今回のカップ麺は、ヤマダイの「凄麺 新潟 背脂醤油ラーメン」。お世話になっているニジンスキーさんに売っているところを教えてもらって無事に買うことができました。改めて本当にありがとうございました。さて、この商品は新潟の燕三条系ラーメンの再現ものですが、同じ日に寿がきや食品から「全国麺めぐり 新潟背脂醤油ラーメン」という、味も価格帯も競合する商品が発売されており、これは相乗効果を狙った意図的な同時発売に感じてしまいました。そうならば意図どおり乗ってやろうということで、どちらも食べることにした次第です。





スープは、「濃厚な醤油感と煮干しの風味が特徴の醤油ラーメンスープに、数種類のポーク・チキンエキスを配合し、コクを付与」、「油部には背脂を加え、濃厚な風味をプラスし、さらに炊きだした豚の香りでより濃厚感の感じられるスープに仕上げ」たとのこと。しょうゆ味に背脂と具のタマネギの味を感じるスープですが、煮干の味はそれほど感じなかったし、背脂も少ししか入ってなかったのでもっと欲しかったです。燕三条系のラーメンの要素はしっかり入っているものの、すべてがちょっと物足りない印象でした。

は、「モチモチとした生麺に近い食感を再現した当社独自製法のノンフライ麺」とのこと。モチモチというよりは凄麺に多いいつものゴリゴリした食感の中細麺です。食感の存在感が強く、スープのダシの風味を消してしまっている部分があるかもしれません。この麺は相当こってりしたスープとじゃないとマッチしないように思います。スープによっては大化けする食べ応えある良い麺なんですけどね。

は、チャーシュー、メンマ、ネギ、タマネギ。タマネギは今回の商品で最も燕三条系らしい特徴を出していて良かったですが、それ以外の具はイマイチでした。ただ、スープや麺のクオリティを考えると210円という価格だとこんなものかなという感じはします。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
好き嫌いはともかくとして、麺の食べ応えを考えると210円という値段は他社と比べて妥当かそれ以上かとは思いますが、新潟燕三条系ラーメンとしては背脂もスープのダシも弱いということで、ちょっと辛めの評価にしました。それでも寿がきや食品の「全国麺めぐり 新潟背脂醤油ラーメン」に比べると再現度は高いと思いますが、寿がきやの方がカップ麺としてはおいしいと思ったので、勝敗をつけるなら今回は寿がきやの勝ちですかね。両方とも麺にそれぞれのメーカーらしさが出ていました。

品名:凄麺 新潟 背脂醤油ラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2010年2月15日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく2袋)
定価:税別210円
取得価格:税込218円(セイコーマート)
製品URL:http://www.sugomen.jp/product/d00141.html

標準栄養成分表
1食122g(めん60g)あたり
エネルギー:419kcal
たん白質:10.5g
脂質:16.9g
炭水化物:56.3g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく0.2g、スープ2.7g)

ヤマダイHP:http://www.newtouch.co.jp/

昨日の歩数計:1009歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加