セブンイレブンの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:セブンイレブン

セブンイレブンのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2021-04-16 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」を食べてレビューしていきます。 セブンプレミアム「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」はどんな商品? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」。製造は日清食品が担当。セブンプレミアムのカップ麺でおなじみ「一風堂」の変わり種商品がタテ型カップで登場しました。 セブンプ...

記事を読む

2021-04-07 カップスープ・春雨
このページでは、セブンプレミアムのカップスープ、「1/3本分のごぼう麺」の2品、「トムヤム風スープ」と「鶏だしフォー風スープ」を食べてレビューしていきます。 「1/3本分のごぼう麺」はどんな商品? 今回は、セブンプレミアムの「1/3本分のごぼう麺 トムヤム風スープ」と「1/3本分のごぼう麺 鶏だしフォー風スープ」。ともに販売はサンヨー食品が担当。セブン&アイのPB「セブンプレミアム」のスープ商品です。...

記事を読む

2021-03-10 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 黒胡麻味噌」を食べてレビューしていきます。 セブンプレミアム「すみれ 黒胡麻味噌」はどんな商品? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 黒胡麻味噌」。製造は日清食品が担当。名店再現系の元祖のひとつとしておなじみ、セブンプレミアムゴールドのレギュラー「すみれ」ですが、今回はタテ型の変わり種カップ麺となっています。 「...

記事を読む

2021-02-22 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」を食べてレビューしていきます。 セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」はどんな商品? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」。製造は日清食品が担当。セブンの名物カップ麺「蒙古タンメン中本」から新味登場!お店でも限定メニューとして登場しているトマトを使った一杯となって...

記事を読む

2021-02-17 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べます。 セブンプレミアム「すみれ 札幌濃厚みそ」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 札幌濃厚みそ」製造は日清食品。名店再現系カップ麺の元祖がリニューアルして登場です。今回はリニューアルされた商品を、リニューアル前のものと比較しながらレビューしてい...

記事を読む

セブンプレミアムの一風堂カップ麺新商品!「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」を実食レビュー



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」はどんな商品?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て」。製造は日清食品が担当。セブンプレミアムのカップ麺でおなじみ「一風堂」の変わり種商品がタテ型カップで登場しました。



セブンプレミアムのカップ麺でもおなじみ「一風堂」


「博多一風堂」は、福岡県福岡市に本店のあるとんこつラーメンのチェーン店。テレビなどの露出の多さとともに、セブンのカップ麺としてもおなじみで、レギュラー商品の「セブンプレミアムゴールド 一風堂 赤丸新味 博多とんこつ」をはじめ、これまでに多くの商品が登場してきました。変わり種商品も多く、「一風堂 とんこつまぜそば」は毎年恒例の商品として発売されています。

年に1度のお楽しみ!セブンプレミアムの「一風堂」汁なしカップ麺、「一風堂 とんこつまぜそば」を実食レビュー

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「一風堂 とんこつまぜそば」を食べてレビューしていきます。セブンプレミアム「一風堂 とんこつまぜそば」はどんな商品?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」。製造は日清食品が担当。4年連続で登場の、「一風堂」監修による「とんこつまぜそば」です。カップとんこつまぜそばの元祖的存在「一風堂 とんこつまぜそば...



一風堂の変わり種商品




今回の一杯は、過去に一風堂店舗で供された限定メニューのカップ麺化とのこと。一風堂の変わり種メニューはカップ麺化される頻度が高く、今回もその一連の商品と言えるかと思います。つい先日は、同じくセブンの「すみれ」からも変わり種商品が出ていました。2021年3月発売の「すみれ 黒胡麻味噌」。

【セブンプレミアム】黒い「すみれ」カップ麺登場!「すみれ 黒胡麻味噌」はいつもとぜんぜんイメージの異なる一杯だった!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 黒胡麻味噌」を食べてレビューしていきます。セブンプレミアム「すみれ 黒胡麻味噌」はどんな商品?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 黒胡麻味噌」。製造は日清食品が担当。名店再現系の元祖のひとつとしておなじみ、セブンプレミアムゴールドのレギュラー「すみれ」ですが、今回はタテ型の変わり種カップ麺となっています。「...

とんこつといえば高菜ですが、実は私オサーン、高菜の油炒めが大好きなんですよね。いつも買っているのが見つからなかったので食べたことないやつのせますが、これもおいしそうです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は1袋。カップには多めのスープ粉末とかやくが入っています。

品名一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年4月12日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(特製柚子胡椒)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムの「1/3本分のごぼう麺 トムヤム風スープ」と「1/3本分のごぼう麺 鶏だしフォー風スープ」を食べてみた!



このページでは、セブンプレミアムのカップスープ、「1/3本分のごぼう麺」の2品、「トムヤム風スープ」と「鶏だしフォー風スープ」を食べてレビューしていきます。



「1/3本分のごぼう麺」はどんな商品?


今回は、セブンプレミアムの「1/3本分のごぼう麺 トムヤム風スープ」と「1/3本分のごぼう麺 鶏だしフォー風スープ」。ともに販売はサンヨー食品が担当。セブン&アイのPB「セブンプレミアム」のスープ商品です。以前は「ごぼうをそのまま麺にした」という商品でしたが、今回は「1/3本分のごぼう麺」に品名が変更になり、以前とは違う味となっています。



  • ごぼうが麺状になって入っている
今回の「1/3本分のごぼう麺」は、麺を細切りの麺状にし、スープと合わせてカップ麺と同じように食べるタイプのスープ商品です。以前は「ごぼうをそのまま麺にした」という商品名でしたが、そこから引き続いて1/3本分のごぼうが使用されているとのことです。

今回は「トムヤム風スープ」と「鶏だしフォー風スープ」ですが、以前「ごぼうをそのまま麺にした」の時に発売されていたのは「参鶏湯風スープ」と「豆乳担々風スープ」の2種類でした。

なんとごぼうが麺になった!セブンプレミアムの「ごぼうをそのまま麺にした」カップスープ2品を実食

このページでは、セブンプレミアムのカップスープ、「ごぼうをそのまま麺にした」の2品、「参鶏湯風スープ」と「豆乳担々風スープ」を食べてレビューしていきます。「ごぼうをそのまま麺にした」はどんな商品?今回は、セブンプレミアムの「ごぼうをそのまま麺にした参鶏湯風スープ」と「ごぼうをそのまま麺にした豆乳担々風スープ」。ともに販売はサンヨー食品が担当。セブン&アイグループのプライベートブラン...

最近ごぼう茶が流行ってますよね。コストコでも見かけるこのごぼう茶は国産ではないのですが、味が他のよりだいぶ濃いです。



内容物、価格、購入額など




左が「トムヤム風」で右が「鶏だしフォー風」。ともに「ごぼう」と「かやく入り粉末スープ」の2袋構成となっています。



ともに2袋とも先入れなので、カップに入れた状態。



ごぼうのアップ。ちょっとメンマっぽいです。以前の「ごぼうをそのまま麺にした」に入っていたごぼうと大きな違いはなさそうです。

品名1/3本分のごぼう麺 トムヤム風スープ
1/3本分のごぼう麺 鶏だしフォー風スープ
メーカーセブンプレミアム(販売はサンヨー食品)
発売日2021年3月29日(月)
麺種別ごぼう
かやく・スープ2袋(かやく入り粉末スープ・ごぼう)
定価税込159円
取得価格税込159円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【セブンプレミアム】黒い「すみれ」カップ麺登場!「すみれ 黒胡麻味噌」はいつもとぜんぜんイメージの異なる一杯だった!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 黒胡麻味噌」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「すみれ 黒胡麻味噌」はどんな商品?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 黒胡麻味噌」。製造は日清食品が担当。名店再現系の元祖のひとつとしておなじみ、セブンプレミアムゴールドのレギュラー「すみれ」ですが、今回はタテ型の変わり種カップ麺となっています。



「すみれ」は名店再現系カップ麺の元祖


「すみれ」は、北海道札幌市にある札幌みそラーメンの名店。札幌で最も有名なラーメン店なのは間違いありません。「すみれ」の名を飛躍的に広めて全国区にしたのは「新横浜ラーメン博物館」への出店で、出店した「すみれ」と「一風堂」はその後、日清食品&セブンイレブンから「日清名店仕込み」シリーズとしてカップ麺化され、名店再現系カップ麺の元祖とされています。

つい先日、2021年2月に、セブンプレミアムゴールドの「すみれ 札幌濃厚みそ」がリニューアル発売されました。20円ほど値上げされ、スープや麺の質は向上しましたが、一方で、具はちょっと退化した印象も受けました。「日清名店仕込み」の冠がなくなったこと、そしてついに税込300円まで上がったのが印象的でした。

リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べ!

このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べます。セブンプレミアム「すみれ 札幌濃厚みそ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 札幌濃厚みそ」製造は日清食品。名店再現系カップ麺の元祖がリニューアルして登場です。今回はリニューアルされた商品を、リニューアル前のものと比較しながらレビューしてい...



黒胡麻味噌




さて今回の味は、おそらくカップ麺オリジナルと思われる「黒胡麻味噌」。いつもの「札幌濃厚みそ」とはだいぶ違いそうです。黒いスープだと、「すみれ」はしょうゆラーメンも評判が良いのですが、こちらは残念ながらカップ麺化されていません。個人的には、すみれで食べたいのはチャーハンかしょうゆラーメンです。チャーハンはセブンプレミアムの冷凍食品で製品化されています。

カップ麺ブロガーがセブンの冷食「すみれチャーハン」を食べてみました!!

カップ麺ブログなのに「すみれ」の冷凍チャーハン食べますカップ麺のブログなのに先日冷凍ラーメンの「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」を食べたばかりですが、今回またもやカップ麺ではなく、今度は冷凍食品のチャーハンを食べます。セブンプレミアムの「すみれチャーハン」。製造はニチレイフーズ。2018年3月12日に発売された商品です。セブンで「すみれ」と言えば、先日リニューアル商品をレポしたセブンプレミアムゴールドの...

定番の「カップヌードル味噌」。アマゾンパントリーだとこんなに安いんですね。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製焙煎胡麻風味オイル」1袋。カップには麺とともに粉末やかやくが入っていますが、粉末黒いです。

品名すみれ 黒胡麻味噌
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年3月8日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(特製焙煎胡麻風味オイル)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの激辛カップ麺「中本」にトマト味登場!「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」を実食レビュー!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」を食べてレビューしていきます。



セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」はどんな商品?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 蒙古トマタン」。製造は日清食品が担当。セブンの名物カップ麺「蒙古タンメン中本」から新味登場!お店でも限定メニューとして登場しているトマトを使った一杯となっています。



中本+トマト


「蒙古タンメン中本」は、東京上板橋に本店のある激辛ラーメンの人気店。テレビなどメディアなどで多く取り上げられるとともに、セブンのカップ麺としてもおなじみで、レギュラー商品「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は、激辛カップ麺の代名詞的な存在となっています。今回のトマタン、一瞬トマソンに見えてしまいました。

2019年10月にリニューアル発売された「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」。麺量がタテ型カップとしては異例の85gに増量しました。

セブン激辛カップ麺の雄「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」のリニューアル版を食べてみました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」を食べてレビューしていきます。「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」。製造は日清食品が担当。2019年10月28日にリニューアル発売された、セブンプレミアムの看板シリーズのひとつ、「蒙古タンメン中本カップ麺」シリーズの新商品です。東京上板橋に...

この他にも、スープ、カップライスなどレギュラー商品として店頭に並んでおり、他にもちょくちょくカップ麺の限定フレーバーが登場します。そしてオススメなのは冷凍食品。「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」は、カップ麺とはまた違う、本格的な辛さを味わうことができます。

セブンプレミアムの大人気冷食「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」がリニューアルされたので食べてみました!

このページでは、セブンプレミアムの冷凍麺、「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」を食べてレビューしていきます。「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」はどんな商品?今回の商品は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」。製造は日清食品冷凍が担当。2020年6月1日にリニューアル発売された、「蒙古タンメン中本」監修の冷凍食品です。お店では食べられない冷凍麺オリジナルメニュー「...



食欲覚醒




パッケージには「食欲覚醒」と書かれており、おそらく蒙古タンメンの辛味に加え、トマトの酸味で食欲が覚醒するというイメージだと思います。どちらかというと、夏バテ防止の食欲覚醒みたいなイメージがあるので、トマトの季節イメージも含め、本来なら夏に登場させたいところですよね。でも夏にはあの定番カップ麺、最強の中本が出る季節なので、空きはないということなのかもしれません。

セブン夏の定番激辛カップ麺が今年も登場!「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を実食レビュー

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食べてレビューしていきます。「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」はどんな商品?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品が担当。毎年夏恒例の激辛カップ麺が今年も登場。東京上板橋の人気店、「蒙古タンメン中本」の「北極ラーメン」を再現した、セブンプレミアムの大人気商...

ジャイアンツのトマソンは、ホワイト選手や中畑選手とクリーンナップを組んでやたら三振していたのに、後に「超芸術トマソン」という芸術上の概念の元になりました。トマソンも超芸術トマソンも、個人的にはとても味わい深いものだと思っています。



内容物、価格、購入額など




別添袋は1袋。カップには大量のスープ粉末とかやく類が入っています。

品名蒙古タンメン中本 蒙古トマタン
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年2月22日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛旨オイル)
定価税別200円
取得価格税別200円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べ!



このページでは、リニューアルされたセブンプレミアムのカップ麺、「すみれ 札幌濃厚味噌」をリニューアル前と食べ比べます。



セブンプレミアム「すみれ 札幌濃厚みそ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 札幌濃厚みそ」製造は日清食品。名店再現系カップ麺の元祖がリニューアルして登場です。今回はリニューアルされた商品を、リニューアル前のものと比較しながらレビューしていきます。



「すみれ」は名店再現系カップ麺の元祖


すみれ」は、北海道札幌市にある札幌みそラーメンの名店。最も有名な札幌ラーメンのお店のひとつで、すみれや純連を頂点とする「純すみ系」と言われるラーメンは、札幌みそラーメンの大本流となっています。

カップ麺としても、セブンから発売される日清食品の「すみれ」と「一風堂」は、名店再現系カップ麺の元祖としても知られ、最初に登場したのは2000年4月、「日清名店仕込み 札幌すみれ みそ」と「日清名店仕込み 博多一風堂 赤丸新味」が同時発売でした。そこから代を重ねて今回に至りますが、今回ついに、商品名から「日清名店仕込み」が消えてしまいました。下のリンクは前回リニューアルされた2018年5月に、旧商品と比較をした記事。

セブンの名作「すみれ」カップ麺がリニューアルされたのでリニューアル前のものと食べ比べてみました!

セブンの「すみれ」カップ麺をリニューアル前後で食べ比べ!今回は、セブンプレミアムゴールドの「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」。製造は日清食品。先日食べた「山頭火」に続き、2018年5月28日にリニューアルされたセブン&アイグループ限定の「日清名店仕込み」シリーズの3品のひとつ、「すみれカップ麺」がリニューアル前後でどう変わったのか比較していきたいと思います。おそらく「日清名店仕込み」3品で最も注目度の...



すみれシリーズ史上最上級スープ




今回のリニューアルにあたり、パッケージには「すみれシリーズ史上最上級スープ」と書かれています。自信アリげな記載ですね。果たしてどのような変化が遂げられているのでしょうか。

こちらも札幌ラーメンの有名店、「信玄」のカップ麺。


内容物、価格、購入額など




左がリニューアル後で右がリニューアル前。写真からは分かりづらいですが、この状態から分かる変化は3つ。麺の形状、液体スープ袋の大きさ、そしてかやくの量。結構違いがありそうですが、かやくの量については単なる個体差かもしれません。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。挽肉の量はリニューアル前が多く、粒の大きさはリニューアル後が大きいようです。もちろん個体差の可能性もあるでしょう。また、麺の形状が角麺から丸麺に変更になっているのがわかります。しばらく同じ形状の麺が続いていたので、これは結構大きな変化です。

品名すみれ 札幌濃厚味噌
メーカーセブンプレミアム(製造は日清食品)
発売日2021年2月8日(月)から順次発売
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価税込300円
取得価格税込300円(セブン-イレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加