今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 焦がしバター味コーン拉麺」。前回の「マルちゃん 本気盛 香油塩拉麺」と同時発売の「本気盛」の企画物です。今回は準優勝した北海道札幌の「縁や」のメニューの再現なんですが、縁やはもう何度も行っている私にとって親しみのある店なので何だか嬉しいです。





スープは、「鶏骨と鶏もみじから取ったエキスをベースにした鶏白湯スープ」で、「別添特製油の焦がしバター風味のオイルでアクセントを付け」たとのこと。鶏ベースのスープとのことですが、それは正直よくわからず、むしろ焦がしバターの香りがとても目立ってました。スープに関しては焦がしバター1点張りですが、ある意味カップ麺らしいわかりやすい味で好感持てました。こういう強い風味は今回のような油揚げ麺によく向いていると思います。

は、「角刃で切った、なめらかでコシのある細めの麺」とのこと。前回食べた「マルちゃん 本気盛 香油塩拉麺」と同じ麺だと思います。いつもの主張の強すぎる本気盛の麺じゃなく、少し細くして出してきたことで、スープの味がしっかりわかるようになったのはとても良いと思います。適度な硬さのある食感で、バターの主張の強いスープとよくあっていたと思います。

は、コーン、ホタテ風かまぼこ、アスパラガス、皮付きポテト、ニンジン。皮付きポテトがとてもうまいです。皮の風味がバターの香りに負けずにしっかりあってとても良かったです。また、ほたて風かまぼこもかまぼこっぽくなくてほたての食感に近かったです。コーンもアスパラも量があって存在感ありました。この具は量といい構成といい完璧ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
スープに奥深さは感じなかったけど、焦がしバター押しのわかりやすい味は油揚げ麺ととてもよくマッチしていました。また、具の皮付きポテトのデキがとてもよかったです。いつも麺ばかりの主張が強い本気盛シリーズですが、今回はスープと麺と具のバランスがとても良かったと思います。実際にお店で食べてみたくなる凝った味ではないですが、カップ麺用によく練られた味だと感じました。

品名:マルちゃん 本気盛 焦がしバター味コーン拉麺
メーカー:東洋水産
発売日:2010年2月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(サンクス)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/1824.html

標準栄養成分表
1食104g(めん80g)あたり
エネルギー:501kcal
たん白質:11.5g
脂質:25.3g
炭水化物:56.9g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.9g、スープ1.6g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:168mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

昨日の歩数計:1226歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加