セブンプレミアムの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:セブンプレミアム

セブンプレミアムのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-08-25 その他
このページでは、セブンプレミアムゴールドの冷凍食品、「中華蕎麦 とみ田 つけめん」を食べてレビューしていきます。 「中華蕎麦 とみ田 つけめん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムゴールドの「中華蕎麦 とみ田 つけめん」。製造はキンレイ。「すみれ」や「一風堂」のカップ麺と同じく、セブンプライベートブランドのプレミアムライン、「セブンプレミアムゴールド」の商品です。千葉県松...

記事を読む

2019-08-23 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「おくらたっぷり ねばねばうどん」を食べてレビューしていきます。 「おくらたっぷり ねばねばうどん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらたっぷり ねばねばうどん」。製造は東日本明星が担当。明星食品子会社ですね。2019年7月16日発売の商品です。「おくらたっぷりねばねばうどん」としては2回目、「ねばねばうどん」としては3回目...

記事を読む

2019-08-22 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」を食べてレビューしていきます。 「スープが決め手 担々麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手 担々麺」。製造はエースコックが担当。2019年8月13日にリニューアルされた商品です。セブンプレミアムの数あるカップ麺の中でも、歴史古い商品のひとつです。首都圏以外の地域でリニューアル発売されま...

記事を読む

2019-08-02 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海本店」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 龍上海本店」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2019年7月29日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。山形県南陽市赤湯に本店のある名店「龍上海」の味を再現したカップ麺です。 「龍上海」は新横浜ラーメン博物...

記事を読む

2019-07-12 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2019年7月8日に発売された、「セブンプレミアム」の新商品です。毎年夏恒例の激辛カップ麺「北極ラーメン」が今年も登場です。 「北極ラーメ...

記事を読む

セブンプレミアムゴールドの冷食「中華蕎麦 とみ田 つけめん」食べてみた!

  •  投稿日:2019-08-25
  •  カテゴリ:その他


このページでは、セブンプレミアムゴールドの冷凍食品、「中華蕎麦 とみ田 つけめん」を食べてレビューしていきます。



「中華蕎麦 とみ田 つけめん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムゴールドの「中華蕎麦 とみ田 つけめん」。製造はキンレイ。「すみれ」や「一風堂」のカップ麺と同じく、セブンプライベートブランドのプレミアムライン、「セブンプレミアムゴールド」の商品です。千葉県松戸市のつけめん、ラーメンの名店「中華蕎麦とみ田」の「つけめん」の味を再現しています。



セブンプレミアムのカップ麺でもおなじみの「中華蕎麦とみ田」


中華蕎麦とみ田」は、千葉県松戸市にあるつけ麺、ラーメンの名店です。「大勝軒」の流れを汲むことでも知られ、全国的な知名度のあるお店です。魚介ととんこつの濃厚なつけ麺がお店の看板メニューで、今回の商品もそのつけ麺を再現しています。

「中華蕎麦とみ田」は、セブンプレミアムでカップ麺化されており、これまでに多くの商品が出ていました。現行商品は、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。明星食品が製造しています。とんこつの太い本格的なスープに加え、タテ型カップながら太いノンフライ麺を使用した本格感の強い一杯でした。

「とみ田」の「中華そば」を再現した濃厚カップ麺!「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2019年3月18日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」や「銘店紀行 博多だるま」に続き、「銘店紀行 とみ田」もリニュアー...

「中華蕎麦とみ田」のカップ麺は、まぜそば商品も発売されていました。「中華蕎麦とみ田監修 豚骨魚介まぜそば」。こちらも明星食品が製造を担当。お店の特徴である濃厚とんこつをまろやかに効かせ、魚介と組み合わせたカップ麺オリジナルメニューでした。

セブンプレミアムの「中華蕎麦とみ田監修 豚骨魚介まぜそば」を実食レビュー!ガツンとくる豚骨と魚介

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「中華蕎麦とみ田監修 豚骨魚介まぜそば」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修 豚骨魚介まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「中華蕎麦とみ田監修 豚骨魚介まぜそば」。製造は明星食品。2019年6月17日発売の新商品です。千葉県松戸市の名店「中華蕎麦とみ田」監修による、カップ麺オリジナルのまぜそばです。...


セブンプレミアムのカップ麺でもおなじみの「中華蕎麦とみ田」


さて今回の冷凍食品「中華蕎麦とみ田」は、京都の冷食メーカーである「キンレイ」が製造を担当しています。「とみ田」のカップ麺は長年、明星食品が製造しているため、今回の商品も明星食品と同じく日清食品系の日清食品冷凍が担当するものと思っていましたが、セブンさん意外とドライですね。



そういえば「すみれ」でも、カップ麺は一貫して日清食品が製造しているにも関わらず、「すみれチャーハン」はニチレイ製でした。日清商品冷凍も麺類ではどん兵衛の冷食の完成度が高いし、冷凍チャーハンも「担々チャーハン」なんてかなりうまいんですけどね。

キンレイと言えば、「横綱」の冷食ラーメンを店頭で見かけることがありますが、今回の商品は果たしてどんなデキなのでしょうか。ダテに「セブンプレミアムゴールド」ではないというところを見せてもらいたいですね。楽しみです。


内容物、価格、購入額など




外袋を開けると、中には麺の入った袋と、スープの入った袋の2袋が入っています。麺の入った袋の中には、麺と一緒に大ぶりのチャーシューが入っています。それぞれレンジで温めて調理します。

品名中華蕎麦 とみ田 つけめん
メーカーセブンプレミアムゴールド(製造はキンレイ)
発売日2019年8月6日(火)
麺種別冷凍食品
かやく・スープ
定価税込429円
取得価格税込429円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの「おくらたっぷり ねばねばうどん」を食べてみました!ねばねば強化!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「おくらたっぷり ねばねばうどん」を食べてレビューしていきます。



「おくらたっぷり ねばねばうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらたっぷり ねばねばうどん」。製造は東日本明星が担当。明星食品子会社ですね。2019年7月16日発売の商品です。「おくらたっぷりねばねばうどん」としては2回目、「ねばねばうどん」としては3回目の登場です。



3回目の「ねばねばうどん」


今回の商品は、セブンイレブンなどセブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアム」の商品です。数あるセブンプレミアムのカップ麺の中でも人気の商品のようで、「おくらたっぷりねばねばうどん」としては2回目、「ねばねばうどん」としては3回目の登場となっています。

ねばねばうどん」として最初に登場したのは2017年7月で、「おくらとめかぶのねばねばうどん」という商品名で発売されていました。昆布だしのあっさりつゆに具としておくらとめかぶがのり、ヘルシーさと新しさを両立した一杯でした。

セブンプレミアム 「おくらとめかぶのねばねばうどん」

おくらとめかぶの健康的な一杯今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらとめかぶのねばねばうどん」。7月24日に発売されたセブンプレミアムの新作です。この商品は取扱がセブンイレブンのみとなります。製造は明星食品。このシリーズのカップ麺は総じてレベルが高く、安価でも実力者揃いです。その中で新たに割り込んで生きていくのはなかなか大変なことと思いますが、おくらとめかぶのねばねばうどん、健康志向の人に受け...

2回目の登場は2018年7月で、今回と同じ「おくらたっぷりねばねばうどん」の商品名で発売されました。商品名は違っても2017年の「ねばねばうどん」の構成を踏襲し、つゆの昆布の旨みが増強され、さらにおいしい一杯に仕上がっていました。

セブンプレミアム 「おくらたっぷりねばねばうどん」

昨年出ていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品か今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらたっぷりねばねばうどん」。製造は東日本明星(明星食品)。発売日はわからなかったですが、最近発売された商品で間違いないと思います。以前発売されていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品と思われる、夏商戦向けの一杯です。今回商品名から「めかぶ」が抜け、「おくら」がよりクローズアップされていま...



ねばねばの強化なるか?


過去2回の商品はどちらも非常に素晴らしかったですが、難点をあげるとすれば「ねばねばうどん」という割にはねばねばしていなかったところでしょうか。ここが改善されると、商品としてもう1段ランクアップしそうです。果たして今回、どんな一杯に仕上がっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。カップには所狭しとおくらやめかぶが入っています。

品名おくらたっぷり ねばねばうどん
メーカーセブンプレミアム(製造は東日本明星)
発売日2019年7月16日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リニューアルされたセブンプレミアムの「スープが決め手 担々麺」を食べました!濃厚な練りごまのカップ麺



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」を食べてレビューしていきます。



「スープが決め手 担々麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手 担々麺」。製造はエースコックが担当。2019年8月13日にリニューアルされた商品です。セブンプレミアムの数あるカップ麺の中でも、歴史古い商品のひとつです。首都圏以外の地域でリニューアル発売されましたが、いずれこの商品に置き換わっていくものと思われます。



長く販売され続ける「スープが決め手 担々麺」


スープが決め手 担々麺」は、セブンプレミアムの数あるオリジナルカップ麺の中でも、歴史のあるカップ麺です。このブログで最初に食べたのは2013年7月ですが、当時新商品として発売されたわけではなく、それ以前から店頭に並んでおり、おそらくこのブログの10数年の歴史よりも長く続いている商品なのではないかと思います。

セブンプレミアム 「スープが決め手の担々麺」

どうもオサーンです。ここのところ札幌は最高気温が25度を下回る日が続き、7月頭の暑さが嘘のような状態です。これってもう秋なんですかね?北海道ほどではないですが、日本列島の他の地域でも最近は気温が低めに推移しているようで、おかしな感じがします。油断していると急にバカみたいに暑くなったりするんでしょうが。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手の担々麺」。セブン&アイグループ等で売られてい...

1~2年おきくらいにリニューアルが重ねられ現在に至りますが、私の知る限りでは一貫してエースコックが製造を担当し、エースコックの担々麺らしい濃厚な練りごまのスープが特徴の一杯となっています。

以前このブログでは、リニューアル前の「スープが決め手 担々麺」を、ローソン、ファミマのPBブランドで売られている担々カップ麺と比較をしていました。他社製品に比べ、セブンの担々麺は濃厚な練りごまのコク、そして具のボリュームでは抜きん出ており、完成度の高い一杯と位置付けました。

【担々麺カップ麺】セブン・ローソン・ファミマのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「ごま香る担々麺」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚旨辛担々麺」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のカップ担々麺を食べ比べてレビューしていきます。大手コンビニPBの「担々麺カップ麺」対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め...



今回のリニューアルでどのような変化があるのか


昨今の激辛商品の一般化、ニーズの高まりに加え、汁なし担々麺ブームによってさらなる激辛化やシビレの需要など、激辛商品に求められるものがここ最近大きく変化してきているように思います。今回のリニューアルで、時代に合わせて「スープが決め手 担々麺」も変化をしてきているのか、それとも練りごま主体の味を貫いているのか、とても楽しみです。

カップ麺でもシビレ商品が多くなってきた中で、敢えてクラシックスタイルを貫いて欲しいところではありますが、果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」の1袋。カップには挽肉やチンゲン菜、大量の粒ごまが入っています。

品名スープが決め手 担々麺
メーカーセブンプレミアム(製造はエースコック)
発売日2019年8月13日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」を実食レビュー!山形赤湯の名店の味がカップ麺に



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海本店」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 龍上海本店」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2019年7月29日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。山形県南陽市赤湯に本店のある名店「龍上海」の味を再現したカップ麺です。



「龍上海」は新横浜ラーメン博物館にも出店している名店


龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店。新横浜の「新横浜ラーメン博物館」内に支店を構えていることでも有名ですよね。泣く子も黙る名店中の名店です。魚介を効かせたみそ味のスープに辛味噌でアクセントをつけた一杯は、多くのファンを虜にしています。

「龍上海」はカップ麺としての歴史も長く、セブンイレブン&明星食品をパートナーに多くの商品を出してきました。「銘店紀行」シリーズが誕生してからは今回で3回目の登場となり、カップ麺でも多くの支持を受けていることが窺えます。

過去に発売されていた「龍上海」のカップ麺


このブログで「龍上海」のカップ麺を最初にレビューしたのは2008年。もう10年以上前ですね。セブンイレブン限定の「地域の名店シリーズ」として登場した「地域の名店シリーズ 龍上海」は、みそ味のスープの中で、当時としては煮干しだしと辛味噌が特徴的な一杯でした。

明星食品 「地域の名店シリーズ 龍上海」

伊調馨選手の金メダル感動しましたね。前回のアテネの金メダルに比べるとだいぶ苦しい試合だったように思いますが、苦しんだ末の勝利はまた格別なんでしょうね。姉の千春選手は惜しくも銀メダルでしたが、妹が姉を応援する姿、姉が妹を応援する姿を見て、なんて強い絆で結ばれた2人なんだろうと感心しました。小さい頃からずっと2人で練習してきて、お互いの存在がなければここまでの選手にはならなかったんでしょうね。姉も妹も世...



「銘店紀行」シリーズとしては今回で3回目の登場。過去2回は中身に変化がなく、同じものが発売されていました。「地域の名店シリーズ」時代に比べると、タテ型で安価になったことでクオリティの低下はありましたが、それでも価格を考えると十分なデキの一杯でした。

「龍上海」も「銘店紀行」へ移行!!セブンプレミアム 「銘店紀行 龍上海本店」

山形赤湯の名店「龍上海」カップ麺も「地域の名店シリーズ」から「銘店紀行」シリーズへ鞍替え今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2018年8月1日に発売された新商品で、セブンプレミアムの「銘店紀行」シリーズのカップ麺です。「龍上海」は、山形県南陽市赤湯にあるみそラーメンの名店で、魚介の効いたみそ味のスープに辛みそがのるのが大きな特徴です。新横浜のラーメン博物館...

内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製からみそ」の1袋。カップには大量のかやくが入っています。

品名銘店紀行 龍上海本店
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2019年7月29日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製からみそ)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」に納豆を入れて食べてみた!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2019年7月8日に発売された、「セブンプレミアム」の新商品です。毎年夏恒例の激辛カップ麺「北極ラーメン」が今年も登場です。

「北極ラーメン」に納豆を入れて食べてみる


昨年も7月に発売されていた「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」ですが、今年も7月に再発売されました。毎年夏の恒例商品化しています。夏の暑い時期にこそ激辛カップ麺ですよね!冬も激辛カップ麺おいしいですけどね。春も秋も。

激辛カップ麺の最高峰が再登場!!セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」

激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極...

今年も喜び勇んで食べようと思いましたが、もう何年も中身がまったく同じで、今年の商品の栄養成分を見ても昨年までとまったく同じでした。さすがに何年も同じ商品を食べてレビューし続けるのはどうなんだろうと思い、記事にするかちょっと悩んでしまいました。



店頭でどうしようか思案していると、「納豆を入れるとおいしい」と書かれているポップが目に入りました。以前テレビでやっていたやつですね。何をアレンジするにもひとまず話題になる納豆を入れるという発想はなんだか安易な気はしますが、今回はポップが出ている上、「中本公認」とまで書かれており、そのポップを見てやってみようと思う人も多いだろうということで、ブログでも納豆を入れて食べてみることにしました。ポップでは「7月10日は納豆の日」というのも強調されていました。もう7月10日過ぎちゃいましたが。

セブンプレミアムの「極小粒納豆」を使用




使用する納豆は、セブンプレミアムの「極小粒納豆」。セブンプレミアムのサイトではスーパーのみでの販売となっていますが、私の行ったセブンには置いていました。45g3パックたれからし付で税込84円。スーパーなどにはもっと安い商品もありますが、まずまずお得な納豆だと思います。

今回は、最初は「北極ラーメン」をそのまま食べてみて、その後に納豆を入れる流れで食べていきたいと思います。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「極辛オイル」の1袋。カップにはスープ粉末がたくさん入っています。豚肉やもやしが入っていて、タテ型カップ麺として十分なかやくの量がありますが、豆腐や野菜が入って具だくさんな「中本 辛旨味噌」に比べると少なめ。



使用するセブンプレミアムの「極小粒納豆」。「極小粒」の割には粒は大きめです。私が日頃食べている他社製の「小粒納豆」とあまり違いはありません。たれとからしが入っていますが、今回果たして使うのでしょうか。

品名蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2019年7月8日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(極辛オイル)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

カップ麺各社は今年一斉に値上げしましたが、この商品に関しては価格は213円で昨年から据え置かれています。

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加