北海道の定番カップ焼そば「やき弁」が送り出す「汁なし担担麺」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 汁なし担担麺」。2018年9月3日発売の、「マルちゃん やきそば弁当」シリーズの商品です。北海道限定発売なので北海道以外にお住まいのご覧の多くの方にとってはあまり有用ではないレポになってしまうかもしれませんが、こんな商品もあるんだというくらいに見ていただけると幸いです。

マルちゃん やきそば弁当」シリーズ通称「やき弁」は、北海道では最もメジャーなカップ焼そばのひとつで、ソウルフードとすら言われる人気商品です。麺を戻したお湯で作る「中華スープ」が付くのも大きな特徴で、マヨネーズを入れたりラー油を入れたりと、道民は各種アレンジをしてやき弁を楽しんでいます。定期的にレギュラー商品以外の味も発売されています。私はペヤング派なのでやき弁にそれほど思い入れはありませんが、だいたい北海道民はカップ焼そばといえばこれ以外ないくらいに思っているのではないでしょうか。

その北海道では絶大な人気を誇る「やき弁」シリーズの今回の新商品は、「汁なし担担麺」。いよいよやき弁も全国的な流行に乗って、汁なし担々麺を出してきました。広い購買層を意識してか、基本的に中庸的な味付けをしてくる「やき弁」が、汁なし担々麺でシビレとか辛味の極端な味付けをしてくるとは思えませんが、それでも今回パッケージに「花椒付き」と大きく書かれているため、思い切った味に振ってくるのかもしれません。あまり本格的な味は期待できないですが、「やき弁」流にアレンジした汁なし担々麺がどんな味になるのか楽しみです。



商品概要



品名:マルちゃん やきそば弁当 汁なし担担麺
メーカー:東洋水産
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食118g(めん90g)あたり
エネルギー:530kcal
たん白質:13.7g
脂質:26.3g
炭水化物:59.6g
食塩相当量:6.0g(スープ2.2g)
ビタミンB1:0.45mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:236mg



しっかりした練りごまと花椒のシビレのバランスが良いソース

ソースは「チキンとポークの旨味をベースに、ねりごまのコクと花椒の風味で仕上げた液体ソース」とのこと。しょうゆベース練りごまが強い担々麺ソースで、花椒がしっかり香ります。

ソースの味は、しょうゆベースに練りごまがしっかり効いており、練りごまの存在感がなかなか強いソースに仕上がっています。汁なし担々麺としては濃いめの練りごまなのではないかと思います。これに花椒が派手めに効いており、「やき弁」シリーズとしてはメリハリのある味になっていました。強シビレというほどではないもののそれなりにシビレは強く、花椒が極度に苦手ならば気をつけなければならないレベルかと思います。

シビレに比べると唐辛子系の辛さはそれほど強くないですが、それでもピリ辛以上には感じられるレベルで、「やき弁」シリーズとしてはなかなか思い切った味なのではないかと思います。花椒や唐辛子をしっかり効かせながら、練りごまがベースとしてしっかり横たわることで、バランス型の担々麺ソースという印象を強く持ちました。先端を行く激しい味とはひと味違いますが、骨太なソースで良いデキです。これはおいしい。



がっしりした食感の中太油揚げ麺を使用



麺は「なめらかで弾力がある太めの麺」とのこと。縮れのある中太油揚げ麺で、通常やきそば弁当に比べるとひと回り太い麺となっています。

太麺とまではいかないもののがっしりした食感のある中太麺で、練りごまと花椒で強い味に仕上がっているソースときちんとバランスが取れています。後述の粒ごまを含めて結構香りものの多い一杯なので、今回くらい麺が太くなければ存在感がなくなり埋没してしまうように思います。私の場合、太い油揚げ麺が好きではないので、今回のような麺を見ると身構えてしまうのですが、太い油揚げ麺にありがちな油揚げ麺臭によってソースなどの味をぶち壊してしまうことはなく、しっかり調和ができていたので良かったです。

反面、通常のやき弁を食べ慣れている人にとっては、やき弁シリーズとしては思い切っているソースの味や麺の食感だと、あんまりやき弁らしくないと感じてしまうかもしれません。おそらく既存の「やきそば弁当 お好みソース味」と同じ麺を使用されていると思いますが、ソース含めてデキが良いがゆえに、やき弁らしさはお好みソース味よりもないように感じました。やき弁にさほど思い入れのない私だと、やき弁らしさから離れてくれるのはむしろプラス材料なんですけどね。こんなのやき弁じゃない!!とか言ってちゃぶ台をひっくり返さないようにご注意ください。うちには幸いちゃぶ台がないので問題なさそうです。

後入れのひき肉やねぎが優秀な上、粒ごまの香ばしさが光る



具は「味付鶏挽肉、ごま、ねぎ、ふりかけ(花椒)」、「戻し湯で作る中華スープ付」とのこと。具はすべて後入れで、ひき肉、ごま、ねぎの後入れかやくと、ふりかけとして花椒が入っていました。

上で結構、ソースを絶賛しましたが、実は今回の商品で最も印象深かったのが具でした。後入れのひき肉は、カップ麺でよくあるひき肉と言いつつ粒が大きくてダイス肉みたいになっているものとは違い、しっかりひき肉状になっていました。湯戻しさせないことが奏功しているように感じます。この方式、他社も真似したほうが良いよ思いますよ!ねぎは青ねぎ主体にこちらも量が多く、湯戻ししていないことで香りが強く感じられました。

そしていちばん効果的だったのが粒ごまで、こいつはすげーです。上の写真を見てもわかる通りかなりの量が入っており、とても香ばしい!!ソースに入っている練りごまや花椒と真っ向勝負をしており、かなりこの香ばしさが幅を利かせていました。練りごまという土壌の上で花椒と粒ごまが大きくてきれいな花を咲かせており、いやーお見事。練りごま、花椒、粒ごまのバランスが絶妙でした。主役の一端を担っているのは間違いありません。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
北海道限定の「やき弁」シリーズの新商品でしたが、中庸な味になることが多い「やき弁」シリーズにあって、思い切った花椒のシビレを効かせており、またベースとしてしっかりしている練りごまとのバランスも良く、デキの良いソースでした。また、具としてたくさん入っている粒ごまの香りが豊かで、ソースのおいしさを増幅させています。素晴らしい一杯でした。これはレギュラー商品になる可能性がありそうなので、そのうち全国的にも、北海道アンテナショップとか、突発的にコンビニとかでたまに買えることがあるかもしれません。見かけたらオサーンがおいしいって言ってたなと思い出して頂けるとうれしいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加