セブンプレミアムの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:セブンプレミアム

セブンプレミアムのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2021-08-04 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」を食べてレビューしていきます。 「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」。製造は明星食品。2021年8月3日発売の新商品です。山形・赤湯の辛味噌ラーメンの名店、「龍上海」監修のどんぶり型カップ麺です。タテ型カップ...

記事を読む

2021-07-22 カップまぜそば・油そば
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 とんこつまぜそば」を食べてレビューしていきます。 セブンプレミアム「一風堂 とんこつまぜそば」はどんな商品? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」。製造は日清食品が担当。セブンプレミアムゴールドの元祖名店再現系カップ麺としてもおなじみ「一風堂」のまぜそばカップ麺が今年も登場しました。今回は何やら昨年から大...

記事を読む

2021-07-20 カップラーメン
このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「山頭火 旭川とんこつ塩」をリニューアル前と食べ比べます。 セブンプレミアム「山頭火 旭川とんこつ塩」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「山頭火 旭川とんこつ塩」製造は日清食品。セブンプレミアムの高級ラインである「セブンプレミアムゴールド」の商品で、2021年7月12日にリニューアル発売されたセブンの定番名店再...

記事を読む

2021-07-11 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2021年7月5日にリニューアル発売された新商品で、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本」シリーズの夏恒例激辛商品です。毎年夏の風物詩が今年も...

記事を読む

2021-07-09 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2021年7月5日にリニューアル発売された、セブンプレミアム「銘店紀行」シリーズの商品です。今回のリニューアルに際し、販売地域が広がったので食べてみたいと思います。 ...

記事を読む

ラー博でもおなじみの「龍上海」の本格カップ麺登場!セブンプレミアム 「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」を実食レビュー



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」を食べてレビューしていきます。



「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン」。製造は明星食品。2021年8月3日発売の新商品です。山形・赤湯の辛味噌ラーメンの名店、「龍上海」監修のどんぶり型カップ麺です。タテ型カップの「銘店紀行」シリーズでおなじみですが、今回はどんぶり型のさらn本格志向な一杯として登場しました。



「龍上海」はラー博でもおなじみ山形赤湯の名店


龍上海」は、山形・赤湯にある辛味噌ラーメンの名店。山形といえば「龍上海」アリとおなじみのお店で、ラーメン博物館に2005年から長きに渡って出店していることでも有名。さらには、カップ麺としてはセブンで長い歴史を有しており、一貫して明星食品製造によるカップ麺が発売されてきました。

以前でていたのが、今回と同じくどんぶり型でノンフライ麺使用の「地域の名店シリーズ」。今はこのシリーズなくなってしまいましたが、粒ぞろいの名作を多く輩出したシリーズで、「龍上海」も本当においしい一杯でした。下のリンクは2014年に発売されていた「地域の名店シリーズ 龍上海」。このレベルまでおいしければ今回まったく文句ありません。よろしくお願いしたいところ。

セブンプレミアム 「地域の名店シリーズ 龍上海」

どうもオサーンです。いよいよモンハン4Gの発売で、これからハンサム氏と狩り三昧になりそうですが、ちらっと見たショッピングサイトで「ダビスタGOLD」が12月に発売との情報を発見。以前出ていたダビスタDSは評判悪い商品で、私は本体も持っていなかったので手を出しませんでしたが、今回はきっと買っちゃうな。モンハンを12月のダビスタ発売までに何とかカタを付けないといけないですね。一つのことにのめりこむとなかなか他のこ...

最近では、タテ型ノンフライ麺シリーズの「銘店紀行」から、不定期に登場しています。どんぶり型ほどではないもののこちらおかなりおいしいのですが、いつも食べられるわけではないのが難点。「龍上海」って結構中毒性のある味ですからね。急になくなられても困る人が多いのではないでしょうか。下のリンクは2019年7月に発売されていた「銘店紀行 龍上海本店」。

セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」を実食レビュー!山形赤湯の名店の味がカップ麺に

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 龍上海本店」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 龍上海本店」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 龍上海本店」。製造は明星食品。2019年7月29日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。山形県南陽市赤湯に本店のある名店「龍上海」の味を再現したカップ麺です。「龍上海」は新横浜ラーメン博物...



定番の「からみそラーメン」




「龍上海」といえばやっぱりからみそラーメンですが、今回ももちろんからみそラーメン。辛味噌と魚介の絶妙なバランスが何とも言えない味で、個人的には最も好きなみそラーメンかもしれません。今回は果たしてどんな味なのでしょうか。楽しみです。

こちらは仙台の「辛味噌ラーメン」を再現したヤマダイ商品。辛味噌ラーメンと言えば仙台を思うかべる方も多そうですね。


内容物、価格、購入額など




別添袋は4つ。カップには麺のみ入っています。麺は太いです。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。1袋ですが、いろいろ入っていて盛りだくさんです。特にメンマが多そう。

品名龍上海 本店 山形赤湯からみそラーメン
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2021年8月3日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(液体スープ・辛味噌・かやく・ふりかけ)
定価税別258円
取得価格税別258円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」がザクザクっとリニューアル!食べてみた



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 とんこつまぜそば」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「一風堂 とんこつまぜそば」はどんな商品?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」。製造は日清食品が担当。セブンプレミアムゴールドの元祖名店再現系カップ麺としてもおなじみ「一風堂」のまぜそばカップ麺が今年も登場しました。今回は何やら昨年から大幅にリニューアルされている模様。



セブンの定番「一風堂」


「博多一風堂」は、福岡県福岡市に本店があり、全国に店舗展開するとんこつラーメンのチェーン店。セブンのカップ麺としてもおなじみで、セブンプレミアムゴールドの商品は「すみれ」と並んで名店再現系カップ麺の元祖とされています。カップ麺の他にも、最近ではお弁当コーナーのレンジ麺や冷凍食品、そしてお菓子などでも精力的に商品を登場させており、一風堂と言えばセブンという形がより鮮明になっています。

2021年2月にリニューアル発売された「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」。ついに税込300円に突入してしまいました。おいしいんですけど高いですよね。

リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前後で食べ比べ!

このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前と食べ比べます。セブンプレミアム「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 赤丸新味博多とんこつ」製造は日清食品。2021年2月8日に「すみれ」とともにリニューアル発売された、名店再現系カップ麺の元祖です。今回はリニューアル前後...



今年の「一風堂 とんこつまぜそば」はザクザクット?




もう「一風堂 とんこつまぜそば」が毎年夏に発売されるようになってから何年も経ちますが、昨年までの数年はお店のメニューである「白丸」と「赤丸」の味に似せた「白丸ふりかけ」(白ごま&ガーリック)と「赤丸ふりかけ」(唐辛子)が入っていましたが、今年はパッケージデザインから様相が一変。「ZAKUZAKUTTO」と書かれていたり、「ザクザクット!!6種の大粒かさねふりかけ」が入っていたりするようです。

だいぶポップになったパッケージデザインで、ザクザクなんて言われるとおいしいクロッカンシューを思い出してしまいますが、果たして今回はどんな変化が見られるのでしょうか。

セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」を実食レビュー!「白丸」「赤丸」ふりかけの効果はいかに?

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 とんこつまぜそば」を食べてレビューしていきます。「一風堂 とんこつまぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」。製造は日清食品。2019年7月22日に発売になった、「一風堂カップ麺」シリーズの商品です。今回で3回目の登場となる「とんこつまぜそば」の登場です。「とんこつまぜそば」初登場...

こちらも「とんこつまぜそば」。カップ麺でとんこつまぜそばのジャンルは一風堂が切り開いたと言っても過言ではないように思います。


内容物、価格、購入額など




別添袋は2袋。カップには細い麺とかやくが入っていました。

品名一風堂 とんこつまぜそば
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年7月20日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体たれ・6種のかさねふりかけ)
定価税別228円
取得価格税別228円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムゴールドのカップ麺、「山頭火 旭川とんこつ塩」が新しくなったので食べてみた!



このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「山頭火 旭川とんこつ塩」をリニューアル前と食べ比べます。



セブンプレミアム「山頭火 旭川とんこつ塩」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「山頭火 旭川とんこつ塩」製造は日清食品。セブンプレミアムの高級ラインである「セブンプレミアムゴールド」の商品で、2021年7月12日にリニューアル発売されたセブンの定番名店再現系カップ麺です。元祖名店再現系の「すみれ」や「一風堂」に続く、準元祖的な存在。今回から「日清名店仕込み」の冠が消え、値上がりして登場です。



「山頭火」セブンプレミアムゴールドの定番名店再現カップ麺


山頭火」は、北海道旭川市に本店があり、東京や札幌などに店舗展開する人気ラーメン店です。旭川ラーメンのお店ですが、旭川ラーメンでおなじみのしょうゆラーメンではなく、クリーミーなとんこつ塩ラーメンを売りにしています。

また、名店再現系カップ麺の元祖とされる2000年「日清の名店仕込み すみれ」と「日清の名店仕込み 一風堂」の1年後に「日清の名店仕込み 山頭火」が登場しており、名店再現系カップ麺の準元祖、ほぼ元祖と言っても良いくらいの存在です。下のリンクは前回リニューアル時、2018年5月発売の「日清名店仕込み 山頭火 旭川とんこつ塩」。

リニューアルされたセブンプレミアムの「山頭火」カップ麺をリニューアル前と食べ比べてみました!

セブンプレミアムゴールドの「山頭火」をはじめ3商品がリニューアルされた!今回は、セブンプレミアムゴールドの「日清名店仕込み 山頭火 旭川とんこつ塩」。セブン&アイグループ限定で発売されている「日清名店仕込み」シリーズの3品、「すみれ」「一風堂」「山頭火」が2018年5月28日にリニューアルされたので、まずはブログではご無沙汰している「山頭火」から食べてみたいと思います。「日清名店仕込み」シリーズは、カップ麺...



山頭火シリーズ史上最上級スープ




先日の「すみれ」や「一風堂」のリニューアルもそうでしたが、今回も「山頭火シリーズ史上最上級スープ」と書かれています。また、これも2品と同じく定価税込で300円に達したこと、そしてこれまで一貫して商品名に入っていた「日清名店仕込み」の冠が消えてしまったことが大きな変化と言えるでしょうか。

旭川といえば旭山動物園。


内容物、価格、購入額など




左はリニューアル後で右がリニューアル前。どちらも別添袋は4つ。同じ構成且つ外装の色も同じですが、液体スープや粉末スープの大きさがちょっと違っています。



先入れの、「焼豚」と「かやく」を麺の上に開けた状態。どちらも同じものが入っているように見えました。麺の量がちょっと違いそう。

品名山頭火 旭川とんこつ塩
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年7月12日(月)から順次発売
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・焼豚)
定価税込300円
取得価格税込300円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激辛カップ麺の不朽の名作!セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」がリニューアルされたので食べてみた!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2021年7月5日にリニューアル発売された新商品で、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本」シリーズの夏恒例激辛商品です。毎年夏の風物詩が今年も登場しました。



夏恒例の「中本」最強激辛の「北極ラーメン」


蒙古タンメン 中本」は、東京・上板橋に本店のある激辛ラーメンの人気店。テレビや雑誌等、よく登場するお店で全国区の知名度があり、お店の激辛ラーメンはファンが多いことでもおなじみです。

「蒙古タンメン中本」の知名度向上にカップ麺も一役買っており、中本はセブンプレミアムの大定番商品として君臨。中でも毎年夏に発売される「北極ラーメン」は、お店の最も辛いメニューを再現した大人気商品となっています。ただ辛いだけではない、ニンニクのパンチも効いた不朽の名作です。下のリンクは2020年7月発売のもの。

セブン夏の定番激辛カップ麺が今年も登場!「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を実食レビュー

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんな商品?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品が担当。毎年夏恒例の激辛カップ麺が今年も登場。東京上板橋の人気店、「蒙古タンメン中本」の「北極ラーメン」を再現した、セブンプレミアムの大人気商...



「辛『旨』の極地」「激辛『旨』味噌」




これまでの「北極ラーメン」には「辛さの極地」とか「激辛味噌」と書かれていたのですが、今回は「辛『旨』の極地」や「激辛『旨』味噌」に変化しています。ここ数年、味に変化はありませんでしたが、今回はどうやら変化が見られそうです。より辛さではない「旨」というところで勝負してきているのでしょうか。楽しみです。

お店では見たことないですが、どれくらい辛いのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は1袋。カップには大量のスープ粉末やチャーシューチップ、もやしなどが入っています。別添袋の「極辛オイル」は以前は赤でしたが今回は黒に変更になっていました。

品名蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年7月5日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(極辛オイル)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネギだく!セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」がリニューアル!実食レビュー



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2021年7月5日にリニューアル発売された、セブンプレミアム「銘店紀行」シリーズの商品です。今回のリニューアルに際し、販売地域が広がったので食べてみたいと思います。



タテ型ノンフライ麺のセブンプレミアム「銘店紀行」シリーズの新商品


銘店紀行」は、セブンプレミアム&明星食品による、タテ型のノンフライカップ麺で、日本全国の「銘店」の味が再現されています。「とみ田」や「六角家」がこのシリーズから登場し、常時発売されていましたが、「六角家」については本店が閉店したことが影響してか、このシリーズからもなくなってしまいました。

最近だと、「もちもちの木」が登場したことが印象深かったです。とてもおいしいのですが、常時発売ではないのが辛いところ。

この穂先メンマは絶対食べたい!!セブンプレミアムの「銘店紀行 もちもちの木」を実食レビュー

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 もちもちの木」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 もちもちの木」はどんな商品?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 もちもちの木」。製造は明星食品が担当。2020年08月10日発売の「銘店紀行」シリーズの新商品です。埼玉県白岡市に本店のある人気ラーメン店、「もちもちの木」の味を再現したカップ麺となっています。...



「特盛ネギ」の「博多だるま」




今回再現されている「博多だるま」は、福岡・博多のとんこつラーメンの名店で、「銘店紀行」の前身であるどんぶり型「地域の名店シリーズ」時代から長くカップ麺化され続けています。地域の名店シリーズ時代の「博多だるま」には、これまでの評価として最高の「★9+」をつけていました。この評価をつけてからもう12年も経つんですね。いろいろびっくりです。とにかくカップ麺離れしたとんこつ臭が最大の特徴でした。

明星食品 「地域の名店シリーズ 博多だるま」 (2回目)

さてさて本日2つめの更新。8月発売の商品を8月中に紹介しておきたかったためこうなってしまいました。ってかブログ上の日付は8月31日ですが、書いているのは9月1日なんですけどね。その8月のトリを飾る1杯は、このブログ2度目の登場、セブンイレブンオリジナル商品で、明星食品の「地域の名店シリーズ 博多だるま」。わがブログは今まで500杯以上のカップ麺を紹介してきましたが、その中で唯一の★9に輝く伝説の1杯です。ガッツリと...

「銘店紀行」に移行後は、とんこつ臭がなくなってしまい、普通の味になってしまいましたが、それでもボリュームと価格とのバランスが素晴らしく、コスパの良い商品でした。下のリンクは2019年のもの。

「博多だるま」カップ麺がリニューアル!!セブンプレミアム「銘店紀行 博多だるま」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」とともに、2017年12月に発売されていた「銘店紀行 博多だるま」が今回リニューアル...

博多のお土産の定番、「めんべい」。博多は食が豊かですよね。羨ましい。



内容物、価格、購入額など




別添袋は1袋。カップにはネギを始め、かなりたくさんのかやくが入っています。すごいボリュームですね。

品名銘店紀行 博多だるま
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2021年7月5日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ香りの一撃)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加