お菓子のカテゴリ記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

カテゴリ:お菓子

お菓子のカテゴリ記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2006-11-01 お菓子
カルビーのポテトチップス、「ポテリッチWパンチ」です。この商品はコンビにのみの発売だそうです。ジャガビーがおいしかったので、カルビーの高級志向商品であるこれも買ってしまいました。 通常の「ポテトチップス コンソメパンチ」のコンソメ風味を2倍にしたところがこの商品の売りだそうです。見た感じ、確かにコンソメの色が濃い気がします。ただ、食べてみるとそんな感じはしません。通常のポテトチップスよりもジャガイ...

記事を読む

2006-11-01 お菓子
ロッテのチョコレート、「airs エアーズ・ミルク」です。軽い食感が売りの12粒入ったチョコです。 ロッテの商品は、「トッポ」でボロクソに言いましたが、このチョコはおいしいです。本当に軽いです。普通のチョコは、甘さや重さで、完食してしまうと軽い後悔をおぼえるのですが、このチョコは軽い食感でそんな後悔はしないで済みます。でも、やっぱりカロリーは高いので注意が必要です。たくさんCMを流してるだけのことはあり...

記事を読む

2006-10-24 お菓子
寒く凍える季節が近づいてきていますね。冬の音楽といえばドリカムの「SNOW DANCE」が好きです。そして、食べ物はやっぱり辛いものでしょう。年中辛いもの大好きですけどね。 で、今回は東ハトの「暴君ハバネロ 魅惑のインド編」です。私はこの「暴君ハバネロ」が大好きです。一般向け製品としては規格外とも思える辛さが、一本筋が通ってる感じがして好感が持てます。 この「暴君ハバネロ 魅惑のインド編」は、辛さは本家「...

記事を読む

2006-10-17 お菓子
グリコのクリスピーチョコスナック、「パキッツ」です。ミルクチョコを軽い食感のエアインチョコで包み、その上にゴーフレットをのせた新感覚チョコというのが売り言葉です。 なんか最近文句ばっかり言ってますが、このチョコ、おいしいです。おいしいのんですが、ゴーフレットは本当に必要なのか?というのが正直なところです。なんていうんでしょう、水増し感がするのです。ゴーフレットがチョコを完全に包んでいれば手で持ち...

記事を読む

2006-10-17 お菓子
ロッテのトッポシリーズの高級版、「大人のトッポ ベイクドチーズケーキ豆乳仕立て」です。前にも書きましたが、私はどうもトッポシリーズが好きではなく、比較的敬遠しているのですが、「ベイクドチーズケーキ」という名前に負けて買ってしまいました。 これ、チーズケーキの味がしないです。そして、「大人の」がついたところで、周りのプレッツェル部分がいっそう存在を主張してきます。味も食感も満足できなくてスーパーで...

記事を読む

2006-10-03 お菓子
チョトス(Chotos)シリーズの「ロイヤルミルクティ」です。私はこのチョトスシリーズが大好きです。サクサク感のあるラスクなのにも関わらず、口の中でチョコっぽいシットリ感があります。他社に同様の製品がない、もしくはコンセプトは似ててもチョトスのような絶妙な食感ではないことを考えれば、おそらく相当な高技術なくして作れない商品なんだろうなと思います。小さい頃は古臭い感じがしてあまり好きではなかったブルボンの...

記事を読む

2006-09-28 お菓子
ロッテの「ポッキーキラー」こと、トッポのミルクプリンです。ポッキーやフランがプレッツェルにチョコがかかっているのに対し、このトッポシリーズは筒状のプレッツェルの中にチョコが入っています。好みは人それぞれでしょうが、私はこのトッポの方式が好きになれません。一口目を口に入れた時に最初にする味がスナック味になってしまうというのが好きになれない理由です。さらに、そのプレッツェルが硬くて口の中で結構存在を主...

記事を読む

2006-09-20 お菓子
カルビーの新商品、「ジャガビー(Jagabee)」です。「ジャガビー(Jagabee)」は、2006年4月に西日本で発売されて以来、好評で売切れ店が続出し、7月に北海道と東北で発売になりましたが品薄の状況で生産が追いつかないため、関東では10月2日まで購入することはできません。また、すでに発売している地域でもコンビニ以外で買うことはできません。 今までに発売されてきたカルビーの製品をすべて買って食べてみたことがあるわ...

記事を読む

2006-08-24 お菓子
前回紹介した、明治製菓「フランエクストラ (Fran Extra)」の 「極みのカカオ」です。どうも私は箱のデザインがいたく気に入ってしまったようです。 まぁ、箱のデザインは置いといて、「「フランエクストラ (Fran Extra)極みのカカオ」は、「上質な苦味」をコンセプトとしています。食べてみると、確かに高級感あふれる、ただ苦いだけではない深い苦さを味わうことができます。高級感を味わうという点では、「極みの森...

記事を読む

2006-08-23 お菓子
8月22日発売の、明治製菓「フランエクストラ (Fran Extra) 極みの森いちご」です。パッケージの鮮烈なベタ赤に思わず買ってしまいました。かなりカッコいいデザインです。 「上質な酸味」がコンセプトのようですが、確かにお菓子ではあまり経験したことのないいちごの酸味を再現できてると思います。六花亭のフリーズドライいちごの感じです。2種類のいちごチョコレートがコーティングされていて、酸っぱさの中に程よい甘さが...

記事を読む

カルビー 「ポテリッチ コンソメWパンチ」

  •  投稿日:2006-11-01
  •  カテゴリ:お菓子




カルビーのポテトチップス、「ポテリッチWパンチ」です。この商品はコンビにのみの発売だそうです。ジャガビーがおいしかったので、カルビーの高級志向商品であるこれも買ってしまいました。

通常の「ポテトチップス コンソメパンチ」のコンソメ風味を2倍にしたところがこの商品の売りだそうです。見た感じ、確かにコンソメの色が濃い気がします。ただ、食べてみるとそんな感じはしません。通常のポテトチップスよりもジャガイモのスライスが厚いため、濃いどころかちょっと薄い感じすらします。本当に濃厚なコンソメ味を期待していたのでちょっと期待はずれでした。私は薄いポテトチップの方が好きなようです。関係ないですが、ピザも生地が薄い方が好きです。食パンも薄い方が好きです。財布も・・・(寒)
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッテ 「airs エアーズ・ミルク」

  •  投稿日:2006-11-01
  •  カテゴリ:お菓子




ロッテチョコレート、「airs エアーズ・ミルク」です。軽い食感が売りの12粒入ったチョコです。

ロッテの商品は、「トッポ」でボロクソに言いましたが、このチョコはおいしいです。本当に軽いです。普通のチョコは、甘さや重さで、完食してしまうと軽い後悔をおぼえるのですが、このチョコは軽い食感でそんな後悔はしないで済みます。でも、やっぱりカロリーは高いので注意が必要です。たくさんCMを流してるだけのことはあります。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東ハト 「暴君ハバネロ 魅惑のインド編」

  •  投稿日:2006-10-24
  •  カテゴリ:お菓子




寒く凍える季節が近づいてきていますね。冬の音楽といえばドリカムの「SNOW DANCE」が好きです。そして、食べ物はやっぱり辛いものでしょう。年中辛いもの大好きですけどね。

で、今回は東ハトの「暴君ハバネロ 魅惑のインド編」です。私はこの「暴君ハバネロ」が大好きです。一般向け製品としては規格外とも思える辛さが、一本筋が通ってる感じがして好感が持てます。

この「暴君ハバネロ 魅惑のインド編」は、辛さは本家「暴君ハバネロ」に比べると多少劣っている感じはしますが、強烈な辛さのお菓子の味にバリエーションがあるのはとても良いことです。本家以外は定期的にいろいろ味を変えて発売しているようですが、この味は定番品化して欲しいです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリコ 「パキッツ」

  •  投稿日:2006-10-17
  •  カテゴリ:お菓子




グリコのクリスピーチョコスナック、「パキッツ」です。ミルクチョコを軽い食感のエアインチョコで包み、その上にゴーフレットをのせた新感覚チョコというのが売り言葉です。

なんか最近文句ばっかり言ってますが、このチョコ、おいしいです。おいしいのんですが、ゴーフレットは本当に必要なのか?というのが正直なところです。なんていうんでしょう、水増し感がするのです。ゴーフレットがチョコを完全に包んでいれば手で持ちやすいという効果がありますが、この商品のゴーフレットは上の部分だけで、そこの部分はバッチリとチョコが露出しています。サクサク感はいいのですが、エアインチョコのシットリ感とマッチしてない気もします。ただ、味はおいしいと思いました。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッテ 「大人のトッポ ベイクドチーズケーキ豆乳仕立て」

  •  投稿日:2006-10-17
  •  カテゴリ:お菓子




ロッテトッポシリーズの高級版、「大人のトッポ ベイクドチーズケーキ豆乳仕立て」です。前にも書きましたが、私はどうもトッポシリーズが好きではなく、比較的敬遠しているのですが、「ベイクドチーズケーキ」という名前に負けて買ってしまいました。

これ、チーズケーキの味がしないです。そして、「大人の」がついたところで、周りのプレッツェル部分がいっそう存在を主張してきます。味も食感も満足できなくてスーパーでの値段が180円。んー、もうトッポシリーズは2度と買うことはないかなぁ・・・。
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルボン 「チョトス ロイヤルミルクティー」

  •  投稿日:2006-10-03
  •  カテゴリ:お菓子


チョトス(Chotos)シリーズの「ロイヤルミルクティ」です。私はこのチョトスシリーズが大好きです。サクサク感のあるラスクなのにも関わらず、口の中でチョコっぽいシットリ感があります。他社に同様の製品がない、もしくはコンセプトは似ててもチョトスのような絶妙な食感ではないことを考えれば、おそらく相当な高技術なくして作れない商品なんだろうなと思います。小さい頃は古臭い感じがしてあまり好きではなかったブルボンのお菓子ですが、やっぱり信頼感は絶大ですね。

私は、ここで書いてると思いますが紅茶が大好きです。最近では最も多く飲んでるのは紅茶ですし、紅茶系のアイスを食べるのも大好き。チョトスが好きで紅茶が好きならば、この「チョトス ロイヤルミルクティー」を食べない手はありません。

食べてみた感想ですが、想像通りとてもおいしかったです。チョトスの絶妙な食感に加え、ちょっと濃厚めの紅茶の香りがとても心地良いのです。洋菓子店が裸足で逃げ出すんじゃないかと思ってしまいます。ラスク特有の「喉が渇く」という欠点以外は、まったく隙がない商品だと感じました。かなりお勧めです。



 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッテ 「ミルクプリントッポ(TOPPO) 」

  •  投稿日:2006-09-28
  •  カテゴリ:お菓子


ロッテの「ポッキーキラー」こと、トッポのミルクプリンです。ポッキーやフランがプレッツェルにチョコがかかっているのに対し、このトッポシリーズは筒状のプレッツェルの中にチョコが入っています。好みは人それぞれでしょうが、私はこのトッポの方式が好きになれません。一口目を口に入れた時に最初にする味がスナック味になってしまうというのが好きになれない理由です。さらに、そのプレッツェルが硬くて口の中で結構存在を主張してきます。これはフランにも同じようなことが言えます。

で、そんな好きではないはずのトッポをなぜ買ったか、それは、ミルクプリン味というのに惹かれてしまったからです。ミルクプリンってホントおいしいですよね。よく買うんです。なので、トッポが好きじゃないにもかかわらず買ってみました。

結果は・・・やはりトッポはトッポでした。まず、相変わらずプレッツェルが大きく存在を主張・・・そして、なぜかミルクプリンの味がまったくしない・・・。ロッテは、ガムとかチョコレートとかとてもおいしいのですが、どうもそれ以外のお菓子にはイマイチ感が漂います。どう味わってもミルクプリンの味には感じないというのはやはりちょっと問題なのではないでしょうかね。素直に普通のミルクプリンを買っておけばよかったと後悔しました。
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルビー 「ジャガビー(Jagabee) うす塩味」

  •  投稿日:2006-09-20
  •  カテゴリ:お菓子


カルビーの新商品、「ジャガビー(Jagabee)」です。「ジャガビー(Jagabee)」は、2006年4月に西日本で発売されて以来、好評で売切れ店が続出し、7月に北海道と東北で発売になりましたが品薄の状況で生産が追いつかないため、関東では10月2日まで購入することはできません。また、すでに発売している地域でもコンビニ以外で買うことはできません。

今までに発売されてきたカルビーの製品をすべて買って食べてみたことがあるわけではないですが、この「ジャガビー(Jagabee)」は、ひょっとすると「カルビー史上最強」なのではないかと思います。まだ食べられない関東の方には申し訳ないですが、これ、とにかくおいしいです。



皮付きポテトのスティックをスナック菓子にしたこの商品は、北海道のお土産屋さんや空港などで限定発売されている「じゃがポックル」と酷似しています。「じゃがポックル」は、選び抜かれたジャガイモと塩を使用した、店頭に並ぶ間もなく売り切れてしまう人気商品なのですが、今回紹介している「ジャガビー(Jagabee)」は、その「じゃがポックル」のジャガイモと塩以外の部分の製法がまったく同じものだといわれています。要は、一般小売向けの「じゃがポックル」、もしくは、廉価版「じゃがポックル」と言えるわけです。

私は「じゃがポックル」も食べたことあるのですが、ちょっと食感が違う(じゃがポックルのほうがやわらかい)感じがしたのと、塩味の度合いが違う(ジャガビーの方がしょっぱい)感じがしたのを除けば、ほとんど同じだと感じました。塩分が強い分、ジャガビーの方がおいしいかなと私は思ったくらいです(辛党なので・・・)。ジャガイモ系のお菓子で、これに勝るものは当分出ないのだろうなと思わざるをえません。すごい商品だと思います。150円くらいとちょっと高い上に入ってる量が少ないので物足りないのですが、箱で買うことも辞さないくらいおいしいです。
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治製菓 「フランエクストラ (Fran Extra) 極みのカカオ」

  •  投稿日:2006-08-24
  •  カテゴリ:お菓子


前回紹介した、明治製菓「フランエクストラ (Fran Extra)」の 「極みのカカオ」です。どうも私は箱のデザインがいたく気に入ってしまったようです。



まぁ、箱のデザインは置いといて、「「フランエクストラ (Fran Extra)極みのカカオ」は、「上質な苦味」をコンセプトとしています。食べてみると、確かに高級感あふれる、ただ苦いだけではない深い苦さを味わうことができます。高級感を味わうという点では、「極みの森いちご」よりも良いかもしれません。ただ、同じく198円という値段がネックとなります。



FranのHPでは、エビちゃん(蛯原友里さん)や相沢紗世さんのポーチや図書カードが当たるキャンペーンをやっています。Franを購入し、FranのHPでID登録をした後、箱の中に印字されているシリアルナンバーを登録することによって一箱につき1ポイントが付与され、3ポイントでポーチ、1ポイントで図書カードのプレゼントキャンペーンに応募することができます。ちょっと煩わしい応募方法ですが、その分応募者も少なくなると思うので、当選の確率が高くなるのではないでしょうか。

» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治製菓 「フランエクストラ (Fran Extra) 極みの森いちご」

  •  投稿日:2006-08-23
  •  カテゴリ:お菓子


8月22日発売の、明治製菓「フランエクストラ (Fran Extra) 極みの森いちご」です。パッケージの鮮烈なベタ赤に思わず買ってしまいました。かなりカッコいいデザインです。

「上質な酸味」がコンセプトのようですが、確かにお菓子ではあまり経験したことのないいちごの酸味を再現できてると思います。六花亭のフリーズドライいちごの感じです。2種類のいちごチョコレートがコーティングされていて、酸っぱさの中に程よい甘さが感じられます。かなり上質な味なので、味的にはお勧めできます。ただ、定価198円でちょっと高く、そこがネックですね。

FranのHPでは、エビちゃん(蛯原友里さん)や相沢紗世さんのポーチや図書カードが当たるキャンペーンをやっています。Franを購入し、FranのHPでID登録をした後、箱の中に印字されているシリアルナンバーを登録することによって一箱につき1ポイントが付与され、3ポイントでポーチ、1ポイントで図書カードのプレゼントキャンペーンに応募することができます。ちょっと煩わしい応募方法ですが、その分応募者も少なくなると思うので、当選の確率が高くなるのではないでしょうか。
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます