年々寒さに耐えられなくなってきていて、昨冬辺りから下に履くタイツを愛用しております。今冬はユニクロのヒートテックを履いていて、何となくおしゃれな感じで良いんですが、よくよく形状を見るとただの股引きなんですよね。前は股引きを履くかどうかでオッサンかそうじゃないかの線引きをしてみていたので、その基準では私は完璧オッサンということになりますが、まぁ現実、若々しいナイスガイなんですけどね(なんかむなしい)。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん あんかけ風やきそば弁当」。北海道限定発売の商品です。「やきそば弁当」シリーズは北海道ではさすがの定番ブランドということで、すでに何人もの人がこの商品を買ったり食べたりしているのを目撃しました。今回はあんかけということで、一回お湯を捨ててからもう一度あんかけの素を溶かすお湯を入れるという変り種です。なんかしょっぱいなぁと思いながらも普通のカップ焼そばのようにお湯を入れずに食べてしまった人がいるとかいないとか。そんでもって2個食べる羽目になってブログを更新する日が一日遅れてしまった人がいるとかいないとか(悲)。





ソースは、「醤油をベースにポークエキス、オイスターソース、チキンエキスの旨味のあんかけの素」で、「生姜、にんにくなどの香辛料を利かせ、食べ飽きしない味に仕上げ」たとのこと。オイスターソースが香ばしく、最初の方はおいしいなぁと思いながら食べていたんですが、途中からやや味が単調に感じられるようになり、最終的には油揚げ麺の味を強く感じるようになってしまいました。出来上がったあんかけではなく、あんかけの素をお湯で溶かすというアイデアは素晴らしいと思うので、次のリニューアル時にはぜひ味の深化も欲しいです。

は、「北海道産米粉を練りこんだ、やや焦がした風味の丸麺」。北海道米粉が入っているとか焦がした風味があるとかは残念ながら私にはよくわかりませんでしたが、いつものやきそば弁当に比べて麺が太いため、私的にはやきそば弁当シリーズの欠点だと思っている麺のコシのなさがなく、しっかりとした食感がありました。この麺をいつものソースで食べるとおいしいと思うんですけどねぇ。

は、キャベツ、挽肉、キクラゲ、ニンジン。高級カップ麺のあんかけものに比べて具はかなり足りないのであまりあんかけっぽくないんですが(だから商品名があんかけ「風」なんでしょうね)、キクラゲの食感良かったです。やきそば弁当シリーズとしては頑張っている具なんじゃないかと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
味的には★3かなぁと思いますが、お湯を入れてあんかけの素を溶かすというアイデアが面白かったのでプラス評価しました。定番シリーズの異端児として今後も継続販売して欲しい商品です。

品名:マルちゃん あんかけ風やきそば弁当
メーカー:東洋水産
発売日:2010年2月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(あんかけの素・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込115円(ラルズマート)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/1815.html

標準栄養成分表
1食127g(めん90g)あたり
エネルギー:509kcal
たん白質:11.8g
脂質:19.7g
炭水化物:71.2g
ナトリウム:2.0g
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:203mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

昨日の歩数計:4760歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加