ヤマダイの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:ヤマダイ

ヤマダイのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2020-08-02 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」はどんな商品? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」。2020年2月3日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。リニューアルを繰り返しながら10年以上存続する、「凄麺」シリーズの中でも古参の商品で、横...

記事を読む

2020-08-01 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」はどんな商品? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」。2019年10月7日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの発売の新商品です。まったくもって新商品ではありませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。 ...

記事を読む

2020-03-29 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」はどんな商品? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」。2020年3月23日発売の新商品です。北海道札幌市のみそラーメンの人気店、「吉山商店」の看板メニューのひとつ、「焙煎ごまみそらーめん」の味を...

記事を読む

2020-03-10 カップ焼そば
このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」を食べてレビューしていきます。 「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」。2020年3月9日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。麺量2食分の「超大盛」から、「マシマシキャベツ」というインパクトあ...

記事を読む

2020-03-04 カップラーメン
このページでは、ローソンで買えるヤマダイのカップ麺、「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」を食べてレビューしていきます。 「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」はどんな商品? 今回のカップ麺は、ローソンで買えるヤマダイのカップ麺、「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」。2020年3月3日発売の新商品で、大阪十三の人気ラーメン店、「くそオヤジ最後のひとふり」の味を再現したカッ...

記事を読む

横浜の元祖ご当地ラーメンのカップ麺「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」を実食レビュー



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」。2020年2月3日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。リニューアルを繰り返しながら10年以上存続する、「凄麺」シリーズの中でも古参の商品で、横浜を中心に神奈川県南部で食べられているご当地ラーメン、「サンマー麺」をカップ麺で再現した商品となっています。特に新商品ではありませんが、最近ずっとレビューしていなかったので、今回食べてみたいと思います。



「サンマー麺」は横浜など神奈川南部のご当地ラーメン


サンマー麺は、横浜発祥で、神奈川県南部で食べられているご当地ラーメンです。炒めたもやしなど野菜のあんかけをラーメンにかけたもので、横浜中華街の「聘珍樓」が発祥とされ、横浜や湘南地域などに広がっています。多摩川以南、富士川以東、そして小田急小田原線の南側の地域で食べられているとのことで、小田急ユーザーのハンサム氏の地域は該当しません。残念。

全然関係ない話ですが、小田急線に乗り入れてくるJR常磐線の車両E233系2000番台の、慎ましくE233系な感じがたまらなく好きです。正面からだとぜんぜん見えないのに、斜め前から顔を見ると確かにE233系なんですよね。

最近だと、神奈川県、横浜のラーメンと言えば「家系ラーメン」が真っ先に思い浮かびますが、井之頭五郎さんあたりだと家系よりもサンマー麺に飛びつきそうですよね。そういえば、横浜でニンニクの「パタン」を食べた回で、中華屋さんのメニューに「サンマーメン」があったはずです。大食いなのでテレビに写ってないところで「サンマーメン」を食べていた可能性ありますね。



「神奈川サンマー麺の会」推奨品




今回の一杯は、「神奈川サンマー麺の会」推奨品となっています。お墨付きを貰えるということはあそれだけサンマー麺の再現性が高いということでしょう。2011年から推奨品になったと書かれていますが、2010年に発売された商品でもすでに推奨品になっていました。10年推奨され続けるスゴイやつです。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ粉末スープ」、「調味油」、「かやく」、「調理済具材」の計4袋。220円の割にはレトルト野菜まで入って豪勢です。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。ニラ、キクラゲ、たけのこが入っていますがあまり量は多くありません。

品名ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品
メーカーヤマダイ
発売日2019年10月7日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・焼のり)
定価税別220円
取得価格税別218円(セイコーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「魚介豚骨」といえばあの名店が思い浮かぶが・・・ 「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」を実食レビュー



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」。2019年10月7日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの発売の新商品です。まったくもって新商品ではありませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。



「魚介豚骨」といえばあのお店ですよね・・・


今回の「魚介豚骨の逸品」は、2018年2月に初登場し、2019年10月にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。レビューしたいと思っていたのですが、最初の登場の時はなぜかまったく手に入れることができず、リニューアル後は手に入れたものの記事にするタイミングがなく、何度か買って食べてはいるものの、なかなかレビューできずにいました。

「魚介豚骨の逸品」ということで、「魚介豚骨」といえば当然、千葉県松戸の魚介豚骨の名店、「中華蕎麦とみ田」が思い浮かびます。さすがにとみ田を思い浮かべてしまうとハードルが高くなってしまいそうですが、本格感たっぷりのパッケージにはついつい期待してしまいます。

とみ田のカップ麺と言えば、セブンプレミアムの定番商品ですよね。「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。

リニューアルされたセブンのカップ麺「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてみました!特盛チャーシュー!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2020年3月23日にリニューアル発売された「銘店紀行」3商品のうちのひとつ。千葉県松戸市に本店のある、「中華蕎麦 とみ田」の味を再現した定番カップ麺となっています...



5種の魚粉を使った贅沢なスープ




今回の一杯では、5種の魚粉を使っているのが大きな売りとなっています。原材料表示によると、「イワシ煮干、鰹節、さば節、ムロ節、宗田鰹節」とのことです。5種の魚粉を使って果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「かやく」、「焼のり」の計4袋。税別220円の商品ですが内容物はなかなか豪勢です。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。チャーシューとメンマ、ねぎが入っていますが、量はあまり多くなさそうです。焼のりも入っているので致し方ないですね。

品名ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品
メーカーヤマダイ
発売日2019年10月7日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・焼のり)
定価税別220円
取得価格税別218円(セイコーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌ラーメンの人気店がカップ麺に!「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」を実食レビュー



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん」。2020年3月23日発売の新商品です。北海道札幌市のみそラーメンの人気店、「吉山商店」の看板メニューのひとつ、「焙煎ごまみそらーめん」の味を再現したカップ麺です。



「吉山商店」は札幌市内に4店と大阪に店舗を構える札幌みそラーメンの人気店


「吉山商店」は、北海道札幌市にある札幌みそラーメンの人気店です。札幌市内に4店と、大阪難波にも店舗を構えています。特に札幌駅そばのラーメンテーマパーク「札幌らーめん共和国」にお店があるため、知名度の高いお店となっています。

私も数年前に「札幌らーめん共和国」内の支店で食べたことがあるのですが、正直あまり印象に残っておらず、おそらくすごくおいしいとか、逆にまずいとかがっかりとも思わなかったのではないかと思います。印象が良くても悪くても記憶に残りますからね。今回改めてカップ麺で味わってみようと思います。



お店の人気メニューのひとつ「焙煎ごまみそらーめん」を再現




今回のカップ麺では、お店の人気メニューのひとつである「焙煎ごまみそらーめん」が再現されています。レビューサイト等を見た感じだと、おそらく1番人気のメニューなのではないかと勝手に推測しています。ごまは多くのお店で札幌みそラーメンに使われており、相性の良さは折り紙付き。今回の一杯もとても楽しみです。果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」、「かやく」、「レトルト調理品」の計3袋。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。粒ごま、ねぎ、キクラゲが入っています。「焙煎ごまみそらーめん」という割には、粒ごまはそれほど極端に多く入っているわけではないように見えます。

品名ニュータッチ 吉山商店 焙煎ごまみそらーめん
メーカーヤマダイ
発売日2020年3月23日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく・レトルト調理品)
定価税別250円
取得価格税別250円(セイコーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャベツと麺が山盛のペヤング登場!「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」を食べてみた!



このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ」。2020年3月9日発売の、「ペヤングやきそば」シリーズの新商品です。麺量2食分の「超大盛」から、「マシマシキャベツ」というインパクトありそうな商品が登場しました。



「ペヤング超大盛」+「マシマシキャベツ」


麺量2食分の「ペヤング超大盛」。今回はその「超大盛」から「マシマシキャベツ」という商品が登場。大きなパッケージ全面にキャベツの絵柄が描かれています。「マシマシ」というのは二郎を意識したネーミングなのでしょうか。

2019年12月に発売された、「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」。「超大盛」のサイズで登場した具なしの焼そば。「ヨシモリ」とはペヤング王子の名前だそうで、かなり内輪感の強い一杯でした。今後ペヤングは「超大盛」サイズを推していくのでしょうか。

まさかの「かけペヤング」??「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」を「ペヤング超大盛」と食べ比べました!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」を食べてレビューしていきます。「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ヨシモリ 超ボンビーやきそば」。2019年12月2日発売の新商品です。いつもの「ペヤング」シリーズではなく今回から新登場の「ヨシモリ」やきそばで、通常ペヤング2個分の麺量やカップサイズが「ペヤング 超大盛やき...



「超大盛」とまったくの同サイズ




「超大盛マシマシキャベツ」と「超大盛」を並べてみると、もうまったく同じサイズのカップとなっています。形同じでカラーリングが違うだけでも、シャアのように3倍動いたりすることもあるので、今回もおそらく緑の機体のすごいヤツ的な感じなんだと思われます。ペヤングらしい3倍おもしろ商品に期待したいところです。


内容物、価格、購入額など




左が「マシマシキャベツ」で右が通常の「超大盛」。どちらも別添袋は「特製ソース」、「かやく」、「ふりかけ+スパイス」の3袋。「特製ソース」と「ふりかけ+スパイス」の2つは両者まったく同じものに見えます。



下が「マシマシキャベツ」、上が「超大盛」のかやく袋。マシマシキャベツの内容物が4倍以上あるように見えます。これはすごい!





先入れのかやくを麺の上に開けた状態。大人と子供どころか、デビルガンダムと普通のモビルスーツくらいの違いがあります。容器はまったく同じなのに、中身がこうも違うとはちょっと不思議な感じがします。30年前のPCケースに最新鋭のマザボを組み込んでいる感じでしょうかね。



今回、「マシマシキャベツ」で当然キャベツが多いわけですが、キャベツだけではなく挽肉の量も多そうです。キャベツを増やしたのではなく、かやく全体を増やしたということだと思います。

品名ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ
メーカーまるか食品
発売日2020年3月9日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(特製ソース・かやく・ふりかけ+スパイス)
定価税別300円
取得価格税込324円(ファミリーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ローソンカップ麺】「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」を実食レビュー 大阪十三の人気ラーメン店の味を再現



このページでは、ローソンで買えるヤマダイのカップ麺、「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」を食べてレビューしていきます。



「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ローソンで買えるヤマダイのカップ麺、「くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん」。2020年3月3日発売の新商品で、大阪十三の人気ラーメン店、「くそオヤジ最後のひとふり」の味を再現したカップ麺となっています。今回のカップ麺で初めてこのお店を知りましたが、私の勝手なイメージですが、いかにも大阪っぽい店名ですよね。



大阪十三の人気ラーメン店「くそオヤジ最後のひとふり」


「くそオヤジ最後のひとふり」は、大阪十三にある人気ラーメン店。十三といったら全国に名を轟かせる?コテコテの大阪のイメージがありますが、今回の店名「くそオヤジ最後のひとふり」もいかにも大阪らしい感性のように感じます。

実は私、大学時代に大阪の空気を感じたくて、1週間ほど十三に滞在したことがあります。当時、北海道、埼玉、東京にしか住んだことがなく、大阪は旅行では行けても空気を感じ取ることはできていなかったので、それなら大阪らしいところに飛び込んでみようと十三に宿をとったわけですが、日和ってそこそこきれいなホテルを選んでしまい、普通に快適に過ごした記憶があります。全く関係ない話ですね。



お店の人気メニュー「あさりらーめん」を再現




くそオヤジ最後のひとふり」は、貝だしのラーメンを供しているのが大きな特徴で、薄口しょうゆを使用した「しじみらーめん」、濃口と薄口のハイブリッド「あさりらーめん」、そして濃口しょうゆの「はまぐりらーめん」の3大看板がメニューの中心となっています。今回の一杯ではそのうち中庸的存在の「あさりらーめん」が再現されています。

税込278円で取得したカップ麺なのでハードルは高いですが、果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ液体スープ」、「かやく」、「調味油」の計3袋。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。大量のあさりが入っています。他はメンマとねぎ。麺はちょっと太めのようです。

品名くそオヤジ最後のひとふり あさりらーめん
メーカーヤマダイ
発売日2020年3月3日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・かやく・調味油)
定価不明
取得価格税込278円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加