麺量100gで生まれ変わった「スーパーカップMAX」3品のうちのひとつ「みそラーメン」

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップMAX みそラーメン」。2018年9月24日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。麺量が「スーパーカップ1.5倍」の時から10g増えて100gになった、「スーパーカップMAX」の3品のうちのひとつです。週の前半で食べた「しょうゆラーメン」に続いて今回は「みそラーメン」で、明日辺りに「とんこつラーメン」もレポしたいと考えています。

ネット上ではCMの面白さも含め、なかなか話題の「スーパーカップMAX」ですが、スーパーを中心に展開されており、スーパーの中には在庫の「スーパーカップ1.5倍」が捌けるまでは店頭に並べない方針のところもあるようで、まだまだ手に入るお店は限定されている状況です。おそらくイオンやイトーヨーカドーといった大手のスーパーならば問題なく入手できるのではないかと思います。「MAX」を買うつもりで「1.5倍」を買ってしまわないようにご注意ください。

先日食べた「スーパーカップMAX しょうゆラーメン」では、麺量が10g増えたことによる他の部分でのコストカットは限定的で、「カドメン」という大きな特徴を失った以外の影響は軽微のように感じました。麺量が増えた正常進化が十分に体感でき、なかなか良いリニューアルだったのではないかと思います。今回食べる「みそラーメン」は果たしてどうなっているのでしょうか。今回も旧商品の「1.5倍」と比較しながら進めていきたいと思います。



商品概要



左が新商品の「スーパーカップMAX」で、右が旧商品の「スーパーカップ1.5倍」。液体スープとかやくの構成は両者同じでしたが、小袋を持った感じ、かやくの量が「MAX」の方がちょっと少なくなっているように感じました。「しょうゆラーメン」の時には見られなかった違いです。



写真ではわかりづらいと思いますが、やはり「MAX」の具の量が少なく、具体的にはキャベツとコーンが減っているようです。それにしてももうちょっとうまく撮れなかったかな(苦笑)

品名:スーパーカップMAX みそラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別200円
取得価格:税込102円(イオン)

栄養成分の比較

スーパーカップMAX みそラーメン
1食138g(めん100g)あたり
エネルギー:544kcal(めん・かやく444kcal スープ100kcal)
たん白質:11.3g
脂質:19.5g
炭水化物:80.9g
食塩相当量:7.9g(めん・かやく3.0g スープ4.9g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.51mg
カルシウム:453mg

スーパーカップ1.5倍 みそラーメン
1食133g(めん90g)あたり
エネルギー:498kcal(めん・かやく383kcal スープ115kcal)
たん白質:11.3g
脂質:15.7g
炭水化物:77.8g
食塩相当量:7.9g(めん・かやく2.6g スープ5.3g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:280mg

麺量が10g増えて100gになっていることの他に、やはり麺量の増加に伴い、全体カロリーも大きくMAXが上回っていることがわかります。また、しょうゆ味と同様、スープのみのカロリーでは旧商品の「1.5倍」の方が大きいです。

しょうゆの時に触れ忘れましたが、このスープのカロリーの逆転現象は、新商品の「MAX」で必要なお湯の量が480mlなのに対し、旧商品の「1.5倍」では520mlというところが影響しています。お湯の量を少なくすることで液体スープの量を減らし、麺増量分のコストをカットする手法をとっているものと思われます。一方で、お湯の量を減らしてしまうとスープの温度が下がるのが早くなってしまいます。温度が早く下がってしまうと「カドメン」の芯まで熱が通りにくい形状と太さでは規定の4分以内に戻り切らないという事情があり、「カドメン」から違う丸刃の麺へ変更になったと勝手に推測しています。



完成写真の比較



こちらは新商品の「スーパーカップMAX」。麺が「カドメン」ではなくなり、ひとまわり細くなっています。「しょうゆラーメン」の麺よりひとまわり太いです。具の構成は旧商品「1.5倍」と同じですが、キャベツとコーンが少なくなっているようです。



こちらは旧商品の「スーパーカップ1.5倍」。キャベツとコーンの量が新商品の「MAX」よりも多いです。一方で、肉そぼろの量には大きな違いはなさそうですが、もともとそれほど多く入っているわけではないため、減ってるけど分かりづらいだけなのかもしれません。少なくとも、「MAX」で増えていることはないものと思われます。



味の系統に変化はないが、みそ味が濃くなったと感じる「MAX」のスープ

スープは「ポークをベースに、ジンジャーやガーリックなどの香味野菜の風味を加えた味わい深い味噌スープ」で、「ラードのコクを利かせることで後を引く美味しさに仕上げ」たとのこと。基本構成は「MAX」も「1.5倍」も同じ、ポークベースでガーリックを効かせたパンチの強いみそ味スープです。

「しょうゆラーメン」では食べ比べてみて両者のスープに大きな違いは見出だせませんでしたが、今回の「みそラーメン」では味の系統は同じでもだいぶ濃さが違うように感じられ、新商品「MAX」のスープの方がより濃くパンチが強いスープに仕上がっているように感じられました。単にお湯の量が少なくなって濃くなったというよりは、よりみその風味が強くなったように思え、多少液体スープに手が入ったものと思われます。

今回の「スーパーカップ」のテコ入れによって「前向きに現在を生きる高校生のやる気と元気をブーストするブランドとして生まれ変わ」ったとのことで、麺量の増加に加えてスープの味が濃くなり、まさに若い味覚の高校生にピッタリな印象を受けます。私も高校とか大学くらいの時は、濃い味こそうまい味だと思っていたので、なかなか良い変化なのではないかと思います。あー、よくよく考えると、いい年した今となっても、私は濃い味至上主義的なところは根底にありますね。

カドメンではなくなった影響が「しょうゆラーメン」に比べると軽微



新商品「スーパーカップMAX」の麺。中太の丸麺で、「カドメン」に比べてひとまわり細いです。「しょうゆラーメン」と比べるとひとまわり太くなっています。



こちらは旧商品「スーパーカップ1.5倍」の麺。角刃の「カドメン」で、湯戻しするとやはり太いです。

麺は「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるめん」で、「丸刃にすることで、滑らかでスープ絡みを良くし」たとのこと。10g増えて100gにになった麺は明らかに食べ応えが増しておろ、10gと言えども全然違う印象です。スーパーカップに求められる食べ応えの部分をしっかり追求できており、麺量増加の決断は正しいと感じています。

新しい麺は丸麺で、カドメンに比べると存在感が減退しましたが、それでもそれなりに太い麺であり、新しい麺もそれなりに存在感はきちんとあります。今回の麺よりもひとまわり細い「しょうゆラーメン」の時と比べると、新しい麺とカドメンの差は軽微なのではないでしょうか。

スープとのバランスは新旧どちらも良く、濃いスープに対して強い存在感の麺でバランスが取れています。角麺から丸麺になったので、食感は違ってきていますが、どちらもある程度太い麺で、スープとしっかりマッチできていました。

「MAX」になってキャベツとコーンの量が減った



スーパーカップMAX」の具。肉そぼろ、キャベツ、コーンの構成は「1.5倍」と変わりませんが、キャベツとコーンの量が少なくなっています。



旧商品「スーパーカップ1.5倍」の具。すいません写真だけで比べると「1.5倍」の方がキャベツが少なく見えてしまいますね。ちょっと写真撮る大きさを間違えてしまいました。実際は「1.5倍」の方がキャベツが多いです。

具は「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、肉そぼろ、コーン、ねぎ、唐辛子を入れ」たとのこと。具の構成は新旧同じですが、キャベツとコーンが減っています。

スーパーカップシリーズの中でも特に「みそラーメン」はもともとそれほど具が充実していないため、具の減少による影響はそれほど強くないのではないかと思います。実際食べ比べてみなければ、「MAX」単体では「1.5倍」との違いはわからないかもしれません。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
麺量増の影響を受けて、他の部分でのコストカットの影響は見られたものの、麺量増の有益性に比べれば軽微なものと感じました。麺が「カドメン」から丸刃の麺へ変化したことにより、「スーパーカップ」の特徴がひとつ減ったものの、「しょうゆラーメン」よりもその影響は小さかったです。スープの味が濃くなったようにも感じられ、「しょうゆラーメン」同様、麺量増を正常進化と捉えて良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加