カップ麺をひたすら食いまくるブログ

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

ブログ内検索

2018-11-16 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、日清食品の「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と、東洋水産の「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を食べ比べて、味の違いをレビューしていきます。 「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を比較 今回は、これから寒くなる季節にうれしいカップ麺の豚汁うどん対決!!日清食品の「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と、東洋水産の「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を食べ比べ、両者の味や中...

記事を読む

2018-11-16 カップ麺
このページでは、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」。2018年11月12日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。今回の商品に合わせ、「マルちゃん おそば屋さんの鴨だしそば」もリニューアル発売されています。 昨年の同じ時期2018年11月に...

記事を読む

2018-11-15 カップ麺
今年11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョン 今回のカップ麺は、寿がきや食品の「冬のコク塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年11月12日発売の新商品で、毎年冬の恒例商品で今年で11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョンです。 「冬のコク塩ラーメン」は、「背脂のコク」を前面に出した、冬らしいこってり味のしおラーメンです。今年もついにこの商品の発売される季節がやってきました。...

記事を読む

2018-11-15 カップ麺
大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺 今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。 「大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の...

記事を読む

2018-11-14 カップ麺
ファミマ限定の「日清ラ王」ブランドのタテ型担々麺! 今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2018年11月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定です。現在のタテ型ラ王ラインナップはヘルシー志向的な商品が多いですが、今回のタテ型ラ王はそれらとは一線を画しそうな「黒タンタン」。しっかりカロリーありそうです。 黒地に白の縦縞パッケージ。ユーヴェカラー...

記事を読む

「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を食べ比べました!



このページでは、日清食品の「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と、東洋水産の「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を食べ比べて、味の違いをレビューしていきます。


「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を比較


今回は、これから寒くなる季節にうれしいカップ麺の豚汁うどん対決!!日清食品の「日清のどん兵衛 豚汁うどん」と、東洋水産の「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」を食べ比べ、両者の味や中身がどう違うのかをレポしていきます。

  • 日清のどん兵衛 豚汁うどん


こちらは「日清のどん兵衛 豚汁うどん」。2018年11月12日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。今回は、3年ぶりの復活とのことで、冬期間限定の商品となっています。パッケージには「豚と根菜の旨味が溶け込んだ」と書かれており、体が温まるつゆが期待できそうです。

  • マルちゃん あつあつ豚汁うどん


こちらは「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」。2018年9月10日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの商品です。こちらは毎年秋冬に発売される季節限定商品で、毎年出ているのでパッケージに見覚えある方も多いのではないかと思います。パッケージには「生姜を利かせたつゆ」と書かれており、こちらも体が温まりそう。


3年ぶりの「どん兵衛」と毎冬恒例の「あつあつ豚汁うどん」、違いはいかに?


どちらも冬にピッタリの「豚汁」味のカップうどんで、当然両者バッキバキに意識したライバル商品だと思われます。西の日清、東の東洋水産が関ヶ原で天下分け目の激突って感じですが、こういうのは大概、後出しの方が有利になるので、発売が新しい「日清どん兵衛」の方が十分に対策していそうで、あんまりフェアな比較ではないのかもしれません。

しかし毎年発売されて購入者の支持を受けている「あつあつ豚汁うどん」なので、相手がどんな対策をしようが、どんとこいという立場でしょう!果たして両者にはどんな違いがあるのか、しっかり比較していきたいと思います。



内容物、価格、購入額など




どちらの商品も、液体スープとかやくが入っているのは共通。「日清どん兵衛」には「彩り七味」も入っています。



かやくをカップに開けた状態。具は「日清どん兵衛」の方がだいぶ充実しているように見えます。肉がきざみ揚げが明らかに多いですね。一方で、「あつあつ豚汁うどん」は、じゃがいもやごぼうの粒が大きいのが特徴。日清優勢に見えますが、両者特徴が出ていました。

品名日清のどん兵衛 豚汁うどん
メーカー日清食品
発売日2018年11月12日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく・彩り七味)
定価税別180円
取得価格税込149円(コープ)

品名マルちゃん あつあつ豚汁うどん
メーカー東洋水産
発売日2018年9月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込127円(コープ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【濃い練りごま】 東洋水産 「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」



このページでは、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」を食べてレビューしていきます。


「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごまみそうどん」。2018年11月12日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。今回の商品に合わせ、「マルちゃん おそば屋さんの鴨だしそば」もリニューアル発売されています。

昨年の同じ時期2018年11月に、今回と「豆乳」「ごま」の入った「うどん」という共通点があり、パッケージの色も橙系で同じ、「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」が発売されていましたが、好評だったためか、2018年9月にはタテ型商品としても「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」が発売されていました。今回はその流れを汲んでいる商品で、「担々」が「みそ」に置き換わっています。

昨年発売されていた「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」は、練りごまの強さと辛味が絶妙に組み合わさり、豆乳のまろやかさでまとめあげたとてもおいしい一杯でした。正直、「豆乳ごま担々」を超えるのは至難の業かと思いますが、今回の商品にもそれくらいのレベルのデキを期待したいところ。みそ味と練りごまは担々麺でよく見る組み合わせであり、粒ごまが入ったみそラーメンもたくさんあります。素材の組み合わせ的には期待できそうなので、どんな一杯なのか楽しみです。



1. 内容物、価格、購入額




別添袋は3つ。



昨年の「豆乳ごま担々」にも粒ごまがたくさん入っていましたが、今年も同じくらいたくさん入っています。写真はだいぶ寄って撮影しているので強調しすぎかもしれませんが、ここまでごまがたくさん入っているカップ麺は珍しいと思います。

品名マルちゃん 豆乳ごまみそうどん
メーカー東洋水産
発売日2018年11月12日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込127円(コープ)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「冬のコク塩ラーメン」が11年目を迎えて今年も登場!!寿がきや食品 「冬のコク塩ラーメン」



今年11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョン

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「冬のコク塩ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年11月12日発売の新商品で、毎年冬の恒例商品で今年で11年目を迎えた「冬のコク塩ラーメン」の2018年バージョンです。

冬のコク塩ラーメン」は、「背脂のコク」を前面に出した、冬らしいこってり味のしおラーメンです。今年もついにこの商品の発売される季節がやってきました。例年12月の発売でしたが、昨年から11月に前倒しになっています。寿がきや食品カップ麺の冬の代名詞的な存在で、毎年この商品の発売を楽しみにされている方も多いのではないかと思います。私も楽しみではありますが、これから寒い冬が訪れるのかと思うとちょっとブルーな気持ちにもなります。パッケージもちょっとブルーですし。マリッジブルーならぬ極寒ブルー。年々寒さが身に堪えるようになってきています。

さて今年の「冬のコク塩ラーメン」は、栄養成分表を見る限り昨年バージョンとまったく違いはありません。すべての数値が同じです。ただ、メーカーサイトには「今年は“塩”にこだわり、コク深い天日塩とスパイシーな岩塩を使用」と書かれており、栄養成分に反映されないところでの違いはありそうです。今年はどんな味に仕上げきているのか楽しみです。



商品概要



品名:冬のコク塩ラーメン
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れかやく入スープ・かやく)
定価:税別227円
取得価格:税込246円(イオン)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースコック 「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」



大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。

大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の名のつくお店があります。つけ麺の名店として有名で、ラーメンファンなら知らない人はいないですよね。山岸氏のお弟子さん孫弟子さんたちの活躍も目立ちます。お店のメニューでは「特製もりそば」(つけ麺)が有名ですが、今回はお店で供されている「中華そば」を再現し、ワンタンを加えた一杯となっています。麺量80gの大盛商品なのは、「量も美味しさのうち」という大勝軒の信念に基づいているとのこと。

「量も美味しさのうち」・・・なんて素敵な言葉なんでしょうか。今日から私の座右の銘にしようと思います。ちなみに嫌いな言葉は「腹も身の内」とか「腹八分目」。お腹いっぱいになるのもおいしさのうちというものでしょう。でも歳を重ねてきた最近は、お腹いっぱいにしちゃうと集中力はなくなるし眠くもなるし、もちろん太るし、あんまり良いことないなぁとも思うようになってきました。老いたな。フードファイターアンジェラオサーンとしては大盛と満腹の狭間で苦悩する日々です。アンジェラ佐藤さんを街中でお見かけしたことありますが、とんでもなく美人でしたよ!!

約2年ぶりの「大勝軒」&エースコックのタイアップ商品。「大勝軒」の礎である「中華そば」を再現した今回は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラ王 黒タンタン」(ファミマ限定)は濃厚練りごまでまったりな一杯!



ファミマ限定の「日清ラ王」ブランドのタテ型担々麺!

今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2018年11月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定です。現在のタテ型ラ王ラインナップはヘルシー志向的な商品が多いですが、今回のタテ型ラ王はそれらとは一線を画しそうな「黒タンタン」。しっかりカロリーありそうです。

黒地に白の縦縞パッケージ。ユーヴェカラーですね。私の中のユーヴェ選手といえば、ジダンとかデル・ピエロとか。海外サッカーに興味を持ち始めた時に最初に好きになったチームなので、結構思い入れがあります。あと白黒の縦縞と言えば阪神タイガース!帽子のつばの黄色はない方がカッコいいと思うのですが、黄色はタイガースのチームカラーなのでしょうがないですかね。今回「ラ王」の文字が黄色なのでユーヴェよりもタイガースっぽいかも。

さて今回の「黒タンタン」。黒担々麺といえば一般的には黒ごまの入った担々麺ですが、今回パッケージを見た限りでは、黒タンタン=黒ごま担々なのかは判別つきません。黒ごまではなく、黒マー油の線もありそうだなと思いつつ食べてみたいと思います。タテ型とは言え「日清ラ王」ブランドを背負った商品なので、今までの日清食品の本格担々麺と同じように、濃厚な練りごまに期待したいところです。果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:ラ王 黒タンタン
メーカー:日清食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年11月13日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(黒ラー油)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

» 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加