ライザップ&ファミマのコラボカップ麺の新作「辛口チキンカレー」

今回のカップ麺は、ファミリーマート限定の「RIZAP 辛口チキンカレーラーメン」。2018年10月16日に発売された新商品で、ライザップ&ファミマコラボによる「ライザップカップ麺」の第8弾商品となります。製造は引き続き明星食品が担当しています。

もうすっかりお馴染みとなったライザップ&ファミリーマートのコラボカップ麺は、今回で第8弾を数えるまでになりました。最初に発売されたのが2017年の1月なので、もう結構長く続いていますね。最初はすべてノンフライ麺を使用してどんぶり型とタテ型の2種類が出ていましたが、ここ最近はタテ型が油揚げ麺を使用するようになり、タテ型のみの発売になっています。

そして今回は「辛口チキンカレーラーメン」とのことですが、以前にも「RIZAP スパイシーカレーラーメン」という商品が出ており、当時の商品の焼き直し的な要素が強いのかなと思います。糖質を抑えるためどうしても味に厚みがなくなる傾向があるライザップカップ麺にとって辛味やスパイスで味にパンチをつけるのは合理的な発想だと考えられ、カレーが定期的に使われるのは致し方ないところでしょうか。実際、以前の「RIZAP スパイシーカレーラーメン」おいしかったですからね。

それでは約4ヶ月ぶりのライザップカップ麺を食べていきたいと思います。



商品概要



品名:RIZAP 辛口チキンカレーラーメン
メーカー:ファミリーマート(明星食品)
発売日:2018年10月16日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込198円
取得価格:税込198円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食71g(めん55g)あたり
エネルギー:307kcal(めん・かやく262kcal スープ45kcal)
たん白質:10.9g
脂質:18.1g
炭水化物:34.9g(糖質:15.3g 食物繊維:19.6g)
食塩相当量:3.7g(めん・かやく1.2g スープ2.5g)



サラッとしてスパイス感の強いカレー味のスープ

スープは「数種のスパイスを使用したスパイシーでコクがあるカレースープ」とのこと。カップ麺のカレースープとしてはとろみのほとんどないサラッとしたスープで、スパイスと辛みの強さが特徴です。

糖質の素となってしまうとろみはつけずに、スパイス感を強く前に押し出したカレー味のスープです。複数のスパイスを使っているというだけあり、パンチのある重厚なスパイス感が大きな特徴となっています。スパイスと共に辛さも結構強めで、スパイス感との合わせ技で商品名通り「辛口」になっている感じでしょうか。甘みはほとんど感じないスープですが、ほのかに鼻を突いてくる玉ねぎの風味が味に広がりを持たせ、糖質を抑えていることを食べている人にあまり意識させないスープに仕上がっていました。

基本的には今年1月に発売されていた「RIZAP スパイシーカレーラーメン」と似たような味のスープかと思います。とろみがなくスパイス感と辛みの強いキリッとしたスープで、スパイスや辛さは同程度。玉ねぎの風味はやや弱くなりましたが、前回の味を踏襲しているように感じました。



低加水麺のような食感が独特の中細油揚げ麺



麺は「糖質50%オフ」とのこと。通常の商品に比べて糖質を50%制限しているという中細の油揚げ麺で、以前はノンフライ麺が使用されていましたが、今年に入ってからは油揚げ麺が使用されています。ガーリックが練り込まれており、ほのかにその香りを感じることができます。

油揚げ麺としては油揚げ麺臭はそれほど強くなく、ちょっとボソボソした低加水麺のような食感で独特です。弾力よりも歯切れの良さが目立ち、クセのない味と独特の食感でとても面白い存在の麺となっています。糖質を抑えているので麺らしい甘みは一切ないですが、スープを選べばライザップ商品以外にもかなり使えそうな麺のように感じます。ちょっと甘みのあるあっさりしょうゆ味のスープとか合いそう。

麺に甘みはないですが、スープのスパイス感や辛さで甘みのなさを補おうという意図が窺えます。麺に甘みがないことでどうしても味の奥行きがなくなってしまうのですが、辛いスープでインパクトのある味にすることで、悪い言葉ですがうまく誤魔化しています。ライザップカップ麺の常套手段であり、非常に効果的な方法でもあります。うちの近所にある無化調が売りのみそラーメンのお店も、普通のみそラーメンだと薄っぺらく感じるスープが、辛みそラーメンだとやたらおいしいんですよね。今回は化調ではなく糖質ですが、なにか足りない味を補うには辛味をつけるのがいちばんだと思っています。

ささみのような味付鶏肉がたくさん入っている



具は、味付鶏肉、赤ピーマン、ねぎが入っています。

ささみ肉のような味付鶏肉が結構たくさん入っています。糖質ダイエットとか筋トレしている人は鶏ささみ肉をたくさん食べているイメージがあるので、ライザップカップ麺でこの味付鶏肉は常に入っていても良いくらいではないでしょうか。大振りで食べ応えがあり、割けやすいのでスープとの馴染みも素晴らしかったです。最近はスーパーやコンビニでどこに行ってもサラダチキンとか手軽に手に入るので、糖質ダイエットする人にとっては環境が整っていますよね。私なんかはサラダチキン食べてるとごはんと一緒に食べたくなっちゃうのでだめなんですけどね。サラダチキンにごはんまじうまいっすよ。ぱねーっすよ。セブンのサラダチキンスモークがおすすめ。

ネギや赤ピーマンもしっかり量が入っており、肉の多さも含めて以前の「RIZAP スパイシーカレーラーメン」より具は充実しているように思います。価格は当時より27円安くなってるんですけどね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
重厚なスパイス感と辛さが特徴の、キリッとしたカレー味のスープでした。糖質を抑えて甘みのない麺をスパイス感と辛みでうまく補っており、よくできた構成だと思います。また、具として入っているささみのような味付鶏肉がたくさん入っていて、割けやすくてスープとの馴染みが良く、おいしかったです。糖質を抑えつつしっかり食べ応えある商品で、しかも200円を切る価格設定で出してきており、素晴らしい商品だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加