ミシュラン掲載店「ふく流らーめん轍」の「マゼニボジャンキー」をカップ麺化

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 ふく流らーめん轍本店監修 濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー」。2018年9月10日発売の商品です。大阪天王寺にある人気ラーメン店「ふく流らーめん 轍 総本家」の人気メニュー「マゼニボジャンキー」の味を再現したカップ麺です。

ふく流らーめん 轍 総本家」は、大阪天王寺にある人気ラーメン店で、ミシュランガイドにビブグルマンカテゴリで掲載されたことでも話題のお店です。お店の看板メニューと言えば、「特製ふく流らーめん」で、表面にムース状の白い泡(エスプーマ)がのる美しい姿はテレビ等で見たことある方も多いのではないかと思います。いやーあれ食べてみたいなぁ。今回はその看板メニュー「特製ふく流らーめん」ではなく、お店のもう一つの顔である「マゼニボジャンキー」を再現したカップ麺です。いかにも高尚そうなミシュラン掲載店でありながら、ジャンキーを名乗るメニューがあるというのがなんとも懐が広いというか、面白いですね。お友達とおフレンチのおランチをおホホホのたまいながら穏やかに食べてきて、家帰って「足りねーんだよっ!」とか言いながらカップ麺にお湯を注いでいる白金マダームぐらいのギャップ萌えです。それ萌えるのかしら?それにしてもこのブログは白金マダームがよく出てくるw 白金マダームに養われたい願望がバレバレですね。

さて今回の商品、2018年9月10日発売の商品で、既に新商品とは言えません。それどころか、明星食品サイトの現行商品ラインナップからも消えており、既に販売は終了しているようです。いまお店にある分で終了ってことですね。私の住む北海道では、先日の震災直後の発売日ということで、店頭で見かけることがなく、実はとても楽しみにしていた商品だったので手に入らないことに落胆していたのですが、最近になってドンキで売られているのを見かけたので買ってみることにしました。正直、この商品がご覧の皆様がこれから手に入れられる商品なのかはわからず、レポすることが有用なのかどうかも自信がないのですが、楽しみにしていた商品だったこと、そして今週は新商品の発売が少ないということも重なり、思い切って食べてみることにしました。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



商品概要



品名:明星 ふく流らーめん轍本店監修 濃厚煮干しまぜそば マゼニボジャンキー
メーカー:明星食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・あとのせかやく)
定価:税別225円
取得価格:税別103円(ドン・キホーテ)

すでに販売を終了している商品だからなのか、かなり安価で手に入れられました。ドンキはたまにこういう、発売当初には店頭で見かけなかった商品が日を置いてドドンと出てくる時があります。メーカーか卸業者の在庫余剰を安く仕入れて販売しているのでしょうか。


栄養成分表

1食167g(めん130g)あたり
エネルギー:781kcal
たん白質:10.1g
脂質:38.4g
炭水化物:98.8g
食塩相当量:6.2g
ビタミンB1:0.57mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:240mg



湯戻し後、麺に「液体ソース」を混ぜあわせ、「あとのせかやく」をふりかけた状態です。煮干しはどちらかというと粉末ソースっぽい雰囲気です。混ぜて撮った方が良いのか、混ぜない方が良いのか判断つかなかったので両方載せてみます。ちなみにお店の煮干し粉末は混ぜ合わせていない状態で出てくるようです。

しょうゆ&豚脂の濃厚さと魚介の厚みを両立しているたれ



「あとのせかやく」を混ぜ合わせた状態。煮干し粉末が細かいので、混ぜてしまうと存在感がなくなってしまいます。混ぜないで↑写真撮っといて良かったw

たれは「豚、煮干し、昆布の醤油ダレに、さらに煮干しを加え、焦がしネギ、焼きイワシオイルなどを合わせた、煮干しが濃厚で香ばしい醤油ダレ」とのこと。豚脂を効かせたしょうゆベースの濃厚だれで、煮干しを始めとする魚介の味が強く感じられ、油の濃厚さと魚介の厚さが両立しています

豚脂を効かせた濃いしょうゆの味のたれですが、まぜそばカップ麺でよく見られる塩辛さはなく、ある程度口当たりのやわらかいまろやかな味に仕上がっています。後述する「あとのせかやく」にも煮干しの粉末が入っていますが、液体スープのみでもなかなかの煮干しの効き方で、煮干しとともに焼イワシオイルも加わることで、魚介の味が複合的に感じられました。

しょうゆ&豚脂の味と、魚介の味のバランスが良く、それぞれがお互いの良さを引き出している印象を受けます。しょうゆ&豚脂の味を立てつつもしっかり魚介の重層的な味わいを活かせていることが、このたれの良さだと感じました。塩けが出過ぎてなくて本当安心しました。



厚みで弾力のある太くて縮れの強い油揚げ麺



麺は「明星独自の製麺技術をいかした、太さと厚みのある、もっちり食感の三層極太麺」とのこと。太くて縮れの強い油揚げ麺です。おそらく、明星食品の汁なし麺カップ麺である「ぶぶか 油そば」などと同じ麺が使用されているものと思われます。

太い油揚げ麺で主張はかなり強め。厚みのある三層麺の効果か弾力もあって、口の中での存在感は結構すごいものがあります。今回は煮干しに加えてしょうゆ&豚脂の濃さで強い味のたれですが、それと合わせても負けないどころか、やや麺が勝ったバランスのように感じます。お店の麺も太いので再現性を考えての太麺かと思いますが、たれとのバランスを考えるともうひとまわり細いくらいで良いのではないかと感じました。ただ、この太麺の食べ応えこそまぜそばの醍醐味というのはわかる気がします。バランスが崩れてしまっているわけではなく、麺が太くてもしっかりたれの味を感じられる組み合わせなので、私の言うことは聞かなくても良いと思いますw 単なる私の好みの問題かと。みんな大絶賛の「ぶぶか」の時ですら文句言ってますからね(苦笑)

麺量は130gで汁なし商品大盛サイズの標準的な量で、食べ応えは十分。太麺と麺量の多さで、まぜそばらしくガッツリ食べられます。喉が詰まる勢いで、たいして噛みもせずにかっこむ魅力は、大盛商品ならではかと思います。量少ないとどうしても味わうためにゆっくり食べちゃいますからね。あーいや、大盛だからってよく噛んで食べないとダメですよ!

煮干し粉末に加えて、タマネギが良い仕事をしている

具は「キャベツ、ネギ、タマネギの組み合わせ」に、「煮干し粉末入りふりかけ」の入ったあとのせかやくが別添とのこと。大量の煮干し粉末が大きな特徴ですが、実はタマネギがかなり良い仕事をしています。

ネギと一緒に入っている煮干し粉末はかなり量が多く、液体ソースと共に魚介の味を強く主張しています。お店の「マゼニボジャンキー」でも大量に粉末がかかっており、それをしっかり再現しています。やっぱりいいですね、しょうゆと煮干しの組み合わせ。ラーメンの世界でも未来永劫続いていく組み合わせでしょう。

そしてタマネギがかなり効果的です。量はそれほど多くないものの、タマネギの甘さや独特の風味がしっかり感じられ、しょうゆとと魚介のたれにまろやかさとアクセントを加えています。隠し味としては隠れていなくて、それでいてメインの味からは一歩引いており、なかなか奥ゆかしい存在感。タマネギがあるとないとではだいぶイメージが変わってくるのではないかというくらい、味に奥行きを持たせていると感じました。お店の一杯でもみじん切りにされたタマネギがのっているそうです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
ミシュラン掲載店「ふく流らーめん轍」のもう一方の顔である「マゼニボジャンキー」を再現した一杯でしたが、煮干しとイワシオイルで重層的で強い魚介味ながら、しょうゆ&豚脂のたれとしっかり調和できていました。また、濃いしょうゆ味ではあっても、まぜそばカップ麺でありがちな塩辛さがなかったことがとても良かったです。加えて、具として入っていたタマネギの甘さと独特の風味が、たれにまろやかさとアクセントを加えており、かなり光っていました。よくできたおいしい一杯だと思います。これはお店でも食べてみたいなぁ。「特製ふく流らーめん」と「マゼニボジャンキー」、1度に2杯は厳しいと思うので、2回行かないといけないですね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加