エースコックの記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

タグ:エースコック

エースコックのカップ麺レビュー記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-11-18 カップ焼そば
このページでは、エースコックの「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」を食べてレビューしていきます。 「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、エースコックの「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」。2018年11月19日発売の、「焼そばモッチッチ」シリーズの新商品です。今回はシリーズ初となる「たらこ味」のカップ焼そば。たらこ焼そばってかなりの定番味なので、今ま...

記事を読む

2018-11-15 カップラーメン
大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。 「大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の...

記事を読む

2018-11-11 カップうどん
「CoCo壱番屋」シリーズのカレーうどん 今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 とろ~りカレーうどん」。2018年11月5日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。先日レポした「CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば」との同時発売の商品です。 「CoCo壱番屋」監修のカップ麺は、お店の特徴を踏まえたスパイス感を前面に出したシリーズです。先日食べた「濃い出汁香るカレーそば」では、和風だしを前面に出...

記事を読む

2018-11-07 カップうどん
「CoCo壱番屋」シリーズの和風とび辛スパイス付きカレーそば登場! 今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば」。2018年11月5日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。今回は「とろ~りカレーうどん」との同時発売となっています。こちらも後日レポ予定です。 「CoCo壱番屋」シリーズは、エースコック定番のカップ麺ブランドで、これまでにも多くの商品が発売されてきました。スパイス...

記事を読む

2018-11-07 カップうどん
「JAPAN FOOD記」第1弾商品は山形の「ひっぱりうどん」をカップ麺にアレンジ 今回のカップ麺は、エースコックの「JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん」。2018年11月5日発売の新商品です。「JAPAN FOOD記」シリーズの新商品です。 新シリーズとなる今回の「JAPAN FOOD記」は、「地域の風土に合わせて古くから地元の人々に親しまれてきた郷土料理をカップめんにアレンジした、まだまだ知られていないレアな『ニッポンの味』を手...

記事を読む

まるでチルド焼そば!「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」 エースコック



このページでは、エースコックの「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」を食べてレビューしていきます。


「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」。2018年11月19日発売の、「焼そばモッチッチ」シリーズの新商品です。今回はシリーズ初となる「たらこ味」のカップ焼そば。たらこ焼そばってかなりの定番味なので、今まで「焼そばモッチッチ」で発売されていなかったのがちょっと意外ですよね。

  • 「焼そばモッチッチ」とは?
「焼そばモッチッチ」は、タレントのローラさんが出演しているCMでおなじみのカップ焼そばブランドで、特徴は大きく言って2つあると考えています。

特徴1. 真空仕立て麺

“めん”の中の密度を高めることにより、まるで手作りの焼そばのような食感を実現した麺。

「焼そばモッチッチ」の麺は、食べてみると確かに他社のカップ焼そばの麺とはまったく違い、まるでチルド焼そばのような食感です。麺内の密度を高めることにより実現した食感とのことですが、「真空仕立て麺」という名称を含め、どういう風に作っているのかはいまいちイメージできません。麺の中に空気が入ってなくて「真空」ということなのでしょうかね。

この「真空仕立て麺」という言葉を見るたびに「空」つながりで、淡麗系ラーメンで一世を風靡した神奈川のラーメン店「中村屋」の店主がやっていた、「天空落とし」という上から下に振り落とす湯切り法を思い出します。中村屋では「真空平打ち麺」という麺を供していて、真空ミキサーというもので麺を練ることで、コシの強い麺が出来上がるとのこと。案外、今回の「真空仕立て麺」は中村屋からヒントを得ているのかもしれませんね。ミキサーで小麦の粒子を小さくして麺密度を高めるとか。おぉ、なんか合致しましたよ!

特徴2. ボックス型容器

おしゃれな女性向けのデザインで、持ちやすく、口径が小さいため放熱が少なく冷めにくい容器。

「真空仕立て麺」は食べてみないと実感できない特徴ですが、容器の形は店頭で分かる特徴ですね。以前は今回と同じエースコックから「JANJAN焼そば」という商品が発売されていて、それにも同じ容器が使用されていましたが、「JANJAN」は現在、完全に「焼そばモッチッチ」に置き換わりました。

確かに男性が手に取るには少しおしゃれなデザインで、女性向きの感は出ています。冷めにくい容器というのは言われてみるとそうかもなぁという感じでしょうかね。

女性向きということであれば、「焼そばモッチッチ」シリーズはカップ焼そばとしては麺量が少なめで、且つカップ焼そばの割にカロリーが低いというところに、女性を意識している様子が窺い知れるように思います。

メーカーサイトではこれら大きな2つの特徴の他にも、「だし風味ソース」であることを強調していましたが、こちらはソース自体の特色というよりは、麺のおいしさを引き立てるためにソースの味を控えめにするがゆえの「だし風味」という印象を受けています。今回も商品名に「だし塩仕立て」と入っているため、麺を立てる構成になっていると思われますが、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



  • これまでに発売されてきた「焼そばモッチッチ」のフレーバー

内容物、価格、購入額など




別添袋は「調味たれ」と「ふりかけ」の2つ。カップには予めキャベツが入っていました。

品名たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て
メーカーエースコック
発売日2018年11月19日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(調味たれ・ふりかけ)
定価税別180円
取得価格税込184円(セイコーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」



大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。

大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の名のつくお店があります。つけ麺の名店として有名で、ラーメンファンなら知らない人はいないですよね。山岸氏のお弟子さん孫弟子さんたちの活躍も目立ちます。お店のメニューでは「特製もりそば」(つけ麺)が有名ですが、今回はお店で供されている「中華そば」を再現し、ワンタンを加えた一杯となっています。麺量80gの大盛商品なのは、「量も美味しさのうち」という大勝軒の信念に基づいているとのこと。

「量も美味しさのうち」・・・なんて素敵な言葉なんでしょうか。今日から私の座右の銘にしようと思います。ちなみに嫌いな言葉は「腹も身の内」とか「腹八分目」。お腹いっぱいになるのもおいしさのうちというものでしょう。でも歳を重ねてきた最近は、お腹いっぱいにしちゃうと集中力はなくなるし眠くもなるし、もちろん太るし、あんまり良いことないなぁとも思うようになってきました。老いたな。フードファイターアンジェラオサーンとしては大盛と満腹の狭間で苦悩する日々です。アンジェラ佐藤さんを街中でお見かけしたことありますが、とんでもなく美人でしたよ!!

約2年ぶりの「大勝軒」&エースコックのタイアップ商品。「大勝軒」の礎である「中華そば」を再現した今回は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「CoCo壱番屋監修 とろ~りカレーうどん」



「CoCo壱番屋」シリーズのカレーうどん

今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 とろ~りカレーうどん」。2018年11月5日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。先日レポした「CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば」との同時発売の商品です。

CoCo壱番屋」監修のカップ麺は、お店の特徴を踏まえたスパイス感を前面に出したシリーズです。先日食べた「濃い出汁香るカレーそば」では、和風だしを前面に出すためいつもほどのスパイス感はなかったものの、それでも後味に残るスパイスの広がりはココイチらしさがありました。今回の「とろ~りカレーうどん」はネーミング的にまろやかさな雰囲気があるので、果たしてココイチらしいスパイス感がしっかりあるのか少し気になるところです。



私ココイチのカレーが大好きで、3辛安定で定期的に楽しんでいます。で、ここからグチ入ります。

ココイチはおそらく日本最大のカレーチェーンなので、他のカレーの話をする時とかによく引き合いで話に出てくると思うのですが、「ココイチ行くよりマシじゃね?」とか「ココイチよりはおいしい」とか、果ては「ココイチと同じ味!」とか。なんかココイチにネガティブな内容が多いように思います。

でもホントそうですかね?ココイチ食べたことあります?チェーン店は味がイマイチみたいなイメージだけで話してないですかね?と思うんですよ。私カレー好きなのでいろいろ食べ歩いたりしますが、ココイチよりおいしいカレーなんてそうそうないと感じています。もちろん個人の好みですけどね。あのルーの中でのスパイスのどハマり具合は、そうそう真似できるものではないと思うんですけどね。トッピングすると高くなるとかネガティブ要素もないわけじゃないですが、それでも数あるチェーン展開しているお店の中でも傑出した味だと、たぶんココイチ通ってる人はみんなそう感じていますよね?

商品概要

品名:CoCo壱番屋監修 とろ~りカレーうどん
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込円()

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば」



「CoCo壱番屋」シリーズの和風とび辛スパイス付きカレーそば登場!

今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば」。2018年11月5日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。今回は「とろ~りカレーうどん」との同時発売となっています。こちらも後日レポ予定です。

CoCo壱番屋」シリーズは、エースコック定番のカップ麺ブランドで、これまでにも多くの商品が発売されてきました。スパイス感の強いお店の特徴を活かし、カップ麺でもスパイスを前面に押し出した商品が多いです。基本的にはそばやうどんなど和風だしの商品は、ラーメンなどと比べるとスパイス感や辛味が弱いのですが、今回の「カレーそば」は果たしてどうでしょうか。魚粉がブレンドされた「和風とび辛スパイス」が付いているとのことなので、ココイチらしいガツンとくる味に期待したいところです。



商品概要



品名:CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・スパイス)
定価:税別円
取得価格:税込円()

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

納豆と魚介の効いた汁なしうどん!!エースコック 「JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん」



「JAPAN FOOD記」第1弾商品は山形の「ひっぱりうどん」をカップ麺にアレンジ

今回のカップ麺は、エースコックの「JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん」。2018年11月5日発売の新商品です。「JAPAN FOOD記」シリーズの新商品です。

新シリーズとなる今回の「JAPAN FOOD記」は、「地域の風土に合わせて古くから地元の人々に親しまれてきた郷土料理をカップめんにアレンジした、まだまだ知られていないレアな『ニッポンの味』を手軽に楽しめる新ブランド」とのこと。カップ麺化できそうな郷土料理は全国に数多くあると思われるので、広がりのありそうな非常に面白い視点ですよね。エースコックのブランドは立ってはすぐ消えていくものが多いですが、これは長く続いて欲しいところ。郷土料理の中でもあまり日の目を浴びていないマニアックなところを突いていくことで、観光資源の掘り起こしにも繋がりそうな気がします。「風土記」にかけた「FOOD記」というネーミングも個人的にはちょっと好きです。現代版風土記を作り上げていく感じでどんどんシリーズを積み重ねていって欲しいです。

そして今回「JAPAN FOOD記」の第1弾として選ばれたのは、山形の郷土料理「ひっぱりうどん」。山形県の中でも特に内陸部で食べられている郷土料理で、納豆やサバ缶で作ったたれで食べるうどんで、一つの鍋から各自の丼に取り分けて食べる鍋スタイルなのも特徴です。鍋からうどんを引っ張るので「ひっぱりうどん」とのこと。山形県は「納豆汁」や「五斗納豆」、「塩納豆」も郷土料理のひとつとして数えられており、実は茨城県に負けない納豆王国なんでしょうかね。実は福島県民が最も納豆をたくさん食べているそうで、そうなると、東北地方中南部から北関東にかけての一体が大納豆圏を形成しているのかもしれませんね。ちなみに大豆の生産は宮城県が全国第2位、納豆発祥の地は秋田県との説があり、そして納豆生産量第1位はもちろんハイパー納豆帝国茨城県です。



商品概要



品名:JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(調味たれ・後入れかやく入り粉末スープ)
定価:税別230円
取得価格:税込245円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加