CURRY BAR 南家
スープカレー ラムステーキ:1150円 +ライス大盛100円
住所:北海道札幌市豊平区月寒東3条16-16-8
電話:011-855-5666
営業時間:11:00~15:30(ラストオーダー15:00) 17:30~21:30(ラストオーダー21:00) 
定休日:毎週水曜日・第2・第4火曜日(土日は営業時間違うかもしれません)
ホームページ:なし

父の知り合いの知り合いのお店ということで、父に誘われ家族で行ってきました。まぁ知り合いの知り合いともなるとまったくの他人なわけで、フツーの客として食べてきました。私は父に教えてもらうまで知りませんでしたが、結構な有名店とのこと。今やスープカレーは札幌ではみそラーメンを凌ぐ名物になりましたが、私はカレー大好きだけどスープカレーはイマイチ好きではないので、それほど詳しくありません。なのでまともなレビューができるとは思えませんが、行って来たという報告も兼ねて記しておきたいと思います。

場所は、月寒東の北野通り沿いにある向ヶ丘通りとの交差点付近。敢えて言えば最寄り駅は札幌市営地下鉄東豊線の福住駅だけど、まぁまったく近くないです。遠くから行くなら車は必須ですね(バスはよくわかりません)。私は車で行きましたが、店の敷地の隣にある大きな駐車場はお店の駐車場ではないので注意です。交通の便が良いとは言えない場所ですが、それでも人気店ということはそれなりの理由があるのでしょう。



コカコーラのポスターなどで飾られた店内はとてもオシャレです。カレーではなく、クリームソーダとかハンバーガーが出てきそうなアメリカな雰囲気があります。平日18時過ぎに行きましたが、結構たくさん入りそうな店内に、先客は3名、後客は5名。この店は昼時の方が混むようです。



レコードをかたどったメニュー。お店のメニューは基本的に欧風カレーとスープカレーの2種類で、それぞれにたくさんのメニューが枝分かれしています。オサーンといえば、いやオサーン的にカレーといえばチキンなので(家カレーは豚肉に限ります、家のオサーンが豚肉のようだと言ってるわけではないです)、無難にチキン(ムルギ)にしようかと思いましたが、父の知り合いはいつもラムステーキを食べるということなので、スープカレーのラムステーキを注文しました。メニューにある辛さは6段階あり(裏メニューで6~10もあるらしいですが)、とりあえずメニュー上一番辛い辛さ5番の激辛にしました。



じゃじゃーん。さすが1150円(プラス大盛100円)!普段カップ麺やラーメンしか食べていない私にはちょっとしたご馳走です。野菜も肉もダダーンですが、やっぱりちょっと高い・・・。



大柄な野菜が入っているのは他の店のスープカレーと一緒。ただ値段相応に少し量が多いかな。辛さの段階が上がるにつれてスープは赤くなる模様。



ライス大盛は、普通盛の倍くらい量がありそう。その上にラムステーキがのっています。高いけどそれなりにボリュームありますね。

スープは野菜の甘みがよく出ています。食べたことのあるスープカレーの中では、甘みだけで言えば、アジャンタやポレポレの方が出ているし、スパイス感ならマジックスパイスの方がすごかったりするけど、ボリューム感と、表面に出ているバジルとの相性など、この店ならではのおいしさもあり、なかなか楽しめました。ラムステーキとカレーって、意外と?なかなか良い組み合わせでおいしかったです。値段を考えると早々何度も行きたくはないですが、ハズレはないお店だと思います。贅沢な気分で楽しめそうです。他のテーブルに欧風カレーのベーコンカツが運ばれているのを見ましたが、かなりおいしそうでした。次はアレ食べようなんて考えながら店を後にしました。

スープカレーの味よくわからないので、なんかあんまり良いレポできなくてスイマセン。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加