プロ野球は日本シリーズへ向けていよいよ佳境に入ってきましたね。私はクライマックスシリーズというシステムはシーズン成績を軽視しているようで好きじゃないので、1位のチーム同士が日本シリーズで戦う展開になるとシーズン成績がダテではないことがわかっていいと思うんですが、まだまだもうひと波乱あるんですかね。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清具多 二味重叉焼麺 (ふたあじかさねチャーシューめん)」。「日清具多」シリーズの新作です。2種類のレトルトチャーシューを入れてくるのなんていかにも具多にしかできそうなことですが、果たして値段に見合う味になっているでしょうか。





スープは、「豚骨とチキンのベースに魚介のうまみを加えた、濃厚ながらも飲み干したくなる魚介豚骨醤油味」とのこと。まさに飲み干したくなるうまさのあるスープですが、このシリーズは具を前に出すためにスープの味が控えめなんですよね。今回も同じで、よく味わうとまろやかでおいしいスープなんですが、やっぱりインパクトには欠けます。

は、「コシとつるみがあり、スープがしっかり絡む中細ノンフライめん」とのこと。カップ麺とは思えない自然なやわらかさのある麺です。特に特徴がある感じではないですが、中華料理店で出てきそうな麺でした。

は、「ジューシーでやわらかな食感の『豚バラ』と、あっさりとした味でしっかりした食感の『肩ロース』の2種類の炙り叉焼」と、輪切りネギ、唐辛子。上の写真でわかるとおり細切れです。確かにやわらかい食感のチャーシューと硬い食感のチャーシューはありましたが、こんな細切れで入っていると安っぽいです。味に特徴を感じず、前にも食べたことあるチャーシューという感じでした。これなら日清の他の高級カップ麺で使われる乾燥チャーシューを3枚か4枚入れてくれた方がインパクト大きいと思うんですけどね。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
スープのデキは良いし、麺もおいしいし、決してまずくはないんですが、「日清具多」というブランドを背負って出てきた商品であることや、285円という安くなったとはいえ日清の最高級カップ麺として、今回のチャーシューはそれに見合うレベルではないと判断しました。肉の量自体は少なくないんでしょうけど、細切れで出てこられるとかなりガッカリしてしまいます。味も別段新しくなった感じはなく、かなり拍子抜けするチャーシューでした。

品名:日清具多 二味重叉焼麺 (ふたあじかさねチャーシューめん)
メーカー:日清食品
発売日:2009年10月19日(月)
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(レトルト調理品・液体スープ・かやく)
定価:税別285円
取得価格:税込298円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.nissinfoods.co.jp/product/p_2565.html

標準栄養成分表
1食159g(めん70g)あたり
エネルギー:436kcal
たん白質:17.9g
脂質:19.3g
炭水化物:59.3g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.9g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.49mg
カルシウム:163mg

日清食品HP:http://www.nissinfoods.co.jp/

昨日の歩数計:1052歩

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加