「白河ラーメン」の元祖、「とら食堂」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、明星食品の「とら食堂 ワンタン麺」。2018年10月23日発売の、ファミリーマート・サークルK・サンクス限定カップ麺です。福島白河にある白河ラーメンの元祖にして名店「とら食堂」の味を再現したカップ麺です。その名は全国に轟いていますよね。

とら食堂」は、福島白河にある白河ラーメンの元祖。とら食堂の味を求めて多くの人が弟子入りし、近隣にとら食堂一門のお店が多くあるそうです。カップ麺ではサンヨー食品からどんぶり型ノンフライ麺商品やタテ型油揚げ麺商品など多く商品化されてきていましたが、今回から明星食品に鞍替えとなっています。FAですね。FAといえば丸選手や浅村選手の今後が気になるところですが、どちらも球団が手塩にかけて育ててきた選手なので、ファンとしては留まって欲しいところですよね。Gファンの私としては来ていただけるなら大歓迎ですが。ちらみに「とら食堂」の店名は創業者の名前が由来で、虎党だからというわけではないようです。もちろん、創業者が虎党だった可能性もあります。藤浪投手の復活がうれしい!こんなもんじゃないはずだけど!

白河ラーメン」とは、「とら食堂」が元祖と言われる福島県白河市とその周辺で供されるご当地ラーメンで、その特徴の多くは同じ福島のご当地ラーメン「喜多方ラーメン」と共通しています。とんこつをベースとしたしょうゆ味のスープに多加水な麺をあわせるラーメンで、喜多方ラーメンに比べて白河ラーメンは、だしよりもしょうゆが強いスープと、喜多方以上に多加水な麺を使用しているところが違いとなっているようです。

今回はその白河ラーメンの代表的存在である「とら食堂」の味をどんぶり型ノンフライ麺商品で再現しており、価格は税込278円とかなり高い設定になっています。果たして価格に見合う一杯になっているのか、かなり楽しみです。



商品概要





ワンタンが4個と、厚切りのチャーシューが1枚入っていて、具は価格相応に豪勢です。これはかなり期待できそうですね!!

品名:とら食堂 ワンタン麺
メーカー:明星食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年10月23日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税込278円
取得価格:税込278円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食105g(めん65g)あたり
エネルギー:406kcal(めん・かやく294kcal スープ112kcal)
たん白質:10.6g
脂質:13.5g
炭水化物:60.4g
食塩相当量:6.7g(めん・かやく1.5g スープ5.2g)
ビタミンB1:1.14mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:110mg



濃いめのしょうゆ味に、豚と鶏のハイブリッドを強く感じるスープ

スープは「旨みの詰まった醤油スープ」とのこと。とんこつと鶏ガラがベースのしょうゆ味のスープで、表面に油が浮いています。これはかなり味わい深いスープ!

白河ラーメンの特徴を踏まえたしょうゆ味強めのスープですが、とんこつと鶏ガラも強く効いており、奥深さを感じさせます。しょうゆととんこつが組み合わさってとんこつしょうゆスープのような顔を見せたり、しょうゆと鶏ガラが合わさってあっさり鶏ガラしょうゆの顔を見せたりと、2つの顔を使い分けるスープのように感じました。ふわっと鼻を突いてくるのはとんこつで、後味として残るのは鶏ガラという感じ。これはうまいスープ!以前出ていたサンヨー食品製の「とら食堂」カップ麺のスープもおいしかったですが、今回はそれを大きく上回っているように思います。もちろん、今回の方が高価格なので単純に比べてしまうのはフェアじゃないんですけどね。

表面に浮いている油も豚脂と鶏油のハイブリッドかと思われます。強くはないですが豚脂の風味もしっかり香る上、鶏油が全体の味をやわらかく仕上げていました。一世を風靡した動物系と魚介系のWスープというのがありますが、今回は豚と鶏のハイブリッドを強く感じさせるスープでした。なんていうんでしょうか。カップ麺でもこれだけのスープが作れるんだよ!と主張しているようで、カップ麺ブロガーとしてはちょっと誇らしくなる味でした。素晴らしい!



手もみ風の弾力が強くてつるみのある多加水ノンフライ太麺



麺は「ノンフライの平打ち太麺」とのこと。ちょっと手もみ感のある縮れのついた平打ちノンフライ麺です。表面のつるみが強く、多加水麺らしい弾力の強さが大きな特徴です。

白河ラーメンの特徴を踏まえた、強い弾力のある太めの多加水麺です。喜多方ラーメンでも感じますが、他の地域のラーメンよりも麺が勝ったバランスになっており、おそらくは麺のおいしさも楽しむうどんのような要素を持ったラーメンなのではないかと思います。今回、スープもそれなりの強さがあるため、麺がやや強いくらいのバランスに収まっています。明らかに独特な麺の食感が心地よく、ある程度白河ラーメンを食べていることを実感できるのではないでしょうか。

表面のつるみが強いのも大きな特徴で、ホント文字通りつるつると口の中に入っていきます。高校の時、禿げ上がった頭の先生都留文科大学卒なのを知った時くらいの衝撃。私自身も人様の頭髪のことをとやかく言えるような年齢ではなくなってきているのも地味に衝撃!ばったり出くわした同級生のあまりの変貌ぶりに愕然としつつも、自分もきっと相手に衝撃を与えているんだろうなぁと思うと、アンチエイジング大事ですよ!時は待ってくれませんが、抗っていきましょう!あらがえニッポン!あらがえ中年!私なんか、オサーンなんていうHNで、いい年でもありますが、自分が中年であることもおっさんであることも認めていません。自分で言うなら良いですが、人に言われるとキレます。キレるお年頃なので、事実上まだまだ中高生レベルの若さであるとも言えます。精神年齢がw

すいません話が大脱線してしまいました。客の多いカフェでこの記事書いているのですが、なんか角地で壁とテーブルにうまく自分がハマりこんでいて、今日は変な集中力があるみたい。その結果話が脱線するなら集中力なんかない方が良いと思わなくもないですが、どんなものであれ筆の滑りが良いのは気持ちが良いものです。手が止まってまったく動かない時の得も言われぬ恐怖感といったらひどいものなので。それに比べたら与太話できるのは放課後ティータイムに中野梓が加わったくらいの安心感があります。

いやーすいません脱線しまくりですね。絶好調です。今なら知らない人に壺や絵画を買わせることもできそう!後から出てくる強面の人まで兼任で。今度こそ話を戻します。太くてつるみのある麺としょうゆ味スープの組み合わせは独特で、ご当地ラーメンを食べている感を強く持ちました。

ワンタン4個と肉厚チャーシューが入っていてかなりボリュームのある具



具は、ワンタン、チャーシュー、メンマ、ねぎが入っています。おそらくノンフライと思われるワンタンが4個入っている上に、肉厚で脂のサシが入ったチャーシューが1枚入っており、具はかなり豪勢です。

4個入っているワンタンは、つるっとした皮で、餡もたくさん入っています。安価な商品に入っているワンタンとは明らかに別物で、ボリュームもありました。「とら食堂」はワンタンメン麺も人気メニューで、今回のワンタンにもかなり力が入っていることが窺えます。さすがにお店ほどのボリュームはないものの、カップ麺としては上出来でしょう。

チャーシューも肉厚でボリュームがあります。脂のサシが入っているチャーシューでとてもジューシー。味と大きさを兼ね備えており、これなら日清食品の大判乾燥チャーシューにも引けを取らないレベルだと思います。ワンタンだけでも大看板なのに、これにチャーシューも加えるなんて、ファミマ&明星食品の今回の商品にかける意気込みの強さを感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
これはおいしいカップ麺なんじゃないかなと軽く思って購入した商品ですが、とんでもなくおいしかった!豚と鶏のハイブリッドスープは、とんこつしょうゆ味の顔と鶏ガラしょうゆ味の顔を持ち、表面に浮く豚脂と鶏油の香りがその雰囲気を高めていました。豚と鶏の両方の存在をここまで強く感じるスープはそうそうないのではないでしょうか。それに加え、具として入っているワンタン4個と肉厚チャーシューがかなり豪勢で、定価税込278円という高額商品ですが、それに十分見合ってお釣りがくる構成でした。いやー良いもの食べてしまいました。良いもの食べただけではなく、福島白河に旅行に行った気分になるまであります。店頭からなくなってしまう前に強くおすすめしたい商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加