良いのにと思うのですが、メーカー的にはそれほど力を入れていないシリーズのように見えます。「とんがらし麺」シリーズが最初に発売された頃は、まだ激辛カップ麺があまり多く出回っておらず、かなり衝撃的な辛さだったことを覚えています。

辛さレベル「辛口3」



さて今回の商品、辛さレベルは「辛口3」ということのようです。「麻辣」といういかにも本格的な辛さを思わせる商品ですが、激辛というわけではではないようです。個人的には「とんがらし麺」なんて名前のシリーズなんだからすべて激辛で良いと思うのですが、よくよく考えると辛いのが好きでも得意ではないという人はたくさんいますよね。ある程度誰でも食べることができるという落としどころなのかなと思います。

麻辣」という本格感を醸し出しつつ辛さレベル「辛口3」の微妙な位置付けの一杯。果たしてどんな味の商品なのでしょうか。



商品概要



品名:日清のとんがらし麺 うま辛麻辣麺
メーカー:日清食品
発売日:2018年8月20日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(麻辣パウダー)
定価:オープン価格
取得価格:税込105円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛アラビアータ味」



どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛アラビアータ味」。今回はアラビアータ。アラビアータとは唐辛子の入ったトマトソースのことなんですが、とんがらし麺でアラビアータやっちゃうと、唐辛子の中にトマトが入っていることになりそうw 私はパスタの中でもアラビアータが大好きなので、今回のとんがらし麺も期待してしまいます。



商品概要

品名:日清のとんがらし麺ビッグ 激辛アラビアータ味
メーカー:日清食品
発売日:2016年7月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(超絶激辛オイル)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(セイコーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」



どうもオサーンです。昔の記憶なんてアテにならないもので、最近ファーストガンダムを改めて見終わったのですが、記憶ではカイ・シデンは死んだと思っていたのに、しっかりゼータにも出てくるじゃないですか。前に見たのも結構大人になってからだったのに、話の内容も全く覚えていなかったし、これはエヴァンゲリオンとかも見直さなきゃいけなそうです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」。TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」とコラボレーション企画とのことですが、私はこのラジオ番組のことよくわからないのでさっさと先に進みたいと思います。すいません。





スープは、「麻婆豆腐をイメージした、激辛ながらも肉の旨みがあるスープ」で、「ラー油や唐辛子のピリッとした辛さに加え、花椒を利かせたしびれる辛さが特徴」、「超絶激辛オイル」が別添とのこと。結構な辛さの唐辛子スープです。ただ、辛さ以外の特徴があまり見えてこず、説明書きにある「肉の旨み」だとか「花椒を利かせたしびれる辛さ」みたいなものはあまり感じられず、麻婆豆腐らしさってあったかなという印象でした。そして辛さにしても、カップ麺最強クラスではあるものの、この前発売された同じとんがらし麺の「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛ジャークチキン味」と比べるとだいぶ弱く感じられ、そうなるとそれなりに辛い以外の特徴を見出しにくいスープでした。まずいってわけじゃないんですけどね。

は、「辛さと旨さを併せ持つ唐辛子練り込み麺」で、「赤い色と唐辛子の風味が食欲をそそ」るとのこと。いつもの赤いとんがらし麺の特徴的な麺です。強いスープの中にあってはこの麺自体の唐辛子分がどれほど味に寄与しているのじゃは疑問ですが、見た目的にこれこそとんがらし麺だし、赤いことで視覚的に辛さを増長させているように感じられます。

は、「豆腐、豚肉、赤唐辛子、ネギ」とのこと。結構いい感じに豆腐がたくさん入っています。スープに麻婆豆腐らしさは感じないと書きましたが、この豆腐の存在で麻婆豆腐らしさを保っていますね。カップ麺としては大振りなのもいいです。辛いスープなので、豆腐が辛さを一休みさせる効果がありました。一方で、肉はダイスミンチで、こちらはそれほど麻婆豆腐らしさはなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
ただ辛いだけではなく麻婆豆腐らしさを期待したのですが、らしかったのは具の豆腐くらいでした。かなり辛いスープですが、ちょっと前に発売されたとんがらし麺のほうが辛く、このあたりもちょっと商品のコンセプトをぼやけさせてしまっているように思います。まずくはなかったのですが、もうちょっとこの商品らしさというものが欲しかったところです。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清のとんがらし麺 うま辛酸辣湯麺」



どうもオサーンです。最近は野球の話題ばかりですが今回もまた野球ですすいません。ジャイアンツが高橋由伸選手に監督就任要請したそうですが、長嶋終身名誉監督の言葉まで利用して断れない状況を作り出すってどうなんですかね。ヨシノブほどの選手なら、引退の時期は自分で決めさせてあげていいんじゃないですかね。もう働けないならともかく、ヨシノブの打席がジャイアンツファンとして一番期待を持って見られたし、実際代打としてかなり打ってましたよね。そもそも、ヨシノブが将来的に監督をやることに全く異論はないし、日本のプロ野球では現役時代の実績がないと監督として厳しい部分があるのも理解していますが、でももう生え抜きじゃなきゃ監督できないとか、もういいんじゃないですかね。ジャイアンツ、もう昔ほど特別なチームではないですよ。ヨシノブに監督どうしてもやらせたいなら、つなぎで2年くらい外部から招聘したっていいんじゃないですかね。折しも来年のセ・リーグはすべてのチームの監督が40代になってしまうとか。そんな中、外部から歴戦の名将を招聘できれば経験的な部分ですごく有利になるんじゃないですかね。もうご高齢ですが、グラウンドで死にたいって言ってる最強の御大がいるじゃないですか。ジャイアンツ的には、今までの数々の発言からアレルギーがあるかもしれませんが、私はジャイアンツのユニホームを着た御大が見てみたいですなぁ。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のとんがらし麺 うま辛酸辣湯麺」。とんがらし麺シリーズの新作です。オープン価格なのでスーパー主体で売られているのかな。実際大手のコンビニチェーンでは売っているの見かけませんでした。







スープは、「黒酢のまろやかな酸味と、チキンのうまみを感じられるスープ」で、「ラー油のピリっとした辛さでうま辛に仕上がる『うま辛オイル』付き」とのこと。黒酢の酸味、風味とピリ辛がうまく両立している印象です。酸辣湯のカップ麺は最近多いですが、辛みについてはあまりないものが多いので、これはとんがらし麺だからこその味ですかね。私は酸辣湯好きですがカップ麺には物足りなさも感じていたのでとても良かったです。ただとんがらし麺ならばピリ辛レベルではなくもっと辛くして欲しかったとも感じました。そうすると酸辣湯らしさがなくなっちゃうのかもしれませんけどね。

は、「辛さとうまさを併せ持つ唐辛子練り込み麺」で、「赤い色と唐辛子の風味が食欲をそそ」るとのこと。とうがらしが練りこまれたとんがらし麺の特徴的な赤い油揚げ麺です。毎回とんがらし麺食べるたびに麺の味はよくわからなかったと書いている気がするので、今回はお湯を入れる前にちょっと食べてみました。たいして味のしないものだと思っていましたが、結構辛いです。この辛さがスープの下支えをしているんですね。

は、「たまご、豚肉、ネギ、シイタケ」とのこと。小さいカップですが、酸辣湯らしい具で賑やかで具だくさんです。シイタケの風味が酸辣湯らしさを強く出していよかったですね。また、たまごの甘みも酸味と辛みのあるスープの中で際立っていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
とんがらし麺ながら酸辣湯らしさを失っていない一杯でした。反面、一般的な酸辣湯のカップ麺に比べて辛いは辛いのですが、とんがらし麺ならばさらに辛さが欲しかったかな。今回は変化球の一杯でしたが、これはこれでよかったと思います。次出てくるのは正統派の辛い一杯ですかね。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加