全国麺めぐりの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:全国麺めぐり

全国麺めぐりのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2021-08-08 カップラーメン
このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。 「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」。製造はいつものように加ト吉水産・・・と言いたいところですが、親会社テーブルマークのカップ麺・袋麺の主力工場として、そして寿がきや食品のノンフライカップ麺のOEM製造...

記事を読む

2020-02-27 カップラーメン
このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」を食べてレビューしていきます。 「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」。製造は加ト吉水産。2020年2月24日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの新商品です。神奈川県小田原市にある「小田原タンタン麺」発祥のお店、「中華 四川」の...

記事を読む

2018-12-12 カップラーメン
このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。 「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。2018年12月10日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの久々の新商品。小田原タンタン麺発祥の店、「中華 四川」監修によるカップ麺です。 小田原系担々麺とは? 小...

記事を読む

2018-05-27 カップラーメン
昨年も発売されていた「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド」 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年5月21日発売の新商品ですが、昨年5月にも同名商品が出ていました。「全国麺めぐり」シリーズの商品です。今回は当時に比べてもやしの量が50%増量されたとのこと。当時から栄養成分に違いはないものの、変化はつけてきているようです。鳥取で60年以上の...

記事を読む

2018-05-03 カップラーメン
「奈良天理ラーメン」は寿がきや「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 奈良天理ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年4月9日発売で、「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品のリニューアルです。今回から「奈良天理醤油ラーメン」だったのが「奈良天理ラーメン」に商品名が変更になっています。毎年のようにリニューアルがかけられている「全国麺めぐり」シリーズのレギ...

記事を読む

「B 一般向け」ってナニモノ? 寿がきや食品「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」を実食レビュー



このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。



「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」。製造はいつものように加ト吉水産・・・と言いたいところですが、親会社テーブルマークのカップ麺・袋麺の主力工場として、そして寿がきや食品のノンフライカップ麺のOEM製造担い手として稼働していた加ト吉水産群馬工場が、営業譲渡によって7月1日より寿がきや食品関東工場となったため、今後は寿がきや食品が自社生産することになり、一方でテーブルマークのホームラン軒などは逆に寿がきや食品がOEM生産することになるようです。たまにペヤングのラーメンも加ト吉水産群馬工場がOEM生産していたのですが、今後はこれも寿がきや食品になっていくのかもしれませんね。

話を戻します。2021年7月26日発売の「全国麺めぐり」シリーズの新商品で、小田原タンタン麺発祥の店である「中華四川」の人気メニュー「B 一般向き」を再現した商品となっています。



小田原のご当地麺「小田原タンタン麺」


小田原タンタン麺」は、小田原を中心に供される麺料理で、挽肉が入ってとろみのついたあんかけ状のスープを特徴とする担々麺の一種です。元祖は1975年創業の「中華四川」とされ、「中華四川」で修行し独立した人らによって広まっています。「中華四川」は交通の便が良くない場所に立地していながら、行列ができるお店として知られています。

小田原タンタン麺はこれまでにも何度かカップ麺化されており、いずれも今回と同じく発祥のお店である「中華四川」の味が再現されてきました。最初に登場したのは2015年6月で、私なんかはこの時初めて「小田原タンタン麺」の存在を知ったと記憶しています。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」です。へぇーそんなのあるんだ、知らなかったです。職場の数人にも聞いてみましたが、みんな知らない模様。調べてみるとなかなかオリジナル感のあるラーメンですね。自分はあんかけも好きなので楽しみです。スープは、「鶏と豚の旨味を引き出し、ニンニクを効かせた、高粘度のあんかけ風甘辛スープ」だそうです。...



「中華四川」の「B 一般向け」を再現




「中華四川」の小田原タンタン麺は、表向きのメニューが「A 甘口」「B 一般向け」「C 辛口」の3種類あり、今回はそのうち「B 一般向け」が再現されています。フベニールBみたいですね。違うか。甘口と辛口の中間なので、Bは中辛かと思いきやそうでもないようです。

「C辛口」が辛口どころかピリ辛レベルしかなく、裏メニューの「スペシャルC」でやっと中辛、そしてその上の「ダブルトリプル」でようやく辛口レベルと言ったところのようです。そうなると、今回のフベニールBじゃなくて「B 一般向け」は甘口とピリ辛の中間なので、ほぼ辛くないということになってしまいます。おそらく「C辛口」の基準が1975年当時の昔のままなんでしょうね。

裏メニュー「ダブルトリプル」を再現した2018年12月発売の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。「C辛口」ではなく「ダブルトリプル」なのに、堂々と「辛口」を名乗っています。辛いもの好きな人がギリギリ満足できるくらいには辛かったです。個人的には「小田原タンタン麺」のカップ麺で最高傑作。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」

このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。2018年12月10日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの久々の新商品。小田原タンタン麺発祥の店、「中華 四川」監修によるカップ麺です。小田原系担々麺とは?小...

2020年2月に発売された「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」。こちらは「C辛口」より辛い「スペシャルC」を再現していますが、商品名は「中辛」。辛さではなく、あんかけのとろみと甘みを楽しむ一杯でした。今回のさらに辛くない「B 一般向け」は果たしてどんな魅力があるのでしょうか。

小田原タンタン麺発祥の「中華四川」の味を再現!「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」を実食

このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」を食べてレビューしていきます。「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」。製造は加ト吉水産。2020年2月24日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの新商品です。神奈川県小田原市にある「小田原タンタン麺」発祥のお店、「中華 四川」の...


内容物、価格、購入額など




別添袋は3つ。カップには麺のみ入っています。



先入れの「かやく入スープの素」をカップの上に開けた状態。粉末は白っぽいです。

品名全国麺めぐり 小田原タンタン麺
メーカー寿がきや食品
発売日2021年7月26日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく入スープの素)
定価税別238円
取得価格税別238円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原タンタン麺発祥の「中華四川」の味を再現!「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」を実食



このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」を食べてレビューしていきます。



「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」。製造は加ト吉水産。2020年2月24日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの新商品です。神奈川県小田原市にある「小田原タンタン麺」発祥のお店、「中華 四川」の味を再現したカップ麺です。



「全国麺めぐり」シリーズの新商品だが・・・


全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」は、全国津々浦々のラーメン店の味を再現した「全国麺めぐり」シリーズの商品ですが、メーカーサイト上の商品名では「全国麺めぐり」とは書かれておらず、隠れ「全国麺めぐり」化しています。本来ならドドーンとシリーズ名を目立つようにすると思うのですが、このシリーズはなぜかあまり強調されることがありません。昔からある歴史のあるシリーズなんですけどね。



「小田原タンタン麺」発祥のお店「中華 四川」の味を再現


今回の商品では、神奈川県小田原市のご当地ラーメン「小田原タンタン麺」発祥のお店である、「中華 四川」の味を再現しています。お店のおすすめの辛さで中辛に相当する「<スペシャルC>」という辛さとのこと。ほどほどの辛さというところでしょうかね。



2018年12月には、お店の辛口に相当する「<ダブルトリプル>」を再現した「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」という商品が発売されていました。激辛クラスではないものの、確かに辛口~大辛レベルには十分あり、とろみの強い辛いあんかけスープが特徴的な一杯でした。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」

このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。2018年12月10日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの久々の新商品。小田原タンタン麺発祥の店、「中華 四川」監修によるカップ麺です。小田原系担々麺とは?小...


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「後入れかやく入スープの素」の3袋。全部スープ関連の袋で、分厚い味が想像できますね。



先入れの「かやく入スープの素」を麺の上に開けた状態。スープ粉末とともにかやくが入っています。

品名全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛
メーカー寿がきや食品(製造は加ト吉水産)
発売日2020年2月24日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく入スープの素)
定価税別238円
取得価格税込257円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」



このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」を食べてレビューしていきます。


「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺」。2018年12月10日発売の、「全国麺めぐり」シリーズの久々の新商品。小田原タンタン麺発祥の店、「中華 四川」監修によるカップ麺です。

  • 小田原系担々麺とは?
小田原系担々麺とは、小田原にある「中華 四川」を発祥とするラーメンで、とろみのついた甘辛のあんかけスープに挽肉の入った担々麺です。担々麺と言いつつも、四川料理の担々麺と違って練りごまや芝麻醤が使用されていません。このあたりは勝浦タンタンメンも同じですよね。

「中華 四川」は、交通アクセスがあまり良くない立地にもかかわらず大変な人気店で、行列は必至とのことです。また「中華 四川」の他にも、小田原周辺で小田原系担々麺をインスパイアしたラーメンを供するお店がいくつかあるそうです。

  • これまでに発売されてきた小田原系担々麺のカップ麺
小田原系担々麺のカップ麺は、2015年に寿がきや食品から発売された「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」が最初です。その後、2017年にも「全国麺めぐり 小田原タンタン麺」が発売され、今回で3度目のカップ麺化です。

2015年のカップ麺は、このブログでハンサム氏がレポしています。渋チンハンサム氏の評価は★2で、旨みが足りないとのジャッジをしていました。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、 寿がきや食品の「全国麺めぐり 小田原系タンタン麺」です。へぇーそんなのあるんだ、知らなかったです。職場の数人にも聞いてみましたが、みんな知らない模様。調べてみるとなかなかオリジナル感のあるラーメンですね。自分はあんかけも好きなので楽しみです。 スープは、「鶏と豚の旨味を引き出し、ニンニクを効かせた、高粘度のあんかけ風甘辛スープ」だそうです。...

ハンサム氏の地元は神奈川県なんですが、このカップ麺を食べるまで「小田原系担々麺」の存在は知らなかったそうです。また、職場の同僚に聞いてもその存在をみんな知らず、2015年当時はそれほどメジャーな存在ではなかったようです。

カップ麺を通じて「小田原系担々麺」の知名度がどんどん上がっていくと良いですね。

  • 今年の「小田原タンタン麺」は「辛口」!!


小田原タンタン麺の名店『中華四川』の常連客に人気の裏メニュー」で、「9段階中3番目に辛く、とろみと豚肉の旨み、辛さのバランスが良いメニュー」ある、『ダブルトリプル』を再現」したとのこと。

「中華 四川」のメニュー「特製タンタン麺」にも表メニューで「辛口」というのがあるんですが、今回はそれではなく、裏メニューの「ダブルトリプル」とのことで、表メニューの「辛口」よりだいぶ辛いんでしょうかね。いずれにせよ、辛くて買うのを躊躇う人もいるかもしれませんが、以前の商品より辛くなるのは歓迎の人が多いでしょうね。

前置きが長くなってしまいましたが、今年の「小田原タンタン麺」は果たしてどんな味なのでしょうか。私オサーン、小田原タンタン麺初めて食べるのでとても楽しみです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく入スープの素」、「後入れ粉末スープ」の3袋。なんだかスープだらけですねw 3袋すべてスープとはなかなか手厚い扱いです。



先入れの「かやく入スープの素」を開けた状態。肉そぼろやネギと一緒に、粉末スープがかなりたくさん入っています。ビッグスリーの一角だけでこれほどの粉とは!!!

品名全国麺めぐり 辛口 小田原タンタン麺
メーカー寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく入スープの素・後入れ粉末スープ)
定価税別238円
取得価格税込257円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「全国麺めぐり 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」



昨年も発売されていた「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド」

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年5月21日発売の新商品ですが、昨年5月にも同名商品が出ていました。「全国麺めぐり」シリーズの商品です。今回は当時に比べてもやしの量が50%増量されたとのこと。当時から栄養成分に違いはないものの、変化はつけてきているようです。鳥取で60年以上の歴史のあるラーメン店「香味徳」の支店、「香味徳 銀座店」の人気メニューである「香味徳ゴールド」を再現した商品です。鳥取の本店は鳥取のご当地ラーメンである「牛骨ラーメン」の元祖とも言われています。昨年食べて高評価しましたが、今年の一杯は果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:全国麺めぐり 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年5月21日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別227円
取得価格:税別188円(西友)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「全国麺めぐり 奈良天理ラーメン」



「奈良天理ラーメン」は寿がきや「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 奈良天理ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年4月9日発売で、「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品のリニューアルです。今回から「奈良天理醤油ラーメン」だったのが「奈良天理ラーメン」に商品名が変更になっています。毎年のようにリニューアルがかけられている「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品で、このブログでも過去に1度レポしています。天理ラーメンといえば「彩華ラーメン」や「天理スタミナラーメン」といったお店が有名ですね。おそらく寿がきやのこの商品がカップ麺での天理ラーメンの元祖かと思われます。全国的な知名度で言えば他のご当地ラーメンに一歩譲るイメージがありますが、私は結構好きなラーメンです。もっと広まって欲しいと思うのですが、東日本の地方都市に住んでいるとお目にかかる機会がほとんどないのがもったいないです。今回の天理ラーメンはどんな味に仕上がっているのでしょうか。



品名:全国麺めぐり 奈良天理ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年4月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別227円
取得価格:税込245円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加