今秋発売のカップ麺は食べたいものが多く発売されていて、久々に手広く食べてみる予定だったのですが、際限なく食べると後から自己嫌悪したり来週にもつれこんで来週発売の更新に影響したりしそうなので、予定を変更して絞ることにしました。週頭に更新した予定を見て楽しみにしてくださってる方もいるかもしれないので(自意識過剰ですが)、食べるものを宣言しておきます。今日の「凄技 とろ旨味噌ラーメン」、「日清 太麺堂々 極太濃厚味噌豚骨」、「デュラムおばさんのミートソーススパゲッティ」、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」、そしてファミマ限定の「麺屋 哲」の5点です。当初食べる予定だった太麺堂々の他の2種類とデュラムおばさんぺペロンは泣く泣くカットします。すいません。

今回のカップ麺は、エースコックの「凄技 とろ旨味噌ラーメン」。とろみを売りにするカップ麺はいろいろありますが、どれも不自然極まりないとろみでロクなものがないというのが私の印象なので、今回の商品にも一抹の不安を感じますが、果たしてどうでしょうか。





スープは、「野菜を溶かし込むことで麺に絡み付く程に濃厚なとろみのあるスープで」、「赤味噌ベースにポークエキスと豆板醤を配合したコクのある味噌スープに、香辛野菜や唐辛子を効かせ飽きのこない味に仕上げ」たとのこと。みそ味はクセがなくまろやかで、野菜による効果が大きいんだろうなと思いました。感動するほどではないけど、安心できる味だと思います。肝心のとろみですが、とろみを売りにする他の商品に比べて不自然さは少ないものの、熱湯を粉末スープの上から注いでかきまぜるくらいでは溶けが甘いのか、やや粉っぽさを感じました。もっととろみをお湯に溶けやすくする工夫が必要なんじゃないかと思います。

は、「滑らかで適度な弾力があり、スープのりが良いめん」とのこと。やや平打ちで中太のノンフライ麺です。スープののりは確かに良いんですが、スープのみそ味ととろみの存在感の前ではやや役不足な麺でしたかね。もうちょっと中華麺らしい香りのする麺の方が良かったように思います。ただ、足を引っ張ってる感じでもなかったのです。

は、肉そぼろ、ネギ、唐辛子。具は値段の割にイマイチでした。肉そぼろは量こそソコソコあるんですが、軽九手中身の詰まってない食感の肉でした。本格的な挽肉を入れろというのも無理な話なんでしょうが、これならせめてチャーシューのほうが良かったですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
とろみに粉っぽさを感じなければ、みそ味自体はやわらかくて悪くなかったので、★4つでも良かったかなと思います。たぶんエースコックは、他社とは違うとろみの技術を持っている感じは伝わってきたので、今後もこの技術を磨いて欲しいです。

品名:凄技 とろ旨味噌ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2010年1月25日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・後入れ特製スープ・かやく)
定価:税別230円
取得価格:税込238円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/newitem/january/index09.html

標準栄養成分表
1食128g(めん65g)あたり
エネルギー:464kcal
たん白質:15.5g
脂質:16.4g
炭水化物:63.5g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.8g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.23
カルシウム:257mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

一昨日の歩数計:6466歩
昨日の歩数計:10281歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加