「どん兵衛」新商品は汁なしタイプのすき焼きうどん

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 汁なし牛すき風うどん」。2018年10月1日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。今回は湯切りして食べる汁なしタイプのうどん商品となっています。

「日清のどん兵衛」シリーズは、これまでにも「焼うどん」で汁なし商品を発売していますが、今回は「焼うどん」ではなく「汁なしうどん」で、純粋な汁なしうどんは今年2018年5月に出ていた「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」以来となります。「釜たま風うどん」は「特製まろやかたまごタレ」を使ったインパクトのある一杯でおいしかったですが、今回は果たしてどうでしょうか。

日清食品からはすき焼き味の商品は多く発売されており、「カップヌードル」シリーズからは「カップヌードル スキヤキ ビッグ」が、「日清焼そばUFO」からは「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース」が、今回と同じ「日清のどん兵衛」シリーズからも「日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」が発売されていました。さらには、ごはん商品で「日清 日本めし スキヤキ牛めし」なんていうのもあります。どの商品にも共通して言えることとして、すき焼きの味をかなり極端に表現しているのが特徴で、強い牛肉の風味とともに、かなリの甘さがあります。他社のすき焼き味はそこまで甘くはないので、日清食品のすき焼き味の大方針なんだと思われます。おそらく今回の商品も同じ傾向にあると思われるため、甘いすき焼きが苦手な人は覚悟して食べる必要がありそうです。

それではどんな一杯なのか食べてみたいと思います。



商品概要





今回、牛肉は使用されておらず、牛肉を模した大豆加工品が用いられています。「牛すき風」なのでまさに文字通りなんでしょうが、今回は結構大きめのカットで入っているので、本物の牛肉とは食感の差が大きく出てしまいそうです。

品名:日清のどん兵衛 汁なし牛すき風うどん
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体つゆ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ローソン)

栄養成分表

1食100g(めん74g)あたり
エネルギー:412kcal
たん白質:6.6g
脂質:15.9g
炭水化物:60.5g
食塩相当量:3.0g
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:168mg

甘みが強く極端に振ったすき焼き味のつゆ



つゆは「肉と野菜のうまみをきかせた、しょうゆベースの甘めのつゆ」で、「牛すきの割り下をイメージし」たとのこと。牛肉の強い風味と割り下の甘ったるい味が特徴のすき焼き味のつゆです。

想像通りの甘いつゆです。かなり甘いです。日清食品はカレー味だと甘みを抑えたスープを作ってくるのですが、すき焼き味だと強烈に甘いです。すき焼きだと言われたら確かにすき焼きの香りなんですが、前情報なく香りだけ嗅いだら、黒糖のお菓子とかわたあめみたいな、もう砂糖そのものの香りと感じてしまうような感じがします。牛肉の風味も強いですが、糖分の甘い香りがメインですね。いやはやすごい甘みです。

この強い甘みは好みが分かれそうですが、しっかり牛肉やしょうゆの味もしており、きちんとすき焼きの味になっています。かなり極端な味で、ある意味ではカップ麺らしい味と言えるのではないでしょうか。先日、東洋水産の「マルちゃん あつあつ牛すきうどん」を食べたばかりですが、同じすき焼きでもまったく違う味で、メーカーの味付け姿勢の違いが顕著で面白かったです。



幅広でしっとり感のある油揚げ麺のうどん



麺は「どん兵衛ならではの、もっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。通常どん兵衛きつねうどんに比べると幅広で太い油揚げ麺です。

汁なし麺仕様なのでいつもよりも幅広の麺ですが、しっとりもっちりしているのは通常のどん兵衛と共通で、油揚げ麺離れした生麺質感があります。今回は甘みの強いかなり濃いつゆですが、麺も太くて主張があるため、バランスは取れています。日清食品の商品にしては珍しくつゆにお釣りがあるため、ちょっと濃いめに感じられるバランスですが、塩辛いというほどではなかったです。

本物の牛肉ではなく大豆ビーフを使用



具は「大豆ビーフ、ネギ、ニンジン」とのこと。具の全体量は少なく、通常どん兵衛の大きなおあげに比べるとインパクトはありませんが、牛肉を模した大きめの大豆ビーフが入っています。ただカットが大きいことが災いしてか、牛肉の風味づけはされているものの、食感はちょっと牛肉とは違う印象です。せっかくの「牛すき風」なので、どうせなら本物の牛肉を入れて欲しかったですね。

大豆ビーフの他にはネギとニンジンが入っていましたが、色味としては存在感あったものの、量はそれほど多くなかったです。通常どん兵衛に比べると麺量が多いため、そっちにコストが割かれてしまい、具にまでお金をかけられなかった可能性が高そうです。汁なし麺だとスープがない分麺量が多くなり、どうしても具にしわ寄せが来てしまいます。もうちょっと価格が上がっても良いので具を充実させてほしいと思うのですが、それやると売れなくなっちゃうのかもしれませんね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
いやー甘い!とにかくつゆの甘さが印象に残る一杯でした。わかりやすくすき焼きの味がしていてカップ麺らしいと思える半面、甘いのが苦手だとなかなか厳しい味なのではないかと思います。かなり極端なすき焼き味です。通常どん兵衛より幅広の油揚げ麺は甘くて濃いつゆとよくマッチしており、汁なし麺としてはなかなか良くできていると思います。具に本物の牛肉ではなく大豆ビーフが使用されていたのは残念でしたが、甘いすき焼き味を堪能できる一杯です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加