今回のカップ麺は、サークルKサンクスオリジナル商品で、とかち麺工房の「らぅめん青葉 醤油らぅめん」。旭川ラーメンの名店の再現ものです。最近のとかち麺工房は、本格的だけど298円とお高い大きなカップの商品だけではなく、今回のような200円を切る小さなカップをよく出していますね。CPを上げることについては大賛成ですが、私が望むのは現状298円の大きなカップ麺を50円以上値下げして他社並みにしてもらうことであり、今回のような安いけど小さいですよ的な商品はどうなんだろうって思っています。落としどころとしては、いかにコストを削っていることを客にわからせないようにして価格を下げられるかだと思うんですが、この商品のいかにもコストを削った感じの風貌だけ見ると、こんなブログをやってなければ仮にカップヌードルと同じ値段でもあまり買いたくないかなぁ。





スープは、「動物系と魚介系のダシが調和した極旨スープ」とのこと。しょうゆ味の奥からじわじわやってくる、地味だけど味わい深い魚介の味がとても良かったです。私はあまり旭川ラーメンについて詳しいわけではないですが、私の知る限りではなかなか旭川ラーメンらしい味を再現できているのではないかと思います。派手さはないけどおいしいです。

は、とかち麺工房のいつもの氷結乾燥ノンフライ麺。特に旭川ラーメンを意識している麺ではなく、あくまでとかち麺工房のいつもの麺です。青葉の麺は旭川ラーメンの店では比較的コシがある部類ですが、それにしても今回の麺はとかち麺工房らしくコシも押し出しも強すぎです。ただ、魚介ダシの芯のしっかりしたスープなので、スープが麺に負けているということはありませんでした。スープと相性良かったと思います。また、小さなパッケージで麺の量が心配でしたが、大きなカップに比べてそれほど量が少なくなったとは思いませんでした

は、チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。これはいつもより価格を抑えた商品らしく、思い切り手抜き感が出ていましたね。とかち麺工房のいつもの無駄なレトルトでお金を取られるのは嫌ですが、今回もこれはこれでもうちょっとどうにかならなかったのかねと思ってしまいます。どれも一応入れましたレベルです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
パッケージの佇まいと具の貧弱さは198円に見合わないレベルですが、奥からじわじわくる魚介ダシのスープはなかなか飲ませるものでした。麺の量は、今回の小さなパッケージでも298円のいつもの大きなパッケージとそれほど変わらないように感じたので、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

品名:らぅめん青葉 醤油らぅめん
メーカー:とかち麺工房
発売日:2010年2月10日(水)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:税込198円
取得価格:税込198円(サンクス)
製品URL:なし

標準栄養成分表
1食110g(めん55g)あたり
エネルギー:351kcal
たん白質:12.4g
脂質:12.1g
炭水化物:48.1g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.2g スープ2.5g)

とかち麺工房HP:http://www.tokachi-menkoubou.co.jp/
サークルKサンクスHP:http://www.circleksunkus.jp/

昨日の歩数計:2436歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加