この記事は1月1日未明に書いているのですでに明けましておめでとう的なことを言わなければならないのですが、名目上は12月29日の記事であり、いよいよ今年最後のカップ麺の紹介となったわけです。意味不明ですが。何やらたくさん食べてきた1年ではありましたが、来年もマイペースでやっていこうと思ってますので、また引き続きよろしくお願いします。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味」。定期的に出ているシリーズですが、本ブログで紹介するのは初めてです。「」シリーズと同じヒゲタ醤油を使っていることから、「匠」の廉価版シリーズってことで良いんですかね?





スープは、「チキンエキスをベースに、鰹・昆布等の和風の旨みと野菜の甘味を合わせた、あっさりとした中にもベースの厚みはしっかりとした醤油味スープ」で、「鶏脂を加え、さらにコクとまろやかさを出し」たとのこと。基本線は「マルちゃん 匠 芳醇 旨味醤油」と同じ感じで、あっさりなしょうゆラーメンを作ることにこだわりを感じます。ただ、カップ麺でこの味を出そうとするとどうしても主張がないスープに感じられ、結局まずくはないんだけど何がしたいのかはサッパリわからないやわらかい味になっていました。カップ麺食べる人がこういう味を求めるのかなぁと疑問に思ってしまいますが、こってりが苦手な方への受けは悪くなさそうです。

は、「なめらかでスープとのなじみが良く、コシのある中細麺」とのこと。ややゴリゴリ感がありほぐれにくい麺で、スープの主張の弱さに対しやや存在感が大きすぎるかなとは思いましたが、200円以下で食べられる麺としては悪くないかなと思います。

は、先入れの具としてチンゲン菜、白ネギ、オニオンチップ、後入れとしてネギ(白髪・わけぎ)、唐辛子。スープと麺にコストをかけているのはわかるので200円以下の商品で多くは望めませんが、肉系のものがないのはちょっと寂しかったです。オニオンチップにオリジナリティを感じましたが、スープに対し比重が重いようで底に沈んでしまうのが残念でした。また、ネギが何種類か入ってましたが、その分のコストを他に回したほうが効果的なんじゃないかとも思いました。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
スープのコンセプトがイマイチわかりづらかったですね。もちろん、私の舌がオコチャマであることが大きな理由だと思いますが、あっさり味にするにせよ何かしらのアクセントが欲しかったです。

品名:マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味
メーカー:東洋水産
発売日:2009年12月28日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(かやく・あとのせかやく・後入れ液体スープ)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ファミリーマート)
製品URL:なし

標準栄養成分表
1食109g(めん70g)あたり
エネルギー:345kcal
たん白質:12.0g
脂質:7.5g
炭水化物:57.4g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.7g、スープ1.7g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:167mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

昨日の歩数計:362歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加