カップラーメンのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップラーメン

カップラーメンのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-12-10 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。 カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯 今回の...

記事を読む

2018-12-09 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ」を食べてレビューしていきます。 「カップヌードル メープルスモークベーコン味」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ」。2018年12月10日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。アメリカで人気の「メープルベーコン」の味をカップ麺で再現したとのこ...

記事を読む

2018-12-09 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」(2018年)を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」。2018年12月3日発売の新商品です。「凄麺」シリーズの冬の恒例商品、「冬の塩らーめん」の2018年バージョンです。 「冬の塩らーめん」は今回で14回目の発売 「冬の塩...

記事を読む

2018-12-07 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」を食べてレビューしていきます。 「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」。2018年12月3日発売の、「チキンラーメン」シリーズの新商品です。昨年2017年11月に発売されていた商品が、「冬限定」として復活しました。 「チキンラーメンビッグカップ 鶏...

記事を読む

2018-12-05 カップラーメン
このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンで...

記事を読む

ふぐだしの珍しいカップ麺「日清麺職人 ふぐだし」は炙ったふぐヒレが香ばしい一杯!



このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。


「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。

  • カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯
今回の商品は、なんと言っても「ふぐだし」を使用していることが大きな特徴のカップ麺で、非常に珍しい一杯となっています。なんかリッチですよね、ふぐだし。私なんか、今まで生きてきた中でそう何度もふぐなんて食べてないし、今後もおそらく何度も食べることはないと思いますが(悲)、まさかカップ麺でふぐだしを味わえることになるとは!

  • 「ふぐだし」を使ったカップ麺は以前にも出ていた!
まるでカップ麺で「ふぐだし」の商品を初めて食べるかのように書いてきましたが、実は以前にも「ふぐだし」を使用したカップ麺が出ていました。

東洋水産 「マルちゃん 旨みふぐだしうどん」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 旨みふぐだしうどん」。なんでも、ふぐ雑炊をイメージして作られたうどんだとか。私オサーンは生粋の庶民なのでふぐを食べ慣れている生活なんてまったくしていないですが、それでも何度かふぐは食べたことがあるので、その記憶を元に食べてみたいと思います。...

この商品は2015年に発売されたものですが、ラーメンではなくてうどんで、正直、あんまり「ふぐだし」の味を感じ取ることができず、ちょっと拍子抜けした記憶があります。おそらく商品自体の味の問題というよりは、私の舌の問題が大きいように思うのですが、今回の商品にはもっとわかりやすくふぐの味を求めたいところ。

味は横に置いておくとして、2015年の時点で「ふぐだし」のカップ麺をすでに発売していた東洋水産の先見性にはただただ感服するしかありません。カップ麺にとって、他社がやらないことをやることほど素晴らしいことはないと思っています。

  • 「ふぐだし」ラーメン専門店も存在する
2016年から、銀座に「ふぐだし潮 八代目けいすけ」というお店が営業しています。なんでも、業界初の「ふぐだしラーメン」専門店だそうです。レギュラーメニューの「ふぐだし潮らーめん」は一杯1,150円、「ふぐだし醤油らーめん」は1,250円とお高めなのですが、なんせふぐだからねと納得できる価格でもあります。

今回の「日清麺職人 ふぐだし」は、このお店の影響を受けて商品化されたのかもしれませんね。いや実際のところはよくわからないですけどね。

  • 年末年始に相応しい「高級食材」がテーマ
今回発売となった「ふぐだし」と「鴨だし」は、年末商戦に向けた商品で、「高級食材」がテーマとのこと。

年末年始は日清麺職人を食べて、"笑うカモ (門) にはフグ (福) 来たる"」とのことですが、うーむ。カモ(門)はさすがに苦しい。まぁおめでたいってことで良さそうですが、おめでたいなら「鯛」の方が良いだろうって思いますよね。でも残念ながら鯛は昨年すでに商品化されてたんですよね。昨年も同じようなテーマで「麺職人」が発売され、使われた食材は「鯛」と「海老」でした。

日清食品 「日清麺職人 鯛だし」

めで「タイ」年明け麺職人 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鯛だし」。どんぶり型ノンフライ麺の定番「日清麺職人」の新商品です。「鯛だし」のスープですが、今までにも「日清麺職人」シリーズで「鯛」は数回使われており、どれもおいしくて両者の相性は抜群だったので、今回も楽しみです。めで「タイ」という語呂で年明けに食べるカップ麺のようですが、年が明ける前に食べてしまいます。今回の鯛だし麺職人は果たし...

日清食品 「日清麺職人 海老みそ」

「海老みそ」の「日清麺職人」新商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 海老みそ」。前回レポ済の「日清麺職人 鯛だし」と同時発売の、「日清麺職人」シリーズの新作です。こちら「海老みそ」は、日清麺職人シリーズではおなじみの味である「鯛だし」と比べるとだいぶインパクトがありますね。実際私が購入したスーパーでも今回の「海老みそ」の方が減りが早いように見えました。今週はサンヨー食品からもえびのカップ麺...

高級食材をテーマとした今年の一杯は果たしてどんな味なのでしょうか。同時発売の2つのうち、まずは「ふぐだし」の方からしっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。最近の「日清麺職人」シリーズの他の商品と同じく、具はあまり多くなさそうです。こちらもすっかりおなじみとなった、全粒粉入りなのが視認できるノンフライ麺が使用されています。

品名日清麺職人 ふぐだし
メーカー日清食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込108円(イオン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メープルベーコン味のカップヌードル 「カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ」



このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ」を食べてレビューしていきます。


「カップヌードル メープルスモークベーコン味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ」。2018年12月10日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。アメリカで人気の「メープルベーコン」の味をカップ麺で再現したとのことです。

  • アメリカで人気の「メープルベーコン」の味をカップヌードルで再現


今回発売する「カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ」は、メープルのほんのりとした甘みにスモーキーなベーコンの塩気がマッチした、アメリカで人気の "メープルベーコン" の味わいをカップヌードル流にアレンジした一品です。
日清食品HPから抜粋

メープルベーコンと言えば、日本でもちらほら街なかで見かけるようになった「メープルベーコンドーナツ」とか、ポップコーンのフレーバー、もしくは以前朝マックがあったかな、などを思い浮かべますが、メープルが甘いのに、ベーコンの味と香りがするあの感じをカップヌードルで再現となると、個人的には結構厳しい味になると想像せざるをえません。



  • 甘い味のものを取り入れたカップ麺は失敗例のイメージが強烈
これまでに発売されてきた、甘い味のものを使ったカップ麺を考えてみると、失敗例が強烈すぎて、あまり良い記憶がありません。今回も食べるのがちょっと怖いです。

まるか食品 「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」

今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」。先週の明星食品のチョコソース焼きそばに続いて、今週はペヤングからもチョコレート焼そばが登場。「ギリ」と言うのはギリギリ食べられるということでしょうか。明星のチョコソースは2代目にしてきちんと食べられる味に仕上げてきましたが、今回のペヤングは果たしてどうでしょうか。塩系味のないスイーツ焼そばちょっと期待しています。 商品...

明星食品 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」

どうもオサーンです。またモンハンクロスの話。ソロであんまり得意ではないイビルジョーに挑戦したんですが、今作最長の49分46秒でのクリアでした。いや~ヒヤヒヤした。ただでさえビクビク戦ってるのに、ふっ飛ばされてエリア移動させられたり、フルフルが乱入してきて逃げたりしているうちに時間が経ってしまい、残り10分と同時くらいにやっと足引きずってねぐらに戻ってくれたんですが、罠を仕掛けようとするとそこで罠が持ち物...

明星食品 「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」。クリスマス商戦に投入された一平ちゃんのクレイジーバージョン。今年のバレンタイン時にチョコソース焼そばが出たのに続いて、今回はショートケーキときたもんだ。チョコソース焼そば、チョコソースと焼そばソースの味が混じり合って、正直言って心の底からおいしくなかったんですが、今回は果たしてどうでしょうか。個人的には、どれだけ焼そば要...

さすがにこれら商品に比べると今回のカップヌードルは大丈夫だとは思うのですが、甘い味のものを使ったカップ麺と聞くとついつい思い出してしまう悪夢です。チョコにしろショートケーキにしろ、カップ麺の味で主役を張ってしまうのはかなり厳しいものがありました。

逆に、甘い味のものを使って成功したカップ麺はこちら。

とかち麺工房 「麺屋武蔵 味噌ガーナ」

本日水曜日はつい先日このブログ定休日と定めたばかりですが、今回はすぐに記事にしたいカップ麺があったので定休日返上で更新します。 今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品で、とかち麺工房の「麺屋武蔵 味噌ガーナ」。「味噌ガーナ」とは、昨年に東京上野の「麺屋武蔵 武骨」でバレンタインデー期間限定で供されたメニューで、今回はサークルKサンクスの「ロッテ ガーナフェア」の一環で発売されたカップ麺と...

麺屋武蔵監修の「味噌ガーナ」という商品でしたが、チョコレートを香り付け程度に留め、基本的にはみそが主役の一杯だったので、きちんとおいしくいただけました。成功パターンはこういう、甘いものは脇役に留めるやり方なのではないかと思います。

もうひとつ、今年2018年に発売された、「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」という商品もありました。

バニラ風のお菓子系カップ麺!!エースコック 「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」

「明治エッセルスーパーカップ」に対抗??バニラ風のスーパーカップ登場!! 今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 バニラ風味のクリーミーシーフード味ラーメン」。2018年7月30日発売の、大盛商品の大定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。バニラ風味のカップ麺がついに登場してしまいました。今週最大の注目商品かと思われます。 世の中の人が「スーパーカップ」と聞いて思い浮かべるものは、「...

こちらはバニラをミルク感として取り入れたことで、スープをとてもおいしく仕上げていました。バニラというよりミルクシーフードの印象で、バニラ要素が前に出過ぎなかったことが良かったんだと思います。

  • 「特製メープルソース」入り


やはりというかなんというか、「特製メープルソース」が付いているそうで、この商品の成否を分けると言っても過言ではないでしょう。足を引っ張るか引っ張らないかの2択で、メープルソースがスープをおいしくするという分岐があまり見えてきませんw

恐怖に打ちひしがれながらも、しっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は恐怖の「あとがけ特製メープルソース」1袋。こ・・・これは・・・メープルの量が少なそう。これなら大丈夫かもしれない!どんだけ怖がってんだかw 具としてベーコンやキャベツなどが入っていますが、いつものカップヌードルシリーズの具だくさんに比べると、今回はそれほど量はなさそうです。

品名カップヌードル メープルスモークベーコン味 ビッグ
メーカー日清食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(あとがけ特製メープルソース)
定価税別205円
取得価格税込216円(セイコーマート)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の定番カップ麺「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」は背脂とニンニクの効いた一杯



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」(2018年)を食べてレビューしていきます。


「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん」。2018年12月3日発売の新商品です。「凄麺」シリーズの冬の恒例商品、「冬の塩らーめん」の2018年バージョンです。

  • 「冬の塩らーめん」は今回で14回目の発売
冬の塩らーめん」は、今回で14回目の発売となります。毎年発売されているわけではないものの、14回も出していればもう立派な冬の定番商品ですよね。背脂を入れたしお味のスープを基本線に、その年によって、柚子、生姜、塩麹といった違う切り口で、冬に食べたい味を演出してきています。

ちなみにこのブログでは、実はあんまり食べてないんですよね。初めて食べたのは2008年に発売された6作目で、その後、2009年の7作目と2011年の9作目を食べているものの、その後は今回の14作目まですっ飛ばしてしまいました。あとで振り返るともうちょっと食べておけば良かったなと思いますが、今となってはアフターザカーニバル。これからは出るたびにしっかり食べておきたいと思っています。

このブログで今までに食べた「冬の塩らーめん」はこの3回。

ヤマダイ 「凄麺 冬の塩らーめん」 (3回目)

どうもオサーンです。今年はクリスマスイブがお仕事お休みなので、ちょっと奮発して良い店のクリスマスケーキでも予約しようと思ったのですが、いいなと思うのはどれも売り切れで、すでに手遅れのご様子。まだ1ヶ月も先の話なのにすごいんですねぇ。モンシュシュのケーキなんて、どのデパートも速攻で売り切れらしいですね(札幌)。セブンイレブンのケーキも美味しそうだけど、以前に他のコンビニのクリスマスケーキを予約して買...

ヤマダイ 「凄麺 冬の塩らーめん」 (2回目)

今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 冬の塩らーめん」。今年で7年目になった冬の風物詩的な商品とのことですが、このブログでは昨年に続き2回目の登場です。昨年は★6つで11月の「今月の一杯」に選定しており、今年も当然期待です。ただ、先週の2杯が凄すぎたからなぁ・・・。 スープは、「澄んだ豚骨とアサリのだしに、揚げにんにくと玉葱、人参、キャベツなどの野菜風味を加えたすっきりしながら、コクと旨味のあるスー...

ヤマダイ 「凄麺冬の塩らーめん」

たまにはこのブログでも世相をぶった切ってみようかと思うのですが、ただのカップ麺バカが吠えたところで誰もそれを求めてないと思うと、とっととカップ麺のことを書き始めた方が良いのかなと考えるオサーンです。ガソリンがだいぶ安くなってきましたが、もうリッター150円以上で慣れきってしまった体には、所詮すぐに値上げするんだろとしか思えませんね。新エネルギーの開発や環境技術のブレークスルーは、逆境の中でこそ生まれ...



  • 冬の定番しお味カップ麺にはライバルの存在が
以上のように、今回で14回目となる「冬の塩らーめん」ですが、この商品と同じようにどんぶり型ノンフライ麺商品で冬の定番カップ麺が存在します。

寿がきや食品の「冬のコク塩ラーメン」は今年で11回目の登場で、まさに冬の定番商品。今回の「冬の塩らーめん」よりコンビニ販路が太いためか、見かける機会が多いので、「冬のコク塩」の方がなじみのある人が多いかもしれません。今年食べた「冬のコク塩」はこちら。

「冬のコク塩ラーメン」が11年目を迎えて今年も登場!!寿がきや食品 「冬のコク塩ラーメン」

今年11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョン 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「冬のコク塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年11月12日発売の新商品で、毎年冬の恒例商品で今年で11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョンです。 「冬のコク塩ラーメン」は、「背脂のコク」を前面に出した、冬らしいこってり味のしおラーメンです。今年もついにこの商品の発売される季節がやってきました。...

  • 今年の「冬の塩らーめん」の特徴
今回は"身も心も暖まる濃厚な背脂スープ"をテーマに味作りをしました。背脂をたっぷり使用しただけでは表現しきれないスープの深みや力強さを出すために、小袋のおろしニンニクを付けております。
商品フタ裏から抜粋

今回の「冬の塩らーめん」は、背脂たっぷりなこととおろしニンニクが特徴のようですね。これはかなりおいしそう。食べるのがかなり楽しみになりました。暖まる一杯は果たしてどんな味になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく」、「やくみ」の3袋。「やくみ」はおそらくおろしニンニクですね。



先入れの「かやく」を開けた状態。かやくにはチャーシューとメンマ、ネギ、そしてクコの実が1つ入っています。麺は「凄麺」らしい多加水麺のようです。

品名ニュータッチ 凄麺 冬の塩らーめん
メーカーヤマダイ
発売日2018年12月3日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく・やくみ
定価税別230円
取得価格税込248円(セイコーマート)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元祖鶏ガラと鶏白湯の完璧な組み合わせ!日清食品 「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」



このページでは、日清食品のカップ麺、「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」を食べてレビューしていきます。


「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」。2018年12月3日発売の、「チキンラーメン」シリーズの新商品です。昨年2017年11月に発売されていた商品が、「冬限定」として復活しました。

  • 「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」は昨年11月にも発売されていた
「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」は昨年2017年11月にも発売されていましたが、商品が好評だったそうで、今年は「冬限定」として再発売されました。

昨年バージョンは、チキンラーメンならではの鶏ガラスープを、鶏白湯のやわらかさがうまく包み込みんだスープのとてもおいしい一杯で、鶏ガラ、鶏白湯、蒸し鶏の鶏鶏鶏3連コンボという大きな特徴がありました。

普段からカップ麺ばかり食べている私オサーンからしたら、チキンラーメンのアレンジカップ麺が発売されたところで、どれも似たような味くらいにしか思わないことが多いのですが、鶏ガラ+鶏白湯の昨年のこの商品は印象に残る味でした。

日清食品 「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」

チキンラーメンと鶏白湯の同族でありながら意外な組み合わせ 今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」。「チキンラーメン」シリーズの新作です。今回はチキンラーメンの鶏に鶏白湯の鶏を重ねてきました。鶏と鶏で同族でありながら両者まったく違う味のように思いますが、この両者の組み合わせは私の中でかなり意外でした。組み合わさると一体どんな味になるのかちょっと想像ができない。いつもの変わ...

  • 昨年バージョンと大きな変化はなさそう
今年バージョンのパッケージは、昨年と多少文字の配置が変わっているくらいで、大きな変化は見られません。メーカーからの新商品の告知等もなく、店頭の新商品陳列棚に並んでいるのを見ても、食べたことあるやつだ!と思うくらいで、スルーしそうになったくらいです。

昨年好評だった一杯の再発売なので、昨年から大きな変化はないものと思われますが、おいしい商品なので今年も食べてみたいと思います。

  • 「チキンラーメン」現行商品の変わり種は袋麺「アクマのバタコ」と「アクマのキムラー」

チキンラーメンの袋麺「アクマのキムラー」と「アクマのバタコ」を食べてみました!

「アクマのキムラー」と「アクマのバタコ」は袋麺ながら具付きの「チキンラーメン」 今回はカップ麺ではなく袋麺、日清食品の「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」と「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのバタコ」を食べてみたいと思います。「アクマのキムラー」は2018年4月2日発売、「アクマのバタコ」は2018年10月1日発売の商品です。ともに袋麺としては比較的珍しい「具付き」の商品で、3食入りのみの販...

このブログでは珍しく、カップ麺ではなく袋麺を食べています。袋麺ながら具がついていて、どんぶりに開けてお湯を入れるだけの、カップ麺と同じような感覚で食べられる商品でした。



内容物、価格、購入額など




フタを開けると、大量の粉末(粒が大きい)が入っています。濃厚スープの源泉ですね。具がたくさん入っていることの多い「チキンラーメン」カップ麺の割に具は少なめです。

品名チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯
メーカー日清食品
発売日2018年12月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別205円
取得価格税込216円(ローソン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソン限定!フォアグラ風味の「麺屋武蔵」高級カップ麺!「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」



このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。


「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンです。

  • 「麺屋武蔵」は96年組と呼ばれるラーメン業界のトップランナーのひとつ
麺屋武蔵」は、東京西新宿になる有名店で、90年代後半~2000年代には長蛇の行列ができることで有名なお店でした。現在でも人気は続いており、もう20年以上ラーメン業界のトップランナーとして君臨し続けています。動物系と魚介系のWスープの流行の発端の一つになったお店としても知られ、中野の「青葉」、横浜の「くじら軒」と並んでラーメン店の96年組と呼ばれ、その後開店していくラーメン店にも多大な影響を与えてきました。

現在は東京都内に「麺屋武蔵〇〇」と名のつくお店が15店舗にも及んでいます。都心制圧ですね。麺屋武蔵での経験を経て独立開業したお店も含めると、かなりの勢力を占めることになります。

  • ローソンではタテ型カップ麺や冷凍焼おにぎりも発売
2018年5月にローソンから「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」(エースコック製)が発売され、現在も店頭に並んでいるお店が多いです。また、スープや焼おにぎりの発売もあり、ローソンではセブンの「蒙古タンメン中本」のように、「麺屋武蔵」をシリーズ化して強力に押し出そうとしているようです。

エースコック 「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」 (ローソン先行発売)

ローソン先行発売の「麺屋武蔵」の再現カップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」。2018年5月22日にローソンで先行発売された新商品です。「麺屋武蔵」は東京西新宿にある一世を風靡したラーメン店。移り変わりが激しいラーメン業界の流行の中にあって、20年もの間第一線で居続けることというのは大変なことだと思います。私あんまり行列に並んだりしないのですが、それこそ20年前くら...

旭松食品 「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」 (ローソン先行発売)

「麺屋武蔵」のWスープの味を再現したラーメンスープ 今回は、旭松食品の「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」。ローソン先行で2018年5月22日(火)に新発売となった商品です。先日発売された「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」と同じく、東京西新宿に本店のある「麺屋武蔵」の味を再現した商品です。今回はスープ商品で、このブログ初登場となる旭松食品製造の一杯。旭松食品と言えば味噌汁やこうや豆腐の商品を多...

ローソンで売られている冷凍焼おにぎり「麺屋武蔵監修焼おにぎり」はどんな味?

西新宿の有名ラーメン店「麺屋武蔵」の味を冷食焼おにぎりで! 今回は、ローソンから11月6日に新発売となった冷凍食品、「麺屋武蔵監修焼おにぎり」を食べてみたいと思います。製造はニチレイフーズ。またもや冷凍食品のレビューで、カップ麺じゃないじゃないか!と思われる方がおられるかもしれませんが、ローソン&麺屋武蔵のタッグでカップ麺も商品化されているため、味の比較がしやすいとということで食べてみることにしました...



  • 以前はとかち麺工房製でサークルKサンクスから出ていた「麺屋武蔵」カップ
2009年から2010年くらいにかけて「麺屋武蔵」のカップ麺は、今はなき「とかち麺工房」製で、サークルKサンクスから製品化されていました。ガーナチョコレートを使用したカップ麺があったりで、なかなか冒険していました。

とかち麺工房 「石神秀幸が唸った名店 麺屋武蔵 神山ら~麺」

今回のカップ麺は、とかち麺工房の「石神秀幸が唸った名店 麺屋武蔵 神山ら~麺」。今回の商品は今までの「石神秀幸が唸った名店」シリーズとは異なり、サークルKサンクスのオリジナル商品となっています。「麺屋武蔵 神山」というお店は、東京神田にある「麺屋武蔵」の支店で、もともと青山にあった「麺屋武蔵 青山」が移転してリニューアルしたお店だそうです。「神山ら~麺」というのはお店の看板メニューで、角煮がウリのWスー...

とかち麺工房 「麺屋武蔵 味噌ガーナ」

本日水曜日はつい先日このブログ定休日と定めたばかりですが、今回はすぐに記事にしたいカップ麺があったので定休日返上で更新します。 今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品で、とかち麺工房の「麺屋武蔵 味噌ガーナ」。「味噌ガーナ」とは、昨年に東京上野の「麺屋武蔵 武骨」でバレンタインデー期間限定で供されたメニューで、今回はサークルKサンクスの「ロッテ ガーナフェア」の一環で発売されたカップ麺と...

とかち麺工房 「麺屋武蔵 赤黒武骨ラーメン」

今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品、とかち麺工房の「麺屋武蔵 赤黒武骨ラーメン」。東京上野にある「麺屋武蔵 武骨」のメニューであるイカ墨入りのマー油を使った「黒武骨」に、赤唐辛子をアレンジしたカップ麺オリジナルの味です。3種類の食べ方があるとかで、赤唐辛子のみを入れる、黒マー油のみを入れる、そして両方入れるという3種類の食べ方があるとのことです。今回はひとまず赤唐辛子もマー油も入れてみ...

  • 東洋水産から「麺屋武蔵×ゴーゴーカレー」なんてカップ麺も
2014年には東洋水産から「麺屋武蔵×ゴーゴーカレー」のカップ麺なんてのも出ていました。カレースープにエビ油の入った、ガーナチョコレートのラーメンに負けない意欲作でした。

東洋水産 「マルちゃん 麺屋武蔵×ゴーゴーカレー 黒カリー麺」

どうもオサーンです。先月末に予約していたiPhone6が家に届いたのですが、余裕を持って頼んだはずのケースと保護フィルムがまだ届かず、iPhoneの箱を開けていない状況です。もっと若い時ならば新しいガジェットを目の前にして我慢できずに開けて触っていたところですが、後で指紋拭いたりするのがめんどくさくて開けないこの状況は、おそらく年取ったってことなんでしょうな。 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋武...

  • フォアグラ風味の背脂を使った定価税込318円の高額商品!
過去の「麺屋武蔵」のカップ麺を振り返っていて長くなりましたが、今回のカップ麺は、フォアグラ風味の背脂が入った鴨だしラーメンなんていう、主役がいくつ入ってんだ状態の一杯になっています。店頭に並んでいるタテ型カップ麺とは異なる、どんぶり型ノンフライ麺商品で、メーカーもタテ型製造のエースコックではなく、凄麺でおなじみのヤマダイ製になっています。



そしてなんと言っても税込318円という高額商品!これはハードル上がりますねぇ。フォアグラ香料にコストが嵩むのでしょうかね。高額商品な上、「麺屋武蔵」というブランド、高級食材フォアグラ、パッケージのデザイン派手さで、かなり期待が高くなってしまいますが、期待に見合うくらいの一杯に仕上がっているのか、食べるのが楽しみです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「かやく」、「レトルト調理品」の4袋。さすが高額商品、4袋も入っています。「レトルト調理品」には背脂が入っているようです。



先入れの「かやく」を入れた状態。かやくにはねぎのみ入っています。見るからにザ・凄麺の太めの麺が入っていました。

品名麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺
メーカーヤマダイ(ローソン限定商品)
発売日2018年12月4日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ4袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・レトルト調理品)
定価税込318円
取得価格税込318円(ローソン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加