スーパーカップの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:スーパーカップ

スーパーカップのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-12-04 カップ焼そば
このページでは、エースコックのカップ焼そば、「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」を食べてレビューしていきます。 「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」。2018年12月3日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「スーパーカップ」シリーズのカップ麺...

記事を読む

2018-11-21 カップラーメン
このページでは、エースコックのカップ麺、「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」。2018年11月19日発売の、大盛カップ麺のパイオニア「スーパーカップ」シリーズの新商品...

記事を読む

2018-10-22 カップラーメン
プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ麺です。先日レポした「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」との同時発売で、...

記事を読む

2018-10-16 カップ焼そば
プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。今回は、プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボ商品で、「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」との同時発売となっていま...

記事を読む

2018-09-29 カップラーメン
「とんこつラーメン」も「MAX」化で麺量100g! 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX とんこつラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、麺量が90gから100gに増量した「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつです。「MAX」はすでに「しょうゆラーメン」と「みそラーメン」をレポ済で、今回の「とんこつラーメン」が3品のトリを飾ることになります。 実はこのブログで「スーパ...

記事を読む

大阪「千房」の甘い焼そばをカップ麺で再現!「スーパーカップ 千房 荒節おどるソース焼そば」



このページでは、エースコックのカップ焼そば、「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」を食べてレビューしていきます。


「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」。2018年12月3日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「スーパーカップ」シリーズのカップ麺でありながら、大阪千日前のお好み焼き店「千房 千日前本店」とタイアップした、ダブルブランド的なカップ焼そばとなっています。

  • 「千房」はどんなお店?
「千房」は日本で初めてお好み焼のフルコースを提供するなど、お好み焼の歴史を塗り替えてきた改革者とも言える専門店
エースコックHPから抜粋

大阪は「裏なんば」と呼ばれる地域の一角、千日前にお店のある「千房」。千日前界隈はお好み焼き店の激戦区なんだそうです。「千房」はそんな数あるお好み焼き店の中でも人気のお店で、「道頓堀焼き」「千房焼き」の2枚看板のお好み焼きの他にも、今回の焼そばや鉄板焼きを始め、サイドメニューも充実。各地に計70店以上の支店があり、全国的な知名度も抜群なお店です。

  • スーパーカップと実店舗とタイアップするのは見たことがない
お店の味を再現したカップ麺、カップ焼そばは数ありますが、「スーパーカップ」シリーズとしてお店とタイアップしているのは記憶にありません。相当珍しいことなのではないかと思われます。今回、スーパーカップの30周年と「千房」の45周年が重なったことによるタイアップのようですが、今後もこのような商品どんどん出てくると良いですね。

お店の焼そばの味をカップ焼そばで再現した最近の商品は、「明星 みかさ監修 ソース焼そば」がありました。

神田神保町の行列焼そば店監修のカップ焼そば!明星食品 「明星 みかさ監修 ソース焼そば」

神田神保町の行列焼そば店「みかさ」監修によるカップ焼そば 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 みかさ監修 ソース焼そば」。2018年10月8日発売の新商品です。東京神田神保町にある焼そばのお店「みかさ」監修によるカップ麺です。昨年10月にも「みかさ」の味を再現したカップ麺が発売されていました。 「みかさ」は、1984年に熊本で創業した焼そば専門店で、1993年に東京に移転してからは、神保町になくてはならない存在感...

「スーパーカップ」シリーズによる「千房」の焼そばを再現したカップ焼そばは、果たしてどんな味になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「焼そばソース」、「かやく」、「ふりかけ」、「かつお節」の4袋。



麺は「スーパーカップ」シリーズらしく、太い麺が使用されています。先入れの「かやく」は具はキャベツのみです。

品名スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば
メーカーエースコック
発売日2018年12月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ4袋(焼そばソース・かやく・ふりかけ・かつお節)
定価税別220円
取得価格税込235円(ローソン)

税別220円で、「スーパーカップ」シリーズとしてはやや高めの価格設定となっています。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大量マヨ注意報!「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」



このページでは、エースコックのカップ麺、「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」。2018年11月19日発売の、大盛カップ麺のパイオニア「スーパーカップ」シリーズの新商品です。今回は冬の定番味である「みそバター」をアレンジしたカップ麺とのことです。

  • 「みそバター」に「マヨネーズ」を加えた今までになかった味わいが特徴
冬の定番『みそバター』に『マヨネーズ』を加えた今までになかった味わいを楽しめ」、「仕上げに20gものたっぷりのマヨネーズをかけることで、コクや濃厚感が高まる一杯」とのこと。

みそにマヨネーズの組み合わせなんて、なんだかきゅうりを食べるのかと思ってしまいますが、この組み合わせが悪くないのは確か。20gってかなりの量なので、大量のマヨネーズが味にどう影響を及ぼすのか、マヨは主張が強いので、果たして「みそバター」味が共存してきちんと成立しているのかも注目されます。

みそバターという組み合わせに加えてマヨネーズが20gも入っているということは、相当な高カロリーですよね。スーパーカップで高カロリーと言えば、前代未聞の高カロリーを売り文句にした「スーパーカップ1.5倍 ラッキーカロリー777 豚骨醤油ラーメン」が思い浮かびます。雰囲気的にはこの商品の後継商品的な位置づけでしょうかね。


強烈な脂の量と濃い味で勝負してきたこの商品は、最近の低カロリー商品にシフトする流れに対して、それとは別のカップ麺の方向性を改めて問う形となりました。もちろん、低カロリー化は歓迎材料だけど、カップ麺らしいジャンキーな商品もまた魅力溢れてしました。



実は今回の商品を初めて知った時、最初に目に入った文字が「マヨ」で、そこから今回の商品名にもなっている「コレスキKING」というのを、「コレステKING」だと勝手に勘違いしていました。前回はカロリー推しだったのが、今回はコレステロール推しとは思い切ってんな!ついでに「コレステロール」と「ステキ」をかけてるのかっ!ダジャレだなっ!と。さすがにコレステロールを売りにしちゃったら方々から問題視されますよね。そんなのあるわけないです。でもエースコックさん、ちょっとミスリード狙ってませんでした?



内容物、価格、購入額など




別添袋は「かやく入り粉末スープ」、「調味油」、「マヨネーズ」の3つ。麺はカドメンを思わせる形状をしています。それにしても20g のマヨネーズというのはすごい大きさです。焼そばに入っているマヨネーズの袋が子供に見えるレベル。



「かやく入り粉末スープ」を開けて入れた状態。粉末のベールに包まれている丸形状のマスクマンは、ネプチューンマンでもビッグ・ザ・武道でもなく、揚げ玉。かきたま状のたまごと唐辛子も見え隠れしています。

品名スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン
メーカーエースコック
発売日2018年11月19日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(かやく入リ粉末スープ・調味油・マヨネーズ)
定価税別210円
取得価格税込225円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」



プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、プリングルズ50週年スーパーカップ30週年を記念したコラボカップ麺です。先日レポした「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」との同時発売で、週末になって手に入るようになってきたので食べてみたいと思います。



今回もまずは実際の「プリングルズ ハラペーニョ&オニオン」を食べてみました。さすが、辛みよりも香りを特徴とするハラペーニョだけあり、青唐辛子らしい少し青臭い風味を感じるポテチでした。辛さは食べ進めていくうちに口に蓄積されてきて徐々にチリチリしてきますが、基本的にはピリ辛以下の辛さなのではないかと思います。オニオンは前回食べた「サワークリーム&オニオン」ほど強くはなく、味の中心はハラペーニョとポテトでしたね。ハラペーニョの青臭さが爽やかでおいしかったです。

それではこのポテチの味がカップ麺でどう再現されているのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込138円(ココカラファイン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリングルズとスーパーカップの初コラボ!!エースコック 「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」



プリングルズ50週年とスーパーカップ30週年を記念したコラボカップ焼そば

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば」。2018年10月15日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。今回は、プリングルズ50週年スーパーカップ30週年を記念したコラボ商品で、「スーパーカップ1.5倍 プリングルズ ハラペーニョ&オニオン味ラーメン」との同時発売となっています。何軒か店を巡ってみたもののラーメンの方は売られているのを見かけず、焼そばの方は比較的店頭に並んでいたので、まずは焼そばの方から食べてみたいと思います。

プリングルズ」といえば、ポテチ業界の中では比較的新興勢力のイメージでしたが、本家アメリカではもう50年も発売され続けてるんですね。びっくり。私の勝手なイメージではスーパーカップの方が古いイメージだったので。そして今回スーパーカップ大盛焼そばとして登場する味は「サワークリーム&オニオン」。プリングルズのフラッグシップの味ですよね。日本メーカーだとその立場は塩味とかコンソメ味とかなんですが、プリングルズだと「サワークリーム&オニオン」。だいたいサワークリームなんて私の生活ではほとんど馴染みがなくて、たまに料理に添えられているのに出くわしてもどうしたら良いのかわからず狼狽えてしまいますw

プリングルズが日本に入ってきたのは1994年で、当時はP&G商品の日本販売ライセンスを持っていた明治製菓(現明治)が販売していましたが、現在はP&Gの食品事業を買収したケロッグの日本法人である日本ケロッグ並びに森永製菓が販売を行っているそうです。実は私はポテチと言えば生粋の「チップスター」派で、プリングルズは発売当初食べた時に感じた「しょっぱい」のと「ケミカルな味」というイメージが強く、あんまり食べてきませんでした。ヤマザキナビスコ改めヤマザキビスケットのあのやる気のないブランドロゴがついた「チップスター」に愛着を持っています。



今回カップ麺を食べるにあたりそうも言ってられないので、「プリングルズ サワークリーム&オニオン」を食べてみました。自分の持っていた-メージとは全然違い、しょっぱくないしケミカルっぽくもないし、普通にポテトの味のしっかりしたおいしいポテチでした。ちょっと拍子抜け。もっと粉がいっぱいついていたイメージあったんですけどね。昔と味が変わったのか、私の味覚が変わったのかよくわかりませんが、この味なら避けて通る必要もないなと感じました。

十分に舌をプリングルズ漬けにした後に、早速カップ焼そばの方を食べてみたいと思います。



商品概要



品名:スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(後入れかやく入りシーズニング・麺ほぐし香味油)
定価:税別200円
取得価格:税込159円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAXとんこつも1.5倍と比較しました!!エースコック 「スーパーカップMAX とんこつラーメン」



「とんこつラーメン」も「MAX」化で麺量100g!

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX とんこつラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品で、麺量が90gから100gに増量した「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつです。「MAX」はすでに「しょうゆラーメン」と「みそラーメン」をレポ済で、今回の「とんこつラーメン」が3品のトリを飾ることになります。

実はこのブログで「スーパーカップ とんこつラーメン」を食べるのは久しぶりで、前回食べたのはまだ「カドメン」ではなく「3Dめん」だった頃の2009年8月で、実に10年近くご無沙汰してしまいました。スーパーカップからは通常商品の「とんこつラーメン」以外にも、「超スーパーカップ1.5倍 砕き豚骨ラーメン」とか「超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ増し」、「極みのスーパーカップ1.5倍 超まろ豚骨ラーメン」といった派生商品が出ていたのであまりご無沙汰な感じはしていませんでしたが、今回食べる段になってどんな味だったかな?と思い返そうとしたところ、まったく記憶がなかったので気づきました。派生のとんこつ商品は、油揚げ麺商品としてはとんこつ感を出そうとしている様子が窺えるという印象がありました。

さてここまでこのブログでは、新商品の「スーパーカップMAX」を「しょうゆラーメン」と「みそラーメン」でレポしてきました。ここまでのところ、麺量10g増の威力は絶大で、麺量が増えることで懸念された他の部分でのコストカットの影響も、「カドメン」ではなくなったという一抹の寂しさがあること以外は比較的軽微に留めてきている印象です。今回の「とんこつラーメン」では果たしてどうなっているのでしょうか。今回も旧作である「スーパーカップ1.5倍 とんこつラーメン」と比較しながら進めていきたいと思います。



商品概要



左が新商品の「スーパーカップMAX」で、右が旧商品の「スーパーカップ1.5倍」。新商品の「MAX」では旧商品「1.5倍」の粉末スープとかやくが統合されて「かやく入り粉末スープ」となり、小袋がひとつ減っています。かやくの個装では中身が見えていたものが、かやく入り粉末スープになって中身が見えなくなりました。かやくを隠したいのか?!これはなんかアヤスィ香りがしなくもないですが・・・



左の新商品「MAX」は「かやく入り粉末スープ」を、右の旧商品「1.5倍」は粉末スープとかやくをカップに開けた状態です。「MAX」のかやくが粉末まみれで何がどれくらい入っているか状況がよく掴めません。これはますます怪しい雰囲気がしてきましたよ。よっぽど隠したい何かがあるのか!?とまぁ煽りはこれくらいにしといて、粉まみれの状況でぱっと見た感じでは、「MAX」は粉末スープが増量しているのに対して、具が少しボリュームダウンしている印象を受けました。

品名:スーパーカップMAX とんこつラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・調味油)
定価:税別200円
取得価格:税込102円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加