「AFURI」カップ麺初となるしょうゆ味のスープ

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」。2018年10月29日発売の、「日清THE NOODLE」シリーズの新商品です。東京恵比寿など、東京とその近郊や北海道、外国に店舗展開する人気ラーメン店「AFURI」の味を再現したカップ麺です。

AFURI」は、神奈川厚木の名店「ZUND-BAR」を起源とするラーメン店で、鶏だしのスープが人気の有名店です。ハンサム氏の地元に近いお店で、以前食べてきたことを自慢されて軽く殺意を覚えたことを今でも根に持っていますw 「AFUIR」は恵比寿の1号店の出店から東京とその近郊に次々と出店を重ね、東京近郊だけで10店舗、その他にも北海道や外国に多店舗展開しています。

実際のお店だけではなく、カップ麺としてもすっかりおなじみになった「AFURI」。ここまで一貫してタテ型の油揚げ麺商品として発売されており、「日清THE NOODLE」シリーズは今年に入ってこのお店のカップ麺しか出していないため、既に「AFURI」専用シリーズ化している感があります。今年に入ってミニサイズを含めると「AFURI」のカップ麺は4つめで、相当評判が良いんでしょうね。これまではしお味スープを中心に出ていたのが、今回初となるしょうゆ味のスープとなっています。お店おすすめの味とのことなので、非常に楽しみです。



商品概要



品名:日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(芳醇香油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食91g(めん80g)あたり
エネルギー:417kcal(めん・かやく362kcal スープ55kcal)
たん白質:10.9g
脂質:17.0g
炭水化物:55.0g
食塩相当量:5.2g(めん・かやく1.8g スープ3.4g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:128mg



しょうゆの味は控えめで、鶏主体のスープに魚介と柚子がバランス良く効いている

スープは「鶏ガラなどの動物系素材とカツオ、サバ、ウルメなどの魚介系素材のうまみを合わせ、醤油のコクと柚子の酸味をきかせた芳醇な味わいのスープ 」に、「鶏油ベースに魚介だしを加えた "芳醇香油"」が別添とのこと。鶏ガラと鶏油で鶏の味全開のしょうゆ味のスープで、ほのかに香る魚介と柚子がアクセントとなっています。「AFURI」のスープらしく非常に上品な味わいです。

今回「AFURI」カップ麺初となるしょうゆ味のスープですが、しょうゆ自体はそれほど強く主張はせず、香りは弱めです。鶏ガラがしっかり効いており、しお味の時と同様に鶏が主体の味となっています。それに魚介の味が加わることで、あっさりスッキリしていながらも、重層的な味わいに仕上がっていました。アクセントとして柚子の風味が感じられることも含め、基本的にはしお味のスープの時とそれほど印象の違いはないように思います。



別添の「芳醇香油」。黄金色の油で、主体となっているのは鶏油。鶏ガラと魚介のスープにまろやかさとこってり感を加えていました。また、魚介の風味も付与されていて、スープに一本芯の通った魚介の強さを感じます。この「芳醇香油」によって単なるあっさりスープではなく、厚みのあるスープになっていました。鶏、魚介、柚子にそれぞれきちんと存在感があり、相変わらずバランスの良いスープでおしいかったです。



自然な甘みのある全粒粉入りのストレート細油揚げ麺



麺は「のどごしの良い極細ストレート麺」で、「全粒粉入りで、ほのかに小麦が香」るとのこと。油揚げ麺としてはかなり細い部類のストレート油揚げ麺で、全粒粉が入っていることが視認できます。油揚げ麺ながら縮れがほとんどなく、ノンフライ麺と見紛う上品な形状をしています。

小麦の自然な甘みを感じ取れる油揚げ麺で、細めでしっとりした質感は本当ノンフライ麺と見紛うレベルです。スープがあっさりしているため相対的に麺の味をしっかり感じられ、また油揚げ麺としては油揚げ麺臭が抑えられた麺のため、スープのあっさり味の邪魔をしておらず、スープと麺のバランスは非常に良好です。毎度書いていますが、油揚げ麺であっさりスープの商品を成立させる最大の功労者はこの麺だと私は考えています。

実際のお店の麺も全粒粉入りで小麦の香りが強いそうなので、カップ麺、しかも油揚げ麺としては再現性がそれなりに高いものと思われます。麺自体が優秀な上、スープとのバランスがしっかり練られているのも好印象で、カップ麺でもとても良いものを食べた気分になれます。

炙りコロチャーシューがたくさん入っている



具は「炙りコロチャーシュー、メンマ、ネギ、柚子皮」とのこと。ジューシーな炙りコロチャーシューがたくさん入っていて食べ応えがあります。メンマもそれなりに入っていて、お店再現タテ型商品としては具は充実しているように思います。

「AFURI」のカップ麺に入っている肉は以前は鶏肉でしたが、前回から炙りコロチャーシューに変更になっています。お店のラーメンには炙りチャーシューが入っているようなので、鶏肉よりは今回の炙りコロチャーシューの方が近いですよね。何より、以前鳴り物入りで「謎肉」に替わってカップヌードルに投入された「コロ・チャー」に似ている肉で、懐かしさを覚えます。当時は謎肉をなくしたことでメーカーがかなり批判されていましたが、私はコロ・チャー結構好きだったんですよね。保守派に押し切られてコロ・チャーはだんだん小さくなり、今はなくなってしまいました。今回の炙りコロチャーシューは、スープを含んでジューシーな食感になり、肉感も強いです。少しですが炙った香ばしさも感じられました。

細かくカットされた柚子皮も結構たくさん入っていて、風味が良いです。正確に言えば、具の柚子皮の風味が良いのか、スープに入っている柚子の風味が良いのかはよくわからなかったのですが、しっかり視認できるレベルで柚子皮が入っていることで、束ている人に柚子が入っていることをしっかりわからせることが重要なのではないかと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
名店「AFURI」の味を再現したカップ麺は今年に入ってもう3つめで、ミニサイズを含めると4つめの商品でしたが、今回は初となるしょうゆ味のスープで変化をつけてきました。しょうゆはあまり強く主張してこず、味の中心は鶏ガラや鶏油で、基本的な味はしお味の時を踏襲しています。魚介と柚子がバランス良く効いていて、鶏油のまろやかさやこってり感を含めて、単なるあっさりスープではない豊かな味に仕上がっていました。甘みのある麺との相性も良く、今回の「AFURI」もしっかりおいしい一杯でした。また「AFURI」かよと思いつつも、デキの良さを考えれば低評価はできません。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加