世の中にはどうしても信じられないものがありますよね。私なんか、比較的なんでも信じてしまう頭の足りないタイプではありますが、深くえぐるような記憶に裏づけられた不信は拭おうにも拭えません。

信じられないもの、それは天井。

PCに向かって「俺の嫁」相手にニヤニヤしている最中に、轟音とともに天井が落ちてきました。何やら雨漏りで水を吸って重くなった断熱材が天井を押し出してきたとのこと。いやー、まさか信じて疑わなかった天井が落ちてくるなんて思ってもいませんでした。

工事が入るというので積年のたまり切った膿をこそぎ落とすかのように念入りに掃除をし、工事に3日を要し、そしてやっと落ち着いてこうしてブログを書いています。なんか、修理が完了しても天井が動いてたわんでくる様に見えるわけですよ。今にも天井が落ちてきそうで怖いです。これはあれですね、巷で言う「天井不信」ってやつですな。そのまんまですが。

そんなわけで更新が滞ってしまって申し訳ありません。なんとか早くに通常営業に戻れるように頑張ろうと思います。



今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 福島白河 とら食堂 中華そば」。福島県白河の名店とのことです。福島といえば喜多方ラーメンが有名ですが、白河ラーメンというのはオーソドックスなしょうゆラーメンだそうです。





スープは、「鶏ガラスープと香りの良い鶏油による透明感のある正統派のしょうゆスープを再現」し、「鶏ガラエキス、ポークエキス、ローストオニオンエキスをミックスし、上品な味わいに仕上げ」たとのこと。鶏ガラのよく効いたスープで、あっさりだけど味はしっかりしていました。あんまり特徴がないような気もしましたが、普通においしかったです。

は、「新開発(特許出願中)の手打ち風ノンフライ麺はコシがあり、スープののりをよくし」たとのこと。以前食べた「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば」と同じような印象の麺で、つるみがあってが歯応えがあるけど、ノンフライ麺にありがちなゴリゴリした食感ではなく、適度な主張は上品なスープとよくマッチしていました。麺の製法の特許は他にもいろいろあるだろうに、敢えてここで主張しているということは、サンヨー食品はよっぽどこの麺を押したいということでしょうね。確かに他社にはない食感で良いと思います。

は、チャーシュー、メンマ、ホウレン草、ネギ、ナルト、焼のり。チャーシューはソコソコのボリュームがあり、味もおいしいです。240円という価格を考えると具のボリューム感はありませんが、スープや麺の邪魔をしない具でしたね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
240円という高級価格帯の商品ですが、価格分の満足感は得られると思います。スープに何かひとつ際立った特徴が欲しかったですが、しっかりまとまっている味は高級感がありました。実際のお店の味は知りませんが、雰囲気は十分出ているんじゃないかと思います。

品名:サッポロ一番 名店の味 福島白河 とら食堂 中華そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2010年2月22日(月)
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(あといれ液体スープ・かやく2袋・焼のり)
定価:税別240円
取得価格:税込248円(ローソン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0069.html

標準栄養成分表
1食119g(めん70g)あたり
エネルギー:397kcal
たん白質:14.4g
脂質:11.3g
炭水化物:59.4g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/

昨日の歩数計:1288歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加