鶏白湯とトリュフの意外な組み合わせ

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ トリュフ香る鶏白湯」。2018年11月5日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。袋麺の「正麺 トリュフ香る芳醇醤油」と同時発売で、期間限定商品となっています。この正麺2品はトリュフという共通項がありますが、先週発売の「極鶏」とも鶏白湯つながりです。

トリュフを使ったラーメンを供するお店が出てきたのに伴い、カップ麺でもトリュフを使ったものが発売されていますが、今回のトリュフと鶏白湯のマッチングは個人的には意外な組み合わせのように感じましたがどうでしょうか。あんまり聞いたことないですよね?繊細なイメージのある鶏白湯に対し、香りの強いトリュフを合わせてしまうと、せっかくの鶏白湯の魅力が消えてしまうようなイメージなんですが、素人の浅慮かもしれません。

なんだかすごくリッチな味のように見えるのに、他の「正麺カップ」シリーズと同じ定価税別205円なのはうれしい限り。過去に正麺カップは「至高の一杯」とか「スープの極み」とか、通常の正麺カップより定価の高い商品もありましたが、今回は「トリュフ」でありながら通常の価格です。どんな味の一杯になっているのか楽しみであり、意外な組み合わせなのでちょっと怖くもありますが、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:マルちゃん正麺 カップ トリュフ香る鶏白湯
メーカー:東洋水産
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込221円(セイコーマート)

栄養成分表

1食107g(めん65g)あたり
エネルギー:393kcal(めん・かやく281kcal スープ112kcal)
たん白質:11.9g
脂質:12.7g
炭水化物:57.7g
食塩相当量:6.0g(めん・かやく2.0g スープ4.0g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:235mg



鶏の存在を強く感じる濃厚鶏白湯に、トリュフの強い香りでパンチを加えた意外性の良コンビ

スープは「チキン・ポークの旨味をベースに、トリュフが上品に香る濃厚な鶏白湯スープ」とのこと。とろみのある濃厚な鶏白湯スープに、トリュフの香りが付与されています。トリュフはかなり強めに香っています。

自然なとろみのついた、鶏の甘みを感じる濃厚な鶏白湯スープです。カップ麺の鶏白湯の味にもいろいろありますが、今回のスープは鶏の存在を強く感じる、非常に旨みの強い味に仕上がっています。私オサーンはハッキリした味を好む傾向があるため、正直まったり系の鶏白湯のおいしさへの理解がちょっと乏しいのですが、今回の鶏白湯スープの味は私でもわかりやすく鶏を実感できておいしかったです。

この濃厚な鶏白湯スープに、今回はトリュフの香りが付与されています。結構強めの香りなので、鶏白湯の味を邪魔しないか心配しましたが、食べてみると意外としっかり共存できています。トリュフは少しほろ苦いと味だと理解していますが、今回は味でトリュフを感じることはなく香りのみ。基本的にトリュフって味より香りですよね。鶏白湯単体の味は、甘みとか深みとかが強いのに対し、エッジが立っていないとかパンチ力に欠けるというイメージを勝手に持っているのですが、今回そのエッジの部分をトリュフが担うことで、まずトリュフでパンチのある風味を感じ、その後にじわじわ鶏の旨みが効いてくるという、両者の弱い部分を補完しあう素晴らしいコンビネーションのように感じました。

トリュフの香りといえば、「金色不如帰」の貝だしの効いたしょうゆ味のスープとの組み合わせを思い浮かべますが、今回の鶏白湯とのマッチアップもなかなか素晴らしいではないですか!この意外性のあるコンビはさしずめ四次元殺法コンビと言ったところでしょうか。接点なさそうな正義超人と悪魔超人のちょい役同士ですからね!しかもどっちも続編でかなり強くなってるし!もしくはいちご大福のあんこといちご。



主張の強い多加水麺でも、トリュフ香る濃厚鶏白湯とのバランスはしっかり取れていた



麺は「生麺のようななめらかな口当たりと、粘りのある麺」とのこと。「正麺」シリーズならではの、中太でつるみと弾力のある多加水ノンフライ麺です。この麺見るといかにも正麺って感じがしますよね。印籠とか桜吹雪とか東尋坊レベルで最初からストーリー展開を読めるかのごとく、麺食べただけで正麺!とわかってしまうのはすごいことなのではないかと思います。時代劇カップ麺ですね。

私の中で、鶏白湯に合わせる麺はスープのりの良い低加水麺というイメージがあります。鶏白湯はやわらかい味なので、スープのりを良くすることでなるべく多量のスープ麺と絡め、うまくパンチのなさを補っている印象なんですが、今回は正麺ならではの多加水麺で表面につるみがあるためスープのりが良いとは言えず、また弾力があって麺の主張も強いため、繊細な鶏白湯スープとは合わないんじゃないかと思っていました。

でも実際スープと合わせて食べてみると、鶏白湯が思いのほか濃厚なことに加えて、トリュフの香りでパンチ力のあるスープになっているため、正麺の多加水麺でもしっかりバランスが取れていました。私の好み的には低加水麺の方が良いとは思うものの、今回の多加水麺とのマッチングも悪くなかったです。

鶏団子とメンマがたくさん入っている



具は「鶏団子、メンマ、ねぎ」とのこと。鶏団子は9個、メンマはそれなりに入っていました。

私の入手した個体には9個の鶏団子が入っていました。今回の商品にはコストがかさみそうな要素がいくつもあり、スープが濃厚な鶏白湯なのに加えてリッチなトリュフの香りがして、さらには正麺シリーズなのでノンフライ麺を使用しています。それでいて鶏団子がこれだけ入って税別205円というのは、かなりのコスパでなのはないかと思います。鶏団子はやわらかめの食感で、しっかり鶏の味がしており、肉感も十分。鶏白湯スープとなじむと鶏の濃厚感がすごいです。鶏団子自体もおいしいし、スープとの相性も素晴らしいかったです。

メンマはカットが大きめで、こちらもそれなりの量が入っていました。ねぎも入っていますが、基本的には鶏団子とメンマの2品の構成となっていて、具の点数を絞ることによってボリュームを確保できているのは今回のファインプレーだと感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
こんなにすごくて定価税別205円で収まるのか・・・というのが率直な感想です。鶏の存在を実感できる濃厚な鶏白湯に、高級感あるトリュフの香りの強さ、さらには鶏団子がたくさん入って具も充実しており、他社なら250円オーバーで発売されてもおかしくないのではないでしょうか。鶏白湯のエッジの足りなさをトリュフの香りで補うという、ある意味で力技とも言えそうなやり方ですが、これが両者マッチしているのも驚き。高級品を食べた気分になれる、コスパに優れたリッチな一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加