カップ麺をひたすら食いまくるブログ

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

ブログ内検索

2018-07-15 カップ麺
カルディで手に入れられる「ママー」ブランドの「ガパオ焼そば」カップ麺 今回のカップ麺は、前回記事に引き続き、カルディで手に入れた、タイプレジデントの「ママー ガパオヌードル」を食べてみたいと思います。タイではポピュラーな「ママー」ブランドの商品です。タイ料理の中ではトムヤムクンやグリーンカレーなどのエース級を除くと比較的名前が知れている「ガパオライス」の味を、カップ麺で焼そばとしてアレンジした商品...

記事を読む

2018-07-14 カップ麺
タイプレジデント「ママー」ブランドのフォーカップ麺2品 今回は、カルディコーヒーファームで売られているフォーのカップ麺2品を食べてみたいと思います。どんぶり型の紙容器に入っている、「ママー プレジデントライス フォー パクチー (コリアンダー) カップ」と「ママー プレジデントライス フォー トムヤムクン カップ」で、ベトナム料理として有名なフォーですが、この商品はベトナムではなくタイのインスタント麺製造の...

記事を読む

2018-07-13 カップ麺
激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。 激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極...

記事を読む

2018-07-13 カップ麺
「HEY!たくちゃん」のラーメン店「鬼そば藤谷」のカップ麺第2弾 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年7月9日発売の新商品です。東京渋谷の「鬼そば藤谷」監修によるカップ麺です。 「鬼そば 藤谷」は、東京渋谷にある、ものまねタレントの「HEY!たくちゃん」さんが経営するラーメン店で、単に芸能人が経営しているという枠を超え、名店の評価を得ているお店です。...

記事を読む

2018-07-12 カップ麺
沖縄そばの名店「首里そば」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 首里そば」。2018年7月10日にファミリーマートで先行発売された新商品です。沖縄那覇の名店「首里そば」の味を再現したカップ麺です。 「首里そば」は、沖縄県那覇市にある沖縄でも屈指の沖縄そばの名店として知られるお店です。最近は進化系の沖縄そばが多くなってきている中で、このお店の沖縄そばはクラシックな外観で、...

記事を読む

カルディで買えるガパオ焼そば!!タイプレジデント 「ママー ガパオヌードル」



カルディで手に入れられる「ママー」ブランドの「ガパオ焼そば」カップ麺

今回のカップ麺は、前回記事に引き続き、カルディで手に入れた、タイプレジデントの「ママー ガパオヌードル」を食べてみたいと思います。タイではポピュラーな「ママー」ブランドの商品です。タイ料理の中ではトムヤムクンやグリーンカレーなどのエース級を除くと比較的名前が知れている「ガパオライス」の味を、カップ麺で焼そばとしてアレンジした商品となります。

ガパオライス」は、バジル味の炒めごはんで、鶏肉や野菜を入れてバジルやナンプラーで炒めたごはんの上に目玉焼きがのっている、タイ料理のメジャーなメニューのひとつです。バジルだけならちょっとイタリヤーンな感じですが、ナンプラーや各種香辛料を加えることで、いかにも東南アジアのエスニック的な味を楽しめる炒めごはんです。

今回はカップ麺ですが、この「ガパオ焼そば」はタイの袋麺でもたまに見かける味で、タイではメジャーなインスタント麺のフレーバーなのかもしれません。外国食品のお店に行くと、袋麺ではインドネシアの焼そば「ミーゴレン」と同じくらいよく見るかもしれません。私はタイ料理店とかで見かけたことはないですが、「ガパオライス」だけではなく「ガパオ焼そば」も料理としてきちんと存在しているものなのかもしれませんね。外国食品のお店では他にもガイヤーン(タイの焼鳥)焼そばなんて商品も見かけます。



商品概要



小さいカップの中に、別添小袋が3つも入っています。この大きさで3袋は日本の製品ではまず見かけないですね。フタが2枚構造になっていて、湯切り用の内ブタが付いています。

品名:ママー ガパオヌードル
メーカー:タイプレジデント(タイ)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(調味パウダー・かやく・調味油)
定価:税込149円
取得価格:税込149円(カルディコーヒーファーム)

輸入食品で税込149円という比較的安価なのは高ポイントですね。味には多少目をつぶれますw

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルディで手に入れたフォーのカップ麺2種類を食べ比べてみました!! タイプレジデント 「ママー プレジデントライス フォー」



タイプレジデント「ママー」ブランドのフォーカップ麺2品

今回は、カルディコーヒーファームで売られているフォーのカップ麺2品を食べてみたいと思います。どんぶり型の紙容器に入っている、「ママー プレジデントライス フォー パクチー (コリアンダー) カップ」と「ママー プレジデントライス フォー トムヤムクン カップ」で、ベトナム料理として有名なフォーですが、この商品はベトナムではなくタイのインスタント麺製造の主要メーカーであるタイプレジデントの「ママー」ブランドの商品を、カルディの輸入会社であるオーバーシーズが輸入しています。

フォーの商品は日本のメーカーからも出ていますが、どちらかと言うとスープ食の強い商品なのに対し、今回の2品はともに麺量44。8gで麺が多めの商品となっています。さすが主食で食べている地域の商品は違いますね。そして「パクチー」と「トムヤムクン」という、タイ料理と聞いて真っ先に思い浮かべそうな味なのも、日本人にとってはわかりやすくて良さそうです。これにグリーンカレー味でも加わればもう完璧ですね。

私はカルディの実店舗によく行くのですが、この2つの商品は店頭の棚からなくなっているのをよく見かけます。在庫が切れているのか品出しした分が売れてしまっているのかはわからないものの、いずれにしても、カルディに訪れるお客さんに対しては受けの良い商品のようです。このブログをご覧頂いている方に需要があるのかはわからないですが、私が食べたかったのでよろしければお付き合いいただければと思います。



内容物の比較



左が「パクチー」で右が「トムヤムクン」。「パクチー」には3種、「トムヤムクン」には2種の小袋が別添されています。「パクチー」に入っているオイルと「トムヤムクン」に入っているトムヤムペーストは、いかにもタイのカップ麺らしさを感じます。タイのカップ麺ではどちらかがお約束のように入っていますね。

商品概要

品名:ママー プレジデントライス フォー パクチー (コリアンダー) カップ
メーカー:タイプレジデント(タイ)
発売日:不明
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末調味料・調味油・乾燥パクチー)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(カルディコーヒーファーム)

品名:ママー プレジデントライス フォー トムヤムクン カップ
メーカー:タイプレジデント(タイ)
発売日:不明
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(粉末調味料・調味油)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(カルディコーヒーファーム)

どちらも同じ税込213円の価格設定。日本の税別205円のタテ型商品や、正麺カップなどと同じくらいですね。

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

激辛カップ麺の最高峰が再登場!!セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」



激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。

激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極ラーメン」ですが、最近は「台湾まぜそば」や「広島式担々麺」といった、激辛商品として新たなライバルが登場しています。まぁそれでも「北極ラーメン」の名声は揺るがないですよね。個人的には「辛辛魚」と「北極ラーメン」が激辛カップ麺の2大巨頭的な存在だと思っています。今回は栄養成分に前作と大きな違いはなく、中身を弄らずに単に再販ということのようです。もうすでに完成の域ということでしょうかね。確かに、あまり文句のつけどころもなく、辛くておいしい商品でした。

蒙古タンメン中本とは?

今さら説明の必要もないかと思いますが、「蒙古タンメン中本」は、上板橋に本店を構え、東京とその近郊に20件程度のお店を展開する激辛ラーメン専門店です。看板メニューはお店の名前にもなっている「蒙古タンメン」で、味噌タンメンの上に辛子麻婆豆腐がのった名作です。そして今回の「北極ラーメン」もお店の人気メニューのひとつで、激辛揃いのメニューの中でも最も辛いラーメンとなっています。



商品概要



品名:蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカー:セブンプレミアム(日清食品製造)
発売日:2018年7月10日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(極辛オイル)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿がきや食品 「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」



「HEY!たくちゃん」のラーメン店「鬼そば藤谷」のカップ麺第2弾

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年7月9日発売の新商品です。東京渋谷の「鬼そば藤谷」監修によるカップ麺です。

鬼そば 藤谷」は、東京渋谷にある、ものまねタレントの「HEY!たくちゃん」さんが経営するラーメン店で、単に芸能人が経営しているという枠を超え、名店の評価を得ているお店です。看板メニューは「鬼塩ラーメン」で、昨年2017年の10月に今回と同じサンヨー食品からカップ麺化されていました。かなり好調な売れ行きだったそうです。

今回もお店のメニューである「赤鬼ラーメン」を再現したカップ麺で、ラー油を使った真っ赤な鬼塩ラーメンとのこと。黒地に赤文字のパッケージで写っているスープの色も赤く、何しろお店のメニューでは「赤鬼」なんていうネーミングなので、かなり辛いラーメンを想像しますが、果たしてどんな味なのでしょうか。楽しみです。



商品概要



品名:鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年7月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別238円
取得価格:税込257円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「サッポロ一番 首里そば」 (ファミリーマート先行発売)



沖縄そばの名店「首里そば」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 首里そば」。2018年7月10日にファミリーマートで先行発売された新商品です。沖縄那覇の名店「首里そば」の味を再現したカップ麺です。

首里そば」は、沖縄県那覇市にある沖縄でも屈指の沖縄そばの名店として知られるお店です。最近は進化系の沖縄そばが多くなってきている中で、このお店の沖縄そばはクラシックな外観で、自家製の手打ちの麺を使い、毎日品切れしてしまう麺が大きな売りのお店とのことです。今回の商品のパッケージでも「コシの強い太麺」と書かれていて、麺が大きな売りとなっているようです。

カップ麺ではそれほど多く出ていない沖縄そば商品ですが、各メーカー商品を出しても似たような味になってしまっている印象です。今回の一杯は麺を大きな売りとしており、今までのカップ麺の沖縄そばとは少し雰囲気が違うように感じるので、果たしてどんな一杯になっているのか食べるのが楽しみです。





商品概要

品名:サッポロ一番 首里そば
メーカー:サンヨー食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年7月10日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加