中華そば青葉カップ麺の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:中華そば青葉カップ麺

中華そば青葉カップ麺のカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-07-12 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を食べてレビューしていきます。 「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」。2019年7月8日発売の新商品です。東京中野に本店のあるWスープの名店、「中華そば 青葉 中野本店」の味をカッ...

記事を読む

2017-09-05 カップラーメン
長い歴史のあるサンヨー食品の「青葉」再現商品 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」。言わずと知れた元祖Wスープの名店「青葉」の再現商品です。サンヨー食品による「青葉」再現商品の歴史はだいぶ長く、今までに何度もコラボ商品が販売されてきましたが、このブログでは久々に食べることになります。今回、パッケージにかなり変更があったので、味の傾向もだいぶ変わっ...

記事を読む

2012-09-28 カップラーメン
どうもオサーンです。私はドラッグストアで買い物することが多く、特にお気に入りが最も安く感じているサンドラッグなのですが、自分のいつも買う商品に限ってなのかもしれませんが、ジリジリ値上げしていてあんまりお得感がなくなってきてしまっています。世の中デフレらしいので(貧乏の私にはあまり感じられませんがw汗)値が上がるおかしいと思うのですが、このままだとサンドラッグでしか買えないオリジナル商品(ジェネリッ...

記事を読む

2009-12-11 カップラーメン
今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば タテビッグ」。以前食べた「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」がタテ型になって帰ってきた感じですかね。★6の高レベルな商品だったので、今回も期待大です。 スープは、「動物系エキスと魚介系エキスの旨みが味わい深いスープ」で、「別添調味で『青葉』の特徴である鰹節の風味を十分に演出し」ているとのこと。やわらか...

記事を読む

2009-10-23 カップラーメン
サンヨー食品と福岡のマルタイが資本提携して業務提携もするんだとか。日清食品と明星食品の資本&業務提携は日清がホワイトナイトとして明星を救う形で行われたものですが、今回の資本提携は経営と資産効率の向上のためという、いかにも業界再編的な理由となっています。他業界のようにこれからいろいろ動いてくんですかね。マルタイの商品がサンヨー食品の流通ラインに乗って九州以外でも気軽に食べられるようになると良いですが...

記事を読む

「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を実食レビュー!鶏ガラ&魚介&ゆず唐辛子の調和の取れたカップ麺



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を食べてレビューしていきます。



「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」。2019年7月8日発売の新商品です。東京中野に本店のあるWスープの名店、「中華そば 青葉 中野本店」の味をカップ麺で再現した商品です。「中華そば青葉」のカップ麺はサンヨー食品の人気シリーズのひとつとなっています。



「中華そば 青葉」は東京中野のWスープの名店


中華そば 青葉」は、東京中野に本店のあるWスープの名店です。「麺屋武蔵」や「くじら軒」とともに、1996年開業の「96年組」と称され、当時のラーメンブームや、現在ラーメン文化が根付いていることに大きく貢献したお店として知られています。「青葉」のスープは、とんこつや鶏ガラといった動物系と煮干しやさばなど魚介系を組み合わせた「Wスープ」の元祖として知られ、多くの店に影響を与えてきました。

今回のカップ麺では、お店の人気トッピングである「ゆず唐辛子」を別添し、お店の特徴であるWスープと組み合わせているとのことです。安定の味にアクセントを加えることで、果たしてどんな一杯になるのか注目です。

これまでに発売されてきた「中華そば 青葉」のカップ麺


これまでに「中華そば 青葉」とサンヨー食品のタッグにより、多くのカップ麺が発売されてきました。このブログで初めて食べたのが2009年5月に発売された「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」で、Wスープの本格スープと本格的な低加水麺の相性の良さに、軽く感動したことを今でも覚えています。この商品は同じ2009年にタテ型カップ麺としても発売されていました。

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」

数日前から愛用のiPod Shuffleが見つかりません。普段から置き場所とか決めてなくて、それでもなくしたことはなかったんですが、そのだらしなさが祟り、今回めでたく部屋内で行方不明と相成りました。小さくて便利なのがとても良いところで気に入ってるんですが、一回なくすとあれだけ小さいが故に見つけるのも大変。捜索願でも出そうかなぁ。今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば...



2017年には、「名店の味」シリーズの商品としても発売されていました。以前商品の発売時に比べて感動はなくなってしまったものの、スープのデキの良さと麺の優秀さは相変わらずで、どんぶり型ノンフライ麺商品としては定価税別205円という安価な価格設定も魅力でした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」

長い歴史のあるサンヨー食品の「青葉」再現商品今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」。言わずと知れた元祖Wスープの名店「青葉」の再現商品です。サンヨー食品による「青葉」再現商品の歴史はだいぶ長く、今までに何度もコラボ商品が販売されてきましたが、このブログでは久々に食べることになります。今回、パッケージにかなり変更があったので、味の傾向もだいぶ変わっ...

内容物、価格、購入額など




別添袋は「仕上げの小袋」の1袋。今回の目玉である「ゆず唐辛子」が入っています。具はなかなかたくさん入っていそうです。

品名東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き
メーカーサンヨー食品
発売日2019年7月8日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」



長い歴史のあるサンヨー食品の「青葉」再現商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」。言わずと知れた元祖Wスープの名店「青葉」の再現商品です。サンヨー食品による「青葉」再現商品の歴史はだいぶ長く、今までに何度もコラボ商品が販売されてきましたが、このブログでは久々に食べることになります。今回、パッケージにかなり変更があったので、味の傾向もだいぶ変わったのかなと思い食べてみることにしました。よく考えたらお店の再現品なのでそれほど変わりようがないのかなとも思いますが、ここのところずっと食べていなかったので、たまには食べてみたいと思います。



商品概要

品名:サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年9月4日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ液体スープ・かやく・焼のり)
定価:税別205円
取得価格:税込170円(イオン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」 (2回目)



どうもオサーンです。私はドラッグストアで買い物することが多く、特にお気に入りが最も安く感じているサンドラッグなのですが、自分のいつも買う商品に限ってなのかもしれませんが、ジリジリ値上げしていてあんまりお得感がなくなってきてしまっています。世の中デフレらしいので(貧乏の私にはあまり感じられませんがw汗)値が上がるおかしいと思うのですが、このままだとサンドラッグでしか買えないオリジナル商品(ジェネリックが多いです)しか買わなくなってしまいそう。サンドラッグでしか見かけないお気に入りのお菓子とかあったんだけどなぁ。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」。私は御徒町店で食べたことがありますが、本店では食べたことないので、「中野本店」と銘打っている以上、本店の再現性を検証することは残念ながらできません。でも雰囲気は感じ取れるかなということで、今回の新発売(リニューアル)で再び食べてみることにしました。





スープは、「お店の特徴である濃厚な豚骨系のだしと香り高い魚介系だしが調和したコクのある『Wスープ』を忠実に再現し」たとのこと。以前食べたのに比べると魚介の味が増したかなという印象。バランス的には動物系より魚介が強くなった気がしますが、スープの飲みごたえが増したように思います。以前のも良かったですが今回のもうまいです。ガーンと魚介が前面にくるのではなく、とんこつや鶏ガラと共にジワジワくる感じで、魚介系としてはかなり上品な味がして、それでいてコッテリ感もある素晴らしいスープだと思います。

は、「やや幅広のストレート麺」とのこと。ノンフライ麺です。麺の形状や食感はお店のものとは異なりますが、ノンフライ麺によくあるゴリゴリした感じのないやわらかさのある麺で、上品なスープとの相性も悪くないです。見た目は透明感あっていかにもゴリゴリしてそうなんですけどね。以前の商品と変化はないと思います。

は、「食べごたえのあるチャーシュー2枚、メンマ、焼きのり、ネギ、ナルト」とのこと。チャーシュー2枚で豪勢感が増しましたね。のりも2枚入っており、具の不足感はないです。メンマやネギも結構入ってました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
相変わらずの完成度の高さで、スープと麺が高いレベルで安定しています。スープの押しが強いのに上品さを感じさせるあたり、評判で聞く本店の味の再現性はそれなりに高いのではないかと想像しています。私が食べたことのある御徒町店のスープの雰囲気は十分に出ていると思います。こういう再現商品がもっとたくさん出て欲しいですね。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば タテビッグ」



今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば タテビッグ」。以前食べた「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」がタテ型になって帰ってきた感じですかね。★6の高レベルな商品だったので、今回も期待大です。





スープは、「動物系エキスと魚介系エキスの旨みが味わい深いスープ」で、「別添調味で『青葉』の特徴である鰹節の風味を十分に演出し」ているとのこと。やわらかい味ながら、魚介の味がしっかりと効いていておいしかったです。極端な味じゃないけど存在はきちんと主張しているところがおいしさの秘訣なんですかね。どんぶり型同様レベル高いスープです。

は、「みずみずしく食べ応えのある中太麺」とのこと。これはいつものサッポロ一番のタテ型の麺(カップスターなど)と同じ麺ですね。この麺はよくできた麺なんですが、今回はスープの味がちょっとやわらかいので、油揚げ麺特有の風味がちょっと気になりました。もうちょっと押さえ気味の麺の方がスープとの相性良かったと思います。

は、細切れのチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。メンマとナルトの量が多くて良かったです。反面、チャーシューはフニャフニャで味はイマイチでしたかね。価格相応の具だと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スープと麺の相性はイマイチでしたが、やわらかいながら魚介の味がしっかり効いたスープは秀逸でした。ノンフライ麺で食べたい味でしたが、タテ型油揚げ麺で価格的に気楽に食べられるのは悪くないと思いました。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 西荻窪店限定メニュー 新味中華そば」



サンヨー食品と福岡のマルタイが資本提携して業務提携もするんだとか。日清食品と明星食品の資本&業務提携は日清がホワイトナイトとして明星を救う形で行われたものですが、今回の資本提携は経営と資産効率の向上のためという、いかにも業界再編的な理由となっています。他業界のようにこれからいろいろ動いてくんですかね。マルタイの商品がサンヨー食品の流通ラインに乗って九州以外でも気軽に食べられるようになると良いですが、実際はどうなるんでしょうか。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 西荻窪店限定メニュー 新味中華そば」。以前同じサンヨー食品から「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」が出ていましたが、今回は青葉西荻窪店限定の「新味」ということで、サンヨー食品は青葉にかなり力を入れていますね。前の青葉はとてもおいしかったので今回も期待大です。





スープは、「透明感がありながらも、濃厚でリッチなコクを感じさせる新しいスープの味わい」で、「爽やかな風味の柚子唐辛子」がスープを引き立てるとのこと。柚子唐辛子が入っていて透明なスープということ以外は何のことやらサッパリわからない説明ですが(笑)、前の青葉のカップ麺の味に比べるとかなりおとなしく、まるでしおラーメンのようにさっぱりしています。柚子の香りが強めに効いていて独特です。ほんのりと香る魚介ダシや塩加減が繊細ですが、カップ麺でこういう味を再現するのはなかなか難しいように思います。本物はもうちょっと繊細な中に自己主張があるんだろうなと思わせる味でした(思わせる味ってどんな味だ)。カップ麺で食べるなら私は前作の方が好きですね。

は、「やや幅広のストレート麺」とのこと。確かに幅広ですが、前作とあまり変わらない気がしました。ただ、繊細なスープによくマッチした麺で、スープの邪魔をせずおいしかったです。本物の麺はやわらかいそうですが、この麺はちょっとゴリゴリする硬めな麺でした。

は、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔3枚。普通の具なんですが、チャーシューうまかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
おいしいことはおいしいんだけど、本物はもっと繊細な中に主張のあるスープなんだろうなと思わせる味でした。なかなか遠方からは食べにいけない味を楽しめるので、こういう商品はいいですね。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加