ラーメン(東京)のカテゴリ記事一覧

新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

カテゴリ:ラーメン(東京)

ラーメン(東京)のカテゴリ記事一覧。新商品を中心にカップ麺、カップラーメン、カップ焼そば等をレビュー。独断と偏見に基づき評価もしています。

2007-04-25 ラーメン(東京)
ラーメン+味付たまご 醤油豚骨でラーメン業界を席巻した横浜家系ラーメンの本家は「吉村家」ですが、その本家「吉村家」より有名で且つ横浜家系ラーメンの名を全国に轟かせたのが今回紹介する「六角家」です。「六角家」の本店は横浜にあるのですが、私は御徒町にある支店に行ってきました。 今回行った御徒町店は、御徒町駅の秋葉原側(南側)のガード下にある「御徒町らーめん横丁」内にあります。ここには「六角家」の他に...

記事を読む

2006-07-08 ラーメン(東京)
東京にある九州トンコツラーメンの名店、「九州じゃんがら」の人気メニュー「ぼんしゃん」です。 「ぼんしゃん」は、「九州じゃんがら」のこってりラーメンで、とにかくトンコツトンコツしているラーメンです。濃厚なトンコツでトンコツ臭さも程よく、とてもクリーミー、私の知り得る限り最強のラーメンだと思います。見た目、匂い、味、ボリューム、どれをとっても文句のつけようがありません。麺がちょっと少ないと感じるかも...

記事を読む

2006-07-02 ラーメン(東京)
池袋のラーメン屋といえばココだっ!って人は多いと思います、「光麺」です。 光麺の看板メニュー「熟成光麺」は、クリーミーで濃厚なとんこつラーメンなのですが、濃厚なのにとんこつ臭さはほとんどありません。私はとんこつ臭さというヤツが嫌いじゃないので、むしろもうちょっと臭くてもいいなと思うのですが、これはこれでとんでもなく美味なのです。上の写真からもおいしさが伝わるかと思います。不自然ではなく、とんこつ...

記事を読む

2006-06-17 ラーメン(東京)
京都に本店を置く「天下一品」です。天下一品のラーメンはファンが多い反面、アンチも大変多く、意見の割れる、「こってりラーメン」が看板です。私はドップリはまってしまったクチで、周期的に「こってりラーメン」を食べなければ禁断症状になります。 このラーメンにハマるためには、まずラーメンだと思わないこと。ラーメンという既成概念に当てはめてしまうと、どうしてもラーメンとは逸脱したものに見えてしまいます。そう...

記事を読む

六角家御徒町店 「ラーメン」


ラーメン+味付たまご

醤油豚骨でラーメン業界を席巻した横浜家系ラーメンの本家は「吉村家」ですが、その本家「吉村家」より有名で且つ横浜家系ラーメンの名を全国に轟かせたのが今回紹介する「六角家」です。「六角家」の本店は横浜にあるのですが、私は御徒町にある支店に行ってきました。

今回行った御徒町店は、御徒町駅の秋葉原側(南側)のガード下にある「御徒町らーめん横丁」内にあります。ここには「六角家」の他に、中野の名店「青葉」や「匠屋」が入居しており、昼時にはそこそこ賑わいを見せています。本店に行けば相当混雑している名店なのでこの程度の混雑で食べられるのならむしろ良いかなという感じです。

さて、今回の「六角家」のラーメン、家系ラーメンにしてはちょっとサッパリめのスープに超太ストレート麺、上にはチャーシューとほうれん草と海苔が3枚乗っています。さすが名店のラーメンなのでおいしいのですが、名声ほどの味には感じませんでした。脂の量や麺の硬さ、スープの濃さなどを指定できるので上手に組み合わせることで自分なりの良い味を作ることはできるのでしょうが、今回はデフォルトの味だったためか、どうも印象的な味には感じませんでした。私が思うに、これが六角家の味というよりは、支店であるが故の味の違いがあるように思います。おそらく、本店の味はもっと違うのだと思うのですが・・・でも、おいしくないということはありませんでした、十分おいしいです。ただ、山岡家の方がインパクトがあるなぁと感じます。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州じゃんがら 「ぼんしゃん」



東京にある九州トンコツラーメンの名店、「九州じゃんがら」の人気メニュー「ぼんしゃん」です。

「ぼんしゃん」は、「九州じゃんがら」のこってりラーメンで、とにかくトンコツトンコツしているラーメンです。濃厚なトンコツでトンコツ臭さも程よく、とてもクリーミー、私の知り得る限り最強のラーメンだと思います。見た目、匂い、味、ボリューム、どれをとっても文句のつけようがありません。麺がちょっと少ないと感じるかもしれませんが、安く替え玉(150円)できるし、ご飯と一緒に食べたりすると本当にいっぱいの満足感を得られます。

私がいつも食べるのは、ぼんしゃん+味玉子(ぼんしゃん味玉子入750円)+ご飯で、大人の男でも結構満足できるボリュームだと思います(もっと多い方がいいけど)。キクラゲの歯ごたえがクリーミーなラーメンにインパクトを与え、絶妙です。ご飯との相性もバッチリ完璧です。世の中に九州じゃんがらのぼんしゃんという食べ物があるということを感謝したいくらいです(言いすぎ?)。


» 続きを読む

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光麺 「熟成光麺」



池袋のラーメン屋といえばココだっ!って人は多いと思います、「光麺」です。

光麺の看板メニュー「熟成光麺」は、クリーミーで濃厚なとんこつラーメンなのですが、濃厚なのにとんこつ臭さはほとんどありません。私はとんこつ臭さというヤツが嫌いじゃないので、むしろもうちょっと臭くてもいいなと思うのですが、これはこれでとんでもなく美味なのです。上の写真からもおいしさが伝わるかと思います。不自然ではなく、とんこつ独自の甘さが感じられ、これは光麺独特な世界だと私は思います。コッテリラーメン好きならば、ある程度誰もがおいしいと思える素晴らしいラーメンです。絶対お勧めですね。

池袋本店のほかにも、池袋西口、原宿、恵比寿、代々木、新宿歌舞伎町、上野、秋葉原、六本木、新宿南口に支店があるので、機会があればぜひどうぞ。

「光麺」池袋本店
熟成光麺:730円
味付玉子(トッピング):120円
※ランチタイムはトッピングが1品無料になる店があります。
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-18-22 1F
電話:03-3971-3008
営業時間:11:00~29:00
定休日:なし
ホームページ:http://www.kohmen.com/
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天下一品  「こってりラーメン」



京都に本店を置く「天下一品」です。天下一品のラーメンはファンが多い反面、アンチも大変多く、意見の割れる、「こってりラーメン」が看板です。私はドップリはまってしまったクチで、周期的に「こってりラーメン」を食べなければ禁断症状になります。

このラーメンにハマるためには、まずラーメンだと思わないこと。ラーメンという既成概念に当てはめてしまうと、どうしてもラーメンとは逸脱したものに見えてしまいます。そうではなく、天一という別の食べ物だと思った上で食べてみてください。きっと、コラーゲンの強すぎた粉のような質感のスープにハマってしまうこと請け合いです。スープというより、ドロドロの液体です。それがいいんです。絶対お勧めの一品です。

私は学生時代はよく「高田馬場店」を、社会人になってからは「神田店」を利用してました。「神田店」よりも「高田馬場店」の方がこってり感が強い印象を受けます。

あと、「こってりラーメン」と一緒に、「チャーハン」を食べられる、「チャーハン定食」が一番のお勧めです。ここのチャーハンのモチモチ感葉結構いけます。

「天下一品」 神田店
こってりラーメン(中華そば):630円
チャーハン定食(ラーメン+チャーハン):850円
住所:〒101-0047 千代田区内神田3-23-8第3唐澤ビル1F
電話:03-3256-0330
営業時間:11~26時(土・祝は22時まで)
定休日:日曜日
ホームページ:http://www.tenkaippin.co.jp
 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © カップ麺をひたすら食いまくるブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます