「THE和」シリーズ第2弾商品は柚子七味を効かせた鴨だしそば

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング THE和 柚子七味香る 鴨だし南蛮そば」。2018年10月29日発売の、「THE和」シリーズの新商品です。

THE和」シリーズは、今年2018年4月に第1弾が発売されていて、「通な大人も大満足の和風カップめんシリーズ」とのこと。第1弾商品の「タテロング THE和 わさびを利かせたおろし風そば」は、「大根おろし風パウダー」に「本わさび」を効かせた一杯で、オリジナリティを感じる味でした。今回パッケージが緑色なので勝手にわさびが入っていると思っていましたが、よくよく商品名を見るとわさび要素ないですね。「柚子七味」と「鴨だし」が特徴のようです。こう言っちゃなんですが、結構普通じゃないですかね?第1弾の「大根おろし風パウダー」とか「本わさび」だとカップ麺としてはかなり珍しかったのですが、今回は大丈夫なのでしょうか。普通すぎてちょっと心配な組み合わせではあります。

今回の商品、鉄板の組み合わせなのでまずいなんてことはまずありえないとは思いますが、単においしいだけではなく「THE和」シリーズとしてオリジナリティを発揮できているのかどうか、しっかり食べてみたいと思います。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング THE和 柚子七味香る 鴨だし南蛮そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年10月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・七味)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食89g(めん70g)あたり
エネルギー:387kcal(めん・かやく307kcal スープ80kcal)
たん白質:11.1g
脂質:16.5g
炭水化物:48.4g
食塩相当量:6.9g(めん・かやく1.8g スープ5.1g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.47mg
カルシウム:168mg



カツオががっしりと効いた正統派のしょうゆ味蕎麦つゆ

つゆは「カツオをしっかりと利かせ、昆布や魚醤の旨みと鴨の濃厚なコクを加えた和風つゆ」で、「別添の七味を加えることで、爽やかな柚子の風味と唐辛子の辛みが鴨の旨みを引き立て、最後まで満足感のある一杯に仕上げ」たとのこと。しょうゆ味にがっしりとカツオだしとほのかな鴨だしの効いた正統派の関東風蕎麦つゆで、別添の七味によって香り付けされています。

味の中心となっているのは濃いめのしょうゆとカツオだしで、本当奇をてらうことなく正統派な味わいです。鴨だしがほんのり効いているのが今回のつゆの特徴かと思いますが、鴨だしは他社でも普通に多用されており、それらと比べて今回は鴨の主張はそれほど強くなかったです。想定的にカツオが強すぎるのと鴨のパンチが足りないのと両方なのではないかと思います。あんまり鴨だしそばっぽくはないです。ちょっと炙ったような風味を感じるのですが、これはつゆ自体のものなのか、それとも後述する「焼き目を付けた鴨肉入り鶏つみれ」由来なのかはよくわかりませんでした。何れにせよそれほど強くはなかったです。

別添の柚子七味は、辛さはそれほどなく香り付け重視です。濃いしょうゆ味の中でほんのりと柚子などの香りがあるものの、これもそれほど強くはなかったです。商品名にも「柚子七味」と入っているくらいなので、もうちょっと主張してくれると良かったんじゃないでしょうかね。



色味が黒くて歯切れの良い油揚げ麺のお蕎麦



麺は「そばらしい歯切れの良さと滑らかさを持たせためん」で、「そばの風味豊かに仕上げ」たとのこと。中細で色が黒めの油揚げ麺のお蕎麦です。蕎麦の風味をそれなりに感じられ、濃いめしょうゆのつゆの中でもしっかり蕎麦としての存在感がありました。油揚げ麺臭もほとんど感じることなく、つゆと麺のバランス、相性は良好でした。

油揚げ麺としては縮れのないストレートに近い形状で、蕎麦らしくすすることができ、またパツパツと噛み切れる歯切れの良さがありました。昔のカップ麺のちりちりだった蕎麦麺に比べてずいぶんと進歩したものだと思います。いや、この商品に限ったことじゃないんですけどね。

「焼き目を付けた鴨肉入り鶏つみれ」は焼き風味と鴨の味がしっかり感じられる



具は「焼き目を付けた鴨肉入り鶏つみれ、彩りの良いねぎを加えて仕上げ」たとのこと。鴨肉の入ったつみれが5個と、南蛮そばなのでねぎが入っています。具はそれほど多くはなかったです。

焼き目を付けた鴨肉入り鶏つみれ」は、しっかりと焼き目がつけられていて、焼いた風味もきちんと感じられます。これはうまいですね。今回の商品は「柚子七味香る 鴨だし南蛮そば」という名前で、つみれが自慢ということではないようなのですが、柚子七味とか鴨だしに強い主張がなかったため、このつみれがむしろ最も特徴的な存在だったように思います。鶏主体のつみれなので鶏肉の味が強いものの、噛み締めると鴨の味も感じられるところが良かったです。良い具です。

南蛮そばなのでねぎも入っていますが、それほど多いわけではなかったです。カットが大きめで、白い部分のネギの甘みが強かったのは良かったですかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「THE和」シリーズの第2弾商品で、確かにお蕎麦なので「和」なのは間違いないのですが、「THE和」ならではの大きな特徴というのは感じられず、やや没個性のように思います。いや、決してまずいわけではなくきちんとおいしいんですけどね。そんな中で「焼き目を付けた鴨肉入り鶏つみれ」は焼き風味がしっかりついていて今回の中で最も特徴的な存在でした。おいしいけどもうちょっと個性の欲しい一杯でしたかね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加