今回のカップ麺は、とかち麺工房の「石神秀幸が唸った名店 あびすけ とんこつ魚介ラーメン」。サークルKサンクスオリジナル商品です。ってか、とかち麺工房のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品だろうがなかろうが、どちらにしろサークルKサンクスでしか見かけないですよね。以前はローソンとかファミマでも扱ってた気がするんですが。盛り返して欲しいですね。今回の「あびすけ」は横浜の日吉や元住吉にある名店で、「とんこつ魚介ラーメン」というメニューはお店のHP上で判断するにレギューラーメニューではないようです。





スープは、「濃厚でコクのある豚骨・鶏だしをベースに、しっかりと魚介だしを加えたスープ」とのこと。確かにベースはとんこつっぽいですが、鶏ダシ特有のまろやかさがあります。ただどちらもそれほど強くなく、味のメインはしょうゆと魚介粉、それにほのかに香るニンニクっぽい風味です(原材料名からはニンニクらしきものは確認できませんでしたが)。店主の創作とのことですが、別段創作っぽさは感じられず、ごく普通のとかち麺工房の魚介とんこつしょうゆのスープという感じでしたね。まずくはないけど驚きの味もありませんでした。

は、とかち麺工房のいつもの氷結乾燥ノンフライ麺。太さは中太です。とかち麺工房の麺は一時期、口の中で縦に裂ける変な食感の麺になってましたが、最近はきちんと弾力のある麺に戻っている気がします。今回のスープはややあっさり加減なので、この麺はちょっと存在感が強すぎでした。もうちょっと細い方がスープとマッチしたと思います。

は、レトルトのチャーシューとメンマ、ネギ。相変わらずといえば相変わらずなんですが、価格比のレトルト具の貧弱さがひどいです。小さな肉の塊とメンマが2本。私のようなとかち麺工房の商品を食べ慣れているような人間だとまたかぁ~くらいで済みますが、初めて食べる人だと金返せってなるかもしれません。しかもスープに合わせることなくいつも同じような味がする気がします。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
決してまずいわけじゃないスープですが、お店の特徴らしさがあまり感じられないありふれた味で、298円の商品としては不満が残ります。また、相変わらずですが具の貧弱さも世界レベルです。麺の食感が以前の感じに戻ってきてるのが唯一の救いですかね。これが200円程度の商品なら喜んで★4とか★5とか付けるんですけどね。

品名:石神秀幸が唸った名店 あびすけ とんこつ魚介ラーメン
メーカー:とかち麺工房
発売日:2010年2月17日(水)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(レトルトの具・乾燥具材・特製スープ・調味油)
定価:税込298円
取得価格:税込298円(サンクス)
製品URL:なし

標準栄養成分表
1食151g(めん60g)あたり
エネルギー:418kcal
たん白質:16.6g
脂質:14.7g
炭水化物:54.8g
ナトリウム:3.4g(めん・かやく0.4g スープ3.0g)

とかち麺工房HP:http://www.tokachi-menkoubou.co.jp/
サークルKサンクスHP:http://www.circleksunkus.jp/

昨日の歩数計:1153歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加