カップ麺をひたすら食いまくるブログ

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

ブログ内検索

2018-11-15 カップ麺
大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。 「大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の...

記事を読む

2018-11-14 カップ麺
ファミマ限定の「日清ラ王」ブランドのタテ型担々麺! 今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2018年11月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定です。現在のタテ型ラ王ラインナップはヘルシー志向的な商品が多いですが、今回のタテ型ラ王はそれらとは一線を画しそうな「黒タンタン」。しっかりカロリーありそうです。 黒地に白の縦縞パッケージ。ユーヴェカラー...

記事を読む

2018-11-14 カップ麺
東京府中の人気ラーメン店「麺創研 紅」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2018年11月12日発売の新商品で、東京府中にある人気の辛みそラーメン店「麺創研 紅」のメニュー「紅らーめん」を再現したカップ麺です。 「麺創研 紅」は、東京府中にあるラーメン店で、昼時には行列のできる人気店です。おとなりに「麺創研 紅 BLACK」という別業態のお店が...

記事を読む

2018-11-13 カップ麺
「SKE48ラーメン部」プロデュースの「進化系名古屋らーめん」カップ麺 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」。2018年11月12日発売の新商品です。ラーメンWalker創刊10周年の特別企画とSKE48が10周年を迎えた記念を兼ねた、「SKE48ラーメン部」プロデュースによるカップ麺です。 「SKE48ラーメン部」は、「最低でも週に1度はラーメンを食べたりするなど、ラーメン活動...

記事を読む

2018-11-12 カップ麺
インドネシアの甘辛い焼そば「ミーゴレン」を再現した日清焼そばUFO 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」。2018年11月12日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。今回のUFOはインドネシアの焼そばである「ミーゴレン」を題材にしたカップ焼そばです。 「ミーゴレン」とは、インドネシア甘辛い焼そばで、「ミー」は麺、「ゴレン」は揚げるという意味とのこと。揚げるとはいっても実際は揚げ...

記事を読む

エースコック 「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」



大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。

大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の名のつくお店があります。つけ麺の名店として有名で、ラーメンファンなら知らない人はいないですよね。山岸氏のお弟子さん孫弟子さんたちの活躍も目立ちます。お店のメニューでは「特製もりそば」(つけ麺)が有名ですが、今回はお店で供されている「中華そば」を再現し、ワンタンを加えた一杯となっています。麺量80gの大盛商品なのは、「量も美味しさのうち」という大勝軒の信念に基づいているとのこと。

「量も美味しさのうち」・・・なんて素敵な言葉なんでしょうか。今日から私の座右の銘にしようと思います。ちなみに嫌いな言葉は「腹も身の内」とか「腹八分目」。お腹いっぱいになるのもおいしさのうちというものでしょう。でも歳を重ねてきた最近は、お腹いっぱいにしちゃうと集中力はなくなるし眠くもなるし、もちろん太るし、あんまり良いことないなぁとも思うようになってきました。老いたな。フードファイターアンジェラオサーンとしては大盛と満腹の狭間で苦悩する日々です。アンジェラ佐藤さんを街中でお見かけしたことありますが、とんでもなく美人でしたよ!!

約2年ぶりの「大勝軒」&エースコックのタイアップ商品。「大勝軒」の礎である「中華そば」を再現した今回は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラ王 黒タンタン」(ファミマ限定)は濃厚練りごまでまったりな一杯!



ファミマ限定の「日清ラ王」ブランドのタテ型担々麺!

今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2018年11月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定です。現在のタテ型ラ王ラインナップはヘルシー志向的な商品が多いですが、今回のタテ型ラ王はそれらとは一線を画しそうな「黒タンタン」。しっかりカロリーありそうです。

黒地に白の縦縞パッケージ。ユーヴェカラーですね。私の中のユーヴェ選手といえば、ジダンとかデル・ピエロとか。海外サッカーに興味を持ち始めた時に最初に好きになったチームなので、結構思い入れがあります。あと白黒の縦縞と言えば阪神タイガース!帽子のつばの黄色はない方がカッコいいと思うのですが、黄色はタイガースのチームカラーなのでしょうがないですかね。今回「ラ王」の文字が黄色なのでユーヴェよりもタイガースっぽいかも。

さて今回の「黒タンタン」。黒担々麺といえば一般的には黒ごまの入った担々麺ですが、今回パッケージを見た限りでは、黒タンタン=黒ごま担々なのかは判別つきません。黒ごまではなく、黒マー油の線もありそうだなと思いつつ食べてみたいと思います。タテ型とは言え「日清ラ王」ブランドを背負った商品なので、今までの日清食品の本格担々麺と同じように、濃厚な練りごまに期待したいところです。果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:ラ王 黒タンタン
メーカー:日清食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年11月13日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(黒ラー油)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「麺創研 紅」の「乱切り麺」を再現したカップ麺!!サンヨー食品 「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」



東京府中の人気ラーメン店「麺創研 紅」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅」。2018年11月12日発売の新商品で、東京府中にある人気の辛みそラーメン店「麺創研 紅」のメニュー「紅らーめん」を再現したカップ麺です。

麺創研 紅」は、東京府中にあるラーメン店で、昼時には行列のできる人気店です。おとなりに「麺創研 紅 BLACK」という別業態のお店があり、国分寺にも支店があります。太さや長さの違う麺が混在する自家製の「乱切り麺」を使用した激辛のみそラーメン「紅らーめん」が看板メニューです。麺には相当なこだわりがあるようで、自家製麺所を構え、製粉会社と共同開発したオリジナル配合の小麦粉を使用、さらには乱切り麺で混在させる麺は全部で7種類もの太さがあるそうで、ここまでくるともうこだわりを通り越したある種の執念のようなものを感じずにはいられません。この乱切り麺をカップ麺で再現するのは至難の業のように思えますが、どうなんでしょうか。



今回はお店のメニュー「紅らーめん」を再現しており、辛さのレベルは【3】とのこと。さすが紅だけあって、彗星のごとく3倍なわけですね。3にこだわることにかけては赤い彗星か3の倍数の人かってくらい、3といえば紅、紅といえば3。お店のラーメンには「鬼紅」という、辛さレベル【5】のメニューもあるため、ひょっとすると3倍とはいえ今回の商品はそれほど辛くはないのかもしれません。赤黒のパッケージはいかにも辛そうなんですけどね。果たしてどんな味の一杯なのでしょうか。激辛ラーメンには目がないので楽しみです。



商品概要



うっ・・・この具の少なさは・・・大丈夫なんだろうか。前回食べた「SKE48」カップ麺の具がかなり多かったので、今回はいっそう少なく見えてしまいます。その分スープや麺が頑張っているはず!!

品名:サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SKE48ラーメン部がカップ麺をプロデュース!!「SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」



「SKE48ラーメン部」プロデュースの「進化系名古屋らーめん」カップ麺

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」。2018年11月12日発売の新商品です。ラーメンWalker創刊10周年の特別企画とSKE48が10周年を迎えた記念を兼ねた、「SKE48ラーメン部」プロデュースによるカップ麺です。

SKE48ラーメン部」は、「最低でも週に1度はラーメンを食べたりするなど、ラーメン活動を認められたラーメン好きメンバーのみで構成」されているそうで、メンバー6人による座談会形式の「緊急開発会議」の模様が東海ウォーカーのサイト内で公開されているので、私オサーン、野次馬根性でちょいと覗いてみました。会議の中で、今回の「進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」の姿が徐々に浮かび上がっていく様子がわかって、なかなか面白かったです。

SKEラーメン部部長さんが会議を主導していく形で進行。最近のラーメンのトレンドは「シビ辛」であること、辛いのが苦手な人のために辛い調味料は別添後入れが良さそうということ、そしてSKE48のお膝元である名古屋らしいラーメンとして「台湾ラーメン」や「名古屋コーチンを使った鶏白湯」が候補に上がり、今回の商品でそれぞれの要素が、別添後入れのシビ辛調味料、辛い挽肉(台湾ラーメン)、鶏白湯スープとして結実していきます。

また、どんな麺にするかの議論の中では、「太麺が好きだけど鶏白湯と合わせるなら中太寄りの方が良さそう」という旨の発言があり、このブログでスープと麺の相性ガー、バランスガーとばかり書いている私オサーンにとって実に納得のいく話でした。特に製法・調理法上の制約があるカップ麺では、お店のラーメンよりも麺単体で製品の魅力を上げるのは難しいように思え、スープの味や濃さに寄り添える形で麺を選ぶべきと考えています。好きな麺の形状を主張するのではなくスープとの相性を考える発言は、きっとラーメンもカップ麺もかなり食べてきたんだろうなと思わせるものでした。議論が思ったより熱く、面白いと思う発言も結構あって、見応えある座談会でした。

そんなわけで会議をついつい見入ってしまいましたが、気を取り直してしっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:明星 SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯
メーカー:明星食品
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ調味料)
定価:税別205円
取得価格:税別188円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」はエシャロットの風味の強い甘辛なカップ焼そば!!



インドネシアの甘辛い焼そば「ミーゴレン」を再現した日清焼そばUFO

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」。2018年11月12日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。今回のUFOはインドネシアの焼そばである「ミーゴレン」を題材にしたカップ焼そばです。

ミーゴレン」とは、インドネシア甘辛い焼そばで、「ミー」は麺、「ゴレン」は揚げるという意味とのこと。揚げるとはいっても実際は揚げておらず、ケチャップマニスというインドネシアの甘辛いソースを使って味付けられています。ケチャップマニスのケチャップとはソースの意で用いられており、トマトケチャップを使うという意味ではないようです。ただ、日本では「シンガポール風」のミーゴレンとしてトマトケチャップを使用されているものも供されており、必ずしもケチャップを使わないということでもありません。なんかややこしい話になってきますね。一般的にミーゴレンとは、甘辛い味の焼そばという認識で良いようです。ちなみに、インドネシア風炒飯である「ナシゴレン」は、ミーゴレンの麺がごはんに置き換わった料理です。ナシゴレンうまいです。

これまでの日本メーカーのカップ麺で「ミーゴレン」を扱った商品はそれほど多くありませんが、いくつか発売されてきました。日清食品が、日清インドネシア法人と共同開発で2014年に発売した「カップヌードル ミーゴレン」が私の知る限りでは最初のミーゴレンのカップ麺で、2016年にも四角だったカップ形状を丸くして発売されていました(「カップヌードル ミーゴレン」 (2回目))。甘くて辛いソースとフライドエシャロットの甘さが特徴的な一杯でした。また、イオングループのプライベートブランドであるトップバリュからも「World Dining ミーゴレン MI GORENG」という商品が出ており、こちらは現行商品として現在も店頭に並んでいます。この商品はトマトケチャップが使用されており、シンガポール風の味でした。また、外国食品を取り扱うお店では、タイやインドネシアのメーカーが現地で売っているミーゴレンの袋麺を見かけることがあります。結構辛い上にとても甘くて、日本メーカーが出していたカップ麺より強くエスニック感が出ています。

今回はカップヌードルの時と同じ日清食品製なので、おそらくカップヌードルの時の味が踏襲されていると思いますが、果たしてどんな味なのでしょうか。楽しみです。



商品概要



品名:日清焼そばU.F.O. ミーゴレン
メーカー:日清食品
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・フライドエシャロット)
定価:税別180円
取得価格:税込円()

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加