あの「豚骨カプチーノ」の「博多一双」が冷凍食品で登場!!

今回は、博多ラーメンの新進気鋭の人気店「博多一双」が冷凍食品になったということで、カップ麺ではないですが食べてみたいと思います。日清食品冷凍の「冷凍 日清推し麺! 博多一双 濃厚豚骨ラーメン」。2018年9月1日発売の、「日清推し麺!」シリーズの新商品です。「日清推し麺!」シリーズは他に「麺屋一燈 濃厚魚介ラーメン」と「無鉄砲 濃厚豚骨正油ラーメン」がラインナップされていて、どちらも今回の商品と一緒にリニューアル発売されています。どちらも名店中の名店でカップ麺でもおなじみなので、機会があればぜひ食べてみたいですね。

さて「博多一双」ですが全国区の有名店ですよね。巷では「豚骨カプチーノ」と呼ばれる、スープ表面に泡がたくさんあるのが特徴で、開店からそれほど時が経っていないにもかかわらず、一気に有名人気店へとのし上がりました。ローソンのレギュラーカップ麺「サッポロ一番 博多一双 濃厚豚骨ラーメン」もよく見かけますよね。こちら製造は日清食品ではなくサンヨー食品が担当しています。



私は昨年、出張で博多に行き、そこでとんこつラーメンを何杯も食べ歩いたのですが、その中でも最もおいしいと感じたのが「博多一双」だったんです。私はとんこつ臭盛大なくっさいとんこつラーメンが大好きで、中でも「博多一双」のとんこつが最もクセがあり、そして激しい味でおいしかったです。それにしてもすごい泡ですよね!!カップ麺ではこの泡の再現が難しかったようですが、冷食ではどう再現してくるのか楽しみです。そして個人的には、泡よりもクセのあるとんこつ臭盛大のスープに期待したいところです。

「博多一双」は今のところ福岡市に3点構えるのみで他の地域に支店がないので、もしこの冷食商品がある程度「博多一双」の味を再現できているなら、それはそれはもう大きな価値があります。近くにお店ができてくれるのがいちばん良いですが、今回の商品にも大いに期待しています。冷食ならではのパワーと日清らしい再現性の高さに期待しながら食べてみたいと思います。



商品概要



栄養成分や原材料等。



麺の袋の中にチャーシューやネギ、キクラゲが同梱されており、この袋のままレンジで温めます。その他に液体スープと調味オイルの小袋が入っていて、こちらは湯煎して温めておきます。また、麺等を温めるのとは別に、お湯を沸かして器に入れ、湯煎していた液体スープと調味オイルを入れてスープを作っておく必要があります。実際作ってみると、いつもカップ麺ばかり作っている私オサーンとしては結構めんどくさい工程だと感じました。

私は冷食でチャーハンをよく食べるのですが、チャーハンだとレンジで温めて終わりなので、今回はいっそうめんどくさかったです。同じ冷凍麺でも、汁なしの担々麺やパスタ商品だとかなり楽なんですけどね。スープがあるだけで調理の手間が増えるのが難点です。

品名:冷凍 日清推し麺! 博多一双 濃厚豚骨ラーメン
メーカー:日清食品冷凍
発売日:2018年9月1日(土)
麺種別:冷凍食品
かやく・スープ:2袋(液体スープ・調味オイル)
定価:オープン価格
取得価格:税込268円(西友)

栄養成分表

1食224g(めん150g)あたり
エネルギー:498kcal
たん白質:18.5g
脂質:24.4g
炭水化物:51.2g
食塩相当量:8.6g(めん・具1.1g スープ7.5g)



匂い立つとんこつ臭と濃厚且つマイルドなとんこつスープは猛烈にうまい!

スープは「炊き出した豚骨のうまみと香りが際立つ、クリーミーで濃厚な豚骨スープ」で、「『博多一双』の特長である表面に浮かぶ泡まで再現し」たとのこと。匂い立つとんこつ臭が大きな特徴の、とんこつのクリーミー感豊かなスープです。

クリーミーで濃厚なとんこつスープで、湯気から匂い立つとんこつ臭が大きな特徴。いやはや、なかなかすごいとんこつ臭です。さすがにお店レベルとまではいきませんが、最近のカップ麺ではすっかり失われてしまった骨臭さを見事に再現しています。いやー日清さん、カップ麺では全然やらないのに、冷食だとしっかりここまでとんこつスープを再現してくるんですね。濃厚且つクリーミーなとんこつスープにクセのあるとんこつ臭は、お店の味にかなり近い印象でした。お店らしい臨場感とか骨っぽさをしっかり感じ取れる素晴らしいデキです。

実は調理中に、調味オイルを入れて少し残ったのをペロッと舐めてみたんですが、炭酸のようなシビレを感じて、なんじゃこりゃ!!と思ったんです。ありえないですが、なんか悪くなってしまっているのかなと。私オサーン結構意地汚いので、カップ麺でも残った液体スープとかよく舐めているんですが(恥)、こんなビリビリくるのは今まで経験なく、かなり焦りました。何の成分かはよくわからないですが、これがおそらくとんこつの本格感を生み出しているのでしょう。

『博多一双』の特長である表面に浮かぶ泡まで再現し」ているとのことですが、これはちょっと疑問でした。そんなに泡立っていません。私個人的には泡にそれほど大きな価値を見出しているわけではないので、泡があろうがなかろうが評価は変わらないのですが、お店の「豚骨カプチーノ」を再現しているというのは少し無理がありました。



お店の麺の特徴を踏まえた多加水細麺



麺は「しなやかで歯切れの良い硬めの細麺」とのこと。とんこつラーメンとしては加水の多めな、やや弾力のある細麺です。

お店の麺は独自の多加水麺で、今回はその麺を再現しようとしている姿勢が窺える多加水麺となっており、特徴を踏まえています。ただ、お店の麺は多加水ながらもっと粉っぽさもあり、ここまで多加水ではなかったので、あともう一歩というところではないでしょうか。麺だけならカップ麺でも、特に明星食品、日清食品、ヤマダイあたりのノンフライ極細麺なら互角以上に渡り合えるんじゃないかと感じました。

スープと麺の相性はかなり良く、麺が風味の強いスープの邪魔を一切していなかったのはとても良かったです。細めですが麺は伸びにくく、最後までしっかり食感を楽しむことができました。

2枚入ったチャーシューの再現性はかなり高い



具は「チャーシュー2枚、キクラゲ、青ネギ」とのこと。

チャーシューは薄めで脂身を含むやわらかい食感で、これはなかなかお店のチャーシューの再現性高いのではないかと思います。2枚入っていて食べ応えがあるのも良いですね。食べ進めていくうちにほろほろ崩れていく感じがお店にとても近い印象でした。

キクラゲやネギの量はそこそこ。それほど多くはないです。冷食のラーメンは具が盛り沢山なイメージを勝手に思い描いていたのですが、今回はチャーシューが2枚ある以外はそうでもなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★★☆☆(8)
普段カップ麺を食べることを生業としている私オサーンにとって、冷食を礼賛することは避けたいところなんですが、これはしょうがないです。おいしすぎます。カップ麺の評価と同じ土俵に並べるために、調理の手間を考慮して評価を落としますが、それでも★8より下には落とせません。カップ麺なら★9にしていました。こんな高評価していると、オマエはもうカップ麺やめて冷食のブログでもやっとけと言われてしまいそうですね。最近のカップ麺ではすっかりなくなってしまったとんこつ臭の光る一杯で、お店の味の再現性も文句なく高く、価格も高価格帯カップ麺と同程度で手に入れられるので、本当すごい商品でした。おいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加