今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 香油塩拉麺」。「『Yahoo! JAPAN』・『TOKYO★1週間』のご協力のもと『次世代ラーメン(今までになかった新しいラーメン)』をコンセプトに、全国のラーメン店に参加を募り、延べ119万票を集めた消費者投票によって、2つの『最強の次世代ラーメン』を決定し、本気盛ブランドとして商品化」したとのことです。今回はその投票で優勝したラーメンとのことでです。何やら楽しそうな企画で、おいしいラーメンを再現したものとしてカップ麺ファンとしては嬉しい限りですが、「本気盛」シリーズの、主張が強すぎてスープの味を打ち消してしまういつもの太い油揚げ麺で果たしてお店の味を再現できるのかなと心配になったりもします。また、選考方法がインターネット投票ということで、実際に食べた結果が反映されたわけでもなさそうで、そのあたりもどうなんだろうと思ってしまいます。



この商品は、石川県野々市町というところのラーメン店、「ラーメン一鶴」の創作ラーメンとのことですが、ネットで検索した限りではそれほど有名店ってわけでもないようです。そういうお店が選ばれるんだから、このメニューにはよほど何か光るものがあるのかもしれませんね。





スープは、「チキンエキスと魚介のエキス(かつお、うるめ、さば、かに)のベースに、ゆず風味でアクセントをつけた、塩味ラーメンスープ」とのこと。油揚げ麺の入ったスープではしおラーメンの細かい味の表現に限界を感じてしまいますが、それでもあっさり味にしては魚介由来のやわらかい旨みを感じることができ、こってり好きな人でもそれなりに満足できるスープに仕上がっていると思います。ただやっぱりこういうスープはノンフライ麺で食してみたいですね。

は、「角刃で切った、なめらかでコシのある細めの麺」とのこと。「細めの麺」というところがひとつのポイントで、いつもの主張が強すぎる本気盛の麺だとスープの味がよくわからなくなってしまうのですが、今回は細くなってスープの味をそれなりに堪能できたので好感持てました。太さはカップヌードル以上だけどカップスターくらいには抑えられている感じですかね。個人的に油揚げ麺はこれくらいの細さがいちばん良いと思っているので、この麺は今回だけじゃなく、これからの「本気盛」シリーズのデフォルト麺にしてもらいたいですね。

は、味付豚肉、タマゴ、メンマ、カニ風かまぼこ、ネギ、粗挽唐辛子。本気盛は具が賑やかですね。今回は味付豚肉の量が多く、しかもあっさりめなスープの中にあって濃い味付けになっており、アクセントとして効果がありました。タマゴやカニ風かまぼこの甘さもスープの中で映えてました。定価190円で食べられるカップ麺の具としては最高クラスなんじゃないかなと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
麺や具に関しては★5つでも★6つでも良かったんじゃないかと思うくらいデキは良かったと思います。ただ、スープははおいしかったものの、あっさりで繊細さを感じる味は、やはり主張のある油揚げ麺にあわせるものとしてはあまりふさわしい感じはしませんでした。スープ自体が悪いんじゃなく、あくまで油揚げ面との相性という問題なので、パーツ単位で見ていくともっと評価は高くなるんじゃないかと思います。

品名:マルちゃん 本気盛 香油塩拉麺
メーカー:東洋水産
発売日:2010年2月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/1823.html

標準栄養成分表
1食101g(めん80g)あたり
エネルギー:466kcal
たん白質:10.8g
脂質:22.6g
炭水化物:54.9g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.7g、スープ1.6g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:170mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

一昨日の歩数計:6231歩
昨日の歩数計:11036歩 ←久しぶりの1万歩達成

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加