青葉の検索結果

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

検索ワード:青葉

青葉のワードを含む記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-12-28 冷凍麺
このページでは、テーブルマークの冷凍食品、「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」はどんな商品? 今回は、テーブルマークの「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」。2019年3月1日に春夏向けとして発売された商品で、主にスーパー等で冷凍食品コーナーに並んでいます。東京西新宿の名店、「麺屋武蔵」監修による辛いまぜそばです。麺量390gというのも...

記事を読む

2019-12-05 カップうどん
このページでは、東洋水産のカップうどん、「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」。2019年12月2日発売の、「日本うまいもん」シリーズの新商品です。山梨県富士吉田市にある人気うどん店、「麺'ズ富士山」監修による「吉田のうどん」...

記事を読む

2019-11-20 カップそば
このページでは、ローソン限定でエースコックのカップ麺、「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソンの限定商品でエースコックの「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」。東京西新宿に本店のある名店「麺屋武蔵」が、東京神田淡路町の老舗蕎麦店「かんだやぶそば」と...

記事を読む

2019-10-01 カップラーメン
このページでは、エースコックのカップ麺、「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」はどんな商品? 今回のカップ麺は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」。2019年9月30日発売の、「全国ラーメン店マップ」シリーズの新商品です。北海道旭川市にある旭川ラー...

記事を読む

2019-07-12 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を食べてレビューしていきます。 「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」。2019年7月8日発売の新商品です。東京中野に本店のあるWスープの名店、「中華そば 青葉 中野本店」の味をカッ...

記事を読む

「麺屋武蔵」監修の冷凍食品、「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」を食べてみました!

  •  投稿日:2019-12-28
  •  カテゴリ:冷凍麺


このページでは、テーブルマークの冷凍食品、「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」を食べてレビューしていきます。



「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」はどんな商品?


今回は、テーブルマークの「麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り」。2019年3月1日に春夏向けとして発売された商品で、主にスーパー等で冷凍食品コーナーに並んでいます。東京西新宿の名店、「麺屋武蔵」監修による辛いまぜそばです。麺量390gというのも大きな売りのようです。



「麺屋武蔵」監修の冷凍「辛まぜそば」


麺屋武蔵」は、東京西新宿に本店にある名店。中野の「青葉」や横浜の「くじら軒」とともに1996年開業の「96年組」として知られ、開業から20年以上、ラーメン業界のトップランナーとして最前線で活躍しています。

カップ麺でも以前はとかち麺工房から、現在はローソン限定商品としてエースコックから「麺屋武蔵」のカップ麺が発売されており、カップ麺の世界でもすっかりおなじみとなっています。

ローソンの有名店シリーズとして現在も店頭に並んでいる「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。初登場は2018年5月。この後はローソンから冷凍焼おにぎり商品なども発売されていました。

エースコック 「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」 (ローソン先行発売)

ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くら...

2019年11月には、蕎麦の名店「かんだやぶそば」とコラボした「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」も発売されていました。残念ながら「麺屋武蔵」らしさも「かんだやぶそば」らしさも中途半端な印象でしたが、インパクトはかなり大きい一杯でした。

ローソン限定の異色コラボカップ麺「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてみました!

このページでは、ローソン限定でエースコックのカップ麺、「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてレビューしていきます。「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ローソンの限定商品でエースコックの「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」。東京西新宿に本店のある名店「麺屋武蔵」が、東京神田淡路町の老舗蕎麦店「かんだやぶそば」と...



大盛390g&皿要らずのトレー入り




今回の商品は、390gの大盛サイズ。これがカップ麺だと麺量130gなら大盛、さらに増えると超大盛みたいな比較的わかりやすい基準がありますが、これが冷凍麺だと390gというのがどれくらい大盛なのかよくわかりません。そこでこのブログでレビューした他の冷凍汁なし麺と比べてみました。セブンの冷凍コーナーに並んでいる「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」は350g、ファミマの「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」も350g。どちらも十分大盛クラスの量があったので、今回の390gは結構な量だということがわかります。

また、袋のまま調理し、トレーに入っているのでお皿も要らないお手軽さも大きなポイント。お皿に移し替えたりしなければならないと、カップ麺と比べてどうしてもお手軽さで見劣りしてしまうのですが、今回みたいな感じだとカップ麺やお弁当などのライバルになりうるお手軽さです。


内容物、価格、購入額など




外袋に切込みを入れ、そのままレンジに入れます。中にはトレーに入った本体が入っているのですが、この段階では中身は見えません。



レンジ調理後、外袋から出した状態。外側の麺が白っぽく見えますが、凍ってわけではなく干からびています。大丈夫なのだろうかw 麺の上に挽肉とねぎの絡めたもの、そしてもやしが入っています。

品名麺屋武蔵監修 辛まぜそば大盛り
メーカーテーブルマーク(製造は光陽)
発売日2019年3月1日(金)
麺種別冷凍麺
かやく・スープなし
定価不明
取得価格税込268円(コープ)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨富士吉田の郷土料理うどんをカップ麺化!「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」を実食レビュー



このページでは、東洋水産のカップうどん、「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん」。2019年12月2日発売の、「日本うまいもん」シリーズの新商品です。山梨県富士吉田市にある人気うどん店、「麺'ズ富士山」監修による「吉田のうどん」を再現したカップ麺です。



ご当地ラーメンをカップ麺で再現する「日本うまいもん」シリーズ


マルちゃん 日本うまいもん」は、全国各地のご当地ラーメンを再現するカップ麺シリーズです。それほど活発に商品展開されてきたわけではないですが、実力派が揃ったシリーズというイメージがあります。

個人的に「日本うまいもん」といえばまっさきに思い浮かぶのは、2017年2月に発売されていた「マルちゃん 日本うまいもん 旭川正油ラーメン」です。ローストラードに煮干しの香る、おそらく「蜂屋」をイメージした一杯で、これ、数ある(そんなない)旭川ラーメンのカップ麺の中でも最高傑作なのではないかと思っています。現行ラインナップからは消えているので、いずれ復活してもらいたいです。

東洋水産 「マルちゃん 日本うまいもん 旭川正油ラーメン」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 旭川正油ラーメン」。北海道のラーメンといえば札幌のみそラーメンが有名ですが、北海道にはご当地ラーメンが他にもいくつかあって、そのうち函館のしおラーメンとともに旭川のしょうゆラーメンも北海道内では高い知名度があります。旭川ラーメンは魚介の入ったしょうゆ味で、札幌ラーメンと同様に表面にラードが浮くのが特徴です。蜂屋とか青葉とか、老舗と呼ばれるラー...

青森のご当地ラーメン「味噌カレー牛乳ラーメン」の味を再現した「マルちゃん 日本うまいもん 青森味噌カレーミルクラーメン」もインパクトの強い一杯でした。商品名からはどうしてもイロモノを想像してしまうものの、みそラーメンの亜種として完成度高い一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 日本うまいもん 青森味噌カレーミルクラーメン」

青森のご当地ラーメン「味噌カレー牛乳ラーメン」の再現商品今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 青森味噌カレーミルクラーメン」。2016年11月7日にリニューアル発売された商品なので新商品ではなく、また、販売地域が東北地方のみとなっています。ただ、大手スーパーのイオンで定期的に東北フェアとか日本各地のラーメンフェアとかで売られているのを見かけるので、東北地方在住じゃなくても手に入れられ...



吉田のうどんの人気店「麺'ズ富士山」の味を再現




今回の商品は、「吉田のうどん」であることを前面に押し出しつつ、山梨県富士吉田市の人気店「麺'ズ富士山」の味を再現しています。東洋水産と「麺'ズ富士山」のタッグは歴史が古く、このブログでは2008年12月に「マルちゃん 縦型ビッグ 吉田のうどん」をレビューしていました。これ以前にもこのタッグの商品が存在していたのかは不明で、以前にもすでにあったのかも知れません。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 吉田のうどん」

最近不況なせいか、カップ麺売り場を見に行くとカップ麺を見ている人が多くなったように思います。これから不況が長くなってもカップ麺需要は伸びるので、今後このブログの存在意義も増していくのかなとムフフと思うものの、自分が不況に呑まれてカップ麺を買えない状況にはならないようにしようと意を強くしました。カップ麺を含むインスタント食品業界は不況で売り上げが減らないので、他の業界の人から見れば羨ましいんでしょう...

「日本うまいもん」シリーズとしても、このタッグは2010年にすでに商品化されていました。残念ながらこのブログではレビューしていませんが、その後の2011年4月発売の「マルちゃん 日本うまいもん 富士吉田のうどん」はしっかり食べています。いや本当歴史古いですね。

東洋水産 「マルちゃん 日本うまいもん 富士吉田のうどん」

どうもオサーンです。モンハン好きのハンサム氏は今日、池袋のナンジャタウンに遊びに行くそうです。池袋といえば、私が東京に住んでいた間は普段の行動圏に入っておらず、ただラーメン食べに行くための街でしたね。なので、池袋=光麺、屯ちん、みたいな印象の街です(なんじゃそりゃ)。あぁだからナンジャタウンなのか。さて今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 富士吉田のうどん」。以前にもこのブロ...


内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製スープ」1袋。カップには予め、豚肉や揚げ玉など、かやくがたくさん入っています。

品名マルちゃん 日本うまいもん 吉田のうどん
メーカー東洋水産
発売日2019年12月2日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製スープ)
定価税別220円
取得価格税込232円(ローソン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソン限定の異色コラボカップ麺「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてみました!



このページでは、ローソン限定でエースコックのカップ麺、「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてレビューしていきます。



「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ローソンの限定商品でエースコックの「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」。東京西新宿に本店のある名店「麺屋武蔵」が、東京神田淡路町の老舗蕎麦店「かんだやぶそば」とコラボしたカップ麺となっています。



麺屋武蔵×かんだやぶそば


麺屋武蔵」は、東京西新宿に本店のある人気ラーメン店です。「青葉」や「くじら軒」とともに1996年開業の96年組と称され、有名店として息の長い人気を誇ります。

ローソンではレギュラー商品のカップ麺「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」を始め、スープやお菓子、冷凍焼おにぎりなど、多くの商品が発売されています。下のリンクは2018年5月に発売された「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。

エースコック 「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」 (ローソン先行発売)

ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くら...

そして、コラボ相手があの「かんだやぶそば」というところが今回最大の驚きでしょう。100年以上続く老舗中の老舗と言える蕎麦店ですが、カップ麺のブログを10年以上続けていて「かんだやぶそば」のカップ麺はお目にかかったことがなく、おそらく今回が初のカップ麺化なのではないかと思われます。

近隣には「神田まつや」や「室町砂場」といった100年以上の歴史を誇るお店が他にもあり、中でも「神田まつや」は日清食品から定期的にカップ麺が発売されています。今年もおそらく年末商戦に合わせて投入されると思われます。いずれ、カップ麺の年越しそばで「かんだやぶそば」にするか「神田まつや」にするか選べる日が来ると良いですね。下のリンクは「神田まつや」のカップ麺が最初に登場した2012年のもの。

日清食品 「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば」

どうもオサーンです。最近、冬のアイスブームが自分の中で到来してまして、クッキー&クリームとラムレーズン。特に最近はラムレーズンの新発売が多く、コンビニに立ち寄って見かけたらすぐ買ってしまいます。最近は150~200円くらいのアイスの発売が多いですね。ハーゲンダッツまでいかない、ちょっとした高級感みたいな感じなんでしょうかね。今回のカップ麺は、日清食品の「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば」。東京...



蕎麦×黒マー油とんこつ




さて今回の商品は「麺屋武蔵」と「かんだやぶそば」のコラボということで、お蕎麦の麺を黒マー油とんこつ味のスープに合わせた商品のようです。「やぶそば」にちなんで「ヤバそば」とのことなので、ヤバいくらいおいしい味に期待したいですね。果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」と「柚子七味」の2袋。カップにはスープ粉末とともに鶏だんごやねぎなどが入っていました。

品名麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば
メーカーエースコック(ローソン限定商品)
発売日2019年11月19日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・柚子七味)
定価税込248円
取得価格税込248円(ローソン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」を実食レビュー!旭川ラーメンの名店の味をカップ麺で再現



このページでは、エースコックのカップ麺、「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」。2019年9月30日発売の、「全国ラーメン店マップ」シリーズの新商品です。北海道旭川市にある旭川ラーメンの名店、「蜂屋」の味を再現した商品です。



「蜂屋」は旭川ラーメンの名店


「蜂屋」は、北海道旭川市にある老舗ラーメン店。旭川ラーメンのお店が数ある中で、「蜂屋」といえばおそらく最も有名な、名店中の名店です。以前には「新横浜ラーメン博物館」に出店していたこともあり、全国的な知名度を誇ります。

お店のラーメンは、スープ表面にラードを浮かせた動物系と魚介系のWスープのしょうゆ味で、低加水麺を合わせています。まさに私たちがイメージする旭川ラーメンの特徴そのものであり、現在の旭川ラーメンの姿を形作ったのは「蜂屋」であると言われています。

2018年にも出ていた「蜂屋」のカップ麺


「蜂屋」ほどの名店ならば、もっと多くのカップ麺が出ていても良さそうなものですが、このブログを開設してからは1回しか出ていません。2018年4月に発売された「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン」で、今回と同じく「全国ラーメン店マップ」シリーズから出ていました。お店の特徴をしっかり踏まえたWスープとラードが特徴のしょうゆ味のスープで、お店以上にわかりやすくハッキリした味わいが印象的でした。

エースコック 「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン」

旭川ラーメンの名店中の名店「蜂屋」の味を再現したカップ麺今回のカップ麺は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン」。全国各地のラーメン店の味をカップ麺で楽しめる「全国ラーメン店マップ」シリーズの新商品です。このシリーズは今まで7商品が発売されていますが、そのうち5商品が北海道のラーメン店で、「全国」と謳いつつも取り上げるお店の地域には偏りが見られます。北海道に強い...



「全国ラーメン店マップ」シリーズは北海道のお店を再現した商品が多い




「全国ラーメン店マップ」は、全国各地の人気ラーメン店のおいしさをカップ麺で手軽に味わえるシリーズです。エースコックには「一度は食べたい名店の味」シリーズという、有名ラーメン店の味を再現したシリーズが他にありますが、「一度は食べたい」が東京とその近郊のラーメン店を再現しているのに対し、「全国ラーメン店マップ」はそれ以外のラーメン店の再現をしているという違いがあります。

とはいいつつも、今回でシリーズ13作目になりますが、そのうち9商品が北海道のラーメン店を再現しており、半ば「北海道ラーメン店マップ」化している状況です。もっと全国の新進気鋭のラーメン店の味を再現して欲しいところですが、ひとまず「蜂屋」のカップ麺は前回おいしかったので、非常に楽しみです。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」1袋。カップには、ねぎ、メンマ、チャーシューチップが入っています。

品名全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン
メーカーエースコック
発売日2019年9月30日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税別220円
取得価格税別188円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を実食レビュー!鶏ガラ&魚介&ゆず唐辛子の調和の取れたカップ麺



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を食べてレビューしていきます。



「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」。2019年7月8日発売の新商品です。東京中野に本店のあるWスープの名店、「中華そば 青葉 中野本店」の味をカップ麺で再現した商品です。「中華そば青葉」のカップ麺はサンヨー食品の人気シリーズのひとつとなっています。



「中華そば 青葉」は東京中野のWスープの名店


中華そば 青葉」は、東京中野に本店のあるWスープの名店です。「麺屋武蔵」や「くじら軒」とともに、1996年開業の「96年組」と称され、当時のラーメンブームや、現在ラーメン文化が根付いていることに大きく貢献したお店として知られています。「青葉」のスープは、とんこつや鶏ガラといった動物系と煮干しやさばなど魚介系を組み合わせた「Wスープ」の元祖として知られ、多くの店に影響を与えてきました。

今回のカップ麺では、お店の人気トッピングである「ゆず唐辛子」を別添し、お店の特徴であるWスープと組み合わせているとのことです。安定の味にアクセントを加えることで、果たしてどんな一杯になるのか注目です。

これまでに発売されてきた「中華そば 青葉」のカップ麺


これまでに「中華そば 青葉」とサンヨー食品のタッグにより、多くのカップ麺が発売されてきました。このブログで初めて食べたのが2009年5月に発売された「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」で、Wスープの本格スープと本格的な低加水麺の相性の良さに、軽く感動したことを今でも覚えています。この商品は同じ2009年にタテ型カップ麺としても発売されていました。

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」

数日前から愛用のiPod Shuffleが見つかりません。普段から置き場所とか決めてなくて、それでもなくしたことはなかったんですが、そのだらしなさが祟り、今回めでたく部屋内で行方不明と相成りました。小さくて便利なのがとても良いところで気に入ってるんですが、一回なくすとあれだけ小さいが故に見つけるのも大変。捜索願でも出そうかなぁ。今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば...



2017年には、「名店の味」シリーズの商品としても発売されていました。以前商品の発売時に比べて感動はなくなってしまったものの、スープのデキの良さと麺の優秀さは相変わらずで、どんぶり型ノンフライ麺商品としては定価税別205円という安価な価格設定も魅力でした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」

長い歴史のあるサンヨー食品の「青葉」再現商品今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」。言わずと知れた元祖Wスープの名店「青葉」の再現商品です。サンヨー食品による「青葉」再現商品の歴史はだいぶ長く、今までに何度もコラボ商品が販売されてきましたが、このブログでは久々に食べることになります。今回、パッケージにかなり変更があったので、味の傾向もだいぶ変わっ...

内容物、価格、購入額など




別添袋は「仕上げの小袋」の1袋。今回の目玉である「ゆず唐辛子」が入っています。具はなかなかたくさん入っていそうです。

品名東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き
メーカーサンヨー食品
発売日2019年7月8日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加