2017年発売時よりキムチが30%増量した「豚キムチ」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」。2018年10月8日発売の、「サッポロ一番みそラーメン」のアレンジ商品です。2017年10月にも同名商品が出ていましたが、今回はその当時よりキムチが30%増量しているとのことです。

サッポロ一番 BESTレシピ」は、袋麺のサッポロ一番シリーズにアレンジを加えておいしく仕上げるレシピをカップ麺で再現したシリーズです。これまでに既に6商品が発売されており、「サッポロ一番みそラーメン」が3つ、「サッポロ一番塩ラーメン」が3つで、今回「みそラーメン」なのでひとつみそラーメンが多くなります。袋麺の代表選手は「みそラーメン」、「塩ラーメン」とともに「サッポロ一番 しょうゆ味」もあるのですが、なぜか「しょうゆ味」はこれまでレシピの再現がされていません。そろそろ来るんじゃないかといつも思っているものの、今のところ不遇です。販売数的には「みそラーメン」「塩ラーメン」「しょうゆ味」の順だと聞いたことがあるので、「しょうゆ味」は実は他2つと比べてレシピの蓄積が少ないのかもしれませんね。

今回の「豚キムチ」は、2017年10月発売時よりキムチが30%増量されているとのことですが、正直、2017年の商品ではキムチの量が少なかったので、今回の増量には期待したいところです。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



30%増量したキムチですが、こう見るとそんなに多くない印象です。もともと少ないものが30%増えたところでそれほど劇的には増えているように見えないというところでしょうか

品名:サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年10月8日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食94g(めん72g)あたり
エネルギー:434kcal(めん・かやく341kcal スープ93kcal)
たん白質:8.4g
脂質:20.8g
炭水化物:53.3g
食塩相当量:6.4g(めん・かやく1.7g スープ4.3g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:250mg



袋麺「サッポロ一番みそラーメン」とキムチの旨みを両立させたスープ

スープは「袋めん『サッポロ一番 みそラーメン』の味わいをベースに、キムチ風味のオイルを加え、豚キムチ風みそラーメンスープに仕上げ」、「深みのあるみそのうまみ、香味野菜の風味、ポークエキスのうまみに、豚キムチの風味が合わさったみそラーメンスープ」とのこと。みそラーメンとして軽い味のみそ味に、キムチを効かせたスープです。

キムチは辛みはほとんど感じられない一方、キムチらしいニンニクや白菜の味はしっかりあります。辛さは捨ててキムチの旨みに特化しているようです。なかなか味わい深いキムチ味ですね。キムチと言えばどうしても辛味や酸味がクローズアップされやすいですが、それらが強くなくてもしっかりキムチの味を成立させているのはお見事です。

今回のスープは2017年当時に比べて、キムチの派手さが後退し、「サッポロ一番みそラーメン」の軽いみそ味が目立っているような印象を受けました。2017年の商品だと、ちょっと袋麺の味らしさが小さく感じられましたが、今回のスープならば問題なく袋麺の味とわかるデキです。キムチの派手な味を引かせることでみそ味を際立たせ、一方でキムチの旨みはしっかり伝わってくるスープなので、これは2017年版から良変化だと思います。



「袋麺」と同じく表面のつるみとソフトな食感が特徴の油揚げ麺



麺は「なめらかさとつるみが特徴の中太ちぢれ麺」で、「しょうゆとみそを練り込むことでスープのなじみがよくなってい」るとのこと。縮れがあまりない中細のノンフライ麺です。中太というにはやや細いかなと思いますが、表面のつるみとソフトな食感が袋麺の麺をよく再現できています。

油揚げ麺ではありますが、油揚げ麺臭は感じられず、豚キムチとしては比較的押しの弱いスープの中でも強く主張はせず、スープを引き立てています。これは袋麺と共通する特徴で、我の強くない麺の存在により家庭でアレンジがしやすくなっている効果があるように感じています。スープも麺も前に出てこないことで、家庭でひと味加えたいと思う味に敢えて仕上げているのではないでしょうか。今回はキムチですが、キムチがそれほど強くないにもかかわらず、スープや麺としっかり協調できています。

30%増量したキムチをそれほど実感はできなかった



具は「豚肉のうまみとキムチの酸味、辛み、食感がスープのおいしさをいっそう引き立て」、「ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。豚キムチなので豚肉とキムチはしっかり入っていますが、全体的な具の量はそれほど多くありません。

2017年に出た商品より30%増量されたというキムチは、体感としてそれほど増えているようには感じませんでした。豚キムチと考えるならちょっと少ないのではないかと思います。ただ、スープのキムチ味の旨みはしっかりあるため、具のキムチが味に寄与する部分は少ないのではないでしょうか。具のキムチが少なくてもしっかりキムチ味にはなっています。

豚肉も量は少なめで、脂身がほとんどないかための食感です。キムチに比べて豚の味はそれほど強くなく、スープでも具でもあまり目立っていません。「豚キムチ」というより「キムチ」って感じです。スーパーカップの豚キムチとかだともっとドカンドカン入っているイメージなので、だいぶ趣向の異なる商品とはいえ、もうちょっと頑張って欲しかったですかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
BESTレシピ」シリーズの新作は、2017年に出ていた「豚キムチ」のキムチを30%増量させた改良版でしたが、キムチの量が多くなったことはあまり実感できず、むしろスープのみそ味とキムチの味のバランスが良くなった部分が大きく感じられました。派手なキムチ味ではない一方でキムチの旨みが強く、地のみそ味スープとのバランスが良かったです。しっかり「袋麺」らしい味を出しつつ、キムチもおいしいスープでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加