今回のカップ麺は、エースコックの「JANJAN ソース焼そば」。「平型パッケージが主流のカップ焼そば市場に新機軸タテ型パッケージを投入します」とのことで、テレビCMまで打ってエースコックが気合入れて送り出した新商品です。「カップ焼そばに少し抵抗感があるライトユーザーや女性層」ということで、私のようなカップまで食べてしまいそうな無駄にヘヴィィィィィなユーザーにはあまり関係なさそうな商品ではありますが、なんだか面白そうなので食べてみました。





ソースは、「野菜と果実を濃縮した特製ソースを使った濃厚なコクと旨みのある焼そばソースで」、「鉄板で炒めたキャベツや香ばしいソースの風味、別添のスパイス(黒胡椒)がアクセントとな」っているとのこと。スーパーカップいか焼そばなどエースコックの他のカップ焼そばに比べるとだいぶソースの味が大人しく、常々カップ焼そばのソースは味が強すぎると感じている私には良かったです。ただこれといった特長も見出せないですね。味付け的に仮想敵はぺヤングとかやきそば弁当なのかなと感じました。

は、「ソースを練りこみ、しっかりと味付けすることで、美味しく仕上げた弾力のあるめん」とのこと。残念ながらソースを練りこんだ効用はよくわかりませんでしたが、コシがありながらも強くは主張してこない、なかなか奥行きのある麺に感じられました。人を選ばないというか、誰も嫌がらない麺だと思います。強くないソースとの相性も良いです。

は、キャベツ、肉そぼろ。ソースも麺もそれほど強い味ではないため、肉そぼろの味がカップの中でいちばん目立っているように感じられました。これもぺヤングとかやきそば弁当と共通している部分だと思います。ただちょっと具の寮が貧弱ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
味は定番化するに足るものだと思うし、どこかぺヤングを彷彿させるクセになりそうな味です。ライトユーザーに受け入れられるスタイリッシュなカップが特徴ですが、普通のカップ焼そばに抵抗のない人にとっては量が少ないちっこいカップ焼そばと認識されそうです。私自身もスタイリッシュな恩恵は感じませんでした。新しい形を提案することはとても良いことなので、これからもどんどん面白い商品を作ってもらいたいです。

品名:JANJAN ソース焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2010年3月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(焼そばソース・スパイス)
定価:税別170円
取得価格:税込168円(サンクス)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/brand/janjan.html

標準栄養成分表
1食107g(めん85g)あたり
エネルギー:427kcal
たん白質:7.9g
脂質:12.7g
炭水化物:70.2g
ナトリウム:2.1g
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:225mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

一昨日の歩数計:5990歩
昨日の歩数計:7702歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加