カップ麺をひたすら食いまくるブログ

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

ブログ内検索

2018-09-13 カップ麺
たらことアヒージョを組み合わせた「俺の塩」新商品 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 アヒージョ風 大盛」。2018年9月10日発売の、「俺の塩」シリーズの新商品です。恒例の「俺の塩 たらこ味」の派生商品で、今回は「アヒージョ風」とのこと。 「俺の塩 たらこ味」のアレンジ商品はこれまで、2016年に発売された「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 大盛 からしマヨ付」に始まり、2017年には「マルちゃん ...

記事を読む

2018-09-12 カップ麺
京都の人気ラーメン店「あいつのラーメン かたぐるま」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 京都編 あいつのラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン」。2018年9月10日発売の、「全国ラーメン店マップ」シリーズの新商品です。京都の有名ラーメン店「あいつのラーメン かたぐるま」のメニュー「こくとん塩ラーメン」の味を再現したカップ麺です。 「全国ラーメン店マップ」シリーズ...

記事を読む

2018-09-12 カップ麺
「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の「日清ラ王」のみそラーメン新商品! 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし味噌」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、「日清ラ王 焦がし醤油」と同時発売となっています。こちら北海道札幌で、先日の地震の影響でお店にカップ麺があまり並んでいない状況ですが、このラ王2品だけはなぜかどこのスーパーに行っても並んでいるのを見かけます。流通...

記事を読む

2018-09-11 カップ麺
チャーハン焼そば再び ペヤングの敵討ちなるか 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」。2018年9月10日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。今回は「チャーハン味」の焼そばという、明星食品やエースコック、ペヤングあたりがやりそうな、王者日清食品らしからぬ方向でチャレンジしてきたカップ麺となっています。 チャーハン味のカップ焼そばは今回が初めてではなく、今年2018...

記事を読む

2018-09-11 カップ麺
「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の新しい「日清ラ王」 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし醤油」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。焦がし風味のスープと「山椒練りこみ麺」を特徴とする商品で、「日清ラ王 焦がし味噌」と同時発売となっています。「焦がし味噌」も近日レポする予定です。 黒を基調に赤をあしらった、いつものの「日清ラ王」とは明らかに異色のパッケー...

記事を読む

「俺の塩たらこ味」と「アヒージョ」の相性は??東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 アヒージョ風 大盛」



たらことアヒージョを組み合わせた「俺の塩」新商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 アヒージョ風 大盛」。2018年9月10日発売の、「俺の塩」シリーズの新商品です。恒例の「俺の塩 たらこ味」の派生商品で、今回は「アヒージョ風」とのこと。

俺の塩 たらこ味」のアレンジ商品はこれまで、2016年に発売された「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 大盛 からしマヨ付」に始まり、2017年には「マルちゃん 俺の塩 辛口明太子味 大盛 からしマヨ付」と「マルちゃん 俺の塩 たらぺぺ味 大盛」が、今年2018年には「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」と代を重ねてきました。いずれも「俺の塩 たらこ味」らしい安定感ある味にひとパンチ加えた、良作ばかりでした。今回の「アヒージョ味」もきっとやってくれると期待しています。

アヒージョ」とは、スペイン語でガーリックの意味で、日本ではスペイン風のガーリックとオリーブオイルの煮込みとされています。具材には主にエビや牡蠣、マッシュルームなどが用いられ、流行りのスペインバルでは主力のメニューのひとつとして親しまれています。最近ではアヒージョを題材にした商品も各分野で多く発売されており、カップ麺からも2015年に「カップヌードル アヒージョ ビッグ」が、2016年に「チキンラーメンどんぶり チキンのアヒージョ風」、トップバリュからも「World Dining アヒージョヌードル FIDEOS AL AJILLO」が発売されていました。

たらことアヒージョなんて、食べる前から勝利が約束されたかのような組み合わせですが、しっかり食べてみたいと思います。

商品概要



品名:マルちゃん 俺の塩 たらこ味 アヒージョ風 大盛
メーカー:東洋水産
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・粉末ソース・きざみのり)
定価:税別210円
取得価格:税込210円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「全国ラーメン店マップ 京都編 あいつのラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン」



京都の人気ラーメン店「あいつのラーメン かたぐるま」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 京都編 あいつのラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン」。2018年9月10日発売の、「全国ラーメン店マップ」シリーズの新商品です。京都の有名ラーメン店「あいつのラーメン かたぐるま」のメニュー「こくとん塩ラーメン」の味を再現したカップ麺です。

全国ラーメン店マップ」シリーズはこれまでに9商品発売されていますが、そのうち7商品が北海道のラーメン店の再現商品で、全国というよりは「北海道ラーメン店マップ」シリーズ化してしまっていましたが、今回は「京都編」で、「なにわ編」「福岡編」に続きシリーズ3つめの北海道以外のお店を再現したカップ麺となります。

あいつのラーメン かたぐるま」は、京都にある人気ラーメン店で、魚介とんこつのラーメンが人気メニュー。一般的に京都ラーメンと呼ばれる幾種かのラーメンとはまた違う味のラーメンですね。通常メニューとは別に、限定食のつけ麺は毎日争奪戦になるとのことです。同じく京都の有名店「俺のラーメン あっぱれ屋」で修行した店主が開いたお店で、師匠弟子ともども行列の絶えないお店になっているようです。

今回はお店の代表的なメニューのひとつである「こくとん塩ラーメン」をカップ麺化しています。魚介+とんこつ+塩味の一杯。ラーメン激戦区京都においてトップクラスの人気を誇るお店だそうなので、遠くにいても食べられるようにカップ麺にしてくれたのはとてもありがたいです。果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。食べるのが楽しみです。



商品概要



品名:全国ラーメン店マップ 京都編 あいつのラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焦がし風味とみそ味の相性は?日清食品 「日清ラ王 焦がし味噌」



「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の「日清ラ王」のみそラーメン新商品!

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし味噌」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、「日清ラ王 焦がし醤油」と同時発売となっています。こちら北海道札幌で、先日の地震の影響でお店にカップ麺があまり並んでいない状況ですが、このラ王2品だけはなぜかどこのスーパーに行っても並んでいるのを見かけます。流通ルートが地震の影響を受けていないのか、あまりの注目商品でどこでも仕入れていたのかよくわかりませんが、被災地でもあっさり手に入れられたのはありがたかったです。

焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」を使用した今回の「日清ラ王焦がし」シリーズの2品ですが、先日食べた「焦がし醤油」は、単に焦がしニンニクが効いているのみではなく、焦がし風味、ニンニクに加え、しょうゆの香り、山椒、そして具のタマネギがバランス良く組み合わされており、カップ麺らしからぬ複合的な味、大人の味の感を強く持ちしました。今回の「焦がし味噌」も大いに期待できそうですが、しょうゆに比べるとみそは主張の強い味のため、「焦がし醤油」ほどバランスの良いスープになっているのかどうか不安ではあります。ただ、札幌に「らーめん爐」という昔から焦がしラードを使ったお店があり、そこのみそラーメンはなかなかの味。今回は焦がしニンニク油で焦がしラードとは違いますが、それでもみそと焦がし風味は相性が良いので、今回も大丈夫なのではないかと考えています。

それではどんな味の一杯になっているのか、じっくり食べてみたいと思います。



商品概要



先日の「焦がし醤油」では液体スープの中に焦がしニンニク油が一緒に入っていましたが、今回は液体スープと調味オイル(焦がしニンニク油)が別の袋に分かれています。



麺は「焦がし醤油」と色も形状も同じように見えます。太さも違いはないのではないかと思いますが、一緒に食べ比べてみたわけではないので、ひょっとしたらちょっと違うのかもしれません。具は「焦がし醤油」に入っている具に加えてキャベツが入っていますが、タマネギがちょっと少なくなっているように見えました。

品名:日清ラ王 焦がし味噌
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別220円
取得価格:税込213円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャーハン焼そば再び!!日清食品 「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」



チャーハン焼そば再び ペヤングの敵討ちなるか

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば」。2018年9月10日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。今回は「チャーハン味」の焼そばという、明星食品やエースコック、ペヤングあたりがやりそうな、王者日清食品らしからぬ方向でチャレンジしてきたカップ麺となっています。

チャーハン味のカップ焼そばは今回が初めてではなく、今年2018年4月にまるか食品から「ペヤング 炒飯風やきそば」が出ていました。「あみ印食品工業」の「炒飯の素」を使用しチャーハンの味を出そうとしていましたが、チャーハンらしい炒めた風味がまったく感じられず、残念ながら「チャーハンの『素』味」ではあっても「チャーハン味」ではなかった印象でした。今回は業界最王手である日清食品が本気を出したチャーハン味で、パッケージに「まるで炒め味!!」との記載もあるため、ペヤングのような「チャーハンの『素』味」ではなく、しっかりチャーハンの味に仕上げてきたのではないかと期待しています。

こんなブログをやっていてアレなんですが、個人的にはチャーハンはラーメン以上に大好きな料理なので、わざわざ焼そばにせんでも普通にごはんで食べたいと思わなくもないですが、遊び心満載の発想をおいしい商品として帰結させるのは、日清食品が最もうまくできそうな分野なので、本当に楽しみです。果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要





細切れのチャーシューとたまごがたくさん入っています。特にたまごはチャーハンの必須要素なので、チャーハン焼そば成立の第1段階クリアといったところでしょうか。

品名:日清焼そばU.F.O.大盛 チャーハン味焼そば
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末ソース・調味オイル)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焦がし風味と「山椒練りこみ麺」の「日清ラ王」新基軸!!日清食品 「日清ラ王 焦がし醤油」



「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の新しい「日清ラ王」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし醤油」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。焦がし風味のスープと「山椒練りこみ麺」を特徴とする商品で、「日清ラ王 焦がし味噌」と同時発売となっています。「焦がし味噌」も近日レポする予定です。

黒を基調に赤をあしらった、いつものの「日清ラ王」とは明らかに異色のパッケージは、これまでのラ王とは別のステージへたどり着いたことを思わせる気合の入り方に見えます。「焦がしニンニク油」を加えた真っ黒いスープと「山椒練りこみ麺」を大きな特徴としており、もう見るからにおいしそう。焦がし風味の威力や麺に練り込まれた山椒がどんな効き方をしているのか、また、両者を組み合わせた相性もとても気になります。

それにしてもこのパッケージのインパクトは絶大で、威圧的な佇まいはもう「ラ王」というよりは「ラオウ」の方が相応しいのではないかと思ってしまいます。他の「ラ王」シリーズが「ジャギ」に見えてしまうレベル。このパッケージ見せられてしまうと、期待せざるをえないですよね。日清食品が鳴り物入りで登場させた新しい「ラオウ」、いや「ラ王」の実力を、ケンシロウになったつもりでしっかり見極めたいと思います。



商品概要





お湯を入れる前の「山椒練りこみ麺」。通常より黒っぽい色をしており、よく見ると山椒の粒子が練り込まれていることがわかります。かやくはミンチ肉やタマネギがなかなか多めに入っていて賑やかそうです。

品名:日清ラ王 焦がし醤油
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別220円
取得価格:税込213円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加