「麻辣」味のUFOあんかけ焼そば

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 麻辣あんかけ風焼そば」。2018年10月15日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」や「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」に続く、「日清焼そばUFO」シリーズの湯切り不要のあんかけ焼そば商品です。

今回の「あんかけ焼そば」は流行りの「麻辣」味で、「湯切り不要」とともに辛さやシビレも期待できそうです。さすがに購買層の広い「UFO」シリーズなので、激辛とか強いシビレは期待できないかもしれませんが、それなりのパンチ力を期待したいところ。以前発売されていた「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」では、大辛と言いつつ辛口程度の辛さでしたが、今回は「麻辣」なのでそれ以上の辛さは求めたいところですね。

それでは「麻辣」味のあんかけ焼そば、どんな一杯になっているのか食べてみたいと思います。



商品概要



品名:日清焼そばU.F.O.湯切りなし 麻辣あんかけ風焼そば
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・とろみの素)
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

栄養成分表

1食113g(めん85g)あたり
エネルギー:530kcal
たん白質:8.5g
脂質:24.2g
炭水化物:69.6g
食塩相当量:5.0g
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.60mg
カルシウム:137mg

フタを開けてからとろみがつくまで



お湯を入れて4分待ち、フタを開けた状態。この時点ではスープにとろみがついておらず、お湯の中で麺が浮いている状態です。小心者の私オサーンは、この状態を見ると本当にとろみがつくのだろうかとちょっと不安になってしまいます。



お湯ラーメンの状態のカップに、別添袋2種を投入します。左が「粉末スープ」で右が「とろみの素」。「とろみの素」は赤色で、おそらく今回の味の「麻辣」部分も担っていると思われます。ちょっと舐めてみましたが辛味もシビレもこの「とろみの素」の方についていました。





1分ほど混ぜて完成。化学の実験をしているような、食べ物で遊んでてちょっと悪いことしているような、ちょっとワクワクする感覚、わかりますかね。例えるなら、テーレッテレーって感じです。気分は魔女のおばあさん。どうせならもっとネバネバしたり、なんなら固まってくれたりすると実験的には面白いですが、さすがにそれだとあんかけ焼そばじゃなくなっちゃうので無理ですね。

辛味とシビレがほどほどにあるみそベースのあんかけスープ

スープは「とろみのあるあんかけ風スープ」で、「花椒のしびれと唐辛子の辛さが特長」とのこと。みそ味ベースのあんかけスープで、辛さとシビレが強めに効いています。

ベースはみそ味で、強いとろみがついています。「麻辣」の唐辛子と花椒によって、辛さとシビレはそれなりにありますが、辛さは中辛~辛口程度で、シビレの方がやや強く感じられます。「麻辣」味はきちんとありましたが、激辛とか強シビレとかいうレベルではなく、ほどほどに強い感じですかね。激辛な味を求めるなら避けた方が良いかもしれませんが、普通に辛いです。以前の「大辛」に比べると辛さは強くないように思います。

みそ味や辛味、シビレとともに、スープからは少し甘い味を感じました。ただ、以前の「あんかけ焼そば」のような明らかに野菜由来と感じられる甘さではなく、ちょっと不自然な甘みと感じられ、この甘さは無理につける必要があったのかなとちょっと疑問に思いました。おそらくあんかけ焼そばらしくするために甘みをつけたのだと思われますが、この甘みがなければもっとキリッとした味になって、辛さやシビレがもう少し活きたんじゃないかなと感じました。



とろみのあるスープと絡みの良い中細ストレート油揚げ麺



麺は「しなやかでコシのある細めの麺」で、「とろみのあるスープがしっかりと絡」むとのこと。UFOの特徴であるストレート形状で、通常UFOよりもひとまわり細い油揚げ麺です。これまでの「UFOあんかけ焼そば」と同じ麺を使っているものと思われます。

ストレート形状ではありますが、スープのとろみがかなり強いためよく絡みます。スープが絡んでずっしりした重さになり、いつものUFOの太い麺だとちょっと野暮ったくなりそうだと感じたので、この麺の細さは良いのではないかと思います。カップ麺特有の軽さではなく、ずっしり中身の詰まったような重さになるため本格感を醸し出しています。とろみによって麺とスープに一体感があり、組み合わせは秀逸です。

肉ミンチとチンゲン菜が入っているが量は少ない



具は「肉ミンチ、チンゲンサイ、赤唐辛子」とのこと。カップ焼そばタイプの商品らしく、具はあまり充実していません。申し訳程度の肉ミンチとチンゲン菜が入っていました。

今年9月に出ていた「日清焼そばU.F.O.湯切りなし 五目あんかけ風焼そば」と比べても具は少ないですね。麻辣味にすることにコストが割かれたのでしょうか。肉ミンチもチンゲン菜もスープの味とはしっかりマッチしていたので、もう少し量が欲しかったですね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
唐辛子とと花椒の効いた麻辣味のあんかけ焼そばで、それなりに辛くシビレのある一杯でした。ただ、そんなに強いわけではないので、激辛を求めて選ぶなら注意が必要です。ほどほどに辛く、ほどほどにシビレます。とろみが強いためスープと麺の一体感が強く、とろみが絡んでずっしりした麺の重みは、軽い麺の多いカップ麺にあって本格感がありました。過度な期待をしなければ楽しめる一杯だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加