カップラーメンのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップラーメン

カップラーメンのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-12-16 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 かねふく監修 明太あごだし味 醤油ラーメン」と「サッポロ一番 かねふく監修 明太とんこつ味 ラーメン」を食べてレビューしていきます。 明太子メーカーの「かねふく」監修カップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 かねふく監修 明太あごだし味 醤油ラーメン」と「サッポロ一番 かねふく監修 明太とんこつ味 ラーメン」。2018年12月10日発売の新商...

記事を読む

2018-12-14 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「黒ごまたくさん担々麺」(サンヨー食品が販売)を食べてレビューしていきます。 「黒ごまたくさん担々麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「黒ごまたくさん担々麺」。2018年12月10日発売の新商品。セブン&アイグループのPB「セブンプレミアム」のカップ麺です。サンヨー食品が販売し、製造はサンヨー食品系のカナヤ食品が担当しています。「黒ごま...

記事を読む

2018-12-13 カップラーメン
このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」。2018年12月10日発売の新商品で、製造は東洋水産系メーカーの酒悦が担当。毎年恒例の冬の定番商品、「味噌バター味ラーメン」が今年も登場です。ここ数週で各社の冬の定番商品が続々と発...

記事を読む

2018-12-13 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 鴨だし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 鴨だし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポ済の、「日清麺職人 ふぐだし」と同時発売のカップ麺です。 「高級食材」がテーマの麺職人2品「鴨だし」「ふぐだし」 「年末年始は日清麺職人を食べて、"笑...

記事を読む

2018-12-12 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「らぁ麺屋 飯田商店」(東洋水産が販売)を食べてレビューしていきます。 「セブンプレミアム らぁ麺屋 飯田商店」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「らぁ麺屋 飯田商店」。2018年12月10日発売の新商品で、セブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアム」のカップ麺です。販売地域は北海道、東北、関東、甲信越、北陸、静岡に限定さ...

記事を読む

明太子のかねふく監修カップ麺「明太あごだし味」と「明太とんこつ味」を食べてみました!



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 かねふく監修 明太あごだし味 醤油ラーメン」と「サッポロ一番 かねふく監修 明太とんこつ味 ラーメン」を食べてレビューしていきます。


明太子メーカーの「かねふく」監修カップ麺


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 かねふく監修 明太あごだし味 醤油ラーメン」と「サッポロ一番 かねふく監修 明太とんこつ味 ラーメン」。2018年12月10日発売の新商品で、ともに明太子メーカーの「かねふく」監修によるカップ麺です。

  • これまでに発売されていた「かねふく」明太子を題材としたカップ麺
今回発売となったのは、「明太あごだし味 醤油ラーメン」と「明太とんこつ味 ラーメン」ですが、これまでにもどんぶり型油揚げ麺の「かねふく」監修カップ麺は何度か発売されておりました。

どんぶり型で発売の時は毎回必ず出ている定番枠の「明太とんこつ味 ラーメン」と、今回は「明太あごだし味 醤油ラーメン」となっている変動枠として1品が同時に発売されています。このブログではそれらの商品をまったく食べてこなかったので、どんぶり型は今回初めて食べます。

どんぶり型油揚げ麺商品以外にも、これまでにサンヨー食品&かねふくのカップ麺は出ていて、かねふく監修カップ麺として最初に発売されたのは、タテ型の大盛カップ麺「サッポロ一番 KING CUP 明太とんこつ味ラーメン かねふく明太子使用」でした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 KING CUP 明太とんこつ味ラーメン かねふく明太子使用」

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 KING CUP 明太とんこつ味ラーメン かねふく明太子使用」です。明太子+とんこつなんてすげーうまそう!楽しみです。 スープは、「とんこつベースにガーリックのコクを合わせた濃厚でまろやかなスープに唐辛子のピリッとした辛さを加えました」だそうです。まず、ちょっと粉末スープが溶けづらいっぽいのでしつこく混ぜた方がいいです。とんこつ...

また、カップ焼そばとしても何度か登場しています、いちばん最近出ていたのは2017年11月発売の 「サッポロ一番 かねふく監修 ピリ辛明太子味 焼そば」で、かねふく明太子を使用した明太子そぼろとバターを組み合わせたパスタのようなカップ焼そばでした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 かねふく監修 ピリ辛明太子味 焼そば」

明太子の「かねふく」監修のカップ焼そば 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 かねふく監修 ピリ辛明太子味 焼そば」。明太子の「かねふく」監修による商品です。サンヨー食品からは定期的に「かねふく」監修のカップ麺が出ているのですが、このブログではそれほど紹介できておらず、とんこつラーメンと焼そばを1度ずつ、いずれもハンサム氏がレポしていました。今回久々の「かねふく」監修商品のレポとなります。こ...

  • 「あごだし」と「とんこつ」を使用した博多らしいカップ麺
今回のカップ麺2品は、かねふくの明太子に加えて、それぞれ「あごだし」と「とんこつ」という、九州らしさ、博多らしさを前面に出した味となっています。とんこつラーメンに明太子のトッピングはとんこつラーメン店で比較的よく見かけますが、あごだししょうゆ味のスープに明太子を加えたラーメンというのはあまり見ないので、興味がそそられます。

「九州産焼きあご」と「九州産豚骨」を使用した今回のカップ麺2品、果たしてどんな味になっているのか食べるのが楽しみです。



内容物、価格、購入額など




左が「明太あごだし味」で右が「明太とんこつ味」。どちらも別添袋は「特製スープ」、「かやく」、「調味油」の3つ。「特製スープ」はどちらも粉末です。



先入れの「かやく」を開けた状態。明太子そぼろの量は「明太あごだし味」の方が多いですが、「明太とんこつ味」にはそのかわりにキクラゲやいりごまが入っています。麺の太さは両者同じくらい見えますが、「明太あごだし味」が黄色っぽく、「明太とんこつ味」は白っぽい色でした。湯戻し時間はそれぞれ3分、2分で、違いがあります。

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「セブンプレミアム 黒ごまたくさん担々麺」は黒練りごまと黒粒ごまの安価なのにリッチなカップ麺



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「黒ごまたくさん担々麺」(サンヨー食品が販売)を食べてレビューしていきます。


「黒ごまたくさん担々麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「黒ごまたくさん担々麺」。2018年12月10日発売の新商品。セブン&アイグループのPB「セブンプレミアム」のカップ麺です。サンヨー食品が販売し、製造はサンヨー食品系のカナヤ食品が担当しています。「黒ごまたくさん担々麺」は、今回で3度目の登場となるセブンプレミアムの人気商品です。

  • 今回3回目の発売となる「黒ごまたくさん担々麺」は黒ごまたくさんでコスパ抜群
黒ごまたくさん担々麺」は、これまで2回、昨年1月と12月に発売されているセブンプレミアムの人気カップ麺です。今回で3回目の登場で、今後は12月発売の定番商品化するのでしょうか。できることならレギュラー商品化されていつでも買えるように常に店頭に置いて欲しいのですが、今回の商品でレギュラー化するのかは私にはわかりません。

最初に発売された2017年1月発売の「黒ごまたくさん担々麺」。黒ごまのあまりの衝撃に、このブログで★8をつけました。定価税込138円という安価でこんなおいしいものを出してしまって良いのか、他の商品売れなくなるのではないかと心配までしてしまう(余計なお世話w)、最強の担々麺でした。

セブンプレミアム 「黒ごまたくさん担々麺」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「黒ごまたくさん担々麺」。先週からセブンの店頭に「野菜たくさんタンメン」とともに新たに陳列された商品です。製造はサンヨー食品。セブンプレミアムの現行商品である「豆腐が入った豆乳担々麺」や「豆腐たくさんあんかけ風醤油拉麺」と同じ感じのパッケージ&同じ製造メーカーということで、おそらく同じシリーズという位置づけだと思われます。豆腐にごまに野菜とい...

続いては、2017年12月発売の商品。こちらは1月発売商品からセサミン30%増量した強化版で、確かに黒ごまがさらに濃くなっているのが印象的でした。2度目の「黒ごまたくさん担々麺」なので、初回ほどのインパクトは感じませんでしたが、価格を考えると抜群のデキの一杯でした。

セブンプレミアム 「黒ごまたくさん 担々麺」

昨年も発売されていた黒ごま使用の担々麺 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「黒ごまたくさん 担々麺」。製造はサンヨー食品。昨年も同名商品が発売されていましたが、当時よりセサミンが30%増量しているとのこと。昨年出ていた商品は黒ごまメインの担々スープで強い黒ごまの味が効いていながら、辛さとシビレもしっかりあって、このブログでは★8を付けたすごいスープでした。セサミン30%増量した今年のスープは果たしてどう...

  • カップスターからも出ていた「黒ごま担々麺」
販売元であるサンヨー食品の看板ブランドのひとつである「カップスター」シリーズからも、「黒ごま担々麺」が発売されていました。2017年4月の発売なので、セブンプレミアムの方の1回目と2回目の中間に発売された商品。セブンの味くらいおいしいものを期待して食べましたが、黒粒ごまの量こそなかなか良かったものの、ベースの黒練りごまやみそがセブン商品のおいしさには遠く及ばないデキでした。「カップスター」の方が定価高いはずなのに、セブンの方がいかにも原価が高そうな味でした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 カップスター 黒ごま担々麺」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター 黒ごま担々麺」。カップスターの新作です。このブログではカップスターってあんまり食べていないんですよね。今回は黒ごま担々麺ということで、サンヨー食品で黒ごま担々麺だと、このブログでの評価★8のセブンプレミアム「黒ごまたくさん担々麺」を思い出してしまいます。セブンじゃなくてもあの味を買えるなら大きなメリットですが、果たしてどんな味なんでしょうか...

  • 2018年版「黒ごまたくさん担々麺」は全粒粉入りの麺になった
今年2018年版「黒ごま担々麺」の変更点は、麺が全粒粉入りに変わったことのようです。セブンのサイトでは特にアナウンスはないものの、パッケージに「全粒粉使用麺」と書かれています。結構重要な変更点だと思うのですが、なぜセブンのサイトでは一切触れていないのか不思議です。

期待の大きい商品なので、今年の「黒ごまたくさん担々麺」がどんな味になっているのか、食べるのが楽しみです。しっかり食べたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」1袋。後入れです。写真で黒く写っているのは黒ごまで、かなりたくさん入っていることがわかります。今年も黒ごまが猛威を奮っていそうです。

品名黒ごまたくさん担々麺
メーカーセブンプレミアム(サンヨー食品が販売)
発売日2018年12月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

価格は昨年までと同じ138円で、かなりお得な価格設定となっています。

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の定番カップ麺「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を今年も食べてみました!



このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」。2018年12月10日発売の新商品で、製造は東洋水産系メーカーの酒悦が担当。毎年恒例の冬の定番商品、「味噌バター味ラーメン」が今年も登場です。ここ数週で各社の冬の定番商品が続々と発売されてきて、いよいよ本当に冬が来てるんだと実感しますね。

  • 「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」は毎年冬恒例の定番商品
「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」は、東洋水産では「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」と並ぶ冬の定番商品で、毎年冬に発売を楽しみにしている方も多いのではないかと思います。私自身、「でかまる」の方はあまり思い入れがないのですが、こちら「味噌バター味ラーメン」はおいしくて思い入れがあります。

すでに完成の域にある一杯なので、あまり変化のさせようもなさそうなのですが、ここ数年、毎年中身に手を入れずにそのまま発売されているのが少し気になるところではあります。

「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はじゃがとコーンを楽しむカップ麺!

このページでは、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」。2018年11月12日発売の、東洋水産の大盛カップ麺シリーズの定番商品、「マルちゃん でかまる」の新商品です。 でかまる+「...

  • 「味噌バター味ラーメン」の歴史を振り返る
このブログで「マルちゃん 味噌バター味ラーメン」を初めて食べたのは2008年(当時は「味噌バター味コーンラーメン」)なんですが、当時から今の姿とほとんど変化がないようです。現在の商品名は「味噌バター味ラーメン」で、コーンの記載はありませんが、「みそ」「バター風キューブ」「コーン」の基本構成はずっと変わっていません。

こちらは昨年発売の「味噌バター味ラーメン」。パッケージのデザインは今年とほとんど同じです。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味ラーメン」 (2017)

みそ、バター、コーンの鉄板の組み合わせの歴史ある商品 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味ラーメン」。ずっと前からラインナップにある歴史のあるカップ麺で、おそらくこのブログを始めるずっと前からある商品かと思われます。商品名が多少違ったりするもののこのブログでも何度も食べており、みそ、バター、コーンという鉄板の組み合わせにいつも魅了されています。みそラーメン、バター、コー...

こちらは2014年発売の「味噌バター味コーンラーメン」。主役の一角である「コーン」がしっかり商品名にも入っていました。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味コーンラーメン」

どうもオサーンです。ハンサム氏は薬を服用してしっかり養生しているようですが、熱がなかなか下がらくて苦しいそうです。そんな高熱になっているようではないですが、37~38度くらいの熱が続いているそうです。熱出て体が上手く動かないと、いろいろ自分が嫌になったり落ち込んだりしちゃうものですが、体が動かないのも仕事に行けないのもインフルエンザなら当然のことなので、ハンサム氏に限らずインフルで苦しんでいる方は、ゆ...

商品名に「焦がし風」と入っている、「焦がし風味噌バター味コーンラーメン」の時代もありました。こちらは2012年発売版。

東洋水産 「縦型ビッグ 焦がし風味噌バター味コーンラーメン」

どうもオサーンです。睡眠不足が祟って、人の前でうたた寝をしてしまったんですが、その短いうたた寝の中でそばにいた人の夢を見て、起きた時に夢で見た人の顔が目に入ったため、夢と現実の境がよくわからなくなって混乱しました。こんな経験初めてでぜひぜひブログに書こうと思ったのですが、いざ書いてみるとイマイチかなw 今夏のカップ麺は、東洋水産の「縦型ビッグ 焦がし風味噌バター味コーンラーメン」。タテ型で味噌バ...

今年の「味噌バター味ラーメン」は果たしてどんな味なのでしょうか。メーカーサイトの説明を見る限りは、今年の商品に目新しい要素はないようですが、安定感ある味に期待したいところです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は入っておらず、バター風キューブや他の具が最初からすべてカップの中に入っている状態です。商品名に「コーン」は入っていないですが、今年もしっかり入っているようです。

品名マルちゃん 味噌バター味ラーメン
メーカー東洋水産
発売日2018年12月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別205円
取得価格税込216円(ローソン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日清麺職人 鴨だし」は鴨と和風だしでお蕎麦感のあるカップラーメン



このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 鴨だし」を食べてレビューしていきます。


「日清麺職人 鴨だし」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポ済の、「日清麺職人 ふぐだし」と同時発売のカップ麺です。

  • 「高級食材」がテーマの麺職人2品「鴨だし」「ふぐだし」
年末年始は日清麺職人を食べて、"笑うカモ (門) にはフグ (福) 来たる"」のキャッチフレーズで、「年末年始にふさわしい "高級食材" をテーマにした麺職人」として、「ふぐだし」とともに発売されたのが今回の「鴨だし」です。「ふぐだし」はスープが8kcalしかない超あっさりスープではあったものの、炙ったふぐヒレが香ばしいスープでなかなかおいしかったです。今回の「鴨だし」は果たしてどうでしょうか。

ふぐだしの珍しいカップ麺「日清麺職人 ふぐだし」は炙ったふぐヒレが香ばしい一杯!

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。 カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯 今回の...

  • 「鴨だし」はすでにお蕎麦の専売特許ではなくなった
「鴨だし」といえば、カップ麺では主にお蕎麦商品のつゆとして使われてきました。しかし近年、巷で徐々に広がりを見せる鴨だしを使ったラーメンスープを背景に、カップ麺でも鴨だしを使ったカップラーメンがちらほら発売されています。

最近のカップ麺で思い浮かぶのは、まずはローソン限定商品の「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。この商品は必ずしも鴨が主役というわけではなく、フォアグラ風味の背脂が目立っていましたが、しっかり鴨だしの甘みを感じられるスープでした。

ローソン限定!フォアグラ風味の「麺屋武蔵」高級カップ麺!「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」

このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンで...

2016年に発売された「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」は、鴨オイルを使用したスープで、こちらも鴨の甘みが光るスープが特徴で、鴨の甘みと貝のほろ苦い味がクセになる一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」 (2回目)

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」。このブログ2回目の登場。前回発売は昨年の7月。TRYの昨年は新人賞部門で1位、今年は名店部門しょう油で1位とのことなので、確実にステップアップしていますね。印象的なしょうゆ味のスープだったので記憶に強く残っています。お店は調布にあり、鴨ダシと煮干しダシのしょうゆラーメンで有名なお店のようですね。 商品概要...

  • 実は「日清麺職人」でも2度、鴨だしスープの商品が出ている
近年のカップ麺における鴨だしスープは、有名ラーメン店の再現商品が先導する形ですが、実は「日清麺職人」からも過去に2度、2013年と2015年に鴨だしを使ったラーメンが発売されていました。

日清食品 「日清麺職人 鴨だし」 (2回目)

どうもオサーンです。最近暑いからか、ブログ書くのがちょっとスランプ気味。頭がうまく働かなくてうまく文章書けません。夏は嫌じゃー。え?夏に限らずオマエはいつもうまく書けていないって?ほっとけ!w 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。「日清麺職人」シリーズの新商品で、このブログでは2回目の登場です。パッケージに「ありがとう15周年」と書かれていますが、パッケージだけ見ると何が15周年だかさ...

日清食品 「日清麺職人 鴨だし和風しょうゆ」

どうもオサーンです。またMH4の話ですが、やっとのことゴア・マガラを倒しました。20回くらい挑戦してやっとです。20回もやってると自ずとゴア・マガラの動きを読めるようになり、狂竜状態でもそれなりに相手攻撃を回避できるようになりました。でもゴア・マガラに対し回避ができるようになっただけで、他のモンスター相手だとまだまだヘタッピなオサーンなのでした。早くハンサム氏のように紙装備で強いモンスター倒せるくらい上...

当時の記事を見直してみると、昔の「麺職人」は今よりずっと具が充実していたなぁとついつい遠い目になってしまいますが、どちらの商品も当時は高評価をしていました。

今回の商品にもこれらに負けない味を期待したいところですが、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。ネギのカットが大きくそれなりに入っているため、同時発売の「ふぐだし」よりは具が多そう。それでも少ないですけどね。今回も全粒粉入りが視認できる麺です。

品名日清麺職人 鴨だし
メーカー日清食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込108円(イオン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンプレミアムから「らぁ麺屋 飯田商店」のカップ麺が登場!食べてみました!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「らぁ麺屋 飯田商店」(東洋水産が販売)を食べてレビューしていきます。


「セブンプレミアム らぁ麺屋 飯田商店」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「らぁ麺屋 飯田商店」。2018年12月10日発売の新商品で、セブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアム」のカップ麺です。販売地域は北海道、東北、関東、甲信越、北陸、静岡に限定されています。販売は東洋水産で、製造は東洋水産系の酒悦が担当しています。湯河原のラーメン店「らぁ麺屋 飯田商店」の味を再現した一杯です。

  • 「らぁ麺屋 飯田商店」とは?
らぁ麺屋 飯田商店」は、神奈川県湯河原町にあるラーメン店です。TRY(東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー)の大賞を2年連続で獲得した今をときめく人気店で、整理券が配布されるほどの行列店です。東京都心から大きく離れた湯河原でこれだけの人気は本当すごいですよね。

お店のラーメンは、スープには鶏と水しか用いず、その鶏も比内地鶏や名古屋コーチンといった厳選素材のみを使うという、かなりのこだわりを持っています。素材の味を重視したラーメンとなると、素材で勝負できないカップ麺には再現が難しいように思いますが、今回果敢に挑戦してきました。

  • 「飯田商店」のカップ麺は以前にも発売されていた
「飯田商店」のカップ麺は、セブンプレミアムとしては初登場ですが、東洋水産から何度か発売されています。今回と同じタテ型商品として2014年と2017年の2回、どんぶり型ノンフライ商品として2018年に1回出ていました。

まずは、2017年に発売されたタテ型油揚げ麺の商品「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」。「2016-2017 TRYラーメン大賞 名店部門 しょうゆ第1位」受賞を記念した商品でした。この商品が今回のセブンプレミアムの叩き台になっているものと思われます。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」。神奈川県湯河原町にある名店「らぁ麺屋 飯田商店」の再現商品です。かなりの人気店のようで、今回の醤油ラーメンだけではなく、煮干しラーメンなども評判のようです。繊細な味のスープのようなので、タテ型油揚げ麺で味がよくわからなくなってしまわないか少し不安ですが食べてみたいと思います。 商品概要 品名:マルちゃん 縦型ビ...

こちらは2018年にはどんぶり型のノンフライ麺として「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」が発売されました。TRY2連覇によって製品化されています。ノンフライ麺を使用したことにより、スープの味がしっかりすっきり感じられ、非常においしい一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」

神奈川湯河原にあるしょうゆラーメンの名店「らぁ麺屋 飯田商店」の味を再現した商品 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」。2018年4月23日発売の新商品です。「らぁ麺屋 飯田商店」は神奈川湯河原町にある、行列がすごいことになる名店です。透き通ったしょうゆスープが印象的で、私もいつか一度は食べてみたいと思っています。カップ麺としても昨年と2014年にタテ型カップ麺として発売されていま...

過去に発売された「飯田商店」のカップ麺2品を比べた時に、ノンフライ麺商品が段違いでおいしく感じられたので、今回油揚げ麺商品なのはちょっと不安ですが、そこはセブンプレミアムならではのおいしい一杯に期待したいです。果たしてどんな味の一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製スープ」1袋。液体スープです。カップの中には粉末スープとともに、フリーズドライブロックのチャーシュと、メンマが入っています。2017年発売のタテ型商品でもフリーズドライブロックのチャーシューが入っていました。

品名らぁ麺屋 飯田商店
メーカーセブンプレミアム(東洋水産が販売)
発売日2018年12月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製スープ)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加